Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • あなたは全問正解できる? 間違えやすいゴルフルール~セカンドショット編 その1~

あなたは全問正解できる? 間違えやすいゴルフルール~セカンドショット編 その1~

週刊ゴルフダイジェストの人気連載「ゴルルとルール」から、間違えやすいルールの問題を厳選。2019年の改訂でルールが大幅に変わったこともあり、混同している人も多いはず。さて、あなたは何問正解できる?

ここは正解しておきたい! 難度1~2

難度 ★☆☆☆☆

  • 雨の日のラウンドでボールに土が付着。これって拭いていいんだよね?
    監修/小山混PHOTO/Hiroyuki Okazawa THANKS/武蔵野CC ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう! ゴルル会員番号21中里さや香 ゴルル会員番号14渥美友里恵 今日のラウンドはあいにくの雨模様。それでも2人は雨に負けずナイスショットを連発。 「ナイッショー」(中里)打ち下ろしのパー4で、渥美のティーショットはフェアウェイのど真ん中へ。 「よーし、ここも2オンさせるぞー」(渥美)フェアウェイウッドで果敢に2オンを狙う渥美だったが、あれ……? よく見ると、ボールに土が付着している。そこで渥美は…… 「ボール拭きま~す」(渥美)「ちょっと待った!」(中里) 「グリーン上以外では、基本的にはボールを拭いちゃダメ」と指摘する中里に対し、渥美は「雨の日はボールを拭いても問題ないはず。この前プロの試合でも拭いてましたよ」と主張。果たして正しいのは? 雨の日のラウンドでフェアウェイ上のボールに土が付着していた。ボールを拭くことは認められる? A. 認められるB. 認められない 正解は…… B「認められない」 コース上に止まっているプレーヤーの球はあるがままにプレーしなければならない(規則9.1a)。そのため今回のケースでも、単に球に土が付着しているだけでは球を拾い上げて拭くことは認められない。ただし、動かせない障害物からの救済を受ける際など、規則に基づいて拾い上げた球は、拭くことができる(例外あり。規則14.1c)。また、競技などの際、コース全体がウェットな状態にある場合などに、委員会が「プリファードライ」のローカルルールを採用した場合には、指定された範囲でボールを拾い上げて拭くことが認められる。 週刊ゴルフダイジェスト2021年3月30日号より 最新のルールをわかりやすく解説!『ゴルフルール早わかり集2021-2022』

難度 ★★☆☆☆

  • 【ゴルルとルール】球を探しているときに同伴者がボールを蹴っちゃった! どうすればいいんだっけ?
    ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう! 監修/小山混PHOTO/Yasufumi Sakagami THANKS/武蔵野GC https://my-golfdigest.jp/rule/p29747/ 前回のお話はこちら ゴルル会員番号14 板倉由姫乃 ゴルル会員番号47 満石奈々葉 ティーショットを左に曲げてしまった満石。セーフではあるが、左サイドはラフが生い茂っており…… 「ないわね~」(板倉) 「このあたりだと思うんだけどなあ…」(満石) すると、板倉の足に何かが当たった感触が 「あ、ボール!」(板倉) 「私のです! よかった~」(満石) 「元の位置にドロップします~」(満石) 「え? ドロップ……?」(板倉) 「外的影響によってボールが動かされた場合は、元の位置にリプレースするんじゃなかったっけ?」と指摘する板倉に対し、満石は「元の位置が正確には特定できないから、リプレースではなくドロップが正しい」と主張。果たして正しいのは? 球の捜索中に同伴競技者が誤って球を蹴って動かしてしまった。どう処置するのが正しい? A. 止まった位置からプレーB. 元の位置にリプレースC. 元の位置にドロップ 正解は…… B「元の位置にリプレース」 球を見つけようとしている、または確認しようとしている間に、プレーヤー、相手、他の誰かがそのプレーヤーの球を偶然に動かした場合、罰はない。偶然に球を動かした場合、その球は元の箇所にリプレースしなければならない(分からない場合は推定しなければならない)(規則7.4)。今回のように誤ってドロップしてしまった場合でも、球をプレーする前であれば、罰なしにその球を拾い上げ、誤りを訂正することができる(規則14.5a)。 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月3日号より 「ゴルルとルール」バックナンバー 最新のルールをわかりやすく解説!『ゴルフルール早わかり集2021-2022』

難度 ★★☆☆☆

  • 打ったボールが飛ばずに地面にめり込んだ! 無罰で救済できるんだっけ?
    ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう! 監修/小山混PHOTO/Yasuo Masuda THANKS/武蔵野GC ゴルル会員番号40萩原菜乃花 ゴルル会員番号48渥美友里恵 ティーショットを右に曲げてしまった渥美。ボールは急なつま先上がりの斜面に止まってしまう……。 「すごい傾斜! 打てるかなぁ」(渥美) 「こんなところに止まらなくてもいいのにね」(萩原) ラフに負けないようにしっかり振り抜こうとした渥美だったが…… ゴツッ 「あっ……!」 ヘッドがボールの上っ面に当たり、なんとボールが地面にめり込んでしまう。 「うそーー」(渥美) 「あ、でも地面に埋まった球は救済できたはず……」(渥美) 「え? 待って!」(萩原) 「打った球が地面にくい込んだ場合は無罰で救済を受けられるはず。新ルールでラフでも救済OKになった」と主張する渥美に対し、萩原は「無罰で救済できるのは自分のピッチマークの中に入ったとき。今みたいにボールが空中に浮かず直接地面にくい込んだ場合は無罰では救済できない」と指摘。果たして正しいのは? 打った球が空中に浮かず直接地面にくい込んだ。どう処置すればいい? A. 無罰で地面を元通りにしてリプレースB. 無罰で救済エリアにドロップC. そのまま打つかアンプレヤブル 正解は…… 続きを読む C「そのまま打つかアンプレヤブル」 球がジェネラルエリアにくい込んでいる場合、救済を受けることができる。ただし、球が地面にくい込んでいるとみなされるのは、球が直前のストロークの結果作られた自らのピッチマークの中にあり、かつ球の一部が地表面以下にある場合に限られる。一方で、誰かに踏まれて球が地面に押し込まれた場合や、球が空中に飛ぶことなくそのまま地面にくい込んだ場合、ドロップした球が地面にくい込んだ場合は、球が地面にくい込んでいるとはみなされない。今回のケースは、球が空中に浮かず直接地面にくい込んだので、無罰で救済を受けることはできない(規則16.3)。 週刊ゴルフダイジェスト2021年5月25日号より 最新のルールをわかりやすく解説!『ゴルフルール早わかり集2021-2022』

改めて聞かれると意外と迷う……中級編

難度 ★★★☆☆

  • ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう! 監修/小山混PHOTO/Yasufumi Sakagami THANKS/武蔵野GC ゴルル会員番号48 渥美友里恵 ゴルル会員番号47 満石奈々葉 思いっきり振り抜いた満石のティーショットは右の斜面へ。 「イヤ~~! 右はOBかなぁ?」(満石) 「暫定球を打っておいたほうがいいわね」(渥美) 1球目を探しにいくと…… 「ギリギリセーフ!」(渥美) 「よ、よかった……のかな?」(満石) 「2球目はアレよね」(満石) 暫定球はナイスショットでフェアウェイのベストポジションをとらえていた。 「いっそ暫定球でプレーしちゃおう!」(満石) 「待って! それは都合が良すぎない??」(渥美) 「1球目がOBだったり、見つからなかったりした場合は暫定球をプレーすればいいけど、見つかった以上、このボールでプレーしないとダメよ」と指摘する渥美に対し、満石は「暫定球をプレーするか、元の球をプレーするかは自由に選択できるはず」と主張。果たして正しいのは? 1球目はセーフ! でも「打ちにくいので暫定球でプレー」は認められる? A. 認められるB. 認められない 正解は…… B「認められない」 (1)元の球がOB、またはペナルティーエリア以外で紛失した場合、(2)元の球があると思われる場所よりホールに近い箇所から暫定球をプレーした場合、暫定球がインプレーとなり、元の球は(たとえその後見つかったとしても)インプレーではなくなる。一方、暫定球がまだインプレーの球となっていない状況で、元の球が、3分の捜索時間が終了する前にペナルティーエリア以外のコースで見つかった場合、プレーヤーは暫定球を放棄しなければならず、元の球をあるがままにプレーしなければならない。プレーヤーはもはや誤球となっているその暫定球に一切ストロークを行ってはならない(規則18.3c)。今回のケースも、1球目が見つかった時点で暫定球は誤球となるため、見つかった1球目をプレーする必要がある。 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より 「ゴルルとルール」バックナンバー Myゴルフダイジェスト有料会員になるとスマホでいつでもルールが確認できる! 『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』 Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます

難度 ★★★☆☆

  • 【ゴルルとルール】「“打ちにくい”からアンプレヤブルにしたい」それはさすがにダメだよね?
    ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう! 監修/小山混PHOTO/Yasufumi Sakagami THANKS/武蔵野GC ゴルル会員番号47満石奈々葉 ゴルル会員番号52須貝香菜美 良く晴れた日のラウンド、気持ちよくティーショットを飛ばしたい須貝だったが……。 チョロッ 「うそーっ」 須貝の1打目はまさかのチョロ。ボールはコロコロと転がっていき…… 「ひゃあー、これしか飛んでない」(須貝) 「ドンマイ! 次、次」(満石) 須貝のボールは急な左足下がりに止まっていた。 「こんなところから打てないよ~」(須貝) 「これならアンプレにして打ち直したほうがいいかも」(須貝) 「わわ、待って!」(満石) 「アンプレヤブルを宣言すれば、1打罰でティーイングエリアからティーアップして打つことができる」と主張する須貝に対し、満石は「アンプレヤブルは『プレーできない』という意味。急な斜面だけど、プレーできないわけじゃないからアンプレヤブルにはできない」と指摘。果たして正しいのは? 「打ちにくい」という理由だけでアンプレヤブルにしてもいい? A. アンプレヤブルにできるB. アンプレヤブルにできない 正解は…… 続きを読む A「アンプレヤブルにできる」 プレーヤーは自分の球をアンプレヤブルとして扱うことを決定できる唯一の人であり、球がペナルティーエリアにあるときを除き、コース上のどこででも、1打罰を受け、アンプレヤブルの球の救済を受けることができる(規則19.1)。アンプレヤブルの球の救済の1つとして、プレーヤーは直前のストロークが行われた場所からプレーできる「ストロークと距離の救済」を選択することができるので、今回のケースでも、3打目をティーイングエリアから打つことは認められる。なお、ティーイングエリアから打つことを選択した場合、「ティーイングエリアの規則」に基づき、ティーアップして打つことができる(規則6.2)。 週刊ゴルフダイジェスト2021年4月27日号より 最新のルールをわかりやすく解説!『ゴルフルール早わかり集2021-2022』

これが分かればルールマスター! 難度4以上の難問 

難度 ★★★★☆

  • ひざが汚れないようにタオルを敷いて打ちたい。これってスタンスの改善?
    ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう! ゴルル会員番号24小澤美奈瀬 ゴルル会員番号52須貝香菜美 前日の雨が嘘のようにカラッと晴れ、気持ちのいいラウンドとなったこの日。ティーショットを絶好の位置に運んだ小澤だったが……。 ペチッ 「わっ! シャンク」(小澤) 小澤のセカンドショットはまさかのシャンク。右にはOBがあるが……。 ボールはセーフだったものの、運が悪いことにヤード木のすぐ脇に止まっていた。 「うーん、なんとか打てそうだけど、ひざをついて打たないと無理ね」(小澤) 「でも下がぬかるんでるから、ひざが汚れちゃうな……」(小澤) そこで小澤はタオルを取り出すと……。 「うん、これなら大丈夫!」(小澤) 「ちょ、ちょっと待ってください!」(須貝) 「タオルをひざの下に敷くのは、スタンス区域の改善になるのでは?」と指摘する須貝に対し、小澤は「雨のときにレインウェアを着るのと同じで、ひざが汚れないようにタオルを敷くのは問題ない」と主張。果たして正しいのは? ひざが汚れないようにひざの下にタオルを敷いて打つことは認められる? A. 認められるB. 認められない 正解は…… 続きを読む B「認められない」 プレーヤーは、自分の意図するスタンス区域を改善してはならない(規則8.1)。この「スタンス」の定義には、プレーヤーが立つために自分の両足を据える場所だけではなく、ストロークの準備や、ストロークを行うときのプレーヤーの全身の位置も含まれる。したがって、今回のように、プレーヤーがひざをついてプレーする必要がある状況において、ひざが汚れないようにタオルを地面に敷く場合、そのプレーヤーはスタンスの場所を作っていることになり、このままプレーするとスタンス区域の改善で2打の罰が科せられる。ただし、球をプレーする前に誤りに気づいた場合、ストロークを行う前にタオルを取り除くことによって、罰を免れることができる(「オフィシャルガイド」解釈8.1a/5)。また、タオルを敷くのではなく、自分の体に巻いたり、レインウェアを着ることで自分の体を保護することは認められる(規則10.2b(5)) 週刊ゴルフダイジェスト2021年5月4日号より 最新のルールをわかりやすく解説!『ゴルフルール早わかり集2021-2022』

難度 ★★★★★

  • 【ゴルルとルール】ボールがラフのなかの水溜まりに! 救済できる? できない?
    ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう! 監修/小山混PHOTO/Tadashi Anezaki THANKS/武蔵野GC ゴルル会員番号40萩原菜乃花 ゴルル会員番号55雨宮梨乃 よく晴れた絶好のラウンド日和。ゴルフの調子もよく、快調にプレーを続けていた萩原だったが、珍しく球を左に曲げてしまう。なんとかOBは免れたが……。 「あ、あった!」(萩原)「嫌なライですね~」(雨宮)ボールは見えていたものの、周りはもじゃもじゃのラフ。 「これは打ちづらいな~。……あら?」アドレスに入った萩原は何かに気づく。 「あ、水が浮いてるわね」前日の雨の影響か、ボールの下に小さな水溜まりができていた。 「救済しま~す」(萩原)「え? それはマズいんじゃ……?」(雨宮) 「フェアウェイなら救済できますが、ここはラフなので、水の上にボールがあっても救済はできませんよ」と指摘する雨宮に対し、萩原は「ラフでも水溜まりにボールが入っていたら救済できるはず」と主張。果たして正しいのは? ラフに入ったボールが水溜まりの上に止まっていた。救済できる? A. 救済を受けられるB. 救済は受けられない 正解は…… A「救済を受けられる」 プレーヤーの球がジェネラルエリアにあり、コース上の異常なコース状態による障害がある場合、罰なしの救済を受けることができる(規則16.1)。異常なコース状態とは、動物の穴、修理地、動かせない障害物、一時的な水を指し、今回のような雨や散水による水溜まりも「一時的な水」とみなされる(定義)。ラフもジェネラルエリアの一部のため、今回のケースでは救済を受けることができる。 週刊ゴルフダイジェスト2021年3月9日号より 「ゴルルとルール」バックナンバー 最新のルールをわかりやすく解説!『ゴルフルール早わかり集2021-2022』

難度 ★★★★★

  • 【ゴルルとルール】あ、ボールに芝が張り付いている! これって取り除いていいんだっけ?
    ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう! 監修/小山混PHOTO/Tadashi Anezaki THANKS/武蔵野GC ゴルル会員番号40萩原菜乃花 ゴルル会員番号55雨宮梨乃 雨宮のティーショットは、フェアウェイど真ん中へ。「ナイスショット!」(萩原) 「よーし、2オンさせるわよ~」と意気込んでアドレスに入った雨宮だったが……「あれ?」 よく見ると、ボールに切れた芝が張り付いている。そこで雨宮は…… 「切れた芝はルースインペディメントなので、取り除きま~す」しかし、それを見た萩原が待ったをかける。 「ちょっと待って! ボールに付着した芝は取り除いちゃいけないのよ」と指摘する萩原に対し、雨宮は「え? 千切れた芝はルースインペディメントだから、ボールが動かない限りは取り除いていいはずですよ」と主張。果たして正しいのは? 球に付着したルースインペディメントを取り除いたらどうなる? A. 球が動かなければ無罰B. ライの改善で2打罰 正解は…… B「2打罰」 切り取られた芝など、「分離した自然物」はルースインペディメントにあたり、罰なしに取り除くことができる(規則15.1)が、今回のケースのように球に張り付いているものは、ルースインペディメントとして扱わない(定義)。したがって、球に張り付いた芝を取り除いてしまうと、ストロークに影響を及ぼす状態を改善したとみなされ、2打罰を受ける(規則8.1)。 週刊ゴルフダイジェスト2021年3月2日号より 最新のルールをわかりやすく解説!『ゴルフルール早わかり集2021-2022』

全問正解できたあなたはかなりのルール通! 間違ってしまったあなたは、「ゴルルとルール」でゴルルと一緒に勉強していきましょう!

こちらもチェック!

  • 週刊ゴルフダイジェストの人気連載「ゴルルとルール」から、間違えやすいルールの問題を厳選。2019年の改訂でルールが大幅に変わったこともあり、混同している人も多いはず。さて、あなたは何問正解できる? ここは正解しておきたい! 難度1~2 難度 ★★☆☆☆ 改めて聞かれると意外と迷う……中級編 難度 ★★★☆☆ 難度 ★★★☆☆ これが分かればルールマスター! 難度4以上の難問  難度 ★★★★☆ 難度 ★★★★★ 全問正解できたあなたはかなりのルール通! 間違ってしまったあなたは、「ゴルルとルール」でゴルルと一緒に勉強していきましょう! 「ゴルルとルール」バックナンバーはこちら こちらもチェック! Myゴルフダイジェスト有料会員になるとスマホでいつでもルールが確認できる! 『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』 Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます
  • 週刊ゴルフダイジェストの人気連載「ゴルルとルール」から、間違えやすいルールの問題を厳選。2019年の改訂でルールが大幅に変わったこともあり、混同している人も多いはず。さて、あなたは何問正解できる? ここは正解しておきたい! 難度1~2 難度 ★☆☆☆☆ 難度 ★★☆☆☆ 難度 ★★☆☆☆ 難度 ★★☆☆☆ 改めて聞かれると意外と迷う……中級編 難度 ★★★☆☆ 難度 ★★★☆☆ これが分かればルールマスター! 難度4以上の難問  難度 ★★★★☆ 難度 ★★★★★ 全問正解できたあなたはかなりのルール通! 間違ってしまったあなたは、「ゴルルとルール」でゴルルと一緒に勉強していきましょう! 「ゴルルとルール」バックナンバーはこちら こちらもチェック! Myゴルフダイジェスト有料会員になるとスマホでいつでもルールが確認できる! 『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』 Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます

Myゴルフダイジェスト有料会員になると
スマホでいつでもルールが確認できる!

『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』

Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます