Myゴルフダイジェスト

平均飛距離が10Yもアップ! 勝みなみのトレーニング現場に潜入

PHOTO/Hiroyuki Okazawa

2020年、飛距離が平均で10Yもアップしたという勝みなみ。そういえば最近、体がひとまわり大きくなっている気が……。これはきっと秘密があるに違いない。さっそく、トレーニング中の現場を訪れた。

勝みなみ
かつみなみ。1998年生まれ、鹿児島県出身。黄金世代の中心選手として活躍。昨年から本格的にトレーニングを始めた。左は熊山陽香トレーナー

トレーニングで体重が2キロ増えました!

トレーニングは飛距離アップが目的ではなかったが、体全体を鍛えることで強さとしなやかさが増し、飛距離は約10Yアップ

丸太みたいに太い体を手に入れたい

「私、大きくなったって言われるの嬉しいんです!」

女性に体型のことを聞くのは気が引けるが、勝みなみはよくぞ聞いてくれたとばかりに意気揚々と話し出した。

「最初は、疲れにくい体を作るという目的で始めました。でも、やっているうちに筋肉がついたり、飛距離が伸びたり、さまざまな効果を実感できたんです。それが楽しくて、今ではやらないと気持ち悪いぐらいです」

そうは言っても年頃の女の子。ムキムキになることに抵抗はないのか?

「確かに、体はひと回り大きくなりましたね。でも『大きくなったね』と言われるのは成果として表れている証拠なので、嫌な気持ちにはなりません。もっと言ってもらえるように頑張ります(笑)」

1回60分! 勝みなみ流トレーニングメニュー

9:00
ストレッチで体をほぐす

朝9時からスタート。時間をかけて体全体をほぐす。このストレッチが効果絶大

9:15
“振る”動作を合間に挟む

9:20
器具を使って筋トレ

9:40
腹筋などの体幹を鍛える

9:50
ストレッチをして終了

最後はしっかりストレッチをして60分のメニューは終了。じっくりきっちり、体に負荷を与える60分

股関節が動くようになり安定感が増した

「ストレッチを行うことで体が柔らかくなって関節の可動域が広くなりました。最初は、飛距離アップにつながるとは思っていなかったのですが……」と話す勝みなみ。「以前よりもトップで上半身が深く入るようになりました。より体を使って振れています」

ただ筋力を強化するだけでなく、目的に沿ったトレーニングを続けることで、しなやかな筋肉を手に入れた勝みなみ。今シーズンはそのスウィングと飛距離にぜひ注目してもらいたい。

月刊ゴルフダイジェスト2021年2月号より