Myゴルフダイジェスト

あ、ボールに芝が張り付いている! これって取り除いていいんだっけ?

監修/小山混
PHOTO/Tadashi Anezaki THANKS/武蔵野GC

ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう!

ゴルル会員番号40
萩原菜乃花


ゴルル会員番号55
雨宮梨乃


雨宮のティーショットは、フェアウェイど真ん中へ。

「ナイスショット!」(萩原)

「よーし、2オンさせるわよ~」と意気込んでアドレスに入った雨宮だったが……「あれ?」

よく見ると、ボールに切れた芝が張り付いている。そこで雨宮は……

「切れた芝はルースインペディメントなので、取り除きま~す」

しかし、それを見た萩原が待ったをかける。

「ちょっと待って! ボールに付着した芝は取り除いちゃいけないのよ」と指摘する萩原に対し、雨宮は「え? 千切れた芝はルースインペディメントだから、ボールが動かない限りは取り除いていいはずですよ」と主張。果たして正しいのは?

球に付着したルースインペディメントを取り除いたらどうなる?

A. 球が動かなければ無罰
B. ライの改善で2打罰

正解は……







B「2打罰」

切り取られた芝など、「分離した自然物」はルースインペディメントにあたり、罰なしに取り除くことができる(規則15.1)が、今回のケースのように球に張り付いているものは、ルースインペディメントとして扱わない(定義)。したがって、球に張り付いた芝を取り除いてしまうと、ストロークに影響を及ぼす状態を改善したとみなされ、2打罰を受ける(規則8.1)。

週刊ゴルフダイジェスト2021年3月2日号より

最新のルールをわかりやすく解説!
『ゴルフルール早わかり集2021-2022』