Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • あなたは全問正解できる? 間違えやすいゴルフルール~グリーン編 その1~

あなたは全問正解できる? 間違えやすいゴルフルール~グリーン編 その1~

週刊ゴルフダイジェストの人気連載「ゴルルとルール」から、間違えやすいルールの問題を厳選。2019年の改訂でルールが大幅に変わったこともあり、混同している人も多いはず。さて、あなたは何問正解できる?

ここは正解しておきたい! 難度1~2

難度 ★☆☆☆☆

  • ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう! 監修/小山混PHOTO/Yasuo Masuda THANKS/武蔵野GC ゴルル会員番号14 板倉由姫乃 ゴルル会員番号40 萩原菜乃花 9月に入ったが、まだまだ残暑が厳しいこの時期。暑さに負けず好プレーを続ける2人だったが……。 「ナイスアプローチです!」(萩原) 「よし! パーが取れそうね」(板倉) 「近いけど、微妙なラインね……そうだ!」 水分補給する板倉。ふと何かに気づいた様子。 「これで傾斜がわかるんじゃない?」 と、ペットボトルを横にしてグリーン脇に。 「右に傾いてる! スライスラインね」(板倉) 「ちょ、なにやってるんですか!?」(萩原) 「プレーの援助になる機器を使うことは認められていないはず。これも水準器と同じ役割だから、使ったら2打罰になるのでは?」と指摘する萩原に対し、板倉は「ペットボトルは専用の機器ではないから使っても問題ない」と主張。果たして正しいのは? 水の入ったペットボトルを地面に置いて傾斜を読むことは認められる? A. 認められるB. 認められない 正解は…… 続きを読む B「認められない」 プレーヤーは傾斜や輪郭を判断したり、測定する支援のために自分のクラブを測鉛線として使うことができるが、容器に入ったドリンクを置くことによって傾斜を測定することは認められていない(オフィシャルガイド4.3a(1)/1)。ただし、傾斜を測定する目的ではなく、単に地面にペットボトルを置いた場合は、罰はない。 週刊ゴルフダイジェスト2021年10月12日号より 「ゴルルとルール」バックナンバー 最新のルールをわかりやすく解説!『ゴルフルール早わかり集2021-2022』

難度 ★★☆☆☆

  • ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう! 監修/小山混PHOTO/Tomoya Nomura THANKS/武蔵野GC ゴルル会員番号21 中里さや香 ゴルル会員番号47 満石奈々葉 気持ちいい秋空のラウンド。パー3で満石が放ったボールはピンに向かって一直線! 「やったー、ベタピン!」(満石) 「すごい! 入りそうだったわね」(中里) 「お先に入れちゃいます!」(満石) 「ナイスバーディ!」(中里) 「ピンに弾かれたらイヤだから……」 おもむろに左手で旗を抜く満石。 「待って! そのまま打つつもり?」(中里) 「わっ、ダメですか?」(満石) 「旗竿を持ったままプレーしたら、ストロークの援助になるんじゃないかしら」と指摘する中里に対し、満石は「旗を地面につけて支えにしているわけではないから問題ないはず」と主張。果たして正しいのは? 抜いた旗竿を片手で持ちながらパッティングすることは認められる? A. 認められるB. 認められない 正解は…… 続きを読む A「認められる」 プレーヤーは、動いている自分の球がホールにある旗竿に当たらないようにその旗竿をホールから取り除いてストロークをすることができる(規則13.2b(1))。この規則は、プレーヤーが一方の手で旗竿を持ったまま、もう一方の手でストロークを行うことを認めている(オフィシャルガイド13.2b(1)/2)。ただし、自分自身を安定させる目的でその旗竿を使うことは認められていない(規則4.3a) 週刊ゴルフダイジェスト2021年10月5日号より 「ゴルルとルール」バックナンバー 最新のルールをわかりやすく解説!『ゴルフルール早わかり集2021-2022』

難度 ★★☆☆☆

  • 【ゴルルとルール】いざバーディパット! 気分転換にボールを替えたら、え? 2打罰?
    ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう! 監修/小山混PHOTO/Yasufumi Sakagami THANKS/武蔵野GC https://my-golfdigest.jp/rule/p30551/ 前回のお話はこちら ゴルル会員番号14 板倉由姫乃 ゴルル会員番号47 満石奈々葉 パー4でティーショットを絶好のポジションに置くことに成功した板倉。アイアンでグリーンを狙ったショットは果たして――? 「てやっ」 板倉のセカンドショットはグリーン方向へ 見事ナイスオン。絶好のバーディチャンス! 「よーし、ここは決めるわよ」 「でも今日はパットが全然入らないのよねぇ……そうだ!」 おもむろにポケットからボールを取りだした板倉 「うん、これなら入る気がする!」(板倉) 「あれ? ボールの色が違う……」(満石) 「OBや池に入った場合は別ですが、基本的には、ホールアウトするまでは、同じボールでプレーしなきゃダメですよ」と指摘する満石に対し、板倉は「新ルールでは、ルールに基づいてボールを拾い上げた場合は、途中でボールを交換してもいいのよ」と主張。果たして正しいのは? グリーン上で、マークして拾い上げた球を別の球に交換することは認められる? A. 認められるB. 認められない 正解は…… B「認められない」 プレーヤーはティーイングエリアからプレーした同じ球でホールアウトをしなければならない。ただし、球が紛失となったり、アウトオブバウンズ(OB)に止まった場合は別の球でプレーすることが認められる。また2019年のルール改正により、規則に基づいて救済を受ける場合、別の球を使用することもできるようになった。しかし今回のように、救済ではなく、グリーン上などで球をリプレースする場合は、球の取り換えは認められず、元の球を使用しなければならない(規則6.3)。ただし、元の球が切れたり、ひびが入ったりした場合は別の球を使用することができる(規則14.2a) 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月10日号より 「ゴルルとルール」バックナンバー 最新のルールをわかりやすく解説!『ゴルフルール早わかり集2021-2022』

難度 ★★☆☆☆

  • 【ゴルルとルール】同伴者の打った球が当たってカップイン! これってもしかしてホールインワン?
    監修/小山混PHOTO/Yasuo Masuda THANKS/武蔵野GC ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう! ゴルル会員番号14 板倉由姫乃 ゴルル会員番号40 萩原菜乃花 パー3にやってきた板倉と萩原。最初に打った萩原のボールは真っすぐピンに向かっていき……。 「すごい! ベタピン」(板倉) 「ありがとうございます!」(萩原) なんとピンそば50センチにつくスーパーショット。 続いて打った板倉のボールもピン筋に……! 「これもいいんじゃない?」(板倉) カツーン なんと板倉のボールが萩原のボールを直撃! そして萩原のボールはそのままカップの中へ……。 「これってもしかしてホールインワン?」(萩原) 「ゴルフは『あるがまま』が基本だから、ボールが動かされても元の位置に戻す必要はないですよね。ということはホールインワン!?」と喜ぶ萩原に対し、板倉は「ほかの人が打ったボールによって動かされた場合は元の位置に戻さなければならない」と指摘。果たして正しいのは? グリーン上に止まっていた自分のボールが、同伴競技者の打ったボールによって動かされ、そのままカップイン。どうなる? A. カップインが認められるB. 元の位置にリプレースC. カップの縁にプレース 正解は…… B「元の位置にリプレース」 外的影響がプレーヤーの球を動かした場合、誰にも罰はなく、その球を元の箇所にリプレースしなければならない(規則9.6)。動いている別の球は「外的影響」にあたるため、今回のケースでは、萩原は動かされた自分の球を元の位置に戻す必要がある。一方、動いているプレーヤーの球が偶然に人や外的影響に当たった場合、球はあるがままにプレーしなければならない(規則11.1b)ため、板倉の球は止まった箇所からプレーする必要がある。 週刊ゴルフダイジェスト2021年6月1日号より 最新のルールをわかりやすく解説!『ゴルフルール早わかり集2021-2022』

改めて聞かれると意外と迷う……中級編

難度 ★★★☆☆

  • 【ゴルルとルール】砂はルースインペディメントじゃないから取り除けないってホント?
    監修/小山混PHOTO/Yasufumi Sakagami THANKS/武蔵野GC ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう! ゴルル会員番号41 板倉由姫乃 ゴルル会員番号47 満石奈々葉 グリーンサイドのバンカーにつかまってしまった板倉。ナイスアウトしたはいいものの、砂を多く取りすぎてしまい……。 ドフッ「あ! 深く入りすぎちゃった」(板倉) 板倉のバンカーショットで舞い上がった砂が、満石のボール付近にバサリ。 「わっ、砂がこんなに」(満石) 「ごめーん」(板倉) 「ちょうどライン上ね……」(満石) 「砂を払いまーす」(満石) 「ちょっと待ってー!」(板倉) 「砂やバラバラの土はルースインペディメントではないから、取り除くことはできないのよ。申し訳ないけどそのまま打つしか……」と指摘する板倉に対し、満石は「グリーン上に限っては、砂やバラバラの土は取り除いても問題ないはず」と主張。果たして正しいのは? ライン上の砂が気になる。取り除くことはできる? A. 取り除くことはできないB. 取り除くことができる 正解は…… B「取り除くことができる」 「砂」や「バラバラの土」はルースインペディメントではない(定義)。したがって、ストロークに影響を及ぼす状態が改善されてしまう場合には、砂を取り除いたり、押し付けたりすることは認められていない(規則8.1a)。ただし、パッティンググリーン上では、砂やバラバラの土を取り除いたり、押し付けたりすることが認められており、結果として、そのストロークに影響を及ぼす状態を改善したとしても罰はない(規則8.1b)。 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月14日号より 「ゴルルとルール」バックナンバー 最新のルールをわかりやすく解説!『ゴルフルール早わかり集2021-2022』

難度 ★★★☆☆

  • 【ゴルルとルール】ボールがグリーンとカラーの境界線上に。これってマークしていいの?
    ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう! 監修/小山混PHOTO/Norio Tsuburaoka ゴルル会員番号14板倉由姫乃 ゴルル会員番号21中里さや香 板倉のセカンドショットはグリーン右手前のバンカーへ。第3打でリカバリーしたい板倉だが……。 バシュッ。「あら、ちょっと短い?」オーバーを恐れてゆるんでしまった板倉。なんとかアゴはクリアしたものの……。 ボールはグリーンに乗っただけ……と思ったら、あれ? 乗ってない?「これってオンでいいのかな」(板倉)「グリーンとカラーのちょうど境目だね」(中里) 「グリーンに触れてるし、オンでいいよね」(板倉)「あ、待って!」(中里) 「カラーにも触れてるから、拾い上げちゃダメなんじゃない?」(中里)「うーん、いいと思うんだけど……」(板倉) 「ボールの一部でもグリーンに触れていればグリーン上にあるとみなされる」と主張する板倉に対し、中里は「カラーにも触れている場合はグリーン上にあるとは認められない」と反論。果たして正しいのは? カラーとグリーンの境界線上にあるボールはマークして拾い上げることができる? A. マークして拾い上げることができるB. 拾い上げてはいけない 正解は…… A「マークして拾い上げることができる」 球が「ジェネラルエリア」と4つの「特定のコースエリア」(ティーイングエリア、バンカー、ペナルティーエリア、パッティンググリーン)のいずれかの、両方にまたがる形で止まっている場合、その球はその「特定のコースエリア」にあるものとして扱う(規則2.2c)。つまり今回のように、「ジェネラルエリア」であるカラーと、「特定のコースエリア」であるグリーンの境目に止まったボールは、グリーン上にあるとみなされるため、マークして拾い上げることができる。 週刊ゴルフダイジェスト2021年3月16日号より 「ゴルルとルール」バックナンバー 最新のルールをわかりやすく解説!『ゴルフルール早わかり集2021-2022』

これが分かればルールマスター! 難度4以上の難問 

難度 ★★★★☆

  • ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう! 監修/小山混PHOTO/Tadashi Anezaki THANKS/武蔵野GC ゴルル会員番号14 板倉由姫乃 ゴルル会員番号48 渥美友里恵 パーオンに成功した板倉に対し、渥美のボールはグリーン手前のバンカーへ。渥美はバンカーから一発で脱出に成功し、ピンから5mのところにつける。 「ナイスアウトー」(板倉) 「バンカー均すので先に打っていてください~」(渥美) 板倉は距離のあるバーディパット…… 「あ、強く打ちすぎた!!」 「あぶない!」 バンカーを均し終えた渥美がグリーンに上がってくると、板倉が打ったボールが当たりそうだったので、渥美はとっさにマーク! 「今のって、2打罰じゃ……?」(板倉) 「え? そうでしたっけ」(渥美) 「ボールが動いているときに、そのボールの動きに影響を与えそうなモノを動かすのはNGなのよ」と指摘する板倉に対し、渥美は「ボールとか旗竿を動かすのは問題ないはず」と主張。果たして正しいのは? グリーン上で同伴者の打った球が自分の球に当たりそうだったので、マークして拾い上げた。どうなる? A. 2打罰B. 罰なし 正解は…… B「罰なし」 2019年のルール改訂以前は、球が動いている時に、その球の動きに影響を及ぼすかもしれない球を拾い上げることは禁止されていた。しかし現在のルールでは、ほかの球が動いている時に、グリーン上の球をマークして拾い上げたり、取り除かれた旗竿やクラブなどを動かしても罰はない(規則11.3)。ただし、グリーン上以外の球や、ルースインペディメント、動かせる障害物などを動かした場合は2打罰となる。 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月2日号より 「ゴルルとルール」バックナンバー 最新のルールをわかりやすく解説!『ゴルフルール早わかり集2021-2022』

難度 ★★★★★

  • 監修/小山混PHOTO/Tadashi Anezaki THANKS/武蔵野GC ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう! ゴルル会員番号48 渥美友里恵 ゴルル会員番号55 雨宮梨乃 この日、渥美と雨宮は競技に参加。 残り3ホールとなった16番のグリーン上、渥美がパーパットを打とうとすると、ライン上に雨宮のボールマーカーが。 渥美「ライン上だから、マークを左に動かしてくれない?」雨宮「了解です!」 渥美は雨宮に、ボールマーカーを動かしてもらように依頼。 雨宮「パター1つ分、手前に動かして……と」 渥美のパーパットは惜しくもカップに嫌われてしまったが、ラインが参考になった雨宮は、見事カップイン。ところが…… 雨宮「ヤバっ! さっきマーカーを元に戻すのを忘れてた!」 18ホールのプレー終了後、16番グリーンでマーカーを元に戻し忘れていたことに気づいた雨宮。さすがに戻って正しい位置からプレーし直すわけにもいかないし……。この場合、どうすればいいの? 16番でマーカーを戻さずプレーしたことに18番ホールアウト後に気づいた。どう処理すればいい? A. 競技失格B. 誤所からのプレーで2打罰C. スコアを修正せずに3ホールプレーしたので2×3で6打罰 正解は…… B「誤所からのプレーで2打罰」 マーカーを動かしたあと、元に戻さずにプレーすると、誤所からのプレーで2打罰となる。このとき、重大な違反でない(誤所からプレーすることでプレーヤーが利益を得ることがない)場合は、誤所からプレーした球でそのホールを終えなければならない(規則14.7b)。今回の場合も、重大な違反には該当しないため、誤所からプレーした球でホールアウトしたこと自体は問題なく、16番ホールのスコアに2打の罰を付加したうえでスコアカードを提出すればOK。 週刊ゴルフダイジェスト2021年1月26日号より 「ゴルルとルール」バックナンバー

全問正解できたあなたはかなりのルール通! 間違ってしまったあなたは、「ゴルルとルール」でゴルルと一緒に勉強していきましょう!

こちらもチェック!

  • 週刊ゴルフダイジェストの人気連載「ゴルルとルール」から、間違えやすいルールの問題を厳選。2019年の改訂でルールが大幅に変わったこともあり、混同している人も多いはず。さて、あなたは何問正解できる? ここは正解しておきたい! 難度1~2 難度 ★☆☆☆☆ 難度 ★★☆☆☆ 難度 ★★☆☆☆ 改めて聞かれると意外と迷う……中級編 難度 ★★★☆☆ 難度 ★★★☆☆ これが分かればルールマスター! 難度4以上の難問  難度 ★★★★☆ 難度 ★★★★★ 難度 ★★★★★ 全問正解できたあなたはかなりのルール通! 間違ってしまったあなたは、「ゴルルとルール」でゴルルと一緒に勉強していきましょう! 「ゴルルとルール」バックナンバーはこちら こちらもチェック! Myゴルフダイジェスト有料会員になるとスマホでいつでもルールが確認できる! 『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』 Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます
  • 週刊ゴルフダイジェストの人気連載「ゴルルとルール」から、間違えやすいルールの問題を厳選。2019年の改訂でルールが大幅に変わったこともあり、混同している人も多いはず。さて、あなたは何問正解できる? ここは正解しておきたい! 難度1~2 難度 ★★☆☆☆ 改めて聞かれると意外と迷う……中級編 難度 ★★★☆☆ 難度 ★★★☆☆ これが分かればルールマスター! 難度4以上の難問  難度 ★★★★☆ 難度 ★★★★★ 全問正解できたあなたはかなりのルール通! 間違ってしまったあなたは、「ゴルルとルール」でゴルルと一緒に勉強していきましょう! 「ゴルルとルール」バックナンバーはこちら こちらもチェック! Myゴルフダイジェスト有料会員になるとスマホでいつでもルールが確認できる! 『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』 Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます

Myゴルフダイジェスト有料会員になると
スマホでいつでもルールが確認できる!

『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』

Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます