Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • 「“打ちにくい”からアンプレヤブルにしたい」そんなのアリ?

「“打ちにくい”からアンプレヤブルにしたい」そんなのアリ?

監修/小山混
PHOTO/Yasufumi Sakagami THANKS/武蔵野GC

ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう!

ゴルル会員番号47
満石奈々葉

ゴルル会員番号52
須貝香菜美


良く晴れた日のラウンド、気持ちよくティーショットを飛ばしたい須貝だったが……。

チョロッ

「うそーっ」

須貝の1打目はまさかのチョロ。ボールはコロコロと転がっていき……

「ひゃあー、これしか飛んでない」(須貝)

「ドンマイ! 次、次」(満石)

須貝のボールは急な左足下がりに止まっていた

「こんなところから打てないよ~」(須貝)

「これならアンプレにして打ち直したほうがいいかも」(須貝)

「わわ、待って!」(満石)

「アンプレヤブルを宣言すれば、1打罰でティーイングエリアからティーアップして打つことができる」と主張する須貝に対し、満石は「アンプレヤブルは『ぷれーできない』という意味。急な斜面だけど、プレーできないわけじゃないからアンプレヤブルにはできない」と指摘。果たして正しいのは?

「打ちにくい」という理由だけでアンプレヤブルにしてもいい?

A. アンプレヤブルにできる
B. アンプレヤブルにできない

正解は……






A「アンプレヤブルにできる」

プレーヤーは自分の球をアンプレヤブルとして扱うことを決定できる唯一の人であり、球がペナルティーエリアにあるときを除き、コース上のどこででも、1打罰を受け、アンプレヤブルの球の救済を受けることができる(規則19.1)。アンプレヤブルの球の救済の1つとして、プレーヤーは直前のストロークが行われた場所からプレーできる「ストロークと距離の救済」を選択することができるので、今回のケースでも、3打目をティーイングエリアから打つことは認められる。なお、ティーイングエリアから打つことを選択した場合、「ティーイングエリアの規則」に基づき、ティーアップして打つことができる(規則6.2)。

週刊ゴルフダイジェスト2021年4月27日号より

最新のルールをわかりやすく解説!
『ゴルフルール早わかり集2021-2022』