Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • 【ゴルルとルール】同伴者の打った球が当たってカップイン! これってもしかしてホールインワン?

【ゴルルとルール】同伴者の打った球が当たってカップイン! これってもしかしてホールインワン?

監修/小山混
PHOTO/Yasuo Masuda THANKS/武蔵野GC

ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう!

ゴルル会員番号14

板倉由姫乃

ゴルル会員番号40

萩原菜乃花

パー3にやってきた板倉と萩原。最初に打った萩原のボールは真っすぐピンに向かっていき……。

「すごい! ベタピン」(板倉)

「ありがとうございます!」(萩原)

なんとピンそば50センチにつくスーパーショット。

続いて打った板倉のボールもピン筋に……!

「これもいいんじゃない?」(板倉)

カツーン

なんと板倉のボールが萩原のボールを直撃!

そして萩原のボールはそのままカップの中へ……。

「これってもしかしてホールインワン?」(萩原)

「ゴルフは『あるがまま』が基本だから、ボールが動かされても元の位置に戻す必要はないですよね。ということはホールインワン!?」と喜ぶ萩原に対し、板倉は「ほかの人が打ったボールによって動かされた場合は元の位置に戻さなければならない」と指摘。果たして正しいのは?

グリーン上に止まっていた自分のボールが、同伴競技者の打ったボールによって動かされ、そのままカップイン。どうなる?

A. カップインが認められる
B. 元の位置にリプレース

C. カップの縁にプレース

正解は……

B「元の位置にリプレース」

外的影響がプレーヤーの球を動かした場合、誰にも罰はなく、その球を元の箇所にリプレースしなければならない(規則9.6)。動いている別の球は「外的影響」にあたるため、今回のケースでは、萩原は動かされた自分の球を元の位置に戻す必要がある。一方、動いているプレーヤーの球が偶然に人や外的影響に当たった場合、球はあるがままにプレーしなければならない(規則11.1b)ため、板倉の球は止まった箇所からプレーする必要がある。

週刊ゴルフダイジェスト2021年6月1日号より

最新のルールをわかりやすく解説!
『ゴルフルール早わかり集2021-2022』