Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • ゴルファーのリアルな悩みにお答え! 「ドライバーのスライス」を解消するオススメレッスン6選

ゴルファーのリアルな悩みにお答え! 「ドライバーのスライス」を解消するオススメレッスン6選

ゴルファーのリアルな悩みに答える「週刊ゴルフダイジェスト」の連載「ゴルフジム」、月刊ゴルフダイジェストの連載「読者記者」から、ドライバーのスライスを解消するレッスンをピックアップ。ひとくちにスライスといっても原因はさまざま。あなたのスライスにピッタリの解決法が必ずある!

どの番手で打ってもスライスしか出ない……

ドライバーでも、アイアンでも、とにかくスライス。原因は打ち方よりも、構えにあった?

  • 読者の悩みを教え上手なプロがマンツーマンで解決する連載「ゴルフジム」。今回のお悩みは「どの番手でもスライスしてしまう」というもの。その解決法とは? PHOTO/Yasuo Masuda TEXT/Daisei SugawaraTHANKS/アコーディア・ガーデン志津 教える人/齊藤かおり さいとうかおり。岩手県出身。29歳でゴルフを始め、米LPGAティーチング資格を取得。20年、同A級取得。ドラコン競技で342Yの日本記録を達成し、世界大会にも出場。ドラコン日本大会10勝。(株)岐本金属所属 <今週のお悩み>「なかなか芯に当たらず スライスが多いです」 ●井川博之さん(37歳/身長178cm/ゴルフ歴2年6カ月/ベストスコア98/平均スコア110)アドレスで軸が左に大きく傾いていて(1コマ目)、その傾きのままトップまで上げている(2コマ目)。いわゆる、「リバースピボット」になっているため、ダウンスウィングが極端なアウト-イン軌道になりやすい 井川 どのクラブで打っても、ほとんどスライスになってしまうんです。齊藤 井川さんは、アドレスで上体を左に傾けて構えているんですが、まず、これが大きな問題です。頭が左に傾くので、ドライバーでも左足重心になっているんですね。これだと、ボールをつかまえて叩く形にはなりません。たとえば、私がヘッドを足で止めますから、力を入れて押してみてください。ほら、思ったほど力が入りませんよね? 次に、普段とは逆に、上体を右に傾けて、右足重心にして押してください。 「スウィング軸が左に傾いています」 左足体重で軸が左に傾いたアドレス切り返しでクラブが外から下りるテークバックで、左に傾いた軸を中心に回転するため、トップまで左体重が維持され、右サイドが必要以上に高くなってしまう。最初から体が左に突っ込んでいる形で切り返すため、クラブが外から下りやすい 続きを読む 井川 あれ、全然違いますね。こっちのほうが、断然、強く押せます。齊藤 そうなんです。強く押せる(叩ける)アドレスは、左耳、左手の外側(甲側)、左内ももが「一直線」というのが、ひとつの目安です。軸(上体)を少しだけ右に傾けて、右ひじを軽く体に密着させると、プレーンに沿って上げやすいですし、切り返しでインから下ろしやすくなります。井川 今までと、アドレスの感覚がまるで違います。齊藤 右足体重でクラブを上げ下げする動きに慣れるには、左足の下に台を置いて練習するのがおすすめです。最初に、台に左足をのせた状態でスクワットしたり、軽くジャンプしたりすると、右足体重でバランスよく立てる体のポジションがわかると思います。井川 最初は窮屈ですが、バランスが取れると違和感なく立てますし、クラブもスムーズに動きますね。 これで解決!「右足体重でバランスよく立てる 体のポジションを見つけよう」 頭が右にあるほど強く押せる 動かないように固定したヘッドを押してみると、頭が右にあるほど強く押せるのがわかる(写真右)。頭が左にあると、ヘッドに力が伝わりづらい(写真左) Point左耳、左手甲、左内ももを一直線上に ドライバーのアドレスは、上体がわずかに右に傾き、やや右足体重で構えるのがいい。その際、左耳と左内ももが一直線になり、さらに左手の外側もそのラインにあると、強く叩ける構えになる Drill 左かかとを上げたまま打つ インパクトの瞬間までは、右サイドに重心が残っていないと強く叩けない。左足かかとを上げた状態でボールを打つと、右重心インパクトの感覚がわかる 週刊ゴルフダイジェスト2021年7月6日号より

アイアンはいいのにドライバーはなぜか右へ……

アイアンはしっかりとボールがつかまるのに、ドライバーだけはなぜかつかまらずに右に出てしまう。その原因とは?

  • PHOTO/Yasuo Masuda TEXT/Daisei SugawaraTHANKS/トータルゴルフフィットネス 読者が自身の悩みを解決する方法について、直接プロに取材する「読者記者」。今回のお悩みは「ドライバーだけ曲がってしまう」というもの。果たして解決方法は? 読者記者No.1738 小宮諒さん ●22歳 ●パーソナルトレーナー ●ゴルフ歴/2年4カ月 ●ベストスコア/89 ●平均スコア/110 ●172㎝・68㎏ ●ドライバー飛距離/260ヤード 先生/赤坂友昭 85年生まれ、福岡県出身。クラブの仕組みや運動力学に基づくスウィングを追求。JGTOツアーカード取得経験あり。トータルゴルフフィットネス(東京・新宿区)などでレッスン中 小宮さんのお悩み「アイアンはいいのにドライバーが曲がる」 アイアンは、しっかりつかまるようになってきましたが、ドライバーだけがどうしてもつかまらずにスライスが出ます。アイアンとドライバー、何が違うのでしょうか 下半身の力をしっかりと使ったダイナミックなスウィング。ただし、左への軸移動がやや大きく、インパクト時のハンドファーストがきつくなっている 小宮 ドライバーが曲がって、ずっと100を切れなかったのに、先日、たまたまドライバーの調子がよかったら、急に「89」が出たんです。赤坂 それなら、ドライバーが安定すれば、90台平均で楽に回れそうですね。小宮さんは、インパクトがアイアン的な左足軸で、少しダウンブローが強いです。ドライバーでそれをやってしまうと、フェースがスクエアに戻り切らないので、基本的に右に出てスライスになります。小宮 まさにそれです。赤坂 ドライバーはボールが左足寄りで、ティーアップしている分、アッパー軌道でインパクトする必要があります。小宮さんは、ダウンブローの意識が強いので、インパクトがハンドファーストになっていますが、そのシャフトの傾きを相殺するくらい、軸(上体)を右に傾けて打ってみてください。手の振り方は変えなくて大丈夫です。右足前にボールがあるイメージで振るといいでしょう。小宮 かなり左側でインパクトするイメージになりますが、確かにつかまる感覚はあります! <問題点>ダウンブローに打ちすぎている アイアンは「左足体重+ダウンブロー(ハンドファースト)」で問題ないが、ドライバーも同じ打ち方だと、スクエアにヒットしづらい 記者「アイアンと打ち方を変えなきゃダメですか?」プロ「軸を右に傾けるだけでアッパーに修正できます」 ハンドファーストの形を生かしたまま、ドライバーのスウィングにアジャストするには、インパクトで体の軸を右に傾ける(写真)。ハンドファーストの角度より、少しでも多く傾ければ、その分、アッパーブローになる Pointダウンスウィングで右わき腹を縮める 軸を右に傾けるには、ダウンスウィングで右わき腹を伸ばさない(むしろ縮める)イメージを持つといい 両手のひらを合わせた状態から、右手を下げてアドレスすると自然に右わきが縮まる。この右わきにずっと意識を置いて振る Drill 1ボールの30センチ手前にゴムティーを置いて打つ 右足の前付近に「仮想ボール」としてゴムティーを置き、ドライバーで打つ。自然に軸が右に傾き、ドライバーに適したアッパー軌道の感覚が身につく。ただ当てにいくだけのスウィングだと、「アーリーリリース」になるので注意 Drill 2片足立ちで打つ 右足1本で打つ左足1本で打つ左足を引き、つま先立ちにして打つと、右サイドに重心を残して打つ感覚がわかる(写真左)。さらに、右足を上げて、左足1本で打つと、頭を右に残しつつ、バランスを保って振る感覚が身につく(写真右) <取材後記>感覚的な変化は意外に小さいアッパーに打つのは、今までとまったく違うスウィングをしなきゃいけないのかと思いましたが、感覚的には頭を少し右に傾けるだけで、意外とすぐにコツがつかめました。 月刊ゴルフダイジェスト2021年9月号より 「読者記者」バックナンバーはこちら
  • PHOTO/Yasuo Masuda TEXT/Daisei SugawaraTHANKS/東香里ゴルフセンター 読者の悩みを教え上手なプロがマンツーマンで解決する連載「ゴルフジム」。今回のお悩みは「ドライバーのスライスがどうしても直らない」というもの。その解決法とは? 教える人/堀田晃宏ほったあきひろ。64年生まれ、大阪府出身。17年、18年、GDジャパンロングドライブ選手権・スーパーシニア部門2連覇。20年、WLDCジャパン・グランドシニア部門優勝。レッスンは動きの連動性を重視する <今週のお悩み>「スライスがどうしても直りません」 ●酒木信司さん(67歳/身長169cm/ゴルフ歴5年/ベストスコア99/平均スコア110)トップでフェースがオープンになっていて、それを閉じられないままインパクトを迎えている。少なくとも、ダウンスウィングの中盤までには、ある程度フェースを閉じた状態で下ろせないと、ボールをつかまえるのが難しくなる 酒木 ゴルフ歴5年で、ビギナーレベルは脱してきましたが、ドライバーのスライスがまだ出ます。堀田 酒木さんのスライスは、インパクトでフェースが開くスライスで、ボールがまったくつかまっていません。トップの時点でフェースが開いていて、それがずっと開きっぱなしで下りてきている感じですね。 開いたフェースが開いたまま下りる トップで左手首が背屈する(手の甲側に折れる)と、フェースが開いてしまう。そこから、逆にフェースを閉じながら下ろせれば問題ないが、閉じる動作を入れられないと、インパクトでもフェースが開いて当たる 酒木 確かに、出球はいつも「右」の気がします。堀田 まずは、トップでのフェースの向きを修正しましょう。左手首が甲側に折れると、フェースが開いてしまうので、左手首を折らずに「真っすぐ」にするか、少しだけ手のひら側に折る形にしてみてください。フェースが45度くらい上を向いているのがスクエアの目安で、それより空を向くとフェースがクローズということになります。酒木 今までは、完全にフェースが45度より正面向き(フェースオープン)になってましたね。堀田 フェースを開かないトップの形ができたら、そこからフェースを閉じながら下ろします。シャフトが地面と平行になる地点で、フェースがやや下向きになっていると、閉じながら下ろせている目安になります。酒木 フェースの向きを、ずっと気にしながら振らないとダメなんですね。堀田 実際は、クラブの軌道とフェース面の向きを、同時に管理する必要があります。両足を閉じてスウィングすると、軌道とフェース面、この2つの関係がわかりやすいと思います。 これで解決!「常にフェース向きを意識してフェースを閉じながら下ろそう」 Point 1ハーフウェイダウンでフェースはやや下向き ダウンスウィングの途中、クラブが地面と平行になるところで一旦静止し、フェースの向きを確認する。フェース面がやや下向きになっていると、楽にボールをつかまえられる Point 2トップでは左手首を真っすぐにする トップで腕から左手の甲までが「真っすぐ」になっているのが、フェーススクエアの目安。さらに、手首が手のひら側に折れると、フェースはクローズになる Drill両足を閉じてボールを打つ 両足を閉じた状態で、体の回転は使いつつ、ゆったりしたスウィングでボールを打つ。クラブが軸を中心に円運動するのを感じつつ、スウィングの各ポジションでフェースの向きを確認して打つ 両足を閉じて打つドリルでは、テークバックでは左肩が、フォローでは右肩がボール位置を追い越すことを意識してスウィング。これができると、実際のスウィングでも肩がよく回る 週刊ゴルフダイジェスト2021年6月8日号より

スライスも出るけどフックも出る。いったいなぜ?

スライスだけなら左を向けばいいが、時おり引っかけも出てしまう……。どうすれば直せる?

  • 読者が自身の悩みを解決する方法について、直接プロに取材する「読者記者」。今回のお悩みは「ドライバーが左右に散らばる」というもの。果たして解決方法は? PHOTO/Hiroaki Arihara TEXT/Daisei Sugawara THANKS/江連忠ゴルフスタジオ(ETGS)千葉校 読者記者No.1752 伊藤友志さん ●22歳 ●大学生 ●ゴルフ歴/6カ月 ●ベストスコア/91 ●平均スコア/105 ●168㎝・61㎏ ●ドライバー飛距離/210ヤード 先生/内海大祐 76年生まれ、茨城県出身。その人の体格や筋力などに応じた、理にかなったスウィング構築を目指す指導に定評がある。江連忠ゴルフスタジオ(ETGS)千葉校インストラクター 伊藤さんのお悩み「ドライバーだけ左右のぶれが大きい」 ゴルフを始めてまだ半年ですが、先日、初めて90台が出ました。そのときもドライバーだけはスライス、フックばかり。どうしたら真っすぐ飛ばせますか? 最初からスクールに入って練習したというだけあって、スウィングの形は整っている。ただ、細かく見ると、腰や腕などに動作が過剰な箇所がある 伊藤 ドライバーが真っすぐ飛ばないので、「合わせにいく」スウィングになっている気がします。内海 切り返しで下半身から動いているところはいいですが、ちょっと腕が「置いてけぼり」で、インパクトに間に合っていない感じがします。腕が遅れたときはスライス、間に合わせようとして途中から腕を振っちゃうとフックになるので、球筋が安定しません。伊藤 今まさにその状態です。内海 下半身リードと、それに合わせて腕をタイミングよく振って、インパクトゾーンでは腕、上体、下半身が一体となっていることが大事です。一体感のあるインパクトの条件は、両腕が締まっていること、右ひじが体から離れていないこと、左サイドの回転を右サイドから押し込んでいくことなどです。伊藤 右ひじは少し浮いていることが多いです。つまり腕と体が一体じゃないってことですね。内海 両手の間隔を空けたクロスハンドで振ると、右ひじを体につけて振る感覚がわかりますよ。 <問題点>腕と体の動きに一体感がない インパクトゾーンで腰が早く回りすぎたり、手が先に動きすぎたりと、「腕と体の同調」の面で問題を抱えている 記者「下半身リードだけを意識しています」プロ「意識が強すぎて上下がバラバラです」 切り返しで下半身から動き出すことは重要だが、そのとき腕がきちんとついていくことも重要。下半身が先行しすぎると振り遅れてスライス、腕を間に合わせようとしすぎるとつかまりすぎてフックになりやすい 【注意】腰だけを切るとその瞬間に腕が遅れる 切り返しで「腰を切る」意識が強く、腕を振る意識が少なすぎると、ダウンスウィングの初期にすでに腕が振り遅れた形になる(写真右) Drill 1クロスハンドでハーフスウィング 両手の間隔を空け、クロスハンドで握ってスウィング。ダウンスウィングでは、右ひじを体につけ、その右ひじで体幹部を押し回すようにしてクラブを下ろす。右腕と上体の一体感、腰の適正な先行回転度合いなどを総合的に体感できる Drill 2左足をバランスディスクに乗せて打つ 切り返し後に左足に乗れないと、腰が引け、上体とのバランスが崩れる。バランスディスクなど、左足で何かを踏む練習が効果的 【POINT】フォローで右の尻を押し込んでいく インパクトからフォローにかけて、右の尻を目標方向に押し込んでいくように使うと、しっかり左足に乗っていける <取材後記>バランスの悪さに気付けたスクールに入って、「いい形で振る練習」をずっと続けてきましたが、リアルスピードだとまだまだ動きがバラバラなことがわかりました。これからは「一体感」も気にして練習します 月刊ゴルフダイジェスト2021年12月号より

トップが浅いのは体の硬さが原因と思っていたけど……

トップで肩の入りが浅い。体が硬いからと思っていたけど、実は原因は違うところにあった。

  • PHOTO/Yasuo Masuda TEXT/Daisei SugawaraTHANKS/東香里ゴルフセンター 読者が自身の悩みを解決する方法について、直接プロに取材する「読者記者」。今回のお悩みは「ドライバーのスライスを直したい」というもの。果たして解決方法は? 読者記者No.1730 林壽郎さん ●63歳 ●会社員 ●ゴルフ歴/10年 ●ベストスコア/78 ●平均スコア/89 ●170㎝・77㎏ ●ドライバー飛距離/225ヤード 先生/今井和浩 65年生まれ、大阪府出身。ポジション、スウィングプレーン、リズム、バランスを整えることを基本に、多くのアマチュアを指導。特に初心者の指導に定評がある。東香里Gセンター支配人 市川さんのお悩み「ドライバーのスライスを直したい」 ドライバーのスライスを直したいのですが、なかなかうまくいきません。トップで伸び上がったり、肩の入りが浅くなったりする自覚はあるんですがどうすればそれを防げるのかがわからないんです。 スライスを警戒してか、やや小ぢんまりとしたスウィングになっている。また、トップで上体がやや起きていて、下半身に対して上体のねじれが少ないのが気になる(2コマ目) 林 ドライバーがとくにスライスしやすいんです。今井 林さんの場合、トップがきっちり深く入ったときは、そんなにスライスしませんね。コースだと、どうしてもトップの入り方がまちまちになりやすいですから、それでスライスが多くなるんだと思います。林 確かに、時々「今のはトップが浅かったな」って、自分でも気づくことはありますね。今井 いつも同じトップの形を作れる、いいドリルを紹介します。まずアドレスして、右手で右のももを触ります。そうしたら次にトップまで上げて、今、右手で触ったところと同じところを、左手で触るんです。どうです? できますか? 続きを読む 林 トップで触るのが難しいですね。あれ、でも触れないということは、上体が起きてるってことか……もう少し前傾して体を回すと……あ、触れました。今井 それならラウンド中でもできますから、コースで調子が悪くなってきたら、ももを触って、トップのポジションを確認してみてください。 <問題点>上体が起き上がり捻転が少ない テークバックでの回転が浅くなると、切り返しでの「間」がなくなり、ヘッドがアウトサイドから下りやすくなる CHECK左手で右太ももを触れるか まずアドレスした状態で、、右手で右のももを触り、上体の前傾角を確認。トップまで上げたら、次に左手で右のももを触ると、前傾角と上体のねじれ具合を確認できる。トップで左手が右ももに届かない場合は、前傾角が起きているか、体の回転が足りていない証拠 【もう1ポイント】切り返しは左足の踏み込みからスタート トップが深くなっても、切り返しで上体(腕)から動き出すと、結局、アウト-イン軌道になってしまう。切り返しで左足を踏み込んでからダウンスウィングをスタートさせると、自然にインからクラブを下ろせる Drill 1両足を閉じた状態からステップして打つ 左足を右足に寄せてそろえ、テークバックとともに左足をステップして打つ。クラブがトップに上がり切る前に、左足を踏み込む感覚がわかる Drill 2テークバックで左足を上げて打つ テークバックで左足を上げ、それを下ろしながら打つ。切り返しでの踏み込みのタイミングがよくなる <取材後記>体の硬さが原因じゃなかったんだ「トップが浅くなるのは、体が硬いからだと思っていたんですが、そうじゃなかった。体の各部のポジションが悪かっただけだったんですね。今回、それがわかってよかったです」 月刊ゴルフダイジェスト2021年8月号より

フェードが持ち球だけど、たまに右にプッシュしてしまう

たまに右へのプッシュスライスが出てしまう。どうしたら“つかまった”強いフェードが打てる?

  • PHOTO/Yasuo Masuda TEXT/Daisei SugawaraTHANKS/取手桜が丘GC 読者の悩みを教え上手なプロがマンツーマンで解決する連載「ゴルフジム」。今回のお悩みは「プッシュスライスが出てしまう」というもの。その解決法とは? 教える人/吉田洋一郎 よしだひろいちろう。78年生まれ、北海道出身。世界のスウィング理論に精通する「ゴルフスウィングコンサルタント」。欧米のトップインストラクターに直接指導方法を学び、ティーチング資格を多数保有。19年度「レッスン・オブ・ザ・イヤー」受賞 <今週のお悩み>「フェードが持ち球ですがたまに右プッシュが出てしまいます」 ●若月弘一郎さん(42歳/身長172cm/ゴルフ歴11年/ベストスコア81/平均スコア90)インパクト直前に左ひざが完全に伸び切っていて、腰の位置が高くなっている(3コマ目)。左ひざを伸ばすこと自体は問題ないが、それを腰の回転につなげないと、上体が起きて、いわゆる「伸び上がり」状態となってしまう 若月 ドライバーの球筋が安定しません。フェードが持ち球ですが、右にプッシュしちゃったりすることが多いです。吉田 ダウンスウィングで上体が起き上がるのと、それによって、インパクトで手元が浮いているのが気になりますね。手元が浮くとフェースが開くので、ボールは右に飛び出しやすくなります。若月 それでプッシュスライスになるんですね。 地面からの力を使うのが少し早すぎます ひざが伸びて上体が起きる手元が浮いてフェースが開く切り返してすぐに左ひざを伸ばし始めてしまうため、腰の位置が高くなり、上体が「起こされて」しまう。やや沈み込むくらい、十分に左足を踏み込んでから左ひざを伸ばすと、上体が伸び上がらない 吉田 切り返しで、もう少し左足を踏み込んでから、左ひざを伸ばすようにすると、上体が起き上がるのを抑えられると思います。トップから軽く「スクワット」をする感じで沈み込んでみてください。そのときに、左ひざを前に出さないように注意してください。若月 地面に近づく感じがして、ダフりそうでちょっと怖いです。吉田 「ダフりそう」と思うと、体が勝手に反応して伸び上がりますから、逆にダフらないんです。左ひざを伸ばすときに、左腰を後ろに引くようなイメージを持つと、腰の位置を高くしないで、その場で回転することができます。若月 確かに、結構沈んでもダフったりしないですね。こんなに沈むイメージはなかったです。吉田 左足を踏み込んで、伸ばすタイミングを間違えないことと、伸ばすときに左腰を回転させることを意識すると、上体の前傾角がキープされて、手元も浮かないので、きちんとつかまったフェードが打てます。 これで解決!「ダフリを恐れずに切り返しでしっかり沈み込もう」 Point 1上体の前傾角をキープして切り返す 切り返しからダウンスウィング初期は、下半身を沈み込ませるようにすることで上体の前傾角をキープできる。ひざ(とくに左ひざ)が早く伸びると、腰が持ち上がり、上体が起きる Point 2左ひざを出さずに「スクワット」 切り返しでは、「スクワット」をするイメージで体を沈み込ませる。左ひざを前に出さないようにして沈み込むと、ひざを伸ばしたときにスムーズに腰の回転につなげられる Drill 1上げたかかとを踏み下ろして振る 切り返しからダウンスウィング初期は、下半身を沈み込ませるようにすることで上体の前傾角をキープできる。ひざ(とくに左ひざ)が早く伸びると、腰が持ち上がり、上体が起きる Drill 2左足をステップして打つ 左足の踏み込み(加重)、伸び上がり(抜重)のタイミングをつかむには、左足をステップしながら打つドリルが効果的。クラブがトップに上がり切る前に、左足に加重することがわかる 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月17日号より