Myゴルフダイジェスト

アスリートの年収ランキング発表。ゴルフ界ではいまだタイガーが圧倒的

このたび発表されたプロアスリートの年収ランキング。トップはNBAのレブロン・ジェームズの1億2690万ドル(約164億円)で、2位がサッカーのリオネル・メッシの1億2200万ドル。ゴルフ界のトップはタイガー・ウッズで、7350万ドルの10位だった。

驚くべきは、交通事故で瀕死の重傷を負い、先のマスターズで復帰したものの、試合にはほとんど出場していなかったにもかかわらず10位にランクインしたということ。ゴルフ界ではR・マキロイが3840万ドルでタイガーに続いたが、大きく水をあけられている。

ちなみにP・ミケルソンは、先日PGAツアー批判をしたことでスポンサーの大半を失い、昨年の33位から44位に後退して3710万ドル。発表されたトップ100には、もう1人、J・スピース(3130万ドル:85位)が入った。

このデータは、米メディア「スポルティコ」が昨年6月から今年5月までの収入をまとめたもの。稼ぎ頭のトップ10には、バスケット選手が4名、サッカー選手が3名、テニスとボクシング、そしてゴルフが1名ずつとなっている。サッカー選手の年収は年棒が大半を占め、バスケット選手はスポンサー契約などボーナスのほうが大きいそう。テニスとゴルフはスポンサー収入がほとんどと言われている。

もしかすると、バスケット選手などのエクストラ収入は、非代替性トークンと呼ばれる“NFT”の存在があるのかもしれない。NFTでは動画などに肖像権をつけ、これを売り買いすることもできる。NBAはこれにより、一時は年間7億ドルの収入を得ており、これが選手に還元されているという。PGAツアーでも今年から導入されているものの、ちょっと時機を逸した感がある。

かつては、年収といえば上位にゴルファーが名を連ねたものだが、これも時代の流れなのだろうか。もっともゴルフは競技人生が長いので、生涯所得は高いという特徴はあるが。

ちなみにタイガーの生涯所得は現在2000億円超(PHOTO/Blue Sky Photos)

週刊ゴルフダイジェスト2022年6月7日号より

こちらもチェック!

  • グレッグ・ノーマン率いるLIVゴルフ招待シリーズ(サウジゴルフリーグ)の開幕まで2週間。PGAツアーは全面抗戦の姿勢だが、不調でも人気抜群のリッキー・ファウラーが新リーグへの興味を語り話題に。 PGAツアーの人気者はどのような結論を下す?(写真は2021年アーノルド・パーマー招待。PHOTO/KJR) 全米プロゴルフ選手権開幕前のインタビューで、ファウラーは他の35歳未満の選手たちとは違い、PGAツアーへの忠誠を誓わず、新リーグに参戦する可能性を示唆した。「出る、出ないを決めたわけではありません。ただビジネスでもスポーツでも競争があるのは良いこと。自分も人と競い合うことに生き甲斐を感じてここまで来ました。PGAツアーと競合するリーグができることは、ゴルフ界が活性化するチャンス。とても面白い時期だと思っています」ファウラーのプロポーズに立ち会った親友J・トーマスは、断固として新リーグを認めないスタンス。「サウジ(リーグ)へ行きたい人はどうぞ行って。ゴー、ゴー」と、つい先日も厳しい口調で語っていた。しかし、ファウラーは競争によって「新しいチャンスが生まれる」というのだ。「どちらにも忠誠は誓っていない。PGAツアーが他リーグへの参戦を認めないことはわかっています。初戦のロンドンは国外なので、猶予はあるかもしれないけれど、2戦目からはアメリカ開催なので、もっと締めつけが厳しくなるでしょう。しかるべきときに結論を出します」(ファウラー)ここ3シーズン不調のファウラーは、現在世界ランク129位でポイントランク111位。果たしてどんな結論を出すのか。 週刊ゴルフダイジェスト2022年6月7日号より こちらもチェック!
  • マスターズに続き、復帰後2戦目として全米プロに出場したタイガー・ウッズ。足の痛みの影響もあり3日目終了後に棄権を余儀なくされたが、2日目に「69」を出し予選をクリアするなど意地をみせた。そんなタイガーが今大会でギアをチェンジ。気になる14本の中身をチェック! PHOTO/Blue Sky Photos、Yasuhiro JJ Tanabe ウェッジは「MG3 TW」に。「MG2 TW」はBOX入りの2本セットが発売されたが、「MG3 TW」も日本で発売されれば完売必至か 4月のマスターズで1年5カ月ぶりに復帰したタイガー・ウッズ。今回の全米プロは、それ以来の試合となったが、試合会場のサザンヒルズCCは15年前の全米プロでも優勝している相性のいいコース。2018年にギル・ハンスが大規模な改造を行ったが、タイガーは4月下旬から練習ラウンドを行うなど入念な準備のもと大会に臨んでいた。残念ながら3日目終了後に棄権したが、全米プロにはマスターズとは異なるギアで挑んでいた。まずは2018年から使い続けてきた「M3」の5Wを外し、新たに2番アイアンを投入。3番アイアンもマッスルバックの「P7TW」から2番アイアンと同じ中空構造の「P770」にチェンジし、シャフトも高弾道で高スピンが打ちやすい「ダイナミックゴールド ツアーイシューMID」に変更。また、ウェッジは56度と60度の2本とも「ミルドグラインド2 TWグラインド」から、最新の「ミルドグラインド3」の「TWグラインド」にスイッチ。足元にはマスターズでも履いたフットジョイのシューズ。だが、よく見るとマスターズのときとはモデルが違い「ドライジョイズ プレミア ターロウ」になっていた。足のケガとの関係もあるのかもしれないが、フットジョイのシューズがよほど気に入ったに違いない。7月の全英オープンにも出場意欲を示しているタイガーだが、そのときのギアはどうなっているのか? 2021年12月 PNC選手権 1W ステルス プラス(9度)3W ステルス(15度)、SIM 2(15度)3I~PW P7TW56度、60度 MG2 TW 2022年5月 全米プロ 1W ステルスプラス(9度)3W SIM 2(15度)2I、3I P7704I~PW P7TW56度、60度 MG3 TW シューズもチェンジ! 2022年マスターズ フットジョイ「ドライジョイズ プレミア パッカード」2022年全米プロ フットジョイ「ドライジョイズ プレミア ターロウ」 週刊ゴルフダイジェスト2022年6月7日号より
  • アメリカで5月17日に出版されたフィル・ミケルソン非公認の伝記で、彼がギャンブルで4000万ドル超(約52億円)を失ったという衝撃の事実が明かされた。 PHOTO/Blue Sky Photos アレン・シプナックの著書「フィル:ゴルフ界で最もカラフルなスーパースターの咆哮」(非公認の伝記)は、発売前から大きな話題に。とりわけ著者が事前に自身のウェブサイトで内容の抜粋を掲載し、ギャンブルで想像を絶する額をミケルソンが失ったと綴った点に注目が集まった。16年にミケルソンはギャンブラーのビリー・ウォルターズがインサイダー取引で有罪になった事件で関連性を指摘され、米国政府当局者により財政監査を受けたが、調査の過程で10年から14年の間に4000万ドル以上を失っていたことを当局者が断定したという。以前からミケルソンのギャンブル好きは有名で、一晩で20万ドルを失った噂がまことしやかにささやかれているほか、練習ラウンドの最中でも選手やときにギャラリーと「これを入れれば何百ドル」など、すべてを賭けにしなくては気が済まない性分だったが、それにしてもまさかこれほど多額の金銭をギャンブルに注ぎ込んでいたとは……。昨年の全米プロの優勝で生涯獲得賞金は9400万ドル(約122億円)を突破。フォーブス誌によると、賞金以外の契約金などでミケルソンが得た収入は7億5000万ドル(1000億円弱)を超えると推定されているのに、タイガーと人気を二分するゴルフ界の超大物が、いま金欠に陥っている。ちなみに伝記の著者シプナックは、サウジ政府とPGAツアーをミケルソンが痛烈に批判したことを報じた人物である。それによりミケルソンはスポンサーを失い、ゴルフから離れたが、シプナックは著書が発売され懐が潤うことに。自らがまいた種とはいえミケルソンが気の毒に思えてくる。 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月31日号より こちらもチェック!
  • 世界で最も高額な中古アイアンセットは、515万6162ドル! 1ドル128円で換算すると、日本円にしてなんと約6億6000万円だ。 もちろん、ただの中古クラブではない。タイガーが00年から01年にかけ、4大メジャーを連続制覇したときに使用していた本物のアイアンセットなのだ。構成は、タイトリストの名器「681-T」の2番からPWに、若きタイガーの小技を支えたボーケイの58度(実際は56度)と60度のウェッジ2本からなる11本。出品したゴールデン・エージ・オークションズ社によれば、同社では昨年、02年にタイガーが使用したスコッティキャメロン・ニューポートIIが、39万3000ドルで落札されている。1本のクラブでは、これが過去最高金額ということだが、実はこのとき売り出されたパターはバックアップ用で、実際に使用されたわけではない。それを考えれば、“タイガースラム”達成時に使用していた11本の値段としては、決して高くはないのかもしれない。なにしろ素性がはっきりしている。タイガーが01年のマスターズに勝った後、タイトリストが新しいアイアンを見せに行ったとき、タイガーは「すぐに試合に使いたい」と、そのとき使用していたクラブをタイガー担当だったスティーブ・マタ氏にプレゼント。それを10年にヒューストンのビジネスマン、トッド・ブロック氏へ5万7242ドルで売却していたのだ(マタ氏はその際、嘘発見器までかけて本物であることを証明したそう)。買い受けたブロック氏は、「12年間このアイアンを持っていたが、誰にも話しておらず、ほとんど誰も見ていないんだ。レンブラントの絵が誰にも見られず、どこかに眠っているようなもの」と言い、皆に見てもらいたいと売却することに。「投資のつもりで買ったわけではない」とはいえ、12年間で100倍近い値上がり? とんでもない投資対効果であることは間違いない。 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号より こちらもチェック!