Myゴルフダイジェスト

河本力は平均320ヤード超え! 国内男子ツアーから世界レベルの飛ばし屋たちがぞくぞく

先月開催された男子ツアー「ISPS HANDA欧州・日本、とりあえず今年は日本トーナメント!」は、桂川有人の初優勝で幕を閉じたが、飛ばし屋新時代の到来を予感させた大会でもあった。

同大会では決勝の2日間、ドライビングコンテストが行われたが、該当する2番ホールのドラコン賞は、3日目が338ヤード、最終日336ヤードで、ともにツアールーキーの河本力が獲得した。

河本がこだわるのはボールスピード。数年前から弾道測定器のデータをもとに、初速アップに努めてきた結果、今シーズンは323.75ヤード(4月28日時点)でダントツ。計測ラウンド数などに差はあるものの、PGAツアーの平均飛距離1位を独走するC・チャンプは321.1ヤードなので、現時点ではそれ以上ということになる。

飛ばし屋は1人ではない。ドラコン賞を獲得した河本以外にも、星野陸也や桂川有人、大西魁斗など、これからの男子ツアーをリードする若手有望株がこぞってボールスピード80オーバーの320ヤード超えをマークした。ボールスピード80オーバーは、いまやPGAツアーでもトップクラスの世界。言い換えると、世界に通用する若手がゴロゴロ出てきた証しともいえそうだが、それ以上と評価する声も。

米国のスウィング事情に精通するプロコーチの黒宮幹仁氏によれば、「アメリカはコースが広く、PGAツアーの飛ばし屋たちはドライバーを振りちぎっています。それに対し、狭い日本のコースでボールスピード80を出すのは、それだけ曲がらないということ。国内のコースでこの飛距離は、間違いなく世界標準以上です」。

ここ数年、話題豊富な女子ツアーの後塵を拝してきた国内男子ツアーだが、これら生きの良い若手の登場で注目必至。新たな飛ばし屋時代の到来に、男子ツアーからも目が離せなくなってきた。

出場数が少なかったためランキングには載らなかったが、昨季の平均飛距離は318.92ヤードで、1位の幡地隆寛を上回っていた河本

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月24日号より

こちらもチェック!

  • 開幕から2カ月を迎え、盛り上がりを見せる国内女子ツアー。ここまでの選手たちの飛距離ランキングと、使用クラブのトピックスを見ていこう。 PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Tadashi Anezaki、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara 若手に交じりベテラン勢が奮闘ルーキー2人が飛ばし戦線に名乗り 開幕7戦目までのドライビングディスタンスを見ると、1位が穴井詩で259.56Yと他を大きく引き離している。2位以下は混戦だが、36歳の藤田さいきが250Y超えで2位。昨年の自信の記録を5Y以上も上回っている。そして藤田と同学年の横峯さくらも246.75Yで6位と、若手の飛ばし屋に交じりベテラン勢が気を吐いている。クラブ契約フリーの穴井と原英莉花が選んだのはキャロウェイの「ローグST」。藤田と横峯はキャロウェイ「エピック」を使うが、この2人が同じシャフトなのも興味深い。またトップ10には、昨年プロテストに合格したルーキー、桑木志帆と佐藤心結もランクイン。桑木は幼少時代から「とにかく飛ばすのが好きな子でした」と、父・正利さんが語るように飛距離には自信あり。また佐藤も中学時代は砲丸投げで活躍したというほどの運動神経と身体能力の持ち主。今季はベテラン勢と新人たちの飛ばし戦線にも注目だ。 <開幕7戦目終了時の平均飛距離トップ10> ボールは「ツアーB」が7戦5勝 稲見萌寧と古江彩佳で昨シーズン15勝を挙げた「ツアーB」、今シーズンも開幕戦から5戦連続で使用者が優勝。さらにドライビングディスタンス上位10名の半数が使用している 7戦目までの優勝者5人のうち3人が「地クラブ」のウェッジを使用 スコアメイクの要であるショートゲーム。ウェッジはボーケイやクリーブランドといった有名ブランドを使う選手が大多数だが、近年「地クラブ」のウェッジを使う選手も増えている。 7戦目までの優勝者5人のうち、実に3人が地クラブウェッジの愛用者。今後も使用者が増えていきそうだ。 Tポイント×ENEOS優勝 堀琴音 ジューシー『tT』(50度・58度) 群馬県のクラフトブランド「ジューシー」。浅地洋佑の紹介で20年から使用している。堀の使う「B」ソールはスピンとコントロール性能のバランスに長けた、シンプルなウェッジショットに合うモデル KKT杯バンテリン優勝 植竹希望 BUCHI『VS200』(52度・58度) 数多くのプロのアイアン、ウェッジを削ってきた研磨職人・田淵正敏が生み出すブランド。超軟鉄S15CKを使用し、打点の肉厚を極限まで厚くした軟らかい打感は、替えの利かない1本だという。 明治安田生命レディス優勝 サイ・ペイイン アキラプロダクツ『H-956 PROTOTYPE』(50度・56度) ブレード上部に向けて厚みを持たせて重心を高くすることで、スピンが入りやすくなりショットが安定。アイアンもアキラプロダクツのクラブを使用しているが、本人は「薄めのモデル」が好み まだまだいるぞ! 地クラブウェッジ使用プロ ●青木瀬令奈「グラインドスタジオ」中学生のときに初めて削ってもらって以来、信頼するグラインドスタジオのウェッジ。一般ゴルファーでもオーダー可能。●穴井詩「グラインドスタジオ」青木と同じ群馬のグラインドスタジオのウェッジ。多くのプロやトップアマから絶大な信頼を寄せられるブランドだ。●山路晶「モダート」栃木県のクラフトクラブメーカーで19年9月から愛用。58度はフェースを開いてもソールが跳ねにくい形状●濱田茉優「GeoGalaxy」今季リカバリー率15位につけるショートゲーム巧者は、大阪のクラブメーカーと「モダート」とのコラボモデルを使用 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号より こちらもチェック!
  • 300Yを超える飛距離に加え、切れ味鋭いアイアンショットが持ち味の注目ルーキー・久常涼。厳しいピン位置をデッドに狙っていける秘密はどこにあるのか。若きアイアン名手の話に耳を傾けよう。 PHOTO/Tadashi Anezaki THANKS/よみうりゴルフウエストコース 解説/久常涼ひさつねりょう。2002年生まれ。岡山県出身。昨年、QT1212位だったにもかかわらず、AbemaTVツアーで9月までに3勝を挙げレギュラーツアーに昇格。後半戦の7試合すべて予選通過して賞金ランク50位に入り、今季のシード権を獲得した。300ヤードを超える飛距離とキレのあるアイアンショットが武器の注目ルーキーだ ●CONTENTS●#1 アイアンは横から入れて押し込む#2 右わき腹に“シワ”できてますか?#3 最後の最後は右手で「ヒョイ!」 打ち込むのではなく横から押し込む GD 最近の男子選手はかなり弾道が高いですよね?久常 そうですね。コースコンディションにもよりますが、真上から落とさないと止められないことも多いので。GD 高い球を打つために意識していることは?久常 鋭角に打ち込まないことですね。イメージは横から入れて押し込む感じです。GD フェースの打痕が意外と上めだなと思ったんですが、そこも関係していますか?久常 あると思います。打ち込むと吹き上がってしまい風の影響も受けやすくなるので、ボクはボールを長く押して打ち出していきたいんです。 芝の上に浮いているから打ち込む必要はない 日本の芝はボールが浮きやすいので打ち込まなくてもヘッドがボールの下に入りやすい。打ち込むとダルマ落としのようになって薄い当たりになり、しっかり距離を出すことができない 打痕はすべての番手で同じところにある 見事なまでにどの番手も同じ位置に打痕がついている。要するにヘッドの入り方はどのクラブでも同じということ。「鋭角に打ち込まずに低い位置から押すから距離感が合う」と久常 久常涼のアイアンスウィング(正面) 動画もチェック! //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} では、どうすればボールを強く押し込める?続きはこちら 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月3日号より
  • ゴルフにまつわる様々なデータや記録をランキング化する本連載。今回のランキングは、15年ぶりにトップが入れ替わった米女子ツアーの歴代平均飛距離トップ10。 アン・バンダムに次ぐ歴代2位はフィリピンのパグダンガナンで284.846Y(PHOTO/KJR) 20-21国内女子ツアーのドライビングディスタンス1位は原英莉花。平均257.26ヤードでツアー参戦3シーズン目にして初めてナンバーワンに輝いた。だが、海の向こうのアメリカでは、その記録を30ヤード以上上回る、とんでもない記録が生まれた。アン・バンダムが米女子ツアー歴代最高記録を15年ぶりに塗り替え、初めて290ヤードを突破したのだ。この記録は国内男子ツアーの平均飛距離32位に相当する。アン・バンダムはオランダ出身の26歳。身長180センチと長身で、15年にプロ転向。17年の欧州女子ツアーで278.94ヤードの平均飛距離を記録。翌年には280ヤードを超え、最終予選会を突破して19年から米女子ツアーに参戦。だが21年はポイントランク110位とシード権を獲得できず、渋野日向子、古江彩佳らと同じ最終予選会に挑戦。だが、そこでも60位タイと22年の出場権を得ることができず、22年は下部のシメトラツアーが主戦場になりそうだ。となると22年は20年にバンダムを抑えてトップになったフィリピンのビアンカ・パグダンガナンが飛ばし屋ナンバー1候補筆頭。彼女も21年はポイントランク125位と振るわなかったが、最終予選会を10位タイで通過し22年の出場権を確保している。 <米女子ツアー平均飛距離歴代トップ10> 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より こちらもチェック!
  • 女子ツアー2020-21シーズンのさまざまなデータを振り返る「ツアーマニアSP」。今回は、全52試合で優勝した23選手の身長と、平均飛距離等のスタッツを調べてみた。 PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara 2020年の日本女子オープンを制した原英莉花(左)と21年大会を制した勝みなみ(右)。身長差は16cmだが飛距離差はわずか3Y 2020-21シーズンの全52試合で優勝した23人の平均身長を調べると、160.57cm。シーズン9勝を挙げ賞金女王に輝いた稲見萌寧(166cm)やエリエールレディスなど3勝を挙げた原英莉花(173cm)など、強い選手は高身長が多いようにも思われたが、23人中11人が150cm台だった。勝ち星でいうと、古江彩佳(153cm)の6勝、小祝さくら(158cm)の5勝、申ジエ(155cm)、西村優菜(150cm)の4勝など、52試合中28勝を150cm台の選手が挙げている。飛距離を見ると、153cmの青木瀬令奈が217.97Y、155cmの申ジエが227.01Y、150cmの西村優菜が230.76Yと、23人の平均(238.27Y)を大きく下回っているものの、飛距離のハンディを正確性とショートゲームの上手さでカバーし、並み居る飛ばし屋を尻目に優勝を飾っている。また157cmの勝みなみが平均254.31Yと、173cmの原英莉花(257.26Y)に次ぐ2位につけている。身長比では勝がいちばんの飛ばし屋といえる。ここ数年力を入れているトレーニングのたまものだろう。ちなみに勝はバウンスバック率とイーグル数が1位、平均パット数(パーオンホール)3位など、総合力が高いこともうかがえる。 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より こちらもチェック!
  • カシオワールドオープン終了時の賞金ランキングによって、国内男子ツアーの来季のシード権が確定。15人が初シードを獲得した。 PHOTO/Tadashi Anezaki 初の賞金シードを獲得したのは15人。プロ4戦目にしてツアー優勝を果たした片岡尚之、現役大学生プロの石坂友宏、伸び盛りの19歳、久常涼など、期待できる顔ぶれが出揃った。15人の顔ぶれを見ると、10代が久常涼の1人、20代が12人、30代が32歳の阿部裕樹と39歳の内藤寛太郎の2人で、平均年齢は26.1歳。男子も確実に新陳代謝が進んでいる。来シーズンの活躍が期待されるところだ。 賞金ランク19位 片岡尚之(23) 今季、初優勝で一気にブレーク北海道出身、東北福祉大卒。高校時代に日本ジュニアを制するなどジュニア時代から活躍。プロ4戦目のジャパンプレーヤーズチャンピオンシップで初優勝。ブリヂストンオープンでも2位に入るなど、トップ10入り6度。「今年はアベマTVツアーで頑張ろうと思っていたので、優勝は想定外だった。来年は2勝目と賞金王が目標」 賞金ランク18位 石坂友宏(22) 現役大学生プロのシード選手が誕生神奈川県出身、日本ウェルネススポーツ大在学中。19年QTでファイナルまで勝ち上がってプロ転向。20年ダンロップフェニックスではプレーオフで金谷拓実に敗れ惜しくも優勝を逃した。「夏に向けて調子が上がって『1勝できるかも』と思っていたけど、チャンスがつかめなかったので、来年は頑張ります 賞金ランク50位 久常涼(19) ピカピカの高卒ルーキー。下部ツアーで3勝岡山県出身、作陽高卒。21年高校卒業後アベマTVツアーに参戦し、早々に3勝を挙げレギュラーツアーに昇格。VISA太平洋で4位タイに入るなど存在感を見せた。「今年は上出来。いいペースで段階を踏んでいけていると思います。来年はレギュラーツアーで早く1勝して、複数年のシードを持って海外のQTなどにも挑戦したい」 賞金ランク21位 杉山知靖(28) 神奈川県出身、中央学院大卒。明徳義塾高で松山英樹の2学年後輩。15年にプロ転向。10月のブリヂストンオープンで初優勝 賞金ランク22位 大岩龍一(23) 千葉県出身、日大中退。パナソニックオープンでは最終日をトップで迎えるも3位。ほかにもツアー選手権などトップ10が7度 賞金ランク27位 阿久津未来也(26) 栃木県出身、日大卒。18年日本プロで優勝争いを演じた。21年ダイヤモンドカップで4位タイに入るなど活躍し初シード獲得 賞金ランク30位 古川雄大(24) 福岡県出身、東海大卒。19年QT59位。21年日本プロで9位タイ、ツアー選手権2位とメジャーで強さを見せ、初シード獲得 賞金ランク36位 小斉平優和(23) 大阪府出身、日本ウェルネス高卒。20年は米下部ツアーに参戦したが、コロナの影響で秋に帰国。日本ツアーに専念した 賞金ランク37位 植竹勇太(26) 北海道出身、東北福祉大卒。比嘉一貴は大学の同期。19年QT7位。ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップで優勝争いを演じ2位タイ 賞金ランク39位 幡地隆寛(28) 広島県出身、東北福祉大卒。日本人屈指の飛距離を武器に21年ツアー選手権5位、ダンロップフェニックス4位タイ 賞金ランク40位 内藤寛太郎(39) 福島県出身、東北福祉大卒。宮里優作や岩田寛の2学年後輩。20年日本オープンで3位タイ。06年のプロ転向後初となるシード獲得 賞金ランク47位 杉本エリック(28) 千葉県出身、南カリフォルニア大卒。16年に米3部ツアー参戦。21年ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ2位タイ 賞金ランク53位 清水大成(22) 福岡県出身、日大卒。大学在学時の20年日本オープンで13位タイ。20年QT55位。21年日本オープンなど3度トップ10に入る活躍を見せた 賞金ランク56位 池上憲士郎(29) 岡山県出身、東北福祉大卒。19年QTで4年ぶりにファイナル進出し27位。21年フジサンケイクラシック2位タイ。FWキープ率6位 賞金ランク62位 阿部裕樹(32) 栃木県出身、日大卒。20年QT66位。21年は16試合に出場。トップ10入りは1度のみだったが、コンスタントに予選通過しシード獲得 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月14日号より