Myゴルフダイジェスト

勝みなみと小祝さくらはプロレス観戦! “寅年”女子プロたちは新年をどう過ごした?

長い長いシーズンを戦い抜いた女子プロたちはどんな新年を迎えたのか。今年「年女」の女子プロたちのSNSをのぞいてみた。

勝&小祝は新日本プロレスで元気注入!

1月4日にインスタグラムで同じ写真をアップしたのは黄金世代で年女の勝みなみと小祝さくら。東京ドームで行われた「WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム」の観戦だ。待ち合わせをして会ってみたらお互いにおそろいのパーカーとタオルを購入していたという仲の良さ。小祝は特にオカダ・カズチカ選手のファンらしく、「オカダ選手かっこよかったです」「明日の応援しています」とのコメントも残している。今回は同じ席で一緒に観たわけではないようで、勝の投稿に「来年は一緒に行こー」と小祝からのお誘いも。来年も同じように新年早々2人のプロレス投稿が見られるかもしれない。

同じく黄金世代で年女の髙木優奈は新年のあいさつとともに1月から3月にかけてジュニアレッスンをすることを告知。「不安もありますが少しでも多くのジュニアがゴルフにふれて、ゴルフの楽しさを知ってくれたらなぁと思い開催します」「そして、レッスンを通して私も成長していきたいと思っております」と投稿。昨シーズンはTP単年登録という形でレギュラーツアーに出場していたが、規定の改正によりTP単年登録が撤廃され、2022年シーズンの出場権を得るには、プロテストに合格するか、賞金ランクかメルセデスランクで50位以内に入ってシード権を得るしか道がなかった。しかしプロテストは不合格。シード権も獲得できず、残念な結果に終わってしまった髙木。今年は彼女なりにあらゆる面で自分の成長を模索しているようだ。

週刊ゴルフダイジェストの「女子プロ総選挙」で1位を獲得したこともある松田鈴英も寅年の年女。シード獲得はならず、2022年はステップ・アップ・ツアーが主戦場となる。年末には「私の1年間は、いつも不安との戦いでした」「くよくよしても良い事はない。意味のない経験はない。心が折れたら勝利はない。不安になるのは頑張ってきた証拠。来シーズンに備えて、これから厳しいトレーニングを行い自分の限界を超えられる様に頑張ります」と投稿していたが、新年最初の投稿では「新年明けましておめでとうございます」「今年も笑顔で頑張ります」とすがすがしい笑顔の写真とともに新年のあいさつをしている。今年は松田の成長にも注目だ。

「寅」といえばこの人!
2022年はタイガーイヤーになるか?

“寅年”といえば、年男ではないがタイガー・ウッズも新年の投稿をしている。「12月に新しい『Stealth』ドライバーを打った。こんなに早く用意してくれてありがとう。最高のクラブだ」というコメントとともに赤いフェースが特徴のドライバーを打っている写真を掲載。間もなく発表されるテーラーメイドの最新ドライバーとみられる。勝負カラーのヘッドを携え、寅年の2022年にタイガーがカムバックを果たす!?

こちらもチェック!

  • 女子ツアー2020-21シーズンのさまざまなデータを振り返る「ツアーマニアSP」。今回は、全52試合で優勝した23選手の身長と、平均飛距離等のスタッツを調べてみた。 PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara 2020年の日本女子オープンを制した原英莉花(左)と21年大会を制した勝みなみ(右)。身長差は16cmだが飛距離差はわずか3Y 2020-21シーズンの全52試合で優勝した23人の平均身長を調べると、160.57cm。シーズン9勝を挙げ賞金女王に輝いた稲見萌寧(166cm)やエリエールレディスなど3勝を挙げた原英莉花(173cm)など、強い選手は高身長が多いようにも思われたが、23人中11人が150cm台だった。勝ち星でいうと、古江彩佳(153cm)の6勝、小祝さくら(158cm)の5勝、申ジエ(155cm)、西村優菜(150cm)の4勝など、52試合中28勝を150cm台の選手が挙げている。飛距離を見ると、153cmの青木瀬令奈が217.97Y、155cmの申ジエが227.01Y、150cmの西村優菜が230.76Yと、23人の平均(238.27Y)を大きく下回っているものの、飛距離のハンディを正確性とショートゲームの上手さでカバーし、並み居る飛ばし屋を尻目に優勝を飾っている。また157cmの勝みなみが平均254.31Yと、173cmの原英莉花(257.26Y)に次ぐ2位につけている。身長比では勝がいちばんの飛ばし屋といえる。ここ数年力を入れているトレーニングのたまものだろう。ちなみに勝はバウンスバック率とイーグル数が1位、平均パット数(パーオンホール)3位など、総合力が高いこともうかがえる。 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より こちらもチェック!
  • ゴルファーのリアルな悩みに答える「週刊ゴルフダイジェスト」の連載「ゴルフジム」、月刊ゴルフダイジェストの連載「読者記者」から、アイアン上達に効果のあるレッスンをピックアップ。どこからでもビシッとグリーンをとらえられるショット力を手に入れよう! お悩み1引っかけのミスが多い お悩み2ダフリのミスが多い お悩み3トップのミスが多い お悩み4球が弱い・上がりすぎる お悩み5球が上がらない お悩み6大事なところでシャンクが出る! アイアンをさらに磨きたい人はこちらもチェック!
  • さまざまな分野で「リスタート」の年になりそうな2022年。驚異的な回復力を見せるタイガー・ウッズだが、PGAツアーへの復帰はいつになるのだろうか? 【解説】タケ小山……世界中のツアーに精通するプロ。TBS「サンデーモーニング」の解説者としてもお馴染み内藤雄士……丸山茂樹のコーチとしてともに米ツアーを戦ったティーチングプロ。ハイランドセンター代表 年末に久々に公の場に登場し、ツアーの公式大会ではないもののプレーも披露したタイガー。ツアー復帰のXデーは――。タケ 年末に公開されたタイガーが練習する動画は見た?内藤 見ましたよ。その後に自身が主催するヒーローワールドチャレンジでドライバーショットも披露していましたが、もうあんなに打てるのかとびっくりしました。タケ アメリカの医学の結晶でしょう。普通ならこんなに早くスウィングができるようにならない。内藤 足を切断というチョイスもあったらしいですからね。そう考えると、タイガーの復帰は本人も出場に意欲を見せている全英オープンかなと思います。今年はセントアンドリュースだから平らなので足への負担も少ないし、タイガーは全英を得意にしていますから。普通に考えれば全英オープンが順当だと思います。タケ オレの予想はね、マスターズだね。内藤 オーガスタはアップダウンがきついので厳しいと思います。あの傾斜から全力で打てるのかなって。オーガスタの18ホールは歩くだけでも大変ですから。足への負担は大きいですよ。タケ 確かにそうだけど。でもオレがタイガーのマネジャーだったらマスターズで復帰させるね。それも、調整目的で得意のアーノルド・パーマー招待とかに出ないで、いきなりマスターズで復帰。そのほうがドラマチックじゃない。内藤 確かに注目度は断然、高まります。タケ あとタイガーはスタック&チルトをやっといてよかったね。ケガしたのが右足だったから左足体重で打てるから。もし、左足をケガしていたら左打ちに転向していたかもしれない。それくらいのことをタイガーならやると思う。トラは凄いんだよ。常識じゃ測れないね。 ツアーへの完全復帰は否定したタイガー 自身が主催する年末のヒーローワールドチャレンジの会見で、タイガーは「ツアーに完全復帰することはない。試合を選んで出場することになる」と発言した
  • 週刊ゴルフダイジェストの人気連載「ゴルルとルール」から、間違えやすいルールの問題を厳選。2019年の改訂でルールが大幅に変わったこともあり、混同している人も多いはず。さて、あなたは何問正解できる? ここは正解しておきたい! 難度1~2 難度 ★☆☆☆☆ 難度 ★★☆☆☆ 難度 ★★☆☆☆ 改めて聞かれると意外と迷う……中級編 難度 ★★★☆☆ 難度 ★★★☆☆ これが分かればルールマスター! 難度4以上の難問  難度 ★★★★☆ 難度 ★★★★★ 難度 ★★★★★ 全問正解できたあなたはかなりのルール通! 間違ってしまったあなたは、「ゴルルとルール」でゴルルと一緒に勉強していきましょう! 「ゴルルとルール」バックナンバーはこちら こちらもチェック! Myゴルフダイジェスト有料会員になるとスマホでいつでもルールが確認できる! 『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』 Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます
  • 2019年に2勝を挙げ、さらなる飛躍を胸に臨んだ2020-21年シーズン。しかし、そこに待っていたのは理想とはかけ離れた「ギリギリシード」という現実だった。かしこまった場所だと“人見知り”が出てしまう柏原明日架に、渋谷の街を歩きながらざっくばらんに話してもらった。 TEXT/Masato Ideshima PHOTO/Takanori Miki、Hiroyuki Okazawa 柏原明日架かしわばらあすか。1996年生まれ宮崎県出身。2014年にプロテストに合格。2019年、ミヤギテレビ杯でツアー初優勝、同年マスターズGCレディスで2勝目を挙げる。2020-21年シーズンはエリエールレディスで2位タイに入り、滑り込みでシードを決めた。富士通所属 先が見えないコロナ禍に下した大きな決断 「めちゃくちゃ苦しいシーズンだった!」と、渋谷の街を歩きながら柏原は話し出した。今だから笑顔で話せるが、誰もが柏原明日架がシード落ちの危機に陥るとは思っていなかった。プロ入りから5年、シードを失ったことがなかったからだ。2020年、新型コロナウイルスの影響で選手とメディアとの接点も薄くなった。感染予防の観点から、できる限り接触を避けるため、気軽に喋りかけるようなことができなくなり、我々は“ネットの速報”で情報を得ることが主となった。結果はわかっても、それ以外のことはわからない。外見だけで選手の状態を把握するほかに術がなかったのだ。柏原の成績が思わしくないことはもちろん知っていたが、それでも柏原のシード落ちはイメージできなかった。当の本人はそのあたりをどのように感じながら戦っていたのか。「20年のアース・モンダミンカップが初戦でしたが、それ以降も試合がやれるかどうかわからない状況で、実際にあると思っていた試合がなくなったりして、体調的にもメンタル的にも波風が立っていました。3月に当たり前のように開幕していたのができず、4月になっても5月になってもできず……。モチベーションをどの方向に持っていけば良いのかわからなくなっていたのを覚えています」 続きを読む アース・モンダミンカップで開幕したものの、柏原は本来の調子でゴルフをすることができなくなっていた。結果、20年は思うような成績を残すことができなかった。統合シーズンだったため、巻き返しの時間はあったものの、成績が出ないことは選手にとって稼ぎがないことを意味し、それが何よりもキツい苦しみになる。そんな最も苦しいときに柏原はある決断をする。「今までは父にずっとサポートしてもらって、コーチという立場でもありました。そこから離れて自分で一旦整理したいという話をしました。それで21年に入ってから、自分のゴルフスタイルについて自分で気づいて、感じて、自分の中に落とし込むことを初めてトライしました。自分から言った手前、助けてとも言えないし、プライドもあるから言いたくもない。でもわからないことはたくさんありました。そんなもやもやする日々が続きましたね」 9月のゴルフ5レディスから7戦連続で予選通過。「このころから、自分がどうやれば予選通過できるのか、戦えるのかがやっとわかってきました。少しずつ自信を取り戻せてきたときですね」 「堀琴音の存在は大きかったです」 同級生の堀琴音にもアドバイスを求めた。自分がどん底に落ちたからこそ堀の凄さを知ったと振り返る。堀への恩は優勝でしか返せない 「やらされる」から「自らやる」に変わった 柏原にとって、いわゆるこれが親離れということになる。「25歳で親離れは遅い」と言う人がいるかもしれないが、ゴルフ界では多々あることで、これが意外と難しいのも事実。なぜなら、ジュニア時代から、一番近くでゴルフを見てきてくれた存在だからこそ、良いときも悪いときも最大の理解者であったのが親だからだ。これが単なるコーチなら割り切れる部分もあるが、親となると精神的な支えにもなっていることもあり、そこから最も苦しい時期に離れるのには相当の覚悟が必要だったに違いない。「離れたら勝てないだろうなと思っていました。それに、自分ってこんなにゴルフのことをわかっていなかったんだなと気づいてしまった。これじゃあ勝てないよなって(笑)」初めて父から離れてゴルフをしてみてわかったことは、『ゴルフの難しさ』だと言う。「今まではいろんなことが上手くいっていたんだなと気づきました。アマチュア時代にそこそこ成績が出て、プロテストも通って。初優勝までは6年かかりましたけど、シード権は取れていたし。ありがたいことにスポンサーさんにも付いてもらって、賞金をもらって……。形としてはしっかりプロなんですけど、ゴルフの感覚としてはアマチュアの延長のような感じだったんだと思います。自分で成績を出してきたという感覚はあまりなかったんですよね。ゴルフが仕事だって本当の意味では思っていなかったんだと気づきました」ゴルフをすることが当たり前だったからゴルフが好きかどうかなんて考えていなかった。もしかしたら、“やらされている”感のほうが強かったのかもしれない。しかし、遅めの親離れを経験したことで、自分がゴルフが本当に好きだと改めて知ることができた。11月のエリエールで2位に入って滑り込みでシード権を守った。滑り込みだろうかなんだろうが、シード権に優劣はない。自分のことを初めて知ることができた柏原は来年はどのようなシーズンにしたいと思っているのだろうか?「今まで12月の時点で来年はこうしたいってあまり思わなかったんです。もちろん漠然とした目標はあったけれど、今までは自分から設定しなくても言ってくれる人がいたから(笑)。でも今年は、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃって思っているのであまり時間はないと思っています。12月は挨拶とかゴルフ以外のことも忙しいんですが、その合間に練習できるかなって、今まででは考えられない思考になっている。本質的にゴルフが好きになったのかなって思います。今頃? って笑わないでくださいね!」 ゴルフのことが好きだと気づくことができたのは親離れができたから。同時に親が今までどれだけのことをしてくれていたかに気づいた。感謝の気持ちを胸に柏原はさらに強くなる 「美容にはめちゃくちゃこだわってます!」 柏原は渋谷の街に妙に馴染む。それもそのはず、女子ツアーの中でも美意識が高く、プロアマの前夜祭などでもいつも注目の的になる存在だからだ。「単純に好きだからというのはありますね。好きでやっているうちに徐々に反響があって、若い子から『ゴルフのときのメイクの仕方を教えてください』とか、『日焼け対策はどうしていますか?』とか声をかけてもらうようになって。ゴルフをしたいけれど、そこが壁になっている人が多いんだなと思いました。それでプロゴルファーだからこそ、何か発信できることがあるんじゃないかって。今はプロゴルファーとしてできることってなんだろうと考えながらSNSで発信しています」柏原には見られる意識が備わっている。ゴルフに関してはアマチュアだったとこれまでの自分を振り返っていた柏原だが、美容に関してのほうがむしろプロ意識が高い……。「見られるスポーツだという意識はあったので、そのためのケアはすごくしています。紫外線とか多くの人がゴルフをやると髪が傷むんだろうなって思われているのを取っ払いたいなって思っています」 常に見られていることを意識する。そうすれば何かが変わると柏原は言う。美に関してはメジャー級のプロ意識を持っている とは言うものの、数年前の柏原の印象は“ボーイッシュでかっこいい”だった。それが今はクールビューティ……。イメージが180度変わった人も少なくないはずだ。この変化はいったい……?「髪はショートカットが似合う、化粧はあまりしない、日焼けをしてロングパンツ。“ザ・アスリート”というイメージが親にはあって、その影響が大きかったんです。でも、自分はおしゃれが好きだし、髪をいじるのも好き。それで自分でいろいろと考えて、イメージをいい意味で壊せる方法を考えたんです。おしゃれをしてもカッコイイゴルファーにはなれるんじゃないかと。これは自分だけじゃなくみんなが持つべき意識だと思いますね」2022年、“本当のプロ”になった柏原の姿を見ることができそうだ。 「若い子だけでなく私たちも見てほしい(笑)」 「若い子たちの実力はスゴイと思います」と、素直に認めつつも「私たちも見てほしい。プレーだけでなく、格好とかも含めて、です!」 誌面では載せきれなかった秘蔵写真を特別公開! 柏原明日架の誌面未掲載カットはこちらから 月刊ゴルフダイジェスト2022年2月号より こちらもチェック!