Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【切り返しの“間”を手に入れる! #1】“間”は自然にできるもの。まずは「腕の脱力」が必須です【動画あり】

【切り返しの“間”を手に入れる! #1】“間”は自然にできるもの。まずは「腕の脱力」が必須です【動画あり】

トッププロのスウィングを見ると、トップで一瞬クラブが止まる“間(ま)”があることに気づく。一方、球の曲がりや飛距離不足に悩む人の多くは、切り返しの”間”がなく、打ち急ぎになっているケースが多い。ではどうすれば、プロのような“間”のあるスウィングを手に入れられるのか。米田貴プロに教えてもらった。

PHOTO/Yasuo Masuda、Yasuhiro JJ Tanabe THANKS/東名CC

解説/米田 貴

よねだたかし。77年生まれ。静岡県出身。江連忠ゴルフアカデミー愛知校のチーフインストラクター。本誌「モダンゴルフ」のヨネとしてもおなじみ。アマチュアのレッスンはもちろん、これまで多くのツアープロのコーチを務めてきた

●CONTENTS●
>> #1 腕の“脱力”できてますか?
>> #2 ダウンは「左足の踏み込み」から
>> #3 始動前の「リハーサル」も大事
>> #4 効果てきめん! 2つのドリル

トップで無重力になる感覚

GD プロのスウィングを見ると、トップで一瞬の“間(ま)”があるように感じます。この“間”はどうすれば作れるのでしょう?

米田 まず前提として、トップの“間”は「作る」ものではなく、結果的に「できる」もの。決して意図的にトップで「止めよう」としてはいけません。

GD 止まるのに止めてはいけない? ではどうすればいいんですか?

米田 “間”のある切り返しを手に入れるには、まず腕の力を抜くことがもっとも大切です。

GD 腕の力を抜く……。

米田 そうです。腕を完全に脱力できると、クラブを上げ切ったところで一瞬、無重力状態というか、クラブがフワッと宙に浮いたような感覚が生まれます。

GD えっ、無重力状態?

米田 そうです。すると、クラブと腕自体の重さによって、腕が切り返しで沈みます。これがトップの“間”の正体なんです。

GD なるほど。

米田 だから、腕の脱力が絶対に必要というわけです。イメージ的には、スパゲッティくらいの力感ゼロのやわらか〜な腕。デンデン太鼓のバチでもいいかもしれません。

クラブと腕の重さで腕が沈む

「腕が完全に脱力できていると、トップまで振り上げられた腕が、クラブと腕の重さを受けて少し沈みます。これが、トップの“間”というわけです。腕に力が入っていると、この重さを受け止める“間”がないまま、腕の力で切り返すことになってしまいます」

Drill
ブランブラン体操

腕をやわらかく使う感覚を覚える
「腕をブランコだとイメージして、ひざを曲げ伸ばしする力で、ブランブランと左右に振ります。腕の力はいっさい使わず、ひざの上下動によって腕が勝手に振られることが大切です。このときの腕の脱力が、“間”のある切り返しには必要になるんです」(米田)

ブランブラン体操のやり方を動画でチェック

>> #2 ダウンは「左足の踏み込み」から
>> #3 始動前の「リハーサル」も大事
>> #4 効果てきめん! 2つのドリル

週刊ゴルフダイジェスト2022年1月25日号より

こちらもチェック!

  • タイガー・ウッズも指導していた名伯楽ブッチ・ハーモンをして「100ヤード以内ならフジタは世界最高の選手」と言わしめた藤田寛之。なかでもバンカーショットは、プロの誰もが舌を巻くほどの技術を持ち合わせる。そんな藤田に、アマチュアゴルファーから寄せられたバンカーに関する素朴な疑問をぶつけたみた。 PHOTO/Hiroaki Arihara THANKS/葛城ゴルフ倶楽部 解説/藤田寛之1969年生まれ。168センチと小柄な体型ながら、得意のショートゲームを磨き上げ、2012年には年間4勝を挙げ賞金王に輝く。メジャー3勝を含むツアー通算18勝。 「アドレス」に関する疑問 Q. スタンスはオープンにしますか? A. スタンスの向きよりも、肩のラインを飛球線と揃えることのほうが重要です。 Q. フェースは開きますか? A. 必要に応じて開きますが、「開き方」がすごく重要です! >>開き方のポイントはこちら Q. ボール位置はどこですか? A. 状況によって変わるけど、ボールを上げたいときは左足側に置きます。 Q. 右足と左足の体重配分は? A. 左に乗せておくのがオススメ。最大7割くらい左に乗せるぐらいの気持ちでもいいでしょう。 Q. 足はしっかり埋めますか? A. 若干埋めますが、足場を作るのではなく軽く安定を図るために埋めます。 「打ち方」に関する疑問 Q. バンカーは力がないと難しいですよね? A. 力は要りません。ヘッドの重さだけで十分出せますよ。 Q. アウトサイドインに振るんですか? A. 左足下がりや目玉などの特殊な状況以外は通常通りに振ります。 Q. ベタ足で打つんですか? A. 僕はスウィング軸が安定するからベタ足をオススメします。 Q. ボールのどれくらい手前を打つんですか? A. ボールの2~4cm手前です。 Q. フェースは返す? 返さない? A. フェース面の意識よりヘッドの動きやシャフトの向きのほうが大事です。 Q. 手打ちじゃダメですか? A. 全然オッケー! プロでバンカーから大振りする人いないですからね! 「イメージ」に関する疑問 Q. どんな音をイメージしてますか? A.「スパーン」「ターン」「トーン」といった感じ。「ドン」ではないですね。 Q. 距離感はどうやって出すんですか? A. ヘッドの入射角にもよりますが、2~3倍の距離を打つ感覚ですね。 Q. クラブは振り切る? 止める? A. ライン出しのときは止めることもありますが、イメージが湧きやすいほうでいいと思います。 >>バンカーの大基本! フェースの正しい開き方>>打ち方のポイントは? エクスプロージョンの極意 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より こちらもチェック!
  • ゴルファー心をくすぐるアイデア商品を多数取り揃える通販サイト「ゴルフポケット」。今回は、中でも人気の高い売れ筋商品5アイテムをピックアップ! 冬ゴルフにピッタリなアイテムもあるので、気になる商品はすぐにゲットしよう。 売れ筋アイテム#1未来ウェア・ストレッチ撥水ライトダウンパンツ 「こんなウェアが欲しかった!」を叶える「未来ウェア研究所」より、冬ゴルフにピッタリな商品が登場。ひざから上をダウン、ひざから下を素材でありながら、ひざから下をストレッチの効いた別素材に切り替えることで、暖かと動きやすさを両立。ダウンの量も部位によって変えることで、見た目もボテッとせず、すっきりとしたシルエットとなっている。撥水加工も施されているため、少々の雨ならへっちゃら。これ一枚で冬のラウンドは完璧! ひざより上はダウン素材。ひざから下はストレッチの効いた防風素材。ドローコード付きでサイズ調節も容易 未来ウェア・ストレッチ撥水ライトダウンパンツ ●カラー/ブラック●サイズ/M、L、XL●素材/(身生地)ポリエステル100%、(ダウン)ダウン90%・フェザー10% 購入はこちらから 売れ筋アイテム#2吉田ロープ 冬の間にいいスウィングを身につけたい。そんな人にオススメなのが、この「吉田ロープ」。谷原秀人などを教えるプロコーチの吉田直樹が考案した練習器具だ。上の写真のように、インパクトでロープがピンと伸びればきれいなスウィングができている証拠。そのためには、トップでしっかりと「間」を作ること、そして正しいスウィング軌道で振ることが必要。軌道がズレると、ロープが腕や肩に当たってしまう。これを振っていれば、自然といいスウィングが身につくというわけだ。テレワークの合間に、運動を兼ねてロープ素振り。春には飛距離アップしていること間違いなし! ヘッドスピードや体力に応じて重さ・長さの異なる3タイプがある。写真はHS40m/sまでのゴルファーに最適な「レギュラーモデル」 LPロープ(吉田ロープ) ●レギュラーモデル:8910円●アスリートモデル:9310円●レディス&ジュニアモデル:8690円 購入はこちらから 売れ筋アイテム#3コメクエスト セパレートシューズケース 高い機能性とデザイン性で人気の「コメクエスト」とゴルフダイジェストのコラボ商品。通常のシューズケースとは異なり、片足ずつ収納できるセパレートタイプ。持ち運び時にシューズ同士が当たって細かな傷がつくのを防げるほか、柔らかい袋型のため、ボストンバッグなどに入れた際にかさばりにくいというメリットも。また上の写真のようにキャディバッグに結んで使うのもお洒落だ。カラーは3種類。バッグに合わせて選びたい。 コメクエスト セパレートシューズケース ●カラー/ブルー、レッド、カーキ●サイズ/約W440×H440mm●素材/(本体)コットン、(紐)ポリエステル●価格/3850円 購入はこちらから 売れ筋アイテム#4ブラッドライン『VALE』 オデッセイの主要スタッフだったブラッド・アダムスが設立したパターブランド「ブラッドライン」。この『VALE』は、なんと手を離しても倒れない“自立式”パター。一度ターゲットに向かってアドレスを取ったあと、手を離して後方からチェックしてみると、自分がいかに真っすぐ構えられていなかったかに気づく。つまり、パットが入らないのは打ち方うんぬんよりも、そもそも真っすぐ構えられていないことが原因の可能性も。またライ角通りに自立するので、手を添えるだけできっちりと正しいライ角で構えることができる。自然と正しい構えを導いてくれるこのパター、パットに悩む人は要チェック! ナイロンのフェースインサートはソフトな打感。3本のサイトラインで構えやすい ブラッドライン『VALE』 ●ヘッド重量/405g●ロフト/3.6度(標準時)●ライ角/69.5度(標準時)●シャフト/プレミアムカーボンファイバーシャフト(50g)●長さ/33インチ、34インチ、35インチ 購入はこちらから 売れ筋アイテム#5電熱マフラー NUK(ヌーク) 晴れていれば昼間は暖かいが、朝と夕方はやっぱり寒い! そんな冬ゴルフにピッタリなアイテムが、この「電熱マフラー」。内臓のカーボンファイバーヒーティングパッドが約10秒で発熱し、首元から体を効率よく温めてくれる。バッテリー付属で、低温モードなら約4時間の連続使用が可能。日中は電源をオフにすれば通常のネックウォーマーとして使用できるので、4時間もてば1ラウンドは十分に賄える。デザインもシンプルでどんなウェアにも合わせやすい。普段使いもできるので持っておいて損はないだろう。 カラーはブラック、カーキ、オリーブの3種類。温度は高温・中温・低温の3段階で調節可能。専用バッテリー付き 電熱マフラー NUK(ヌーク) ●カラー/ブラック、カーキ、オリーブ●サイズ/(本体)80×13cm、(収納時)16×13×6.5cm●素材/(表地)高密度ポリエステル410T、(裏地)起毛ベルボア 購入はこちらから 今だけ! Myゴルフダイジェスト有料登録(6カ月以上)で もれなく4000円offクーポンプレゼント! >>キャンペーン詳細はこちら こちらもチェック!
  • ドラコンで女子の日本最長飛距離365Yという記録を持つ女子プロ、高島早百合。飛ばすためには、インパクトでボールを「押す」ことが大事というが、どうすれば「押せる」インパクトが手に入るのか。詳しく聞いてみた。 PHOTO/Hiroaki Arihara TEXT/Kosuke Suzuki THANKS/高根CC 解説/高島早百合1992年京都府出身。ゴルフの名門・東北高校を卒業後、2011年のプロテストに一発合格。現在はドラコンやレッスンを中心に活躍中 ●CONTENTS●>>#1 ドライバーもハンドファースト>>#2 肩・腰・腕は別々の方向に動く>>#3 手首の角度を最後までキープ ボールを真後ろから真っすぐヒットする ドラコンで365Yという驚異的な記録を持つ高島早百合。細身なのにこんなに飛ばせる理由を聞いたところ、「効率のいいインパクトで、ボールを押せているから」だという。「飛ばないと悩んでいるアマチュアはほぼ例外なく、スウィングのエネルギーをボールにうまく伝えられていません。インパクトでフェースが開いたり、ロフトが増えていたり、軌道が悪くてコスっていたり。これではどんなにパワーがあってもスピンが増えたり曲がるだけで飛びませんよ」(高島)飛ばすために大事なのは、少しロフトが立った状態で、スクエアフェース、ボールに真後ろからエネルギーをぶつけられるインパクト。ポイントは手首の角度にあるという。「左手首は手のひら側に、右手首は甲側に折れた形が必須。『ボールを押せる』効率のいいインパクトは、ドライバーもハンドファーストです!」 “押せる”インパクトのポイント1ロフトが立ってフェースはスクエア クラブの運動エネルギーを効率よくボールに伝えるためには、スクエアフェースで、少しロフトが立った状態で当てることが大事 “押せる”インパクトのポイント2左手は掌屈、右手は背屈 左手首は手のひら側に、右手首は甲側に折れた状態でインパクトすることで、ロフトが立ち、右手のひらでボールを押すような感覚が生じる ボールを“押せない”3大あるある 最長365Y! ドラコンクイーンの1Wスウィング 「押せるインパクト」もう2つのポイントとは?>>#2「肩・腰・腕は別々の方向に動く」>>#3「手首の角度を最後までキープ」 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より 高島早百合の飛びの秘密をさらに詳しく知りたい方はこちら 『ドラコンクイーンが365ヤード飛ばすためにやってきたこと』 こちらもチェック!
  • この時期、寒さとともにゴルファーを苦しめるのが、薄くなった芝だ。夏場は気持ちよく打てたアイアンも、ダフリが怖くて打てなくなってくる……そんなあなたのためにダフリ防止のドリルをプロに聞いてみた PHOTO/Shinji Osawa THANKS/松原ゴルフガーデン 解説/武田登行プロ 豊富なアマチュアの指導経験を持ち、理論的なレッスンには定評があるスウィング研究家。松原ゴルフアカデミーのヘッドプロ クリーンにボールを打とうとすると余計にダフります 夏場は青々としていたフェアウェイの芝が、寒くなると薄茶に変わる。冬の薄芝を苦手とするゴルファーは多い。とくにダフり癖のあるアマチュアにとっては、アイアンで打つこと自体に恐怖心が生まれる季節だ。このアマチュアの天敵ともいえる冬の薄芝を攻略するには、どうすればいいのだろうか。ツアー経験に裏打ちされた論理的な指導に定評がある武田登行プロに聞いてみた。「まずはダフる原因から考えてみましょう。主な原因は3つあります。1つ目は、インパクトで体重が右足に残ってしまうこと。これがいちばん多いと思います」ダフるのが怖いから、ボールをクリーンに打とうとして、ついついすくい打ちのようになってしまうのだ。 「薄芝でクリーンに打とうとすると体重が右足に残りがちになるので、余計にダフるんです」 【原因1】体重が右足に残ってしまう ダフる原因のひとつめは、体重が右足に残ったままインパクトを迎えてしまうこと。体が右に傾き、ヘッド軌道の最下点がボールの手前になるので、ダフってしまうのだ ほかにはどんな原因が? どうすれば直る? 続いて、2つ目の原因を聞いてみた。「アドレスで作った前傾角度がスウィング中に崩れてしまうことです。ダフリに悩むアマチュアの方の多くは、トップで上体が起きてしまう。上体が起きると、ダウンスウィングでシャフトが寝てしまうので、ヘッドがインサイドから入りすぎてしまう。これもダフリの大きな原因になります」 【原因2】前傾角度が崩れてしまう 2つ目の原因は、スウィング中にアドレスで作った前傾角度が崩れること。トップで上体が起きるとダウンスウィングでシャフトが寝て下りてくるので、ダフリの大きな原因になる 3つ目の原因は、「大振り」することだ。「普段から必要以上に大振りするゴルファーも多いですが、冬場は気温が低く、体も動きづらいのでプロでも夏場よりは飛距離が落ちます。そこを理解していないと、いつもよりも飛んでいないからとついつい大振りになってしまうことがあります。大振りすれば体がブレてしまうので、精度の高いインパクトは望めません。これもダフリの大きな原因になります。トップで右サイドにズレればスウェイになりますし、左サイドにズレると、いわゆるギッタンバッコンのスウィングになります」 【原因3】大振りして体がブレてしまう 気温が低くくなるとボールは飛ばなくなり、また厚着をすることで体が動きづらくなり飛距離が夏場より落ちる。それを取り戻そうと大振りすることで体がブレてダフリの原因に まずはこの3つの原因を理解することがダフリ防止の第一歩になるのだ。「原因を理解したうえで、ダフらないためにはどうすればいいのか。答えは明確で、大振りせずに前傾角度を維持しながら、しっかりと体重を左サイドにかけて、ボールを上からとらえること。つまりダウンブローでボールを打つことになるわけです。冬の薄芝でダウンブローに打つことに恐怖心があるという方もいると思いますが、次頁で紹介するドリルに取り組めば、ダウンブローは身につきます。あとは、薄芝でもしっかりボールを上からとらえる、ほんの少しの勇気があれば大丈夫です」 どうすれば上から入れられる?ダフリを防ぐ魔法のドリル ダフリ防止には、ボールを上からとらえることが必要という武田プロに、アマチュアにおすすめのドリルを聞いてみた。「まずはインパクトの形をあらかじめ作ってから打つ練習法ですが、このドリルをやる前に、ボールを上からとらえるためのインパクトの作り方を覚えましょう」 魔法のドリル1インパクト“予行演習”打ち 通常のアドレスの構えから、まずインパクトの形を作り、そこからテークバックしてボールを打つ。打つ前に理想とするインパクトの形を覚えさせるのだ。できるだけゆっくり振るほうがいい インパクトの形を作る3ステップ 【STEP 1】左ひざを伸ばし腰を左サイドへ ダウンブローのインパクトの最初のステップは左ひざを伸ばしながら腰を左へスライドさせること。左足に体重が乗ることを意識しよう 【STEP 2】左かかとを上げるイメージで腰を回す 左サイドに腰をスライドさせたら左足は小指に、右足は母趾球に体重がかかるように腰を回転させる。左足かかとが少し浮くイメージだ 【STEP 3】右ひじを内側に絞り右手首を外側に絞る 最後のステップは、ボールを投げるときと同じように、右ひじを内側に絞り、右手首は逆に外側に絞る。この3つのステップで完成だ もう1つは、ガムテープを使ったドリル。「ガムテープを5センチぐらいの長さに切り、練習場マットのボールの先(飛球線側)に貼ります。ボールとガムテープとの間隔は、親指1本ぐらい。この状態で、ボールを上からとらえることを意識して打ってみましょう。ヘッドのソールにガムテープが付けば、しっかりと上からとらえられている証拠です」 魔法のドリル2ガムテープ貼りショット 練習場マットのボールの先に、5センチくらいの長さに切ったガムテープを張り付けて、ボールを打つ。手前をダフるとガムテープはそのままだが、ターフを取るようにダウンブローに打てるとガムテープはショット後にヘッドに付く 打った後にガムテープがソールに付けばOK! ダフらずにボールを上からとらえられれば、写真のようにガムテープはヘッドのソールに付く。結果がすぐにわかるので試してみよう 家にあるガムテープを練習場に持って行けば、すぐにできるこのドリル。特別な器具も必要としないし、効果も高いのでやらない手はない。「応用編として、ボールの手前にもガムテープを貼ってみましょう。指2本ぶんくらいが目安。こちらは間隔が狭くなるほど難度が増します。これをやるとダフっているかどうかがすぐにわかりますよ」武田プロが教えてくれたダフリ防止のための2つのドリル。薄芝の恐怖を克服したいなら、ぜひ試してほしい。 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号
  • ゴルファーのリアルな悩みに答える「週刊ゴルフダイジェスト」の連載「ゴルフジム」、月刊ゴルフダイジェストの連載「読者記者」から、ドライバーのスライスを解消するレッスンをピックアップ。ひとくちにスライスといっても原因はさまざま。あなたのスライスにピッタリの解決法が必ずある! どの番手で打ってもスライスしか出ない…… ドライバーでも、アイアンでも、とにかくスライス。原因は打ち方よりも、構えにあった? アイアンはいいのにドライバーはなぜか右へ…… アイアンはしっかりとボールがつかまるのに、ドライバーだけはなぜかつかまらずに右に出てしまう。その原因とは? スライスも出るけどフックも出る。いったいなぜ? スライスだけなら左を向けばいいが、時おり引っかけも出てしまう……。どうすれば直せる? トップが浅いのは体の硬さが原因と思っていたけど…… トップで肩の入りが浅い。体が硬いからと思っていたけど、実は原因は違うところにあった。 フェードが持ち球だけど、たまに右にプッシュしてしまう たまに右へのプッシュスライスが出てしまう。どうしたら“つかまった”強いフェードが打てる? 「ゴルフジム」バックナンバーはこちら 「読者記者」バックナンバーはこちら