Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • 【ゴルルとルール】球を探しているときに同伴者がボールを蹴っちゃった! どうすればいいんだっけ?

【ゴルルとルール】球を探しているときに同伴者がボールを蹴っちゃった! どうすればいいんだっけ?

監修/小山混
PHOTO/Yasufumi Sakagami THANKS/武蔵野GC

ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう!

前回のお話はこちら

ゴルル会員番号14

板倉由姫乃

ゴルル会員番号47

満石奈々葉

ティーショットを左に曲げてしまった満石。セーフではあるが、左サイドはラフが生い茂っており……

「ないわね~」(板倉)

「このあたりだと思うんだけどなあ…」(満石)

すると、板倉の足に何かが当たった感触が

「あ、ボール!」(板倉)

「私のです! よかった~」(満石)

「元の位置にドロップします~」(満石)

「え? ドロップ……?」(板倉)

「外的影響によってボールが動かされた場合は、元の位置にリプレースするんじゃなかったっけ?」と指摘する板倉に対し、満石は「元の位置が正確には特定できないから、リプレースではなくドロップが正しい」と主張。果たして正しいのは?

球の捜索中に同伴競技者が誤って球を蹴って動かしてしまった。どう処置するのが正しい?

A. 止まった位置からプレー
B. 元の位置にリプレース
C. 元の位置にドロップ

正解は……

B「元の位置にリプレース」

球を見つけようとしている、または確認しようとしている間に、プレーヤー、相
手、他の誰かがそのプレーヤーの球を偶然に動かした場合、罰はない。偶然に球を動かした場合、その球は元の箇所にリプレースしなければならない(分からない場合は推定しなければならない)(規則7.4)。今回のように誤ってドロップしてしまった場合でも、球をプレーする前であれば、罰なしにその球を拾い上げ、誤りを訂正することができる(規則14.5a)。

週刊ゴルフダイジェスト2021年8月3日号より

最新のルールをわかりやすく解説!
『ゴルフルール早わかり集2021-2022』