Myゴルフダイジェスト

評判は上々! ゴルフ場が「池」を利用して“釣り堀”経営

ゴルフ場の多角化経営はコロナ禍を機に増加したが、今度は「釣り堀」ときた。

群馬県太田市にある太田双葉CCでは、コース近くにある溜め池をルアー専門の釣り堀「太田フィッシングクラブ」として11月にオープンした。この溜め池は、芝に撒く水を確保するため造られたが、40年の間、1度も利用されず放置されていた。

同CCは2012年に経営会社の交代があり、新オーナーの発案により始まったというが、「予想以上の反響があったのには、びっくりしました」(総務・浅利直彦氏)。

20年春から池の水を浅くするため水を抜く工事をしたほか、井戸を掘り水草を除去するなどしてニジマスの放流にこぎつけた。アクセスもよく、初心者や家族連れでも利用できるように、レンタルの釣り具一式も完備している。

「初期投資はだいぶかかりましたが、採算がとれる見込みが出てきました。釣ったニジマス5匹まで持って帰れます。ただ風呂やレストランを希望されたとき、ドレスコードをどうするかが課題ですね」(浅利氏)

ゴルフ場で釣りといえば、福島県の太平洋クラブ白河リゾートも「白河リゾートフィッシングエリア」を今年6月に開設。こちらは釣り専用というわけでなく、ドッグランやオートキャンプ場も併設されていて、「ゴルフ・キャンプ・愛犬・釣り」と複合レジャーを楽しむ趣向。

同リゾートの釣り場は、1番と9番の間の池にある島に橋で渡って行くスタイルで、池には25センチのニジマスが放流されているという。同リゾートのドレスコードはどうなっている? 

「クラブハウスへはキャンプや釣りにふさわしい服装でかまいません」(冬季管理事務所・田中裕子さん)

そういえばゴルフも釣りも野外。コロナ禍にふさわしいということで、全国に広がるかもしれない。

太田フィッシングクラブ。「ターフ&フィッシュ」は全国に広がるか?

週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より

こちらもチェック!

  • 群馬県で初となる「バナナ栽培」がゴルフ場で行われたというから驚きだ。 そのゴルフ場とは太田市にある鳳凰GC。敷地内で栽培したバナナを「ほうおうバナナ」としてブランド化し売り出す計画で、来年からの出荷を目指している。ゴルフ場での販売のみならず、JAや道の駅まで販路を広げていくというから本格的だ。同GCは2018年、民事再生申請から経営再建し、新事業としてバナナ栽培を含む農産事業部を立ちあげた。すでにビニールハウス内には高さ3mほどに成長したバナナ120株が植えられ、緑色の実がふくらんでいるという。バナナのほかにはパパイヤやコーヒー、パイナップルなどが数十本ずつ植えられ、クラブハウス内ではLED照明を使った水耕栽培でレタスも栽培している。これら農園を管理する中神洋二氏は千葉大園芸学部を卒業し、中国やベトナムでバナナや野菜の栽培指導を経験。岡山県産の「もんげーバナナ」ほか、東日本大震災からの復興を掲げて福島県内で始まったバナナ栽培にも携わった経歴を持つ。同GCで栽培するのは、「グロス・ミッシェル」という品種で、「もちもちして、ねっとり感がある」のが特徴。タイが主な産地で、皮ごと食べることができる。「バナナ栽培には気温20~30度が適温で、ハウス内ではその温度を保ち、通年出荷できるようにしています。またバナナ自体に病気がないため、虫もつかず化学農薬も不要。年間1万2000~1万5000本の出荷を目指します」(中神氏)ゴルフ場で栽培など副業がやりやすい理由を経営コンサルタントの菊地英樹氏は──。「ゴルフ場には広い敷地、まとまった数の従業員、また電力、進入路などのインフラが整備されています。副業をやる素地はあるので、あとはそれをどう活用するかです」さらに温泉も湧出しているというから、行ってみる価値ありだ。 231万平米の広大な土地に36ホールを持つ丘陵コース 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より
  • 「災い転じて福となす」。そんなゴルフ場が箱根にある。 2019年の台風19号による大雨で、観測史上最多の雨量を記録した神奈川県箱根町。土砂崩れにより鉄道や温泉施設などが大打撃を受けたのは記憶に新しい。箱根湯の花ゴルフ場も例外ではなく、クラブハウスをまるごと土砂崩れで流失してしまった。翌年までのクローズ期間中、クラブハウスを建て替えるなどの案も出たというが、経営するプリンスホテルはその策を取らなかった。「幸いホテルが隣接しているため、一部に受付カウンターとロッカールームを増設しました。併せてスタート小屋も新設し、プレースタイルもワンウェイとしました」(箱根湯の花G支配人・笹尾雅洋氏)これが特に地元ゴルファーの間で好評なのだという。ロッカーなどを利用せず、車でシューズを履きかえる人も多い。食事も8番ホールの小屋で供されるそうだが、このシンプルさが受け、入場者は断然増えているという。ちなみに同ゴルフ場は、“ただのパブリック”ではない。昭和27年、大谷光明と旧皇族の朝香鳩彦氏による共同設計で開場した。大谷は英国留学後、日本ゴルフ草創期をリードし、日本ゴルフ協会創設に尽力し、川奈ホテルGC大島C、大箱根CC、名古屋GC和合Cなどの設計にも携わった。昭和天皇の大叔父である朝香氏は「ゴルフの宮さま」と呼ばれ、昭和天皇にゴルフの手ほどきをしたと伝えられる。かつて存在した東京GC朝霞Cの名は名誉総裁の朝香からつけられた。新宿御苑にあった天皇専用コースも朝香が大谷と相談しながら造ったと言われる。「2人は英国のゴルフ場(リンクス)を熟知していたので、話が合ったのでしょうね。ここを回るとリンクスのテイストを感じられるのです」と話すのはJGAゴルフミュージアム参与の武居振一氏。1度、“山のリンクス”を味わってみてはいかがだろうか。 冬季クローズになる前にぜひ! 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月16日号より
  • コロナ禍でも密にならずに楽しめるスポーツとして人気を集めたゴルフだが、厳しい経営が続くゴルフ場も多く、毎年いくつものコースが閉鎖に追い込まれている。そして、その跡地がメガソーラーになることも少なくない。 18ホール・6168ヤード・パー70の榛名カントリークラブは、テレビのゴルフ番組でも人気を博したプロゴルファー小松原三夫が設計。2005年に閉鎖 2012年以降全国に広がる 1969年に開場した群馬県の榛名カントリークラブ。伊香保温泉の南にそびえる相馬山の山裾に造られ、標高1000メートルの高台からは北に日光男体山、東に筑波山、西に富士山を望めたという。最盛期には2000人もの会員がいたが、経営交代後に破綻し2005年に閉鎖されていた。この土地は地元・榛東村の村有地でコースに賃貸していたが、その後7年にわたり跡地利用が検討し続けられていた。2012年に再生可能エネルギーの固定価格買取制度がスタートすると、ソフトバンクがメガソーラーの建設を計画。そしてその第1号のひとつとして選ばれたのが、この榛名CCの跡地だった。4月に着工し、最大出力2.4メガワット、1万122枚もの太陽電池モジュールが設置され、7月1日から「ソフトバンク榛東ソーラーパーク」として発電を開始した。榛東村は1平方メートル当たり30円でゴルフ場に貸していたが、売電収入の3%を土地賃貸料として、さらに発電施設の償却資産としての固定資産税を得ることになった。当初42円だった固定価格買取制度の売電価格は年々下がり続け、現在では半分以下に。太陽光発電関連の倒産も相次ぐなか、今年8月にはENEOSが出資参画する出力121メガワットという関西最大のメガソーラー「三田太陽光発電所」が着工した。場所は2019年末で閉鎖された三田SYSゴルフリゾート跡地。1996年に三田カントリー27として開場した27ホールのゴルフ場だ。10年前には太陽光パネル1枚の出力は200ワット台だったが、最新型高出力パネルを採用することで1枚545ワットと、倍以上の出力が得られ、18年間の売電期間中に約115万トンの二酸化炭素排出削減に貢献するという。 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月9日号より 「ゴルフ初物語」バックナンバー
  • コロナ禍で、以前よりも若い世代がゴルフ場へ足を運ぶようになってきている。この流れを加速させようと舵を切ったゴルフ場がある。 東京から120キロ、伊豆大島にある“伊豆大島リゾートGC”がそれだ。同GCの前身は1956年にオープンした大島GC。藤田観光(株)がホテルとともに経営・運営してきたが、01年にケータリングや給食事業を手がける東京ケータリング(株)に事業譲渡。さらに今年、清掃・設備管理業務を展開する(株)アメニティコーポレションの傘下に入り、ゴルフ場の名称も変更した。同コーポレーションは、さまざまなリニューアルを敢行。もともと多くのホールがオーシャンビューという絶景のロケーションだったが、まずは9ホールのコースを一部、2グリーンにしたり、ティーイングエリアやカップ位置を変えることで、18ホールとしても楽しめるようにした。セルフで、2人用のカートでフェアウェイへの乗り入れも自由。レンタルクラブも多くのコースにありがちな旧モデルでなく、最新モデルを用意した。また、プレースタイルも一新。以前のドレスコードを撤廃し、Tシャツ、短パンでもラウンドできるようになった。さらにクラブハウスも改装した。ロビーの横にカフェテリアを新設し、シャワー室も完備。若いカップルゴルファーが喜びそうな内容が満載だ。「“リゾート”と名付けている以上、若者だけでなく、観光客の方々にも気軽に来てほしいと思っています」(伊豆大島リゾートGC・加藤るみ氏)ユニークな試みもある。8番と17番を兼ねるティーにはホールインワン無人確認機を設置。ティーからグリーンまで撮影できるカメラをセットし、ホールインワンの申告があれば、映像で確認できる仕組みだ。ロビーには、ホールインワン保険に加入するためのパンフレットも置いてあるという準備の良さ。こうした試みについて、ゴルフ場運営コンサルタントの石井米二郎氏は「コロナ禍で若者たちがゴルフに目を向けているのを定着させるため、先手を打っていくことが大事。この意味では近い将来を見据えたリニューアルだと思います」。ただ、観光地の大島は現在、苦境にある。コロナが落ち着いた後から攻勢に転じたいと同GC。そのために東海汽船とコラボした集客プランも打ち出していくという。 島ならではの風光明媚なロケーションが自慢の伊豆大島リゾートGC 週刊ゴルフダイジェスト2021年10月19日号より