Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • ボールがグリーンとカラーの境界線上に。これってマークしていいの?

ボールがグリーンとカラーの境界線上に。これってマークしていいの?

監修/小山混
PHOTO/Norio Tsuburaoka

ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう!

ゴルル会員番号14
板倉由姫乃

ゴルル会員番号21
中里さや香


板倉のセカンドショットはグリーン右手前のバンカーへ。第3打でリカバリーしたい板倉だが……。

バシュッ。
「あら、ちょっと短い?」
オーバーを恐れてゆるんでしまった板倉。なんとかアゴはクリアしたものの……。

ボールはグリーンに乗っただけ……と思ったら、あれ? 乗ってない?
「これってオンでいいのかな」(板倉)
「グリーンとカラーのちょうど境目だね」(中里)

「グリーンに触れてるし、オンでいいよね」(板倉)
「あ、待って!」(中里)

「カラーにも触れてるから、拾い上げちゃダメなんじゃない?」(中里)
「うーん、いいと思うんだけど……」(板倉)

「ボールの一部でもグリーンに触れていればグリーン上にあるとみなされる」と主張する板倉に対し、中里は「カラーにも触れている場合はグリーン上にあるとは認められない」と反論。果たして正しいのは?

カラーとグリーンの境界線上にあるボールはマークして拾い上げることができる?

A. マークして拾い上げることができる
B. 拾い上げてはいけない

正解は……






A「マークして拾い上げることができる」

球が「ジェネラルエリア」と4つの「特定のコースエリア」(ティーイングエリア、バンカー、ペナルティーエリア、パッティンググリーン)のいずれかの、両方にまたがる形で止まっている場合、その球はその「特定のコースエリア」にあるものとして扱う(規則2.2c)。つまり今回のように、「ジェネラルエリア」であるカラーと、「特定のコースエリア」であるグリーンの境目に止まったボールは、グリーン上にあるとみなされるため、マークして拾い上げることができる。

週刊ゴルフダイジェスト2021年3月16日号より

最新のルールをわかりやすく解説!
『ゴルフルール早わかり集2021-2022』