Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • コロナ禍で世界のゴルフ人口が過去最高の6660万人に! R&Aが発表

コロナ禍で世界のゴルフ人口が過去最高の6660万人に! R&Aが発表

世界のゴルフ人口は過去最大の6660万人。R&Aが年末にこんな調査結果を発表した。

「この新しい数字に私たちはとても勇気づけられた。しかし、私たちはゴルフを初めてプレーした人々やゴルフに戻ってきた人々に、引き続きゴルフを楽しんでもらうよう、力を合わせて努力していく必要がある」と語るのは、R&Aのゴルフ開発・発展局のトップ、フィル・アンダートン氏だ。

つまり2022年の目標は、コロナが契機となって各国で増えたゴルフ人口をいかに引き留め、さらなる発展に繋げるかということのようだ。

2016年からの5年間で、世界のゴルフ人口は6100万人から560万人増え、過去最高を記録した2012年の6160万人を上回ったという。

この数字は、基本的には18ホール以上のゴルフコースでプレーしたゴルフ人口を指すが、地域によってはゴルフコースの数が限られることから、練習場人口も含まれているという。地域別に分類すると、特に増加幅の大きかったのは、ヨーロッパが790万人から1060万人(最大はイギリスの360万人から570万人)に、アジアが2090万人から2330万人、アメリカが2990万人から3060万人に増加した。

ゴルフ人口の増加はコロナ前からその兆候を見せており、コロナ禍がきっかけとなり加速したという。イギリスの調査機関によれば、コロナ禍でゴルフを始めたプレーヤーの98%が「楽しんでプレーしている」と答え、95%が「ゴルフを続けていきたい」と答えているそう。6660万人というのはちょっと縁起が悪いが(聖書の黙示録で666は“獣の数字”と呼ばれ、恐れられている)、アメリカのゴルフ人口の数字は2020年のものを採用しているため、すでに7000万人に達している可能性も高い。2022年、世界のゴルフ界は幸先よくスタートできそうだ。

ゴルフの未来は明るい!?(PHOTO/Hiroaki Arihara)

週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より

こちらもチェック!

  • マスターズ優勝後、7月にコロナ感染、病み上がりで出場した東京五輪でメダル争い。そして10月のZOZOチャンピオンシップでツアー7勝目を挙げるなど、激動の1年間を走り抜けた松山英樹。まもなく30歳になる彼は、いま何を考え、そしてどこに向かっているのか? 心の内をじっくりと語ってもらった。 PHOTO/Takanori Miki、Taku Miyamoto 松山英樹1992年2月25日生まれの29歳。2010年のアジアアマで優勝し、11年のマスターズでローアマに輝く。13年にプロ転向し、国内ツアー賞金王に。14年から米ツアーに本格参戦し、メモリアルトーナメントで初優勝。21年のマスターズで日本人初のメジャー制覇を遂げ、同年10月、日本開催のZOZOチャンピオンシップを制して、米ツアー7勝目を挙げた 「ああ、もう勝てないのかな」正直そう思っていました GD 2017年以降、4年近く勝利がないなかで、4月のマスターズで悲願のメジャー優勝、そして10月にZOZOチャンピオンシップでも優勝し、ツアー7勝目を挙げました。いろんなことがあった1年だったと思いますが、それまで勝てなかった日々を振り返ってみて、いまどんな心境ですか?松山 勝てない時期の最初の1、2年は正直「まあ勝てるだろう」って高をくくっていて、楽観的に考えていました。でも19年、20年になってもなかなか思うような成績が出なくて、コロナ禍になる前、2週連続トップ10に入ったのに(20年3月)、そこで勝てなかった時点で、「あぁ、もう勝てなくなるのかな」と思っている自分がいました。それはコロナ中断明けの試合でも続いて、BMW選手権(20年8月)で上位争いしましたが、そのときも優勝争いをしている感覚はあまりなかった。必死につないで、つないで、なんとか優勝争いしている状態で、ただそこにいるお客さんのような感じでした。GD その「勝てない感覚」に、いつ変化が訪れたのですか?松山 ヒューストンオープン(20年11月)で2位になったときに、「まだ気持ち的に争っている」というのを久しぶりに体感しました。まだ勝てる可能性があるなと。でもその後21年になっても、状態が悪くないのに予選も落ちるし、トップ10にも入れないのが続いて、「なんでだろう」ってすごく考えていました。GD 4月のマスターズ前にそこに変化が訪れたということですか? オーガスタに入って突然の光明! 何があった? 松山 そうですね。オーガスタに入って、前の週にやっていたことと、その前の週にやっていたことがすごくマッチしたんです。オーガスタで練習をしていくなかで、頭の中がすごくクリアになってきて、自分への期待度もどんどん上がっていたんです。「勝てるかもしれない、勝てなくても絶対に上位にいる、優勝は争える」って。いつもなら練習ラウンドも1.5や2ラウンドはするんですが、試合前日も練習ラウンドはしないで練習だけで終わりにしたんです。コースも知っているし、自分の状態を上げることに専念しようって思いました。それが結果的に良かったですね。 オーガスタに移動した瞬間全部がつながった GD 優勝を狙えると思えるようになったのは、スウィングが安定してきたということですか?松山 そうですね、考えることが少なくなったというのがいちばん大きいですね。今までだったらスウィングのことを考えるだけでなく、そこにプラスして球筋を考えていたんですが、あの週は考えることが本当に少なくなっていました。GD 具体的にどのぐらいクリアになっていたんですか。松山 昨年から目澤さん( コーチ)と一緒にやり始めて、目澤さんの言っていることもすごくよくわかりますし、そこに取り組んできたんですけど、一方で自分をなくしている部分もあるのかなとも思っていたんです。それが何の拍子かわからないですが、マスターズ前週のテキサスオープンで時間をかけて練習をしていたら、なんかいい感じだなというのを見つけて。その試合はダメでしたけど、オーガスタに移動した瞬間に、「ああ、だからこうなるんだ」とパターまで含めて全部がつながっていく感じがあったんです。だから、「あ、戦えるな」って。GD 目澤さんが話すようなGC4(弾道解析器)などで測っているデータと、スウィングがマッチしてきたということですか?松山 そうですね。取り組んできたことと自分がやっていることがすごくハマったというか。頭で考えていることを体でうまく表現できるようになって、クラブを上手く扱えるようになったんです。 GD そうなると、マスターズの4日間は、スウィングをシンプルに考えていたということですか?松山 そうですね、けっこうシンプルでした。クラブを上げるときは、ここ(テークバック)とリズムだけという感じでした。意識していたとしても、1カ所、2カ所……、あっても3カ所ぐらい。GD ちなみに普段はどれぐらい考えているんですか?松山 んー、何個かな。アドレスだけで多分4つぐらいある(笑)。GD そんなにあるんですか。松山 まぁでも、それがどんどん減っていけばいくほどやっぱり調子が良くなるんです。考えることが1、2個だったら、すごくシンプルですから、それは調子がいいって発言になると思います。なかなかそういうふうにはならないですけどね。GD ZOZOチャンピオンシップのときは、調子が良くないと言っていましたが、そのときは考えることがいっぱいあったと。松山 いっぱいありましたね(笑)。でも、考えることがあるなかでも、最終日に向けて徐々に減りつつあったかなとは思います。 「良かった、腹が立つんだ」 GD マスターズに勝って、自分の中で心境は変わりましたか?松山 うーん、どうですかね。変わったと言えば変わったかな。3週間クラブ握らないとか今までなかったですからね。今回もZOZOで優勝してからまだ1回もクラブ触っていないですし、そういうことが平気でできるようになっています(取材はZOZOから2週間後)。GD それはプラスなことですか?松山 絶対マイナスでしょ。体を休めるには必要な時期だと思っていますが、でもさすがにちょっとやばいかなと。GD 目標だったメジャー優勝を遂げて、燃え尽きてしまったような感覚はありますか?松山 そうなるんじゃないかと、自分でも心配していました。でも、マスターズ優勝後、最初に出場した試合で(AT&T)、結果が出なくて腹立っている自分がいて、「ああ良かった、自分は変わってなかった、腹が立つんだ。やっぱりゴルフが好きなんだ」と思ったんです。そこで「勝ったからいいや」って思うようだったら多分ゴルフをやらなくなっていたはず。でも本当に腹が立って、イライラしながら練習もしていたし、その姿を客観的に考えて、「ああ良かった」と思いました。GD それまで「メジャー優勝」だった目標は、その後どう変わりましたか?松山 ツアー6勝目をマスターズで挙げて、ZOZOで7勝目も挙げたので、K・J(チョイ)さんに並ぶ8勝目を挙げることが、いまは一番近い目標だと思っています。丸山(茂樹)さんが持つツアー3勝という数字を抜いたときに、「早くK・Jさんの数字を抜けよ」って言われていたので、すごく意識していました。無理じゃないかと思うこともありましたが、あと1勝で並ぶところまできたので、それを早く遂げたいなと。 GD 22年はマスターズのV2もありますが、どんな戦い方を考えていますか。松山 早いうちにもう1勝して、シーズンを楽にプレーしたいですね。もちろんオーガスタでもう一回勝ちたいですし、それに向けてどういうスケジュールを組むか考えなきゃいけないと思っています。GD マスターズに向けてピークを作っていくと。松山 毎試合、山のてっぺんだったらいいんですけど、「ピークから下がったときどこにいるか」がすごく大事なので、そこの基準が上がれば、調子が悪くてもパーッと勝てるかもしれないと思っています。GD マスターズの勝算は?松山 正直ないですね。そこはコンディション次第で、すごく変わると思っています。それこそ一昨年のマスターズ(20年11月)みたいに20アンダー出るセッティングだと、僕にとってはしんどい。10アンダーから15アンダーぐらいのセッティングだったら勝負できるかなと思っています。13番ホールは距離が延びると思うし、天気次第でスコアがどれぐらい伸びなくなるかも変わりますからね。でも、たとえどんな天候だとしても、20アンダーの世界になったとしても、そこについていけるようなプレーはしたいと思っています。 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より こちらもチェック!
  • ドラコンで女子の日本最長飛距離365Yという記録を持つ女子プロ、高島早百合。飛ばすためには、インパクトでボールを「押す」ことが大事というが、どうすれば「押せる」インパクトが手に入るのか。詳しく聞いてみた。 PHOTO/Hiroaki Arihara TEXT/Kosuke Suzuki THANKS/高根CC 解説/高島早百合1992年京都府出身。ゴルフの名門・東北高校を卒業後、2011年のプロテストに一発合格。現在はドラコンやレッスンを中心に活躍中 ●CONTENTS●>>#1 ドライバーもハンドファースト>>#2 肩・腰・腕は別々の方向に動く>>#3 手首の角度を最後までキープ ボールを真後ろから真っすぐヒットする ドラコンで365Yという驚異的な記録を持つ高島早百合。細身なのにこんなに飛ばせる理由を聞いたところ、「効率のいいインパクトで、ボールを押せているから」だという。「飛ばないと悩んでいるアマチュアはほぼ例外なく、スウィングのエネルギーをボールにうまく伝えられていません。インパクトでフェースが開いたり、ロフトが増えていたり、軌道が悪くてコスっていたり。これではどんなにパワーがあってもスピンが増えたり曲がるだけで飛びませんよ」(高島)飛ばすために大事なのは、少しロフトが立った状態で、スクエアフェース、ボールに真後ろからエネルギーをぶつけられるインパクト。ポイントは手首の角度にあるという。「左手首は手のひら側に、右手首は甲側に折れた形が必須。『ボールを押せる』効率のいいインパクトは、ドライバーもハンドファーストです!」 “押せる”インパクトのポイント1ロフトが立ってフェースはスクエア クラブの運動エネルギーを効率よくボールに伝えるためには、スクエアフェースで、少しロフトが立った状態で当てることが大事 “押せる”インパクトのポイント2左手は掌屈、右手は背屈 左手首は手のひら側に、右手首は甲側に折れた状態でインパクトすることで、ロフトが立ち、右手のひらでボールを押すような感覚が生じる ボールを“押せない”3大あるある 最長365Y! ドラコンクイーンの1Wスウィング 「押せるインパクト」もう2つのポイントとは?>>#2「肩・腰・腕は別々の方向に動く」>>#3「手首の角度を最後までキープ」 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より 高島早百合の飛びの秘密をさらに詳しく知りたい方はこちら 『ドラコンクイーンが365ヤード飛ばすためにやってきたこと』 こちらもチェック!
  • ゴルフ場の多角化経営はコロナ禍を機に増加したが、今度は「釣り堀」ときた。 群馬県太田市にある太田双葉CCでは、コース近くにある溜め池をルアー専門の釣り堀「太田フィッシングクラブ」として11月にオープンした。この溜め池は、芝に撒く水を確保するため造られたが、40年の間、1度も利用されず放置されていた。同CCは2012年に経営会社の交代があり、新オーナーの発案により始まったというが、「予想以上の反響があったのには、びっくりしました」(総務・浅利直彦氏)。20年春から池の水を浅くするため水を抜く工事をしたほか、井戸を掘り水草を除去するなどしてニジマスの放流にこぎつけた。アクセスもよく、初心者や家族連れでも利用できるように、レンタルの釣り具一式も完備している。「初期投資はだいぶかかりましたが、採算がとれる見込みが出てきました。釣ったニジマス5匹まで持って帰れます。ただ風呂やレストランを希望されたとき、ドレスコードをどうするかが課題ですね」(浅利氏)ゴルフ場で釣りといえば、福島県の太平洋クラブ白河リゾートも「白河リゾートフィッシングエリア」を今年6月に開設。こちらは釣り専用というわけでなく、ドッグランやオートキャンプ場も併設されていて、「ゴルフ・キャンプ・愛犬・釣り」と複合レジャーを楽しむ趣向。同リゾートの釣り場は、1番と9番の間の池にある島に橋で渡って行くスタイルで、池には25センチのニジマスが放流されているという。同リゾートのドレスコードはどうなっている? 「クラブハウスへはキャンプや釣りにふさわしい服装でかまいません」(冬季管理事務所・田中裕子さん)そういえばゴルフも釣りも野外。コロナ禍にふさわしいということで、全国に広がるかもしれない。 太田フィッシングクラブ。「ターフ&フィッシュ」は全国に広がるか? 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より こちらもチェック!
  • 群馬県で初となる「バナナ栽培」がゴルフ場で行われたというから驚きだ。 そのゴルフ場とは太田市にある鳳凰GC。敷地内で栽培したバナナを「ほうおうバナナ」としてブランド化し売り出す計画で、来年からの出荷を目指している。ゴルフ場での販売のみならず、JAや道の駅まで販路を広げていくというから本格的だ。同GCは2018年、民事再生申請から経営再建し、新事業としてバナナ栽培を含む農産事業部を立ちあげた。すでにビニールハウス内には高さ3mほどに成長したバナナ120株が植えられ、緑色の実がふくらんでいるという。バナナのほかにはパパイヤやコーヒー、パイナップルなどが数十本ずつ植えられ、クラブハウス内ではLED照明を使った水耕栽培でレタスも栽培している。これら農園を管理する中神洋二氏は千葉大園芸学部を卒業し、中国やベトナムでバナナや野菜の栽培指導を経験。岡山県産の「もんげーバナナ」ほか、東日本大震災からの復興を掲げて福島県内で始まったバナナ栽培にも携わった経歴を持つ。同GCで栽培するのは、「グロス・ミッシェル」という品種で、「もちもちして、ねっとり感がある」のが特徴。タイが主な産地で、皮ごと食べることができる。「バナナ栽培には気温20~30度が適温で、ハウス内ではその温度を保ち、通年出荷できるようにしています。またバナナ自体に病気がないため、虫もつかず化学農薬も不要。年間1万2000~1万5000本の出荷を目指します」(中神氏)ゴルフ場で栽培など副業がやりやすい理由を経営コンサルタントの菊地英樹氏は──。「ゴルフ場には広い敷地、まとまった数の従業員、また電力、進入路などのインフラが整備されています。副業をやる素地はあるので、あとはそれをどう活用するかです」さらに温泉も湧出しているというから、行ってみる価値ありだ。 231万平米の広大な土地に36ホールを持つ丘陵コース 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より
  • コロナ禍で、以前よりも若い世代がゴルフ場へ足を運ぶようになってきている。この流れを加速させようと舵を切ったゴルフ場がある。 東京から120キロ、伊豆大島にある“伊豆大島リゾートGC”がそれだ。同GCの前身は1956年にオープンした大島GC。藤田観光(株)がホテルとともに経営・運営してきたが、01年にケータリングや給食事業を手がける東京ケータリング(株)に事業譲渡。さらに今年、清掃・設備管理業務を展開する(株)アメニティコーポレションの傘下に入り、ゴルフ場の名称も変更した。同コーポレーションは、さまざまなリニューアルを敢行。もともと多くのホールがオーシャンビューという絶景のロケーションだったが、まずは9ホールのコースを一部、2グリーンにしたり、ティーイングエリアやカップ位置を変えることで、18ホールとしても楽しめるようにした。セルフで、2人用のカートでフェアウェイへの乗り入れも自由。レンタルクラブも多くのコースにありがちな旧モデルでなく、最新モデルを用意した。また、プレースタイルも一新。以前のドレスコードを撤廃し、Tシャツ、短パンでもラウンドできるようになった。さらにクラブハウスも改装した。ロビーの横にカフェテリアを新設し、シャワー室も完備。若いカップルゴルファーが喜びそうな内容が満載だ。「“リゾート”と名付けている以上、若者だけでなく、観光客の方々にも気軽に来てほしいと思っています」(伊豆大島リゾートGC・加藤るみ氏)ユニークな試みもある。8番と17番を兼ねるティーにはホールインワン無人確認機を設置。ティーからグリーンまで撮影できるカメラをセットし、ホールインワンの申告があれば、映像で確認できる仕組みだ。ロビーには、ホールインワン保険に加入するためのパンフレットも置いてあるという準備の良さ。こうした試みについて、ゴルフ場運営コンサルタントの石井米二郎氏は「コロナ禍で若者たちがゴルフに目を向けているのを定着させるため、先手を打っていくことが大事。この意味では近い将来を見据えたリニューアルだと思います」。ただ、観光地の大島は現在、苦境にある。コロナが落ち着いた後から攻勢に転じたいと同GC。そのために東海汽船とコラボした集客プランも打ち出していくという。 島ならではの風光明媚なロケーションが自慢の伊豆大島リゾートGC 週刊ゴルフダイジェスト2021年10月19日号より