Myゴルフダイジェスト

ギャンブルの損失は50億円超!? ミケルソンの伝記が衝撃的だった

アメリカで5月17日に出版されたフィル・ミケルソン非公認の伝記で、彼がギャンブルで4000万ドル超(約52億円)を失ったという衝撃の事実が明かされた。

PHOTO/Blue Sky Photos

アレン・シプナックの著書「フィル:ゴルフ界で最もカラフルなスーパースターの咆哮」(非公認の伝記)は、発売前から大きな話題に。とりわけ著者が事前に自身のウェブサイトで内容の抜粋を掲載し、ギャンブルで想像を絶する額をミケルソンが失ったと綴った点に注目が集まった。

16年にミケルソンはギャンブラーのビリー・ウォルターズがインサイダー取引で有罪になった事件で関連性を指摘され、米国政府当局者により財政監査を受けたが、調査の過程で10年から14年の間に4000万ドル以上を失っていたことを当局者が断定したという。

以前からミケルソンのギャンブル好きは有名で、一晩で20万ドルを失った噂がまことしやかにささやかれているほか、練習ラウンドの最中でも選手やときにギャラリーと「これを入れれば何百ドル」など、すべてを賭けにしなくては気が済まない性分だったが、それにしてもまさかこれほど多額の金銭をギャンブルに注ぎ込んでいたとは……。

昨年の全米プロの優勝で生涯獲得賞金は9400万ドル(約122億円)を突破。フォーブス誌によると、賞金以外の契約金などでミケルソンが得た収入は7億5000万ドル(1000億円弱)を超えると推定されているのに、タイガーと人気を二分するゴルフ界の超大物が、いま金欠に陥っている。

ちなみに伝記の著者シプナックは、サウジ政府とPGAツアーをミケルソンが痛烈に批判したことを報じた人物である。それによりミケルソンはスポンサーを失い、ゴルフから離れたが、シプナックは著書が発売され懐が潤うことに。自らがまいた種とはいえミケルソンが気の毒に思えてくる。

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月31日号より

こちらもチェック!

  • サウジアラビアのオイルマネーを背景にグレッグ・ノーマン率いる新ゴルフリーグの始動が迫り、ゴルフ界は慌ただしさを増している。 ベテラン勢はPGAツアーに未練はない? リブゴルフ・インベストメントは、「LIVゴルフ招待シリーズ」と銘打った大会を今年8試合開催する。初戦は6月9日開幕。全米オープンの前週にロンドンで幕を開ける予定だ。PGAツアーのジェイ・モナハンコミッショナーは「他リーグに出場した選手は即PGAツアーのメンバーシップ剥奪」と断言しており、男子ゴルフ最高峰のメジャー出場を蹴ってまで新シリーズに参戦する選手は限られると推測され、「ノーマンの構想は暗礁に乗り上げた」と報道された。しかし、ここにきてLIVゴルフ招待シリーズに出場が見込まれる選手の具体的な名前が続々と報じられている。元世界ランク1位のL・ウエストウッドが新リーグへの出場意思を表明すると、やはり元世界ナンバー1でメジャー2勝のM・カイマーもそれに続き、R・ガリガス、R・ブランドも申請を行った。正式発表はまだだが、ケビン・ナやマスターズ2勝のB・ワトソン、さらにS・ガルシアの名前も挙がっている。ノーマンに賛同するP・ミケルソンも所属するマネジメント会社が参加意思を表明していたが、つい先日、PGAツアーはLIVゴルフ招待シリーズへの出場許可申請をすべて却下。仮にこの裁定を無視して出場した場合、PGAツアーから何らかの処分が下されることは間違いない。特にミケルソンは新リーグを巡る騒動で暴言を吐き、スポンサーが次々と撤退。その後、謝罪とともに休養の意向を示して以降は公の場に姿を現していないため、さまざまな憶測が飛び交っている。世界ランクトップ100中19人、トップ50の6人が参加すると噂される新リーグ。予選落ちなしで1試合賞金総額2500万ドル(約32億円)を出場48名が競い合うのだから、たとえPGAツアーから“出禁”を食らっても、魅力的な数字であることは確かだ。 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月31日号より こちらもチェック!
  • 世界で最も高額な中古アイアンセットは、515万6162ドル! 1ドル128円で換算すると、日本円にしてなんと約6億6000万円だ。 もちろん、ただの中古クラブではない。タイガーが00年から01年にかけ、4大メジャーを連続制覇したときに使用していた本物のアイアンセットなのだ。構成は、タイトリストの名器「681-T」の2番からPWに、若きタイガーの小技を支えたボーケイの58度(実際は56度)と60度のウェッジ2本からなる11本。出品したゴールデン・エージ・オークションズ社によれば、同社では昨年、02年にタイガーが使用したスコッティキャメロン・ニューポートIIが、39万3000ドルで落札されている。1本のクラブでは、これが過去最高金額ということだが、実はこのとき売り出されたパターはバックアップ用で、実際に使用されたわけではない。それを考えれば、“タイガースラム”達成時に使用していた11本の値段としては、決して高くはないのかもしれない。なにしろ素性がはっきりしている。タイガーが01年のマスターズに勝った後、タイトリストが新しいアイアンを見せに行ったとき、タイガーは「すぐに試合に使いたい」と、そのとき使用していたクラブをタイガー担当だったスティーブ・マタ氏にプレゼント。それを10年にヒューストンのビジネスマン、トッド・ブロック氏へ5万7242ドルで売却していたのだ(マタ氏はその際、嘘発見器までかけて本物であることを証明したそう)。買い受けたブロック氏は、「12年間このアイアンを持っていたが、誰にも話しておらず、ほとんど誰も見ていないんだ。レンブラントの絵が誰にも見られず、どこかに眠っているようなもの」と言い、皆に見てもらいたいと売却することに。「投資のつもりで買ったわけではない」とはいえ、12年間で100倍近い値上がり? とんでもない投資対効果であることは間違いない。 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号より こちらもチェック!
  • サウジアラビアのオイルマネーを背景にPGAツアーと競合する新リーグ(スーパーゴルフリーグ)出場に前向きな姿勢を示していたフィル・ミケルソンが窮地に陥っている。 ゴルフライターのA・シブナック氏のインタビューで、「トーナメントの放映権を牛耳るPGAツアーが肖像権など、選手が持つべき権利を搾取している」と痛烈に批判したミケルソン。新リーグについても憂慮すべき人権問題が存在すると言及した。それでも新リーグを支持するのは「PGAツアーを改革する最初で最後のチャンスだから」と持論を展開。これらの発言にツアー関係者が衝撃を受けたのはもちろん、影響はスポンサーにも波及。「自分が間違っていた。本心を十分に伝えられなかった」と謝罪するにいたった。一連の騒動を受けミケルソンのメインスポンサーであるKPMGが契約解除を決定。Workdayも3月いっぱいでの契約打ち切りを決め、2月25日には用具契約を結ぶキャロウェイが「契約の一時停止」を打ち出した。ミケルソンは事の重大さから「自分からスポンサーに契約を中断、あるいは終了するよう選択を促した」と言うが、キャロウェイは「ミケルソンの発言は看過できない。我々は失望している」と声明を発表。「いずれまた良好な関係に戻る日が来るだろう」と希望的観測も示したが、現時点では契約停止状態となる。本人は「ゴルフからしばらく離れる」意向で、契約が24年まで残っているPGAツアー「アメリカン・エキスプレス」のホスト役も辞退。今季ツアーに出場したのは4試合のみで、最後に出たのは1月末の「ファーマーズインシュランス」。タイガーが事故以来ツアーに復帰できていないなか、今度はミケルソンがトーナメントから姿を消す。もちろん復帰するのだろうが一抹の寂しさは拭えない。 うっかり発言が取り返しのつかない事態に……(PHOTO/Tadashi Anezaki) 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月22日号より こちらもチェック!
  • フィル・ミケルソンが、自身の所有する6つのゴルフ場を売却し、正真正銘の億万長者となった。 売却されたのはアリゾナにある3つのメンバーコース(リムGC、GC at チャペラルパインズ、ストーンキャニオンクラブ)と3つのパブリックコース(オコティロGC、パームバレーGC、マクダウェルマウンテンGC)。うちストーンキャニオンは、昨年ミケルソンと元NBAのチャールズ・バークレーのペアがステフィン・カリー(NBA)、ペイトン・マニング(NFL)組と対決した“ザ・マッチ”の舞台にもなっている。フォーブズ誌はこれまでミケルソンが賞金以外で得た収入を8億ドル(約870億円)と試算していたが、6コース売却後はその数字を10億ドル(約1100億円)に上方修正した。50歳にして今年の全米プロゴルフ選手権で史上最年長メジャーチャンピオンに輝いたミケルソンは、これでタイガーに続き現役ゴルファーとして2人目の純資産10億ドルオーバーの「ビリオネア」となったことになる。ちなみに現在、車両事故により重傷を負いリハビリ中のタイガーは各社との契約金、アピアランスフィー(出演料)に加えコースデザインによる収入で純資産15億ドル(約1650億円)。ちなみにフォーブズの“21年版アスリート長者番付”では、タイガーが大坂なおみと総収入6000万ドル(約65億円)で12位タイ、4450 万ドル(約49億円)稼いだD・ジョンソンが20位、ミケルソンは4100万ドル(約45億円)で29位だった。それにしてもミケルソンが6つものゴルフ場を所有していたことは驚き。賞金以外でいかに手広く稼いでいたか、という証拠である。手厚い年金制度があるPGAツアーでは、たとえばタイガーの年金は300億円を下らないと言われている。稼げば稼ぐほどさらにおまけが付いてくるPGAツアーはまさに夢舞台だ。 ビジネスマンとしても超一流? (PHOTO: Robert Beck/USGA) 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月14日号より こちらもチェック! https://my-golfdigest.jp/tournament/p24916/ https://my-golfdigest.jp/tournament/p23341/ https://my-golfdigest.jp/lesson/p33140/