Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • プロ・トーナメント
  • 【データで振り返る20-21女子ツアー】平均飛距離1位は身長173cmの原英莉花。では157cmながら2位につけたのは?

【データで振り返る20-21女子ツアー】平均飛距離1位は身長173cmの原英莉花。では157cmながら2位につけたのは?

女子ツアー2020-21シーズンのさまざまなデータを振り返る「ツアーマニアSP」。今回は、全52試合で優勝した23選手の身長と、平均飛距離等のスタッツを調べてみた。

PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara

2020年の日本女子オープンを制した原英莉花(左)と21年大会を制した勝みなみ(右)。身長差は16cmだが飛距離差はわずか3Y

2020-21シーズンの全52試合で優勝した23人の平均身長を調べると、160.57cm。シーズン9勝を挙げ賞金女王に輝いた稲見萌寧(166cm)やエリエールレディスなど3勝を挙げた原英莉花(173cm)など、強い選手は高身長が多いようにも思われたが、23人中11人が150cm台だった。勝ち星でいうと、古江彩佳(153cm)の6勝、小祝さくら(158cm)の5勝、申ジエ(155cm)、西村優菜(150cm)の4勝など、52試合中28勝を150cm台の選手が挙げている。

飛距離を見ると、153cmの青木瀬令奈が217.97Y、155cmの申ジエが227.01Y、150cmの西村優菜が230.76Yと、23人の平均(238.27Y)を大きく下回っているものの、飛距離のハンディを正確性とショートゲームの上手さでカバーし、並み居る飛ばし屋を尻目に優勝を飾っている。また157cmの勝みなみが平均254.31Yと、173cmの原英莉花(257.26Y)に次ぐ2位につけている。身長比では勝がいちばんの飛ばし屋といえる。ここ数年力を入れているトレーニングのたまものだろう。ちなみに勝はバウンスバック率とイーグル数が1位、平均パット数(パーオンホール)3位など、総合力が高いこともうかがえる。

週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より

こちらもチェック!

  • 2020-21シーズンの女子ツアー優勝者の平均年齢は24歳。若手の台頭が加速するなかで、30歳を超えたベテランやミセスとなった選手も奮闘。ツアーを大いに盛り上げた。 PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara 「私には“気持ち”しかない」 06年には5勝を挙げ賞金女王に輝いた大山志保。20年2月に結婚を発表し、シード最年長選手として迎えたシーズンだったが、12月に首、21年1月には左鎖骨、そして3月には右足首ねん挫と立て続けにケガに見舞われる。一時は「茶碗を持つのも重くて、ゴルフどころではなかった」というが、必死のリハビリにより5月のリゾートトラストで復帰。賞金ランクは20年末の38位から55位まで落ち、QT出場も覚悟したが、日本女子プロで単独3位となり、賞金ランク44位で来季のシード権を獲得。パーオン率は稲見萌寧(22)、高橋彩華(23)、西郷真央(20)に次ぐ4位。復帰会見では「まだまだやりたいという気持ちもあります。目標もあるし、引退というのはない」と力強く宣言している。 44歳大山志保がパーオン率4位! 2002年から2016年までパーオン率トップ10の常連だった大山。2020-21シーズンも4位となり、5年ぶりにトップ10に返り咲き。キレのあるアイアンショットは健在だ 若い世代には負けられない「ミセス」たちが躍動 QT上位の資格で20年開幕戦に出場し、復活優勝を遂げた渡邉彩香。21年初戦のダイキンオーキッドレディス直前に結婚を発表した。「数年前から(結婚を)ずっと言われていたけど、自分も調子が悪かったのでそういう気持ちにはなれなかった」と言うが、優勝したことで結婚に踏み切ることができた。4月に2年ぶりの優勝を飾った上田桃子は約1カ月後の35歳の誕生日に婚姻届けを提出。その上田の復活に刺激を受けたのが若林舞衣子。「私と同世代の人たちが優勝するというのはすごく刺激になりますし、そういう流れがあると思います。桃子さんが優勝したから、私も頑張れる。若い世代に負けないぞ、となっています」と19年に出産してから初優勝。そして19年12月に上田桃子のキャディを務める新岡隆三郎氏と結婚した菊地絵理香は、渡邉の復活優勝からちょうど1年後の21年アース・モンダミンカップで結婚後初、自身4年ぶりの優勝を夫の目の前で達成した。ベテラン勢の奮起が目立ったシーズンだった。 2020アース・モンダミンカップ優勝 渡邉彩香 「もう勝てないんじゃないかという気持ちもあった」 最終日に4打差を徐々に詰めていき、17番のバーディで首位に。鈴木愛とのプレーオフを制し5年ぶりに復活優勝を果たした 2021パナソニックオープンレディース優勝 上田桃子(35) 「まだ情熱はすごくあるなって感じています」 最終日に2打差の2位タイから出た大里桃子と上田がプレーオフに突入し、2ホール目で上田がパーパットを沈めて決着 2021アース・モンダミンカップ優勝 菊地絵理香(33) 「今日は腹をくくって、一皮むけたと思う」 初日に「65」を記録すると、そのまま付け入る隙を与えず4日間60台を並べて完全優勝。4年ぶりの優勝を果たした 2021GMOインターネット・レディース優勝 若林舞衣子(33) 「私の世代で引退する空気を変えたいと思った」 最終日に1打差を追いつき、2週連続でプレーオフに突入した若林。前週は堀琴音に敗れたが、その雪辱を果たす見事な勝利だった 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より
  • 女子ツアー2020-21シーズンのさまざまなデータを振り返る「ツアーマニアSP」。今回は、ツアーで生まれた新記録をクローズアップ。 PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara 稲見萌寧、史上2人目の「平均ストローク60台」まで0.06打及ばず 最終戦リコーカップを残して平均ストローク「69.99」をマークしていた稲見萌寧。リコーカップをトータル7アンダー以上で終えることができれば2019年の申ジエに次ぐ史上2人目、日本人選手では初の60台となるはずだったが、結果はイーブンパーで、60台にはわずかに届かなかった。だが、パーセーブ率ではただ一人90%超えを達成。2014年のアン・ソンジュ、2016年のイ・ボミ、2019年の申ジエに続く史上4人目、日本人では初となった。 <2020-21シーズンの平均ストロークと歴代平均ストロークトップ5> <2020-21シーズンのパーセーブ率と歴代パーセーブ率トップ5> プレーオフも歴代最多 これまで1シーズンのプレーオフ回数は91年の14回が最高だったが、20-21シーズンは15回と最多回数を更新。しかも同一選手が何度もプレーオフを戦うという展開。それだけ実力が伯仲していた証しだろう。韓国のペ・ソンウは稲見萌寧と渋野日向子に計3度もプレーオフで敗れ、ツアー3勝目にあと一歩届かなかった。 勝率100%は3人 渋野日向子(23)2戦2勝 ●21 スタンレーレディス(2位/木村彩子、ペ・ソンウ、@佐藤心結)●21 三菱電機レディス(2位/ペ・ソンウ) 古江彩佳(21)3戦3勝 ●20 東海クラシック(2位/東浩子)●20 伊藤園レディス(2位/酒井美紀)●21 富士通レディース(2位/勝みなみ) 稲見萌寧(22)3戦3勝 ●20 スタンレーレディス(2位/淺井咲希、ぺ・ソンウ)●21 明治安田生命(2位/永井花奈)●21 スタジオアリス(2位/小祝さくら) ツアー新記録! 驚異の「13バーディ」 初日の競技が悪天候のため中止となった5月の中京テレビ・ブリヂストンで大記録が生まれた。稲見萌寧が9番から15番までの7連続を含む13バーディのツアー新記録を打ち立てた。これまでの記録は19年の申ジエや蛭田みな美ら6人が記録していた11個が最高。男子ツアーでも石川遼や倉本昌弘が持つ12個が最多。稲見は女子ツアーだけでなく、日本一バーディを取った選手となった。 「2位回数」最多の西郷真央連続アンダーパー記録更新中 昨年までの連続アンダーパ―記録は14試合だったが、稲見萌寧が今年初戦のダイキンオーキッドから15試合連続で記録を更新。さらに、西郷真央が6月のサントリーレディスから最終戦リコーカップまで23試合連続アンダーパーをマークして記録を更新中。西郷は未勝利ながら2位が最多の7回で、賞金ランクも4位とシーズン4勝を挙げた西村優菜をも上回る活躍をみせた。 <20-21シーズン2位回数トップ5> 史上最高の年間獲得賞金1億円プレーヤーが14人! 年間獲得賞金歴代トップとなる2億5000万円以上を稼いだ稲見萌寧に加え、古江彩佳、小祝さくらの賞金ランクトップ3が2億円超え。さらに賞金ランク14位の渡邉彩香までが1億円プレーヤーに。そのため3000万円以上稼いだのにシード権のボーダーラインに届かなかった選手も。 <歴代シーズン獲得賞金トップ5> 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より こちらもチェック!
  • 烏山城CCで行われた日本女子オープンで、2位に6打差をつけ圧勝を飾った勝みなみ。この1年でグンと飛距離を伸ばし、平均飛距離2位につけるドライバーショットの秘密を、青木翔コーチに解説してもらった。 PHOTO/Tadashi Anezaki 勝みなみかつみなみ。1998年生まれ。アマ時代を含めツアー通算6勝。平均飛距離は254.7ヤードでランク2位(10/7時点) 解説/青木翔 三ヶ島かな、野澤真央、亀代順哉に加え、アマチュアの梶谷翼など多くのジュニアゴルファーを指導するティーチングプロ。日本女子オープンでは梶谷のバッグを担いだ 左かかとで地面をしっかりつかんでいる 回転というよりもタイミングのいい体重移動で飛ばす印象です。ハーフウェイバックで右の股関節で体重を受け止められていて、トップでの捻転がとても強いです。ダウンスウィングは、左足の地面に近いところから動き出しているので、捻転が強い状態が保たれています。切り返し直後、右足がほとんど動いていないのがその証拠です。 続きを読む インパクトでは左足かかとが浮いていないのが最大の特徴。ココが浮くと体の動きが一瞬止まるためヘッドを急加速させられて飛ばせますが、反面、フェース面を管理しにくく方向性が悪くなります。勝選手は、左かかとで地面をつかんで蹴っているのでフェース面まで意識できているはず。それが飛距離と精度の高いストレートドローにつながっていると感じます」 勝みなみの1Wスウィング【正面】 アドレスからトップ、ダウンからフォローまで手首の角度が変わらない。手元が悪さをしないのでフェース面の管理がしやすく、ヘッドの入射角も安定する。これも強みのひとつ 勝みなみの1Wスウィング【後方】 5月に取材したトレーニング風景。「筋力だけでなく関節や各部位の使い方が向上しています。“動ける体”が好循環を生んでいます」(青木) 週刊ゴルフダイジェスト2021年10月26日号より こちらもチェック!
  • PHOTO/Hiroyuki Okazawa 2020年、飛距離が平均で10Yもアップしたという勝みなみ。そういえば最近、体がひとまわり大きくなっている気が……。これはきっと秘密があるに違いない。さっそく、トレーニング中の現場を訪れた。 勝みなみかつみなみ。1998年生まれ、鹿児島県出身。黄金世代の中心選手として活躍。昨年から本格的にトレーニングを始めた。左は熊山陽香トレーナー トレーニングで体重が2キロ増えました! トレーニングは飛距離アップが目的ではなかったが、体全体を鍛えることで強さとしなやかさが増し、飛距離は約10Yアップ 丸太みたいに太い体を手に入れたい 「私、大きくなったって言われるの嬉しいんです!」女性に体型のことを聞くのは気が引けるが、勝みなみはよくぞ聞いてくれたとばかりに意気揚々と話し出した。「最初は、疲れにくい体を作るという目的で始めました。でも、やっているうちに筋肉がついたり、飛距離が伸びたり、さまざまな効果を実感できたんです。それが楽しくて、今ではやらないと気持ち悪いぐらいです」そうは言っても年頃の女の子。ムキムキになることに抵抗はないのか?「確かに、体はひと回り大きくなりましたね。でも『大きくなったね』と言われるのは成果として表れている証拠なので、嫌な気持ちにはなりません。もっと言ってもらえるように頑張ります(笑)」 1回60分! 勝みなみ流トレーニングメニュー 9:00ストレッチで体をほぐす 朝9時からスタート。時間をかけて体全体をほぐす。このストレッチが効果絶大 9:15“振る”動作を合間に挟む 長い棒を持って振る。スウィングの感覚を体に染み込ませるため、合間に振る動作を取り入れている 9:20器具を使って筋トレ ダンベルフライ5回×2セット(20kg)デッドリフト5回×5セット(60~125kg)日によって種目は違うというが、この日はお尻と胸、背中を中心にトレーニングを行っていた 9:40腹筋などの体幹を鍛える サイドクランチ10回×2セット(左右)腹筋や背筋など“地味にキツイ”メニューをこなす。勝いわく「このトレーニングがマジで辛い。やりたくない(笑)」 9:50ストレッチをして終了 最後はしっかりストレッチをして60分のメニューは終了。じっくりきっちり、体に負荷を与える60分 股関節が動くようになり安定感が増した 「ストレッチを行うことで体が柔らかくなって関節の可動域が広くなりました。最初は、飛距離アップにつながるとは思っていなかったのですが……」と話す勝みなみ。「以前よりもトップで上半身が深く入るようになりました。より体を使って振れています」 ただ筋力を強化するだけでなく、目的に沿ったトレーニングを続けることで、しなやかな筋肉を手に入れた勝みなみ。今シーズンはそのスウィングと飛距離にぜひ注目してもらいたい。 月刊ゴルフダイジェスト2021年2月号より こちらもチェック!