Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【ブレーキ&アクセルで飛ばす】#1「アクセル」だけではヘッドは加速しないんです

【ブレーキ&アクセルで飛ばす】#1「アクセル」だけではヘッドは加速しないんです

渋野日向子の専属トレーナーを務める斎藤大介氏によると、効率よくヘッドを走らせるには、「アクセル」と同時に「ブレーキ」を上手に活用する必要があるという。スウィングにおけるアクセルとブレーキとは何か。なぜブレーキが重要なのか。詳しく話を聞いてみた。

TEXT/Tomohide Yasui PHOTO/Tsukasa Kobayashi、Shinji Osawa、Blue Sky Photos

解説/斎藤大介

柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得。16年より米女子ツアー選手のトレーナーを務め、20年から渋野日向子の専属トレーナーとして活動。週刊ゴルフダイジェストで「らくトレゆるスト」を連載中

関節を曲げるのがブレーキ
伸ばすのがアクセル

「ブレーキとアクセルというのは私なりの比喩ですが、この2つの動きが使いこなせないと、本来の力は発揮できないのです」

そう語るのは渋野日向子の専属トレーナー、斎藤大介氏だ。ブレーキとアクセルとは、具体的にどのような動きなのだろうか。

「簡単に言うと、関節を曲げるのがブレーキで、伸ばすのがアクセルです。ゴルフは重力や遠心力でクラブの動きを加速させてボールを打つスポーツですが、遠心力が働いた状態を持続するには、クラブを引き戻す力も必要になります。クラブが体から離れようとする力を受け止める(耐える)のがブレーキと解釈してもらえるとわかりやすいかもしれません」

レッスンの世界では「ヘッドを走らせるために左の壁を作って手元を止める」という表現がされることがあるが、同じような感覚なのだろうか?

「最新の研究によるとスウィング中の左サイドの動きはかなり複雑で、1回止めてから左足で蹴って再びアクセルに切り替わる2段階加速のような動きになることがわかっています。手元を止めるというイメージだと理論的には少し古いかもしれません。ブレーキとアクセルの動きは上半身と下半身、右半身と左半身が複雑に絡み合っているのです。ただ、多くのアマチュアはアクセルばかり意識してブレーキが使えていないのが実情です。ですからまずはブレーキをかけ、ヘッドを走らせる感覚を身につけてほしいですね」

ブレーキとアクセルは
サイドステップで考えると分かりやすい

左右にサイドステップする際、軸足を伸ばしてジャンプし、逆足を曲げて着地する。このジャンプの動きがアクセルで、着地するときの動きがブレーキになる。ブレーキをしっかりかけないと次のアクセルには移行できない

>>ゴルフのスウィングでは
「ブレーキ」はいつ、どのように使えば良い?

  • ゴルフスウィングで重要な「ブレーキ」を身につけるためにはどうすればいいのか。斎藤大介トレーナーが、渋野日向子も実践しているというオススメの「チューブトレーニング」を教えてくれた。 TEXT/Tomohide Yasui PHOTO/Tsukasa Kobayashi、Shinji Osawa、Blue Sky Photos MODEL/Mai Inaji(GOLULU) 解説/斎藤大介 柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得。16年より米女子ツアー選手のトレーナーを務め、20年から渋野日向子の専属トレーナーとして活動。週刊ゴルフダイジェストで「らくトレゆるスト」を連載中 >>スウィングで「ブレーキ」が重要な理由とは? 「ブレーキ」を優先的に鍛えよう ブレーキをかける動きを身につけるには、自分の体に何らかの方法で負荷をかけ、その負荷に耐える必要がある。斎藤トレーナーがおすすめするのがゴムの張力を利用したチューブトレーニングだ。「チューブを引っ張る動きがアクセルで、引っ張られるチューブの力に耐える動きがブレーキです。交互に行うとブレーキとアクセルの両方が鍛えられますが、優先的に鍛えるのはブレーキです。なぜならブレーキが使えないとアクセルが発揮できないからです」斎藤トレーナーが教えてくれたチューブトレーニングでは、まず引っ張られる動きを考えよう。つまり引っ張られる強度を調整することだ(弱いと感じづらい)。そうすることでブレーキ&アクセルの動きがわかり、ヘッドが走るスウィングも手に入れられるぞ。 自宅で簡単チューブトレーニング「SAITO-5」がオススメ 斎藤トレーナーと共同開発した自宅トレーニング用フィットネスツール。チューブ3本(弱・中・強)、ベルト、ハンドル、スライドディスク、ボールがセットになっている。今回の「ブレーキ」を身につけるには最適。価格/5940円 Gポケットで購入する Menu 1ベルトを肩にかけ胸を回す チューブにベルトを取りつけ、ベルトを右肩にかけて体に巻きつける。チューブは自分から見て右下方向に固定し、下半身の動きでスウィング。引っ張る動きよりも耐えながら戻る動きがブレーキ強化につながる この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です Menu 2ベルトを足のつけ根にかけ骨盤を回す チューブにベルトを取りつけ、ベルトを右足のつけ根に通して腰に巻きつける。チューブを自分から見て右下方向に固定し、骨盤を回してスウィング。トップの姿勢のまま耐えるだけでも右のブレーキの使い方がわかる Menu 3チューブを両手で引っ張る チューブにハンドルを取りつけ、両手でハンドルを持ちスウィング。チューブを腕と同じ高さに固定し、右サイドから左サイドに力強く引っ張るイメージ。腕の力ではなく下半身の力を使い、体を回転させながら動かす Menu 4チューブを右手で引っ張る チューブにハンドルを取りつけ、右手でハンドルを持ちスウィング。チューブを自分から見て右下方向に固定し、右パンチのイメージで引っ張る。これはアクセルの要素が強いが、右手を戻す動きのなかでブレーキも体感できる Menu 5チューブを左手で引っ張る チューブにハンドルを取りつけ、左手だけでハンドルを持ちスウィング。チューブを自分から見て右下方向に固定し、お腹に巻きつけるように左サイドまで引き寄せる。これも右へ戻るときの動きでブレーキの感覚がつかめる Menu 6チューブを腰に巻いてサイドステップ チューブを腰で1周させ、チューブの両端を腰の高さで固定する。そして右足、左足と交互にサイドステップ。最初はジャンプせず、ヨコ歩きでもOKだ。強度を上げるほど、体がブレやすく、ブレーキを鍛えられる 階段を上り下りするだけでもアクセルとブレーキが鍛えられる 階段を上り下りすることで、ブレーキとアクセルの感覚を身につけられる。上るときは、ひざを伸ばしていくためアクセル、下りるときはひざを曲げて力を受け止めるためブレーキを使うことになる。下りのほうが筋肉への負荷が大きい 週刊ゴルフダイジェスト2022年6月21日号より
  • ヘッドを効率よく加速させるためには「ブレーキ」を上手く使いこなすことが重要だと斎藤大介トレーナーは言う。では具体的に、ゴルフのスウィングではどこでブレーキが働いて、それがどんな効果を生むのだろうか。 TEXT/Tomohide Yasui PHOTO/Tsukasa Kobayashi、Shinji Osawa、Blue Sky Photos 解説/斎藤大介 柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得。16年より米女子ツアー選手のトレーナーを務め、20年から渋野日向子の専属トレーナーとして活動。週刊ゴルフダイジェストで「らくトレゆるスト」を連載中 >>「ブレーキ」と「アクセル」ってなんのこと? ブレーキによってパワーが溜まる 斉藤トレーナーの言う「ブレーキ&アクセル」を理解するためには、ブレーキという動きを見極める必要がありそうだ。「ブレーキは抵抗に耐えて力を受け止める動きです。その動きが使えないとスウィング中にいろいろなことが起こります。バックスウィングで右のブレーキが使えないとスウェイしますし、インパクトで左のブレーキが使えないと腰のスライドが発生します」その話を聞くと、アマチュアのスウィングは雪道でノーマルタイヤを履いてアクセルを踏んでいるような状態なのかもしれない。雪道をグリップできないままでは、アクセルを踏んでも空回りするだけだ。その結果、軸が右にブレたり、左にブレたりしてしまう。スウィングは、軸をキープしながら回転運動をしなくてはならない。軸がブレた状態では、力も上手く発揮できないのだ。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 「最初にやるべきは、股関節のブレーキとアクセルを覚えることです。股関節には、タテの動き(前屈・後屈)とヨコの動き(内旋・外旋)がありますが、まずは右股関節のブレーキから意識しましょう。具体的に説明すると、テークバックからトップで右股関節は、前屈しながら内旋させます。パンツの右股関節辺りにしわを作るようなイメージです。そうすることで力を受け止められるブレーキが完成します」斎藤トレーナーによると、アマチュアが最も苦手なのが、右股関節でのブレーキだという。ここで力が上手くタメられないのだ。「右股関節でしっかりブレーキを効かせ、そこから左足の踏み込みにつなげていくのがスウィングの流れです。右股関節のブレーキによって上半身がねじれ、引き伸ばされます。これが捻転差となりますが、ここで伸張反射が発生し、切り返し以降のヘッドスピードが一気に加速していきます」ここで新たなキーワードが出現。伸張反射とはいったい何か。「伸張反射とは、伸びた筋肉が反動で戻ることです。プロはこの動きを使ってヘッドを走らせています。アマチュアはこの動きが使えないため、腕の力だけで切り返し、クラブを動かしているのでヘッドが走らないのです。右のブレーキが使えると、この伸張反射が使えるようになりますから、スウィングが激変しますよ」 伸張反射とは?「脊髄反射で、伸びた筋肉が反動で戻ること」 伸張反射とは引き伸ばされた筋肉が切れてしまわないように防衛反応で収縮する現象のことだ。右の写真のように指を伸ばし、開放すると指は勢いよく戻っていく。これは脊髄反射のひとつで脳のリミッターがかからない。つまりこれを上手く利用できれば、より速くスウィングすることが可能になる トップでブレーキをかけ切り返しで伸張反射が発生しダウンでアクセル全開 【トップ】ブレーキ右股関節の内旋で壁を作る 右股関節の内旋と前屈、左股関節の外旋によるブレーキでタメを作る。この右股関節のブレーキによって上半身と下半身に捻転差が生まれ、上半身がしっかりと引き伸ばされたときに伸張反射が起きる 【切り返し】伸張反射体幹部の伸張反射で素早く切り返し 下半身のブレーキと上半身の引き伸ばしによって胸筋や背筋などの体幹部に伸張反射が発生。右回転から左回転へ一気に切り替わる。渋野選手の切り返しが素早いのはこの反射が起きている証しだ 【ダウン】アクセル左足で踏み込み右腕を伸ばす 切り返し後、曲げた左足で踏み込み(ブレーキ状態)ながら、右腕が伸びていく瞬間がアクセルだ。重力に合わせて腕を下ろすことでそのパワーがクラブに伝わり、遠心力によってヘッドが加速していく 【インパクト】ブレーキ左股関節で壁を作りヘッドを走らせる 左足の踏み込みでブレーキをかけつつ、左足が徐々に伸びていき、2段目のアクセルに移行。左右の股関節は内旋させ、内股状態でヘッドが抜けていく >>では、どうすれば「ブレーキ」を身につけられる? 週刊ゴルフダイジェスト2022年6月21日号より

週刊ゴルフダイジェスト2022年6月21日号より

こちらもチェック!

  • 米ツアーでさっそく結果を出している渋野日向子。その活躍の原動力が2020年から取り組んできた「ファンクショナルトレーニング」だ。いったいどんなトレーニングなのか、我々アマチュアにも取り入れることができるのか。渋野の専属トレーナー・斎藤大介氏が教えてくれた。 TEXT/Tomohide Yasui PHOTO/Osamu Hoshikawa、Blue Sky Photos MODEL/Rinako Kurokawa(GOLULU) 解説/斎藤大介 柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得。16年より米女子ツアー選手のトレーナーを務め、20年から渋野日向子の専属トレーナーとして活動。小誌で「らくトレゆるスト」を連載中 スポーツの種目に合わせた連動した動きを身につける練習法 ファンクショナルは直訳すると「機能的な」という意味。つまりファンクショナルトレーニングとは、身体機能を高めるトレーニングとなる。筋トレやストレッチと何が違うのだろうか?「筋トレやストレッチは特定の部位をターゲットにして、その筋肉を強化します。それに対してファンクショナルトレーニングは『こういう動きがしたいから何かいいトレーニングがないかな』と考え、その動きにつながる身体機能を作り上げていくイメージです。発想が逆になります」そう語るのは、渋野日向子の専属トレーナー、斎藤大介氏だ。斎藤氏によると、渋野は以前から筋力や柔軟性は十分に備えていたが、体の動かし方が効率的ではなかった。ポテンシャルはあるのにその力を生かし切れていなかったのだ。「まずは持っている力を使い切りましょう、という段階からトレーニングは始まりました。最初の1年はファンクショナルトレーニングと筋トレの割合が8対2くらいでしたね」 「ファンクショナルトレーニングの成果が出ています」(斎藤) 【渋野日向子のドライビングディスタンス】2021年(日本ツアー)245.28Y2022年(米ツアー)266.70Y2年間にわたるファンクショナルトレーニングで動きの連動性が格段に高まり、イメージ通りの動きができるようになった渋野。その成果が飛距離アップにつながっている この記事は会員限定です続きを読むには会員登録が必要です ファンクショナルトレーニングを続けていくうちに動きの連動性が高まり、イメージ通りに動けるようになってきたという。そのため現在は筋トレを増やしつつ、次の段階に移行中だ。「トレーニングは自転車のギアにたとえるとわかりやすいのですが、渋野選手は3速でこげる体の強さを持っていたのに上手く自転車を乗りこなせない状態でした。そこで3速を使いこなすためのファンクショナルトレーニングに取り組んだわけです。今はギアを上げ、4速をこぐための筋トレを増やしています。その割合はファンクショナル3割、筋トレ7割の割合です。将来的には5速か6速までこげるようなポテンシャルを持っていると思っています」ゴルフというスポーツは筋トレやストレッチが技術の向上に直結するわけではなく、ファンクショナルトレーニングのように動きの連動性を高めることが必要不可欠なのだ。その取り組みが効果を発揮していることは、昨季の日本ツアーから今季の米ツアーでの渋野の活躍ぶりを見れば明らかだ。具体的にどのような点がレベルアップにつながるのか、斎藤氏に詳しく解説してもらおう。 パフォーマンス向上のための3要素【技術】スポーツに欠かせないテクニック「10代から技術に特化した訓練を重ねるフィギュアスケートは、筋トレはほぼしません」と斎藤氏。技術要素が高い種目もあるのだ【筋トレ・ストレッチ】各部位をピンポイントで強化筋トレやストレッチは特定の部位の筋力や関節の柔軟性を高めるもの。基本はストレッチ>筋トレ>ファンクショナル>技術という習得過程となるが、ファンクショナルから始めても問題はない【ファンクショナルトレーニング】各競技に合わせた動きの強化ファンクショナルトレーニングはゴルフでこういう動きがしたいという目的があり、その動きに合わせてメニューが作られる。筋トレやストレッチとは発想が逆で、定番の動きやメニューもない とくに大事なのが“運動連鎖”しなやかに動けるかがカギです 渋野日向子は2019年シーズン終了後からスウィング改造に取り組んだ。だが、この改造に斎藤氏は一切関与していない。「トレーナーは選手がどういうスウィングを作りたいのか方針が決まっていないと、正しい動きに導くことができません。逆に方針さえ決まれば、何でもできます」つまり斎藤氏は渋野が目指すスウィングに合わせてファンクショナルトレーニングのメニューを考案した、という流れになる。「ファンクショナルトレーニングには大事なポイントが3つあります。いちばん大事なのは“運動連鎖”です。筋電図で計測すると筋肉がどういう順番で動くと効率的かがわかります。その鉄則は下から上に、中心から末端に動くことです。ゴルフは地面を踏むスポーツなので下から上に動き、中心(体幹)から末端(腕や手)に動いてクラブに力が伝わるのが基本です。ですから腕や手が先に動くのは順番が狂っているわけで、効率的な動きとはいえないのです」上半身から始動するアマチュアは、下半身から先に動くのが基本と聞いてドキッとするはずだ。「それと稼動させる部位と稼動させない部位を分離させて動かすことも大事です。この動きができないとスウィング中に軸がブレて、バランスが崩れてしまいます」これもアマチュアに多く見られるエラー動作のひとつだ。「最後のポイントがアクセルとブレーキです。専門用語ではアクセルを求心性収縮、ブレーキを遠心性収縮といいます。アクセルは筋肉が縮みながら力を出す状態で、ブレーキは筋肉が伸びながら力を出す状態です。運動連鎖、バランス、ブレーキ&アクセルの3つの能力が高まることで、理想的なスウィングになるのです」 ゴルフに不可欠な身体能力は3つある (1)バランス……アドレス・フィニッシュ安定した姿勢で動き続けられるかファンクショナルトレーニングによって稼動させる部位と稼動させない部位(動かさない部位はひじ・ひざ・腰・首)を分離させて動かせるようになる。ブレないアドレスやフィニッシュは軸のキープがベースなのだ(2)運動連鎖……トップさまざまな関節と筋肉を連動させられるかゴルフは足で地面を踏むスポーツなので運動連鎖は下から上につながり、中心から末端につながるのが鉄則だ。筋肉と関節の動く順番が整うことで体がイメージ通りに動かせる(トップの位置が安定)(3)ブレーキ&アクセル……ダウンスウィング・インパクトためたパワーを効率よく伝達できるかダウンスウィングの初期は筋肉を縮めながら力を発揮するのでアクセル。その後、筋肉を伸ばしながら力を発揮するブレーキ(遠心力に耐える形)に移行。この動きを覚えるとパワー効率が飛躍的に上がる 【ファンクショナルトレーニングの効果】ケガの予防・姿勢改善・パフォーマンスアップ 筋肉が動く順番が整うと運動効率が上がり、パフォーマンスアップにつながる。また、動きがしなやか(スムーズ)になることで、ケガを予防したり、姿勢を改善したりする効果も期待できる >>斎藤トレーナーおすすめ!ゴルフに効くファンクショナルトレーニングとは? 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号より
  • 渋野日向子の専属トレーナーを務める斎藤大介氏の連載「らくトレ、ゆるスト」からオススメのメニューをピックアップ。今回は、体をスムーズに回転させるうえで重要な役割を果たす「股関節」の柔軟性を高めるエクササイズを5つご紹介! こちらもチェック!
  • 飛距離アップのためには、トップでしっかりと体を回すことが必要。しかし、デスクワークで体が固まっていたり、年齢とともに柔軟性が落ちてくると、どうしてもトップが浅くなってしまう。無理に深いトップを取ろうとすると、腕だけで上げてしまい、手打ちの原因に。そこで今回は、肩まわりの柔軟性を高め、回りやすい体を手に入れるストレッチを、週刊ゴルフダイジェストの連載「らくトレ・ゆるスト」から厳選してご紹介! 解説/斎藤大介 柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得。16年より米女子ツアー選手のトレーナーを務め、20年から渋野日向子の専属トレーナーとして活動中。インスタ(golf_fit_japan)でも情報発信中 こちらもオススメ!