Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【スウィング研究SP】松山、ラーム、スピース…PGAツアー選手8人の迫力スウィング一挙出し

【スウィング研究SP】松山、ラーム、スピース…PGAツアー選手8人の迫力スウィング一挙出し

トッププロのスウィングをじっくり観察・分析して、最新スウィングを徹底研究! 今回はPGAツアー選手から8人をピックアップ。見るだけでもいいイメージが湧くので、好きな選手のスウィングを目に焼き付けてからラウンドに臨もう!

PHOTO/Blue Sky Photos

ジョン・ラーム

  • 2022年初戦「セントリー」で、C・スミスに敗れたものの、34アンダーという驚異的なスコアで2位に入ったJ・ラーム。300ヤードを超える飛距離と抜群の安定感を両立するラームのスウィングの凄さを、内藤雄士が解説。 PHOTO/Blue Sky Photos ジョン・ラーム平均飛距離302.8Y(セントリートーナメント4日間)188センチ・100キロ、27歳。全米オープン(2021年)優勝。PGAツアー通算6勝 解説/内藤雄士 ティーチングプロ。大在学中に米国留学しゴルフ理論を学び、プロコーチとして丸山茂樹など多くのプロをサポート。高井戸ハイランドセンターでラーニングゴルフクラブを設立、ゴルフ指導と分析家として活躍 フルスウィングしなくても300Y 手首の柔らかさが尋常ではないと感じるスウィングです。始動からトップまで左ひざが微動だにしない点も凄いですね。始動から胸を回すことで、ヘッドが地面すれすれを低く動き、腰と肩の捻転差を作っていきます。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です トップは低く、すべてにおいてフルスウィングはしません。方向性とのバランスを考えてのことだと思います。普通、この低いトップでは飛びませんが、それでも300ヤード以上飛ぶのは体の強さと柔らかさの賜物。トップの捻転差を保ったまま打ち抜くというより、むしろインパクトが最大の捻転状態のように感じます。左手首の屈曲はラーム自身の身体特徴でもあり、それを生かした強いハンドファーストのインパクト。おそらくこのショットは、ハワイの海沿いホールだったはず。海風を避け、低い球を打とうと、ハンドファーストが顕著に出たのだと思います。ただし、腕を前に出しているのではなく、腰がターンして、同時に左わきが締まっていることで生まれる体勢です。腰の切り方、わきの締め方に注目してほしいですね。スタンスはナチュラル、いかにも方向性重視のラームらしい。左手は超ウィークで右手もウィーク。左足つま先を外に向けているのは体重を過剰に左に乗せたくないということでしょう。 週刊ゴルフダイジェスト2月15日号より

松山英樹

  • 東京五輪で惜しくもメダルを逃した松山英樹だが、病み上がりでの大舞台でマスターズ王者らしい戦いを見せてくれた。そんな五輪での松山の戦いぶりについて、内藤雄士コーチが技術面から分析! PHOTO/KJR 解説/内藤雄士 日大在学中に米国留学しゴルフ理論を学び、プロコーチとして丸山茂樹など多くのプロをサポート。今は高井戸ハイランドセンターでラーニングゴルフクラブを設立し、ゴルフ指導、ゴルフアナリストとして活躍 5Wが新たな武器になるか 3日目まで良かったパットが最終日のバックナインに入って決まらなくなった。最終日のどこかでラインのズレが生じ、それを引きずったのかもしれません。これは本人のみぞ知る部分で、いちばん悔しいのも松山選手。病み上がりの状態でも、最後までメダルを争ったのはさすが。狙えるときはアイアン力でバーディを奪い、ピンチは引き出しの多いアプローチでボギーは打たない。松山、X・シャウフェレ、C・モリカワ、R・マキロイ、P・ケーシー…… 世界トップの共通点はボギーが圧倒的に少なく、ダボは絶対に打たない。それを改めて感じさせる大会でした。 この記事は会員限定です続きを読むには会員登録が必要です 今回、アイアンとショートゲームに加えて、5月から投入した5Wが霞ヶ関のセッティングにマッチした印象です。コブラ(ラッドスピードツアー/ベンタスブラック・10X)の5Wは、ティーショットやフェアウェイだけでなく、ラフからも活躍していました。見た限り、やや短尺に組んでいる様子で、得意のアイアンの延長線上的な使い方をしていましたね。最終日14番の2オンもこのクラブ。霞ヶ関のラフはフライヤーしやすく距離のジャッジが難しいのですが、スピン量の安定度など事前にチェックして投入した結果だと思います。これからバッグに入り続けるかはわかりませんが、大きな武器になっていくはずです。スウィングはマスターズ優勝の際に報道されたように低重心のフラット軌道が板につき、アームプレーンとヘッドプレーンは、よりシンプルな軌道を描いています。来年のメジャー、そして3年後のパリ五輪でも日本のエースとしての活躍を期待します。 スピンが安定する5Wあらゆる場面で活躍 世界のトップは簡単にボギーを打たずダボは絶対回避 イーグルバーディボギーダボX・シャウフェレ(優勝)22170松山英樹(4位T)02160C・モリカワ(4位T)11960R・マキロイ(4位T)12180星野陸也(38位T)01552シャウフェレと上位の実力者3人、そして星野陸也の4日間のスコア詳細。内藤コーチの指摘のとおり、上位4人で最もボギーの多いマキロイが8つ。ダブルボギーは全員ゼロ。対して星野は2つのダブルボギーが響いた。バーディやイーグルを取る力も重要だが、それ以上に簡単にはボギーを打たず、ダボは絶対に叩かない、というゴルフが世界で戦ううえで求められる 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月24・31日合併号より 関連記事 https://my-golfdigest.jp/tournament/p33579/

ジョーダン・スピース

  • 2月のAT&Tペブルビーチで2位に入るなど、マスターズに向けて徐々に調子を上げているジョーダン・スピース。完全復活に向け、進化を遂げている実力者のスウィングを内藤雄士が解説。 PHOTO/Blue Sky Photos ジョーダン・スピース28歳、米国出身。PGAツアー12勝。世界アマランク1位になった2012年にテキサス大学を中退してプロ転向。翌年に初優勝、メジャー3勝。昨年のバレロテキサスOPで4年ぶりに優勝 解説/内藤雄士 ティーチングプロ。日大在学中に米国留学しゴルフ理論を学び、プロコーチとして丸山茂樹など多くのプロをサポート。高井戸ハイランドセンターでラーニングゴルフクラブを設立、ゴルフ指導と分析家として活躍 フラット軌道で球をつかまえる 長年のコーチ、キャメロン・マコーミックに加えて、ブッチ・ハーモンの意見を取り入れるなどブラッシュアップを図ってきたジョーダン・スピース。以前は高いトップからスティープなダウンスウィングでフェードを打っていましたが、球がつかまらず右にふかすことがありました。今はトップでレイドオフの体勢を作り、フラットに下ろします。トップで左肩が高くなっていることからも、フラットな軌道を意識していることが読み取れます。ダウンスウィングではヘッド・ビハインド・ザ・ボールを強めて、インサイドから球をつかまえています。左利きで体が左に流れやすいので、右足に体重が残る動きを入れているのだと思います。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 2月のジェネシス招待のプレーを見た時は、飛んでいる反面、曲がりも大きかった。もともとドライバーは得意ではないとはいえ、完成度はまだまだ道半ばといえるでしょう。でも、ショートゲームではリビエラの硬いグリーンに他の選手が手こずるなか、ビシバシ止めていました。昔のタイガーもそうですが、スウィングを変えると入射角が変わってショートゲームが悪くなる傾向がありますが、スピースの場合はむしろ威力を増しています。目指す方向は合っているはず。今のドライバー、タイトリストTSi3について、「何年かぶりに本当にいいギアに出合えた」と感触がいいようですし、完全復活に期待です。 【Point1】フラットな“レイドオフ”トップ以前と比べてトップの手元の位置が低くなり、後方から見て飛球線よりもシャフトが左を向くレイドオフに。球をつかまえる体勢ができあがっている 【Point2】ヘッド・ビハインド・ザ・ボールを徹底利き手が左のスピースはダウンスウィングで体が左に流れやすい。それを防ぐために頭を右サイドに残して、インサイドからシャローに振っていく 【Point3】左腕リードのハンドファーストインパクト左利きのスピースらしい左腕リードのハンドファーストインパクト。ここは以前から変わらない長所 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月22日号より

ジェイソン・デイ

  • かつて世界ランキング1位に君臨したジェイソン・デイが復活の兆しを見せている。コーチのクリス・コモと取り組んできた新スウィングを、内藤雄士が解説。 PHOTO/Blue Sky Photos ジェイソン・デイ34歳、豪州出身。19歳でプロ転向、PGAツアー12勝。2015年全米プロでメジャー初優勝。腰痛の影響もあり2018年ウェルズファーゴ選手権以来、優勝から遠ざかっている 解説/内藤雄士 ティーチングプロ。日大在学中に米国留学しゴルフ理論を学び、プロコーチとして丸山茂樹など多くのプロをサポート。高井戸ハイランドセンターでラーニングゴルフクラブを設立、ゴルフ指導と分析家として活躍 年齢に合わせた変化 ジェイソン・デイは昨年からクリス・コモに師事するようになりました。タイガーの弟分ということもあり、タイガーの元コーチでもあるコモを選んだのではないでしょうか。コモ自身は生体力学の専門家です。背中や腰の怪我に悩んだデイなので、体にやさしいスウィングを目指したのだと思います。もともとは高いトップからスティープ(急角度)に下ろす軌道でしたが、現在のスウィングを見ると、トップがフラットになり、クラブをシャローに振っています。グリップも、以前のスクエアから、フラットに振りやすいよう左手をセミストロングに、右手も横から添えるように変わっています。フラット軌道の効果で腕の振りがかなりスムーズになり、体の回転も上半身の前傾に合っていてスムーズです。インパクトの詰まりが解消され、時々出ていた左に引っかけるミスも減っていると思います。 この記事は会員限定です続きを読むには会員登録が必要です デイは、20代前半から大活躍しました。当時は体に負担がかかるスウィングでも耐えられたのでしょうが、その後、怪我に泣かされて練習できない日々が続きました。無理に練習して悪くなったり、体の痛みが出たり、チーピン球が続いたり……。選手は練習できないことがいちばんこたえます。一時期、気持ちが離れたようにも見えましたが、今は前向きです。それが、この新スウィングに表れています。試合の映像を見ましたが、すでに完成度が高く、復活の兆しが見えます。ツアーは世代交代が始まり、年齢的にも今年にかける想いは強いはず、大きな大会で活躍してくれると思います。 【Point1】フラットプレーンに合ったセミストロンググリップ「以前のデイは綺麗なスクエアグリップでしたが、左手がセミストロング、右手が横から添える握り方と、シャローな軌道に振りやすい握り方に変わっています」(内藤)【Point2】低く長いシャローな入射角スティープなダウンスウィングが特徴だったデイだが、新スウィングはヘッドの入射角もゆるやか 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月22日号より

ブルックス・ケプカ

  • 度重なるひざのケガに苦しんだブルックス・ケプカだが、昨年末にスリクソンと用具契約し、心機一転、2022年の戦いに臨んでいる。そんなケプカの最新スウィングを、内藤雄士が分析! PHOTO/Blue Sky Photos ブルックス・ケプカ平均飛距離305.1Y(セントリートーナメント4日間)183センチ・84キロ。31歳。全米オープン(2017、2018年)、全米プロ(2018、2019年)優勝。PGAツアー通算8勝 解説/内藤雄士 ティーチングプロ。大在学中に米国留学しゴルフ理論を学び、プロコーチとして丸山茂樹など多くのプロをサポート。高井戸ハイランドセンターでラーニングゴルフクラブを設立、ゴルフ指導と分析家として活躍 右肩を自然な位置に収めて胸を回すだけ 怪我の影響は見えません。強いケプカが戻ってきそうです。その象徴がインパクト。両わきが締まったまま、アドレスで作った形のままインパクトを迎えます。この再現性はPGAツアーでも一番。右の肩甲骨を自然な位置に収めて胸を回す超シンプルな動きで、リストコックや体重移動の意識は皆無です。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です バックスウィングで右重心になり、それを保ってインパクトするので自然なアッパー軌道になる。シンプルで再現性の高い動作がメジャーに強い所以です。プレッシャーに強く、感覚のズレによる誤差も少ない。腰をもっと回せばもっと飛びますが、それをしないのは安定性を重視しているからでしょう。下半身の強さ以上に上半身に強さを感じます。フォロースルーで、あのスピードで振っているのに両わきは締まったまま。一般の人のランニングアプローチのような感覚です。グリップは左手がややストロングで右手がストロング。胸板が厚く、腕も太いのでスクエアグリップでは胸が回りにくいはず。彼の体型で体を回転させてスウィングプレーンに乗せるには最も適した握り方だと思います。 フォローで両わきが締まったまま 「このスピードで振っているのに両わきが開かずに締まったまま。我々のランニングアプローチのフォロースルーのようです。上体の強い筋力があるからこそできる動きです」(内藤) 週刊ゴルフダイジェスト2月15日号より

ザンダー・シャウフェレ

  • 五輪ゴルフで金メダルに輝いたザンダー・シャウフェレ。 身長178cmと米ツアーでは小柄な体格ながら、平均310Y近く正確に飛ばす技術について、内藤雄士コーチに話を聞いた。 PHOTO/KJR 解説/内藤雄士 日大在学中に米国留学しゴルフ理論を学び、プロコーチとして丸山茂樹など多くのプロをサポート。今は高井戸ハイランドセンターでラーニングゴルフクラブを設立し、ゴルフ指導、ゴルフアナリストとして活躍 いいインパクトは“アドレス”で作るまさに模範です 勝てそうで勝てなかったシャウフェレが、ついに勝ったのが五輪の大舞台でした。国の代表という動機が強い集中力につながったようにも感じました。シャウフェレが飛距離と正確性を併せ持つのは、何よりも「模範」的アドレスに尽きます。まずはグリップ。左手はややストロングで、右手はスクエア。右の親指と人さし指で作るV字が体の中央、自分のあごを指しています。D・ジョンソンやB・ケプカなどシャットフェース&ロースピンを意識したストロンググリップの選手が多いなか、彼のグリップはとてもバランスが取れています。過剰なハンドファーストインパクトにならず、弾道の強さや高さ、スピン量がすべて適正に近づきます。両腕の向きも理想的。左右のひじ頭が体側(内側)を向いています。実際にやるとわかりますが、両ひじ頭が外側を向くと肩は上がり、体側へ向けると肩が下がります。肩甲骨が自然な位置に収まっているので、右わきが締まり、(前述の)右手V字の向きが変わらないままボールを押すように打ち抜けるのです。 始動以降は、トップ直前までノーコック、切り返しでクラブ重量を生かしたタメが入り、フェースローテーションも抑えすぎず自然に回転。どちらかといえばクラシカルな動きで、若い頃のベン・ホーガンと重なります。コーチのお父さんがホーガンを研究して参考にしたのではないか、と推察したくなりました。 【アドレス】右手のV字が締まりあごを指している【テークバック】ノーコックで上げていく【トップ】指先、手首、ひじにゆとりがある【ダウンスウィング】クラブの重さを生かした自然なタメ【インパクト】右手のV字の向きがアドレスと同じ ベン・ホーガンを彷彿とさせる ベン・ホーガン(1912~1997)。メジャー9勝、ツアー賞金王5度の米国の名手 >>ベン・ホーガンの貴重なスウィング写真はこちらから 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月24・31日合併号より

ブライソン・デシャンボー

  • 2020年はほとんどヒールアップしていなかったB・デシャンボーだが、今年初戦の「セントリー」では、バックスウィングで左ひざを右ひざに寄せ、左足を大きくヒールアップして打っていた。デシャンボーの最新スウィングを内藤雄士が解説。 PHOTO/Blue Sky Photos ブライソン・デシャンボー平均飛距離311.2Y(セントリートーナメント4日間)185センチ・106キロ、28歳。全米オープン(2020年)優勝。PGAツアー通算7勝 解説/内藤雄士 ティーチングプロ。大在学中に米国留学しゴルフ理論を学び、プロコーチとして丸山茂樹など多くのプロをサポート。高井戸ハイランドセンターでラーニングゴルフクラブを設立、ゴルフ指導と分析家として活躍 左足を大きくヒールアップ肩の回転量がさらに増えた 左足をヒールアップ。この動きによって腰の回転量が増大しています。結果、肩の回転量が増えてトップでの大きな捻転差につながっています。2020年時に比べてトップでの肩の回転量は10度くらい増えています。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 2020年はトップまでベタ足 テークバックでのヒールアップは昨年から行うようになり、今年はかかとの上げ方がさらに大きくなっている。昨秋、世界ドラコン競技に出場したことも影響か ジム・マクリーンが90年代に提唱して、飛ばしの要素と言われるXファクター(肩と腰の捻転差)が最もわかるのがトップの写真です。この捻転差と体重移動、足の蹴りを使ってインパクトを迎えていきます。バックスウィングでは右足を踏み込んでハーフウェイバックで腕がしっかり伸びています。トップからヒールアップした左足を踏み込みながら腰が回転します。左腰がお尻のほうへ入るので、インパクト直前に頭が後方に戻りヘッド・ビハインド・ザ・ボールの体勢になります。フィニッシュで右肩が前に出ているのは右わきが締まっている証拠で、腕を振って飛ばしているわけではありません。例えばタオルを右わきに挟んでスウィングすると、このような形になります。デシャンボーのスウィングは、それぞれの動きに飛ばし要素が満載で、それぞれの動きが大きいのでアマチュアの方も参考にしやすい。とくにトップの位置は真似してほしいですし、すべて真似しなくても、どこか一部を取り入れるだけで、飛距離が伸びると思います。 極太グリップで左手ウィーク 「デシャンボーのグリップは左手がかなりウィーク。これはクラブのグリップがかなり太いから。握ることができる手の大きさがあれば、太いほど出力が安定して大きくなります。また、手首の余計な動きもなくなります」(内藤) 週刊ゴルフダイジェスト2月15日号より

タイガー・ウッズ

  • 昨年末のPNCチャンピオンシップに出場したタイガー・ウッズ。2021年2月の自動車事故から驚異的な回復を見せたが、ケガの影響はどの程度あるのか。最新スウィングを横田英治プロが分析! PHOTO/Yasuhiro JJ Tanabe 解説/横田英治 ツアー経験に基づく理論的アドバイスに定評があるプロコーチ。女子プロの岸部桃子を指導中 怪我が右足だったのが不幸中の幸い 怪我が右足だったことが不幸中の幸いだったと思います。怪我が左足だったら、ここまでのスウィングは不可能でした。ゴルフはティーショット以外、8割以上が地面のボールを打つ球技。地面から正確にボールをとらえるには左足の踏ん張り、踏み込みは不可欠ですから。この写真はティーショットですが、軸を左に寄せ右足の負担を軽くして振っているのがわかります。タイガーは数年前、スタック&チルト(左1軸打法)を取り入れた時期がありました。そういった経験も生きていると思いますし、それを上手に生かせるのもタイガーならでは。スウィング全体の印象は、事故前と比べたら重心が高いですが、これは仕方ないところ。切り返しの沈み込みは小さく、とても静かな動き。おそらく50%ぐらいの力感で振っていると思いますが、その効果でクラブ軌道やフェース向きは今のほうがむしろ教科書的です。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です パワーや捻転力を下げても、ヘッドとシャフトに仕事をさせれば十分に飛ばせることを誰よりも知っているのがタイガー。実際、300ヤード前後は飛んでいました。これからメジャーを中心に出場すると思いますが、経験を最も生かせるのがマスターズ。足の負担を考えてショートウッドやユーティリティでパー5を攻略する姿が見られるかもしれません。逆に強風や硬い地面などコンディションがタフな全英オープンは厳しいかも……。いずれにせよこれからが楽しみです。 タイガー・ウッズの1Wスウィング 足の負担を考慮して前傾は浅め 右足の踏み込みは少なめ、そのぶん重心は高くなる。捻転よりも回転重視のテークバック 静かな切り返し。クラブの軌道は理想的 切り返しの沈み込みは小さく50%程度の力感で振っているのがわかる。そのぶんクラブの動きにねじれはなく、教科書的な動き 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月25日号より こちらもチェック!

こちらもチェック!
チャーリー・ウッズのスウィング

  • 昨年末、PNC選手権でのタイガー・ウッズの復帰が大いに話題となったが、同時に注目を集めたのが、12歳になった愛息・チャーリーの成長ぶり。前回のタイガーに続き、今回はチャーリーのスウィングをプロコーチの横田英治に解説してもらった。 PHOTO/Yasuhiro JJ Tanabe 解説/横田英治 ツアー経験に基づく理論的アドバイスに定評があるプロコーチ。女子プロの岸部桃子を指導中 タイガーの最新スウィングはこちら 12歳にしてすでに上半身の強さを感じる すでにチャーリーのスウィングの虜になっているという横田英治プロ。「YouTubeで何度もスウィング見ちゃいました(笑)。お父さんのタイガーのスウィングの良いところは、どこか常に危うさが伴っているところだったと思うんですよ。ちょっと曲がる要素があったりして。でも曲がったところからどんなことをしてくれるんだろうってワクワク感があった。でも、チャーリーのスウィングはそれがないですよね」つまり曲がらないスウィングだと?「プレーンもストレート、フェースも全部いまどきのスクエアだし、どのプロよりも、そしてお父さんのタイガーよりもプレーンはいいんじゃないかなと思います。クラブが動きたい部分、通りたいところを邪魔せずに振れているのは凄い。筋力が未発達ゆえというのはあると思いますが、このまま成長すれば間違いなくトッププレーヤーになると思います」 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です プレーンがズレない理由は?「ハーフウェイダウンまでまったく腕を使っていないですよね。体の回転で胸の前までクラブを下ろしてきて、そこから自然とクラブが上がっていく。12歳とはいえトレーニングしていると思いますよ。切り返しで下半身が少しクテッとしていますが、頭や上体は傾いていません。頭の傾きはプレーンの傾きにつながるので、そこで倒れない強さがいいショットの秘訣になっていると思います」(横田) シャットフェースにフックグリップ今どきのクラブを使いこなす タテの軸もヨコの軸もブレていないいい構えから、まったく腕を使わずにインパクトを迎えている。頭の傾きが少なく、上体の強さを感じる 余計な力が入らずクラブの動きを邪魔しない 余計な力が入っていないので、いい位置にクラブが下りている(3コマ目)。「前傾が深くなって頭がグッと下がる。一番教えにくいところができていますよね」(横田) 週刊ゴルフダイジェスト2022年2月1日号より こちらもチェック!