Myゴルフダイジェスト

【わかったなんて言えません】Vol.56 比嘉一貴#3「時松さんのアプローチを盗んでいます」

「ゲンちゃん」こと時松隆光がプロを招いてトークをする連載「わかった! なんで言えません」。今週のゲスト前回に続き、8月のセガサミーカップでツアー2勝目を挙げた比嘉一貴プロ。今回は練習ラウンドでの「下準備」についてのお話から、アプローチの距離感に話が及ぶ。

ホスト/時松隆光

1993年生まれ、福岡県出身。ツアー通算3勝。プロ10年目。テンフィンガーグリップで戦う。愛称は“ゲンちゃん”

ご指名/比嘉一貴

沖縄生まれ。ツアー2勝。本部高校、東北福祉大時代から活躍。17年プロ入り。158㎝と小柄ながらキレのあるショットが武器

時松 今も下準備のコースメモは作っているの?

比嘉 やっていないです。2019年でひと通り、開催コースのものは作ったので、そのメモを持っているから。

時松 新しいトーナメントで回るコースとかはどうするの。グリーンブックを買うとか?

比嘉 はい。本当はコースメモを作ったほうがいいとは思うんですけど、水平器を使って18ホールのグリーンの傾斜を測ってメモを作るのは、ハードすぎて。それだけのために月曜日の朝5時にコースに来て、夕方6時に帰るんですけど、日曜日に試合をして、翌日の月曜日に、となると、やっぱり体壊しましたよね。しかもツアーの後半の大事な一カ月でしたから、そこは反省点でした。

時松 僕は一貴とは逆で、グリーンに乗ったら芝目とかいろいろ考えたくなくて、パッと見て、ピッと打ったほうがフィーリングも結果もよい。それが、ボール1個かな、ワンカップかな、と迷うようになってくると入らなくなってくるんだよね。

比嘉 多分、源蔵さんは嫌なイメージを残したくないんでしょうね。だから知らないコースで練ランなしで、ぶっつけでやったときのほうが、案外、結果はいいんだと思うんです。いきなりコースに立って、見たままのイメージで打ってミスなくできるタイプだと思いますよ。

時松 一貴は何で事前にコースを詳しくチェックするの。


比嘉 悔いを残したくないんです。打った後に、あぁ、ここに打ったらいけなかったんだっていうのをなくしたいんです。

時松 カッコいいな。

比嘉 だから僕は源蔵さんとは逆に、グリーン周りに近づくほどチェックはします。

時松 2019年に作った『比嘉メモ』をツアーで売ってみれば。

比嘉 いや、売りたくないです。字が汚いから僕しかわからないし。でも源蔵さんには買ってもらいたいです。多分、使わないだろうから(笑)。源蔵さんは距離を測らなくても、見た目でキッチリ打てますからね。

時松 それはさ、事前に下調べや練習をやらないってだけでしょう(笑)。

比嘉 いや。していなくても、試合でできるってところが天才肌なんですよ。

時松 なんかやけに持ち上げるなぁ。

比嘉 だって自分は、けっこう源蔵さんからアプローチの技を盗んでいますからね。

時松 え、そうなの。

比嘉 はい。転がしですけど、源蔵さんのはキモイくらいラインに乗りますよね。入りそうっていうラインに乗せるためのスピード感が絶妙です。その辺は自分ができないから、すごいなと思いますね。それで見て勉強しています。だから源蔵さんと回った翌週は、自分もやたら52度のウェッジとかでアプローチしますもん。

時松 
結果はどうなの?

比嘉 かなりイイんですよね。イメージがよくなります。(石川)遼さんもそうですけど。遼さんはスピンをかけるアプローチですけど、あれは真似できないです。ホントにすごいです。

時松 確かに。

「打ち方を真似すると距離感も良くなります」

「源蔵さんのアプローチはパッティングの感覚と似ているのかなと思いますけど、スピード感が完璧。グリップの握り方もクラブの使い方も違うので、まるまる真似はしないですけど、イメージがよくなります」(比嘉)

比嘉 源蔵さんはアプローチで入っても当たり前のような顔をしていますけど、何で入るんですかね。

時松 何でかなぁ……。でも、入れようと思っていないよね。入れようと思ったらメッチャ強くなったりして距離がズレたりすることが多くなる。だから打つ前に考えているのは、距離感くらいかな。

比嘉 距離感って、キャリーの落としどころのイメージですか。

時松 そうだね。落としどころはしっかりイメージする。

比嘉
 源蔵さんは中途半端な40〜50Yとかも上手いですよね。それって自分のなかに絶対距離感みたいなものがあるんじゃないですかね。

時松 どうして?

比嘉 練習をものすごくしていれば距離感も身につくと思うけど、でも源蔵さんはやっていないのにできるから、それが絶対距離感なのかなと思うんです。

時松 絶体距離感のことはわからないけど、アマチュアの方でアプローチが苦手で距離感が悪い人を見ていると、基本、バックスウィングが小さくて、フォローで距離を合わせようとすることが多いんです。バンカーショットも、アマチュアの人は小さいバックスウィングで、インパクトで手でしゃくり上げようとするからボールが上がらないということが多い。でもプロのバンカーショットは、絶対にフォローで出そうとはしない。バンカーはテークバックを大きくして、フォローはほとんどないっていう打ち方でしょ。多分、アレだと思うんだよね。距離感とかって、バックスウィングでイメージしているんだと思います。

比嘉 なるほど。(次週に続く)

週刊ゴルフダイジェスト11月23日号より

こちらもチェック!

  • 100Y以内を確実に乗せる、アプローチで1パット圏内に寄せる、グリーン上で確実に2パット以内で上がる――スコアメイクをする上で最も重要なもののひとつが「距離感」だ。どこからでもいとも簡単に寄せてくるプロのような距離感は、我々にも身につけることができるのか。今回は、「距離感」というものの正体と、その磨き方を教えてもらった。 TEXT/Kenji Oba PHOTO/Yasuo Masuda、Tadashi Anezaki THANKS/オーク・ヒルズCC 稲見萌寧の「絶対距離感」僕らにも習得できる? メダリストにして賞金女王争いでトップを走る稲見萌寧。その強さはスタッツにも表れている。出場41試合で、獲得賞金以外にも、優勝回数(8勝)、年間トップ10回数(22試合)、平均ストローク(70.13)、平均バーディ数(3.67)、パーセーブ率(90.23%)でトップを走る(データは10月28日現在)。注目すべきは、ともに1位を独走する「パーオン率」と「リカバリー率」だ。前者のデータは75%、後者は70%を超えている。つまり4回に3回以上はグリーンをとらえ、たまにグリーンを外しても7割の確率でパー以上のスコアで上がっているわけだ。稲見が「ショットメーカー」といわれる、納得のデータといえる。精度の高いショットについて奥嶋誠昭コーチは「絶対音感ならぬ“絶対距離感”がある」という。アイアンショットは2Y刻みから、長い番手でも5Y刻みで打ち分けられるというのだ。そうした能力が身についたのは育った環境も大きい。というのも稲見はジュニア時代、千葉の北谷津ゴルフガーデンでゴルフを覚えた。パー3が18ホールあるショートコースで、池田勇太や葭葉ルミなど、30人以上のプロを輩出したことでも知られている。稲見はジュニア時代、1日10時間以上を北谷津で過ごしてきた。芝の上から打てるのはもちろん、グリーンの状態やボールのライ、高低差、風や天候などに合わせ、距離を打ち分ける感覚を磨いたのだ。ショートコース特有の小さな砲台グリーンでどこに止めるか、という技術もそこで身につけた。では、アマチュアのゴルフはどうだろうか? フルショットはそこそこよく、狙った方向に飛んでいる。だが、グリーンまで残り80Y(中途半端な距離)のコントロールショットになると、手前にショートしたり、奥にオーバーしたり……そんな経験をしたゴルファーは多いはずだ。結局、パッティングも含め、100Y以内でスコアを崩しているのが、アベレージゴルファーが伸び悩む大きな要因といえるだろう。では、稲見が持つ“絶対距離感”は、アマチュアでも身につけることができるのか? 距離感のベースは“周辺視野”と“空間認知能力”で決まる 解説/大本研太郎 2018年PGAティーチングプロアワード最優秀賞受賞。東京・恵比寿でゴルフスタジオ「GPC恵比寿」を主宰。スウィング理論だけでなく、マネジメントやメンタルにも精通。現在、女子プロの東浩子、臼井麗香などを指導中 「精度の差はありますが、距離感は日常生活でも欠かせない、誰もが持っている能力なんです」というのは、ゴルフを多角的な視点で指導する大本研太郎プロだ。大本プロによれば距離感には2つのキーワードがあるという。そのひとつが「周辺視野」だ。焦点を絞るのではなく、広い視野で景色全体を見ることだ。反対にモノにフォーカスし、凝視することを「中心視野」と呼ぶ。 続きを読む 「実はアマチュアの多くは、中心視野になっているんです。これはゴルフに限らず、道具や体の部位に視線が集中してしまうからです。周囲に人がいるのに素振りをしたり、他の人がプレー中なのに打ってしまうのは、中心視野によって起こるトラブルなんです」ちなみに中心視野はスウィングの天敵である力みも生む。「ボールをよく見ろ」はレッスンの定番だが、目元に力が入ることで全身が力んでしまうこともある。「プロはボールを凝視していません。意識的に周辺視野、つまりボールをぼんやり見ているのです。まずは視線を集中させず、遠くを見る、広い景色を見るなど、周辺視野を意識することが大切です。たとえば大きなグリーンは遠く、小さなグリーンは近く見えますが、このパッと見た距離と実際の距離を歩測や距離計などで検証することで、周辺視野の精度もどんどん高めていけるのです」もうひとつが「空間認知能力」と呼ばれるもの。視覚情報を脳で処理することで距離も含めた状況を判断する能力のことだ。わかりやすい例でいうとクルマの車庫入れで、車庫入れが上手い人ほど、空間認知能力が高いという。「車庫入れの上手い人は、どのタイミングでハンドルを何度切り、どれだけアクセルを踏むかなどとは考えません。視覚情報(車庫の幅、奥行きなど)から見えない部分(死角)もイメージしてクルマを操作します。これはゴミ箱にゴミを入れる、キャッチボールで相手の胸元に投げるのと同じ。実際の距離がわからないのに投げられるのは、空間認知能力を使っている証拠なのです」この空間認知能力は日常生活において不可欠なものだ。たとえば繁華街で人とぶつからずに歩けるのは人との距離や動きを予測しているからだ。階段も同じ。踏み外せば大ケガになる階段を難なく上り下りできるのは、空間認知能力のなせるワザといっていい。「歳を重ねるとつまずくのは筋力だけでなく、空間認知能力の衰えも影響しています。空間認知能力は周辺視野なしでは成り立ちません。普段から視野を広くし、そこに動作を加えることで距離感のベースができ上がっていくのです」 距離感のキーワード1 周辺視野焦点を中心に絞らず広い範囲を見る 【周辺視野】周囲の情報を把握できる【中心視野】意識が1点に集中 周辺視野とは視野が広い状態を指し、まさにボールをぼんやり見ることそのものだ。グリーンまで何Y、池を越えるには何Yといった奥行き(距離感)は広い視野なしでは判断できない。モノを凝視する中心視野、たとえばスマホに集中していては周りの状況は把握できない 距離感のキーワード2 空間認知能力立体的な位置関係を把握する能力 視覚情報を脳で処理し(見えない部分の捕捉も)、三次元空間における状況を把握してイメージ、予測しながら動けるのが空間認知能力だ。人とぶつからずに歩ける、高さも幅も違う階段を上り下りできるのは、誰もがこの能力を持っているから。ただ加齢とともに衰える能力でもある 空間認知能力は日常生活で鍛えられる!空間認知能力を発揮するには広い視野、つまり周辺視野が必須だ。まずは普段から広い視野を心がけたい。そこに歩く、走る、投げる、使うなどの動作が加わることで空間認知能力は高められる。ジグソーパズル、自転車の運転、絵を描く、地図を読み解く、キャッチボールなどは、空間認知能力を鍛える最適な動作なのだ 「視覚で得た情報に反応できる“手の感覚”を磨くことが大事です」 距離感の正体はわかったが、ゴルフにおける距離感はどう作ればいいのか?「距離感を作るには、手の感覚が重要です。運動時における感覚では、手の感覚が3割以上を占めているからです」と大本プロ。「ペンフィールドのホムンクルス」という、手と顔が異常に大きな人形がある。これはカナダの脳神経外科医・ペンフィールドが脳(運動野と体性感覚野)と体の部位との対応関係をまとめたもので「脳の中のこびと」とも呼ばれている。「つまり、手の感覚なくして距離感は作れないということです。グリーン上でカップに向かってボールを転がし、近くに寄せたり、入れたりするのが上手な人ほど、手の感覚が優れている証拠です。ただ、これは積極的に手を使え、ということではありません。手を使うとスウィング中にムダな動きが生まれるので注意しましょう」(大本)ゴルフに求められる手の感覚とはクラブの重さ、インパクトの打感、手の中でクラブが引っ張られたり、ねじれたりする感触を感じ取ることだ。そして大本プロは、距離感に直結する右手の感覚がとても大切だと語る。「プロがグリーン上で距離感を出すとき、よく右手を振るのはそのためです。周辺視野による視覚情報、空間認知能力による傾斜、見えない風などを判断し、それに右手の感覚を合わせていく。そうやってターゲットに対する距離感が磨かれていくのです」 右手=力感左手=方向性 手の感覚はどちらも大事なものだが、距離感で考えれば、重要なのは右手(右打ちの場合)。ターゲットに対する右手の感覚によって距離感が作られるわけだ。一方左手は、クラブの動きをガイドし、方向性を出すのに役立つ では、どのように右手の感覚を磨けばいいのだろう。大本プロは「カップのフチで止める」パッティングとアプローチの練習が効果的だという。「入れるのではなく止めることが大事。止めることで正確な距離感が作られるからです。どう転がし、どう浮かせるかではなく、狙った場所にどう止めるか。それが右手の感覚を磨き、自分の距離感として培われていくのです」手の感覚を磨くためにやってはいけないことがある。それが「フルショット」と「振り幅を決めること」だ。フルショットは転ばないようにバランスを保とうと体が反応しやすく、振り幅を決めると右手の感覚は鈍ってしまう。ターゲットに対し、どのくらいの力感(手の感覚)で打つかが決まれば、振り幅は自然に決まるのだ。10mのロングパット、20Yのアプローチから始めるのがいい、と大本プロ。徐々に距離を伸ばし、間の距離を打ち分けていくことで、精度の高い距離感が体の中に記憶されていくはずだ。「いきなり稲見選手のような2Y刻みは難しいですが、打った瞬間に大きいか、小さいかがわかれば、精度の高い距離感に近づけている証拠。スコアメイクもグッとラクになりますよ」 運動は3割以上が手の感覚で行われている。「手のひらは第二の脳」と呼ばれる由縁でもある。手でボールを転がす、投げて転がすなど、視覚情報に対していかに手の感覚を合わせられるかが、距離感作りの最初の一歩なのだ カップのフチに「止める」練習をしてみよう カップに「入れる」のではなく、手前に「止める」ようにすることで、正確な距離感が身につく。まずは10mのパットと20Yのアプローチから始めよう。パットではカップを見たまま打つと、よりイメージが出しやすい こんな練習も効果的! 目をつぶったままパット右手1本アプローチ目をつぶることで体の中のセンサー、とくに手の感覚が敏感に感じやすくなる。また右手1本のアプローチも右手の感覚(打感・重さ・ねじれを感じる)を磨くには最適なドリルだ 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月16日号より