Myゴルフダイジェスト

打ったボールが飛ばずに地面にめり込んだ! 無罰で救済できるんだっけ?

監修/小山混
PHOTO/Yasuo Masuda THANKS/武蔵野GC

ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう!

ゴルル会員番号40
萩原菜乃花

ゴルル会員番号48
渥美友里恵


ティーショットを右に曲げてしまった渥美。ボールは急なつま先上がりの斜面に止まってしまう……。

「すごい傾斜! 打てるかなぁ」(渥美)

「こんなところに止まらなくてもいいのにね」(萩原)

ラフに負けないようにしっかり振り抜こうとした渥美だったが……

ゴツッ

「あっ……!」

ヘッドがボールの上っ面に当たり、なんとボールが地面にめり込んでしまう

「うそーー」(渥美)

「あ、でも地面に埋まった球は救済できたはず……」(渥美)

「え? 待って!」(萩原)

「打った球が地面にくい込んだ場合は無罰で救済を受けられるはず。新ルールでラフでも救済OKになった」と主張する渥美に対し、萩原は「無罰で救済できるのは自分のピッチマークの中に入ったとき。今みたいにボールが空中に浮かず直接地面にくい込んだ場合は無罰では救済できない」と指摘。果たして正しいのは?

打った球が空中に浮かず直接地面にくい込んだ。どう処置すればいい?

A. 無罰で地面を元通りにしてリプレース
B. 無罰で救済エリアにドロップ
C. そのまま打つかアンプレヤブル

正解は……






C「そのまま打つかアンプレヤブル」

球がジェネラルエリアにくい込んでいる場合、救済を受けることができる。ただし、球が地面にくい込んでいるとみなされるのは、球が直前のストロークの結果作られた自らのピッチマークの中にあり、かつ球の一部が地表面以下にある場合に限られる。一方で、誰かに踏まれて球が地面に押し込まれた場合や、球が空中に飛ぶことなくそのまま地面にくい込んだ場合、ドロップした球が地面にくい込んだ場合は、球が地面にくい込んでいるとはみなされない。今回のケースは、球が空中に浮かず直接地面にくい込んだので、無罰で救済を受けることはできない(規則16.3)。

週刊ゴルフダイジェスト2021年5月25日号より

最新のルールをわかりやすく解説!
『ゴルフルール早わかり集2021-2022』