Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 【2022女子ツアー序盤戦を振り返る】穴井、藤田、横峯…ベテラン勢が気を吐く飛ばし戦線。使用クラブは?

【2022女子ツアー序盤戦を振り返る】穴井、藤田、横峯…ベテラン勢が気を吐く飛ばし戦線。使用クラブは?

開幕から2カ月を迎え、盛り上がりを見せる国内女子ツアー。ここまでの選手たちの飛距離ランキングと、使用クラブのトピックスを見ていこう。

PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Tadashi Anezaki、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara

若手に交じりベテラン勢が奮闘
ルーキー2人が飛ばし戦線に名乗り

開幕7戦目までのドライビングディスタンスを見ると、1位が穴井詩で259.56Yと他を大きく引き離している。2位以下は混戦だが、36歳の藤田さいきが250Y超えで2位。昨年の自信の記録を5Y以上も上回っている。そして藤田と同学年の横峯さくらも246.75Yで6位と、若手の飛ばし屋に交じりベテラン勢が気を吐いている。

クラブ契約フリーの穴井と原英莉花が選んだのはキャロウェイの「ローグST」。藤田と横峯はキャロウェイ「エピック」を使うが、この2人が同じシャフトなのも興味深い。

またトップ10には、昨年プロテストに合格したルーキー、桑木志帆と佐藤心結もランクイン。桑木は幼少時代から「とにかく飛ばすのが好きな子でした」と、父・正利さんが語るように飛距離には自信あり。また佐藤も中学時代は砲丸投げで活躍したというほどの運動神経と身体能力の持ち主。

今季はベテラン勢と新人たちの飛ばし戦線にも注目だ。

<開幕7戦目終了時の平均飛距離トップ10>

ボールは「ツアーB」が7戦5勝

稲見萌寧と古江彩佳で昨シーズン15勝を挙げた「ツアーB」、今シーズンも開幕戦から5戦連続で使用者が優勝。さらにドライビングディスタンス上位10名の半数が使用している

7戦目までの優勝者5人のうち
3人が「地クラブ」のウェッジを使用

スコアメイクの要であるショートゲーム。ウェッジはボーケイやクリーブランドといった有名ブランドを使う選手が大多数だが、近年「地クラブ」のウェッジを使う選手も増えている。 7戦目までの優勝者5人のうち、実に3人が地クラブウェッジの愛用者。今後も使用者が増えていきそうだ。

Tポイント×ENEOS優勝

堀琴音

ジューシー『tT』
(50度・58度)

群馬県のクラフトブランド「ジューシー」。浅地洋佑の紹介で20年から使用している。堀の使う「B」ソールはスピンとコントロール性能のバランスに長けた、シンプルなウェッジショットに合うモデル

KKT杯バンテリン優勝

植竹希望

BUCHI『VS200』
(52度・58度)

数多くのプロのアイアン、ウェッジを削ってきた研磨職人・田淵正敏が生み出すブランド。超軟鉄S15CKを使用し、打点の肉厚を極限まで厚くした軟らかい打感は、替えの利かない1本だという。

明治安田生命レディス優勝

サイ・ペイイン

アキラプロダクツ
『H-956 PROTOTYPE』
(50度・56度)

ブレード上部に向けて厚みを持たせて重心を高くすることで、スピンが入りやすくなりショットが安定。アイアンもアキラプロダクツのクラブを使用しているが、本人は「薄めのモデル」が好み

まだまだいるぞ! 地クラブウェッジ使用プロ

●青木瀬令奈「グラインドスタジオ」
中学生のときに初めて削ってもらって以来、信頼するグラインドスタジオのウェッジ。一般ゴルファーでもオーダー可能。

●穴井詩「グラインドスタジオ」
青木と同じ群馬のグラインドスタジオのウェッジ。多くのプロやトップアマから絶大な信頼を寄せられるブランドだ。

●山路晶「モダート」

栃木県のクラフトクラブメーカーで19年9月から愛用。58度はフェースを開いてもソールが跳ねにくい形状

●濱田茉優「GeoGalaxy」

今季リカバリー率15位につけるショートゲーム巧者は、大阪のクラブメーカーと「モダート」とのコラボモデルを使用

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号より

こちらもチェック!

  • 翌シーズンのシード権を決めるシステムが、賞金ランキングからメルセデス・ランキングへと変更された女子ツアー。これによってシード争い、女王争いはどのように変化するのか? PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Tadashi Anezaki 今シーズンから賞金ランキングに代わり、シードやリランキングの基準はメルセデス・ランキングに一本化された。この変更は選手たちにどんな影響をもたらすのか? 女子ツアーで解説を務める塩谷育代プロに聞いた。「賞金ランクだと、賞金の高い試合で一発上位に入ればシードを確保、ということがありました。それがメルセデス・ランキングになったことで試合ごとのポイントの格差が小さくなり、1年間安定して結果を出すことが重要視されるようになります。そのため、技術はもちろん、毎週続く試合へ臨むためのコンディション管理、そして集中力を保つためのメンタルも大事になります。つまり、ゴルフに関するすべての能力の高い人が女王に上り詰めることができるということなのです」メルセデス・ランキングによって年間女王が決まる初めてのシーズン、誰がトップに立つのか注目したい。 昨シーズン採用だったら古江彩佳が女王だった! 2020-21シーズンの賞金女王は稲見萌寧だったが、メルセデス・ランキングでは古江彩佳がトップ。優勝回数では稲見が圧倒したものの、腰痛による欠場で出場試合数が古江より1試合少なかったほか、予選落ち・棄権も稲見が6回に対して古江はわずか1回。年間を通じて安定して好成績を残したことで、稲見を3.5ポイント上回り古江がメルセデス・ランキング1位に輝いた。 2020-21シーズン稲見萌寧古江彩佳賞金ランク1位(2億5519万2049円) 2位(2億4674万3575円)メルセデスランク2位(3841.60ポイント) 1位(3845.16ポイント)出場試合数45試合46試合優勝9回6回トップ1025回22回予選落ち・棄権6回1回 3日間競技では200ポイント、国内メジャーは400ポイント 順位に応じてポイントを加算。競技日数とメジャーかどうかによってポイントが変わるが、国内に限れば試合ごとのポイントの差は最大2倍。優勝賞金は最大5倍の差があるので、賞金額の高い試合で勝てば一気に上位になるが、ポイントの場合はそこまでの変動はない 同順位の場合は均等割りに 同じ順位が2人以上いる場合、人数分のポイントの平均が各選手に振り分けられる 「フル参戦する選手が昨年以上に多くなるでしょう」(塩谷) ●技術はもちろん心・技・体すべてが重要1戦欠場するだけでも影響が大きく、常に予選を通らないとポイントが伸びないため、精神力や体力も重要になる●メジャーの重要度が増すポイントの格差が少なくなったとはいえ、国内メジャーと海外メジャーのポイントは大きい。メジャーで力を発揮するタイプの選手が上位に来る可能性が高い●海外メジャーに挑戦しやすくなる海外メジャーをメルセデス・ランキングのポイント加算対象にすることで、国内ツアーの選手たちもより積極的に海外に挑戦しやすくなった 海外ツアーではすでにポイント制を導入 PGAツアー シード権はプレーオフ前年間王者はプレーオフで決定 レギュラーシーズン47試合の合計ポイントでシード権が決まる。ポイント上位125名は年間王者を決めるプレーオフに進出。最終戦の優勝者が、年間王者に輝く DPワールドツアー(欧州ツアー) 日本女子ツアーと同じく海外の試合を重視 DPワールドツアー(欧州ツアー)は、米国メジャーやWGCもポイント対象となっている。昨シーズンはPGAツアーを主戦場とするコリン・モリカワが年間王者に輝いた 月刊ゴルフダイジェスト2022年6月号より こちらもチェック!
  • 渋野日向子、勝みなみ、原英莉花らと同じ黄金世代の山路晶は、昨季のドライビングディスタンスは250.61Yで7位と次世代の飛ばし屋として注目される選手だ。そんな彼女の飛ばしのコツとは? PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa THANKS/ダイキンオーキッドレディス、明治安田生命レディス ヨコハマタイヤ 山路晶1998年9月10日生まれ。身長166㎝。2019年プロテスト合格。ツアー未勝利。2020-21年ドライビングディスタンス7位(250.61Y) “地面の力”をフル活用 GD 飛距離について、どんなことを考えていますか?山路 ジュニアのときから飛んでいたのですが、今でも「もっと飛ばしたい」という気持ちは強いです。単純ですけど、ゴルフ=飛距離、みたいな感覚があるんです。GD 今年はどのくらい飛ばしたいですか?山路 目標はキャリーで255~260Yです。そのためにフィジカルトレーニングもしてきましたし、GC4(弾道計測器)を買って弾道データもチェックしています。ヘッドスピードよりボール初速を上げる(ミート率をよくする)ことがテーマで、新しいドライバー(テーラーメイド・ステルスプラス)に替えて初速が上がりました。昨季に球筋をフェードに変えたことで、曲がり幅が少なくなったから、もっともっと飛距離を伸ばせるかなと思っています。 この記事は会員限定です続きを読むには会員登録が必要です GD 飛ばすときの技術的なポイントはありますか?山路 地面反力じゃないですけど、下(地面)の力を最大限に使う意識はあります。ただ、インパクトに向けてジャンプするような感じでもないんです。感覚としては、左足は真下へ押し込み、右足は蹴るようなイメージです。以前は右から左へという体重移動を使っていましたが、今は1軸のイメージで体を回しています。ただ、軸はココというような固定する意識もありません。GD スリムな体型ですし、トップもあまり深くないですが、どうして飛ぶのでしょうか?山路 自分でもよくわかりません。ただ、学生時代、水泳でジュニアオリンピックを目指していたので、体の柔軟性や体幹の強さは大きく影響しているかもしれません。スウィングしているときも腕を使うという感覚がまったくないんです。体幹でボールを押し込むような感覚に近いですね。GD 飛距離のアドバンテージは大きいですか?山路 ドライバーが飛ぶとアイアンが高弾道で打てます。そうするとグリーンでボールを止めやすくなります。これは自分にとっても大きな武器です。飛べば当然、曲がり幅は大きくなりますが、曲がるのは仕方がないこと。もっと飛ばしたい、その思いだけでゴルフは楽しめますから。 【Point 1】体重移動は一切意識していない以前は下半身を使って体重移動をしていましたが、今は一切していません。体幹を使ってボールを飛ばす、そのイメージだけです。実は軸もあまり考えていないんです。固定すると動きが窮屈になるからです 【Point 2】肩と股関節の柔軟性が大事水泳は平泳ぎがメインでしたが、メドレーまで全種目やりました。そのおかげか、体の柔軟性は今も維持できています。とくに大事なのが肩関節(肩甲骨)と股関節です。股割や肩のストレッチは毎日やっています 柔軟性の高さを見せてくれた山路。「体幹を使う水泳がゴルフの飛距離アップに生かされています」 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月12日号より こちらもチェック!
  • 17、18年と2季連続でドライビングディスタンス1位を獲得し、昨季も平均250Y超飛ばした葭葉ルミ。いったいどのようにして飛ばしているのか。意識しているポイントを聞いてみた。 PHOTO/Tadashi Anezaki THANKS/明治安田生命レディス ヨコハマタイヤ 葭葉ルミ1993年3月12日生まれ。身長162㎝。2012年プロテスト合格。ツアー通算1勝。2020-21年ドライビングディスタンス8位(250.03Y) トップまで左ひざは動かさないこと GD 飛ばすために意識していることは?葭葉 重視するのは捻転を大きくすることです。イメージでいうなら「雑巾を絞ったときのような形」です。捻転ができれば、ヘッドスピードは自然に速くなります。GD 捻転を大きくするには、どうすればいいのですか? この記事は会員限定です続きを読むには会員登録が必要です 葭葉 あくまで私の意識ですが、下半身よりも上半身をしっかり回すことです。下半身まで一緒に動いてしまうと雑巾のようなねじれは作れません。そこでポイントになるのが左ひざです。トップまで左ひざはあまり動かさないようにすること(実際には動く)。そして上半身はアドレスの右肩の位置に左肩を持っていくようにして回転させます。この2つで大きな捻転を作っています。ただ捻転を作るにはフィジカルも不可欠です。ランニングや体幹トレーニングなどは、できるだけやるようにしています。GD 弾道計測によるデータでは、どんな項目を重視しますか?葭葉 飛距離で考えるならボール初速とヘッドスピードです。どちらも上がれば、飛距離は確実に伸びます。ただ、ヘッドスピードが速くても芯に当たらなければ、ボール初速は出ません。だから両方のデータを必ずチェックしています。体の軸がブレると打点や出球の高さが変わりますから、あまり動きすぎず、軸を安定させたまま、振り抜くようにしています。あとはスピン量です。目安は2000rpm。スピン量が適正でないと飛距離のロスは大きいですから。GD スウィングにおける技術的なポイントはありますか?葭葉 ドライバーはアッパー軌道が基本ですが、アッパーになりすぎるとフェースが開いてスピン量が増えます。ですから、左下に向かってボールを投げるようにヘッドを振り抜くイメージを持っています。そもそもドライバーのボール位置は左ですし、ティーアップが高いので自然にアッパー軌道で打てます。アッパースウィングになりすぎないよう、できるだけ低く長くヘッドを出していく意識があると強いボールが打てます。 Point 1雑巾を絞るように捻転を大きくする 私のイメージでは下半身はどっしりさせ、上半身をしっかり回す意識です。下半身が動きすぎるとスウィング軌道まで変わってしまうため、打点のブレ、出球の高さなどが安定せず、効率よく飛ばせません Point 2低く長く振り抜いていく 飛ばそうと思うほど、アッパー軌道になりやすいですが、アッパーが強くなると力は逃げてしまいます。左下にヘッドを叩きつけるようなイメージで振り抜くと、力が乗った強い球が出ます 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月12日号より こちらもチェック!
  • 昨シーズンは新型コロナウイルスの影響で変則的なシーズンとなった女子ツアーだが、2022年は通常シーズンに戻り、ダイキンオーキッドレディスで開幕。ほぼ毎週試合が行われ、11月末まで全38試合が行われる。昨シーズンからの変更点など、ツアーを楽しむ上で知っておきたい今シーズンのトピックスを、週刊ゴルフダイジェスト3月15日号特別付録「2022女子ツアー完全ガイド」から抜粋してお届け! TOPICS 1ツアー史上最高の賞金総額42億9600万円 昨年、東京五輪のため開催されなかった「meijiカップ」が再開される一方、7月に開催されていた「GMOインターネット・レディース」が中止に。それでも賞金総額は史上最高額を更新し、42憶9600万円に増額。またブリヂストンレディス、楽天スーパーレディースが新たに4日間競技となり、4日間競技が18試合に。 TOPICS 2メルセデス・ランキングへ一本化 シード権やリランキングなど、トーナメント出場権の基準となるランキングが、賞金ランキングから「メルセデス・ランキング」に一本化。賞金額ではなく、試合ごとに順位に応じたポイントが付与されるため、賞金額の多い大会で上位に入ったほうが有利になるという不公平感が是正される。さらに海外メジャーはポイントが多く付与されるため、選手たちの海外進出を促す狙いもある。 TOPICS 3初シード組は13人 昨シーズンは移行期間として、賞金ランキングとメルセデス・ランキングのいずれかで50位以内に入ればシード権を獲得できた。初シードを獲得したのは、西郷真央、西村優菜、山下美夢有、笹生優花、吉田優利、金澤志奈、植竹希望、野澤真央、仲宗根澄香、田辺ひかり、臼井麗香、菅沼菜々、山路晶の13人。うち6人が2000年以降生まれと若手の躍進が続いている。 TOPICS 4複数年シードが最長5年に 複数年シードの条件が改定。これまでは、公式戦(メジャー)の複数回優勝や賞金ランク1位などの組み合わせで最長15年ものシードが付与された。今季からは、公式戦優勝3年、メルセデス・ランク1位4年、複数該当者5年と最長5年に変更。米ツアーの畑岡奈紗は19年に国内メジャーを2勝し、5年シードの権利を保持している。 TOPICS 5リランキングは2回実施 QT(クオリファイングトーナメント)ランクによる出場資格見直しのために実施されるリランキング制度。今季は通常通り2回行われる。シーズン途中で出場優先順位が入れ替わることで、選手のモチベーションを向上させ、ツアーを活性化させる狙いがある。第1回リランキングは7/10(ニッポンハムレディス終了時)、第2回は9/25(ミヤギテレビ杯終了時)に行われる。 【ここもCHECK!】ローカルルールが一部変更に●距離計測器が使用可能になる昨年の全米プロなどで使用が認められた距離計測器がJLPGAトーナメントでも使用可能となる。ただし、規則4.3aに基づき、高低差を計測することは認められない。●46インチを超えるクラブは使用不可昨年R&AとUSGAが「パターを除くクラブの長さが46インチを超えてはならない」というローカルルールの新設を発表。それに合わせJLPGAトーナメントでも46インチを超えるクラブは使用禁止となる。※JLPGAが主催、主管する競技において適用。日本女子オープンはJGA、TOTOジャパンクラシックは米LPGAが主管 気になるプロの詳細情報が満載!「女子ツアー完全ガイド」完全版はこちら 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月15日号より こちらもチェック!
  • 女子ツアー2020-21シーズンのさまざまなデータを振り返る「ツアーマニアSP」。今回は、全52試合で優勝した23選手の身長と、平均飛距離等のスタッツを調べてみた。 PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara 2020年の日本女子オープンを制した原英莉花(左)と21年大会を制した勝みなみ(右)。身長差は16cmだが飛距離差はわずか3Y 2020-21シーズンの全52試合で優勝した23人の平均身長を調べると、160.57cm。シーズン9勝を挙げ賞金女王に輝いた稲見萌寧(166cm)やエリエールレディスなど3勝を挙げた原英莉花(173cm)など、強い選手は高身長が多いようにも思われたが、23人中11人が150cm台だった。勝ち星でいうと、古江彩佳(153cm)の6勝、小祝さくら(158cm)の5勝、申ジエ(155cm)、西村優菜(150cm)の4勝など、52試合中28勝を150cm台の選手が挙げている。飛距離を見ると、153cmの青木瀬令奈が217.97Y、155cmの申ジエが227.01Y、150cmの西村優菜が230.76Yと、23人の平均(238.27Y)を大きく下回っているものの、飛距離のハンディを正確性とショートゲームの上手さでカバーし、並み居る飛ばし屋を尻目に優勝を飾っている。また157cmの勝みなみが平均254.31Yと、173cmの原英莉花(257.26Y)に次ぐ2位につけている。身長比では勝がいちばんの飛ばし屋といえる。ここ数年力を入れているトレーニングのたまものだろう。ちなみに勝はバウンスバック率とイーグル数が1位、平均パット数(パーオンホール)3位など、総合力が高いこともうかがえる。 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より こちらもチェック!