Myゴルフダイジェスト

「4日間競技が18試合に」2022国内女子ツアーで押さえておきたい5つのポイント

昨シーズンは新型コロナウイルスの影響で変則的なシーズンとなった女子ツアーだが、2022年は通常シーズンに戻り、ダイキンオーキッドレディスで開幕。ほぼ毎週試合が行われ、11月末まで全38試合が行われる。昨シーズンからの変更点など、ツアーを楽しむ上で知っておきたい今シーズンのトピックスを、週刊ゴルフダイジェスト3月15日号特別付録「2022女子ツアー完全ガイド」から抜粋してお届け!

TOPICS 1
ツアー史上最高の賞金総額42億9600万円

昨年、東京五輪のため開催されなかった「meijiカップ」が再開される一方、7月に開催されていた「GMOインターネット・レディース」が中止に。それでも賞金総額は史上最高額を更新し、42憶9600万円に増額。またブリヂストンレディス、楽天スーパーレディースが新たに4日間競技となり、4日間競技が18試合に。

TOPICS 2
メルセデス・ランキングへ一本化

シード権やリランキングなど、トーナメント出場権の基準となるランキングが、賞金ランキングから「メルセデス・ランキング」に一本化。賞金額ではなく、試合ごとに順位に応じたポイントが付与されるため、賞金額の多い大会で上位に入ったほうが有利になるという不公平感が是正される。さらに海外メジャーはポイントが多く付与されるため、選手たちの海外進出を促す狙いもある。

TOPICS 3
初シード組は13人

昨シーズンは移行期間として、賞金ランキングとメルセデス・ランキングのいずれかで50位以内に入ればシード権を獲得できた。初シードを獲得したのは、西郷真央、西村優菜、山下美夢有、笹生優花、吉田優利、金澤志奈、植竹希望、野澤真央、仲宗根澄香、田辺ひかり、臼井麗香、菅沼菜々、山路晶の13人。うち6人が2000年以降生まれと若手の躍進が続いている。

TOPICS 4
複数年シードが最長5年に

複数年シードの条件が改定。これまでは、公式戦(メジャー)の複数回優勝や賞金ランク1位などの組み合わせで最長15年ものシードが付与された。今季からは、公式戦優勝3年、メルセデス・ランク1位4年、複数該当者5年と最長5年に変更。米ツアーの畑岡奈紗は19年に国内メジャーを2勝し、5年シードの権利を保持している。

TOPICS 5
リランキングは2回実施

QT(クオリファイングトーナメント)ランクによる出場資格見直しのために実施されるリランキング制度。今季は通常通り2回行われる。シーズン途中で出場優先順位が入れ替わることで、選手のモチベーションを向上させ、ツアーを活性化させる狙いがある。第1回リランキングは7/10(ニッポンハムレディス終了時)、第2回は9/25(ミヤギテレビ杯終了時)に行われる。

【ここもCHECK!】
ローカルルールが一部変更に

●距離計測器が使用可能になる
昨年の全米プロなどで使用が認められた距離計測器がJLPGAトーナメントでも使用可能となる。ただし、規則4.3aに基づき、高低差を計測することは認められない。

●46インチを超えるクラブは使用不可
昨年R&AとUSGAが「パターを除くクラブの長さが46インチを超えてはならない」というローカルルールの新設を発表。それに合わせJLPGAトーナメントでも46インチを超えるクラブは使用禁止となる。

※JLPGAが主催、主管する競技において適用。日本女子オープンはJGA、TOTOジャパンクラシックは米LPGAが主管

気になるプロの詳細情報が満載!
「女子ツアー完全ガイド」完全版はこちら

  • いよいよ開幕する国内女子ツアー。今回は、週刊ゴルフダイジェスト3月15日号の特別付録「2022女子ツアー完全ガイド」を有料会員限定で公開。このページをブックマークしておけば、ツアー観戦時に気になる選手の情報がすぐにチェックできる。気になる人は今すぐ登録! この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 「2022女子ツアー完全ガイド」を読む

週刊ゴルフダイジェスト2022年3月15日号より

こちらもチェック!

  • 2020-21シーズン、念願の初シードを獲得した3人の女子プロを開幕前に直撃。このオフ、どんなことに取り組んだのか、そして今シーズンの目標は? 1人目は、昨年、同日に2度のホールインワンを達成した山路晶。 PHOTO/Osamu Hoshikawa THANKS/こだまGC 山路晶1998年9月10日生まれ。宮城県仙台市出身。身長166cm・B型。東北高校卒。2019年プロテスト合格。ゴルフ歴:8歳~2020-21シーズン成績●メルセデスランク/47位 ●賞金ランク/55位 ●最高位/3位タイ(21年ニトリレディス) ●年間トップ10回数/7回 ●ドライビングディスタンス/250.61Y(7位) ●イーグル数/10回(4位) ボール初速アップとミート率向上が課題 女子選手のなかでも飛ばし屋として注目されている山路晶は、メルセデスランク50位以内で初シードを獲得。「昨季はQTランクがかなり下(107位)だったのでそこからリランキングで上位に上がれたのがよかったです。その結果、シード権も獲得できたのかなって思っています。今季に向けては苦手なアプローチ、100Y以内のショットに取り組みました。GC4(弾道計測器)を買ってデータから見直すようにしました。あとは飛距離アップです。すでに飛ぶじゃんと言われますけど、まだまだ飛ばしたいんです。クラブも新しくなってボール初速が上がりましたし、昨シーズン、スウィング改造して球筋をフェードに変えたので、曲がり幅も抑えられているから、もっと飛距離が生かせると考えています。目標はあと5Yプラスしてキャリーで260Yです。そのためのフィジカルトレーニングもしていますし、GC4でミート率アップにも取り組んでいます」山路は5月のリゾートトラストレディスで同日に2度のホールインワンを達成し、ギネス世界記録に認定された。その理由がなんともおもしろい。「私、ピンしか狙わないんです。グリーンが見えたらとりあえずピンにいっちゃうんです。だからホールインワンになったのかなと思います。周りにはもっとコースマネジメントしなさいって言われますけど、試合になるとピンしか見えなくなるんです。でも今はそれが楽しいし、もう少し攻めのゴルフを続けていきたいです」豪快な飛ばしとピンしか狙わない攻めのショットに注目だ。 ニュードライバーで初速2~3m/sアップ テーラーメイドのニュードライバー「ステルス プラス」で初速が2~3m/sアップしたという山路。カーボンフェースの打感が少し気になるというが、弾道データ的にはかなりよくなった。相性は抜群のようだ 「ピンしか狙わないんです」 愛知県のセントクリークGCで行われたリゾートトラストレディス2日目、3番150Y(9I)と7番175Y(7I)でホールイワンを達成。プロの試合で1ラウンド2度のホールインワンは女性では世界初の快挙だ(男性では宮里優作が過去に米ツアーで達成)。「いつもピンしか狙わないので、それで入っちゃいましたね」(山路) 誌面未掲載写真も公開! 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月15日号より こちらもチェック!
  • 昨シーズン、最後まで賞金女王争いを演じた小祝さくら。プロ入り5年、確実に成長しつづけてきた。ちょっぴり天然、でもショットはキレる――。そんなさくらは2022年の開幕戦を、ディフェンディングチャンピオンとして、さらには賞金女王有力候補のひとりとして迎える。 PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Tadashi Anezaki 小祝さくら1998年4月15日生まれ、北海道北広島市出身。8歳でゴルフを始め、17年プロテスト合格。18年LPGA新人賞を獲得。20-21シーズンはツアー5勝を挙げ、最後まで賞金女王争いを演じた。ツアー通算6勝 「昨年はあっという間に1年が終わりました。思っていたよりも前半にすごくいい成績を出すことができましたが、そのぶん後半が思い通りにはいかなかった。今でも、もう少しあんなふうにできたかなというのはありますが、思い通りにいかないのがゴルフですから、そこは仕方がないですね」小祝さくらが20-21シーズンに出場した国内の試合は「52」。20年が14試合、21年が38試合。1度も休んでいない。それでも予選落ちは5回だけだ。「皆にも途中から調子が悪くなったのは疲れのせいじゃない? と言われましたが、全然疲れはなくて……。ただ、スウィングやゴルフ自体が悪くなっていったんです」昨年のオフ、パットを課題として挙げていた小祝だが、「昨年はパターで頑張ってカバーできました。パターが悪かったら大変なことになっていた。それくらいショットが悪かった」という。確かにパッティングの数値は上がっている。「ずっと悩んでいたパットが昨年途中からいい感覚になって。ライン読みがすごくよくなったんです」パットの転がりやライン読みを課題とし、同じ場所から3球続けて打つのではなく、1球ずつフック、スライスと違うラインの場所に動いて打つ練習などをしていた小祝。その努力が結果として出たのだろう。 小祝さくらの20-21シーズン主な成績●獲得賞金/2億42万3583円(3位) ●平均ストローク/70.7573(3位) ●パーオン率/71.7295%(14位) ●フェアウェイキープ率/64.703%(58位) ●平均パット数(パーオンホール)/1.7874(8位) ●ドライビングディスタンス/240.99Y(19位)トップ10入りは19回と安定感抜群の小祝だが、積極的なゴルフも持ち味。イーグル数12個で2位、バーディ数は577個で1位 しかし、得意のショットが悪くなっていったこともまた、数値に表れている。フェアウェイキープ率の悪さに関しても、「後半戦のショットの乱れです。スウィング自体、前半と全然違っていた。動画を見てチェックしてもどこを直していいかわからなくて、いろいろ頑張ってやっても上手くいかず……」。それでも、賞金女王争いに最後までくい込んだ。「そうですね。最終戦のリコーカップがよかったのも救いです」 >>後編へつづく 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月15日号より こちらもチェック!
  • ゴルフにまつわる様々なデータや記録をランキング化する本連載。第17回は、女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」の1日あたりのギャラリー数歴代トップ10。 https://my-golfdigest.jp/column/p60026/ 前回のランキングはこちら いよいよ来週、国内女子ツアーの開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」が沖縄の琉球GCで開催される。一昨年は中止となり、昨年は1日1000人のギャラリー上限を設け、4日間で3423人が来場。今年は1日あたりの観客数3000人を目安として開催する。ダイキンオーキッドレディスが始まったのは1988年。それまでの国内女子ゴルフは、各大会の規定が統一されず、個々の大会が選手を参加させて結果を集計しただけだったが、制度やルールを一本化して年間通じて戦う「ツアー」として制定されたのが、この年。その栄えある初戦として行われた。バブル絶頂とはいえ、当時は総額4000万円、優勝賞金700万円だったのが、今は総額1億2000万円、優勝は2160万円に増大した。2016年からは4日間大会になっているため、その年の合計入場者数ではなく、1日あたりの入場者数で比べてみると、もっともギャラリーが多く入ったのは、正午に24.2度と日差しに恵まれ3月の沖縄にしても暖かかった07年の3日目(最終日)で1万3964人。米山みどりが辻村明須香をプレーオフで下し、約2年ぶり通算7勝目の栄冠を手にした。今年で35回目を迎えるが、第1回から現在まで、名称も会場も変えずに続いている数少ない試合の1つだ。 2007年大会の最終日は宮里藍と横峯さくらが同組で回ったこともあり、多くのギャラリーを引き連れた(PHOTO/Tadashi Anezaki) 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月8日号より 「なんでもランキング」バックナンバー こちらもチェック!
  • 個人スポーツのゴルフだが、過酷なシーズンを戦い抜くうえで、今やコーチやトレーナーといった「チーム」の存在は欠かせない。昨シーズン賞金女王に輝いた稲見萌寧を支えるべく、今季から新たに1人のトレーナーがチームに加わった。新トレーナーが稲見の課題として掲げたテーマとは? PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa ILLUST/Takanori Ogura 昨シーズンを振り返って「いろいろあったシーズンでした。9勝を挙げられたのはよかったのですが、一番印象に残っているのは腰をケガしてしまったことです」と語った稲見萌寧。「昨年10月のマスターズGCレディス最終日に腰が痛くて棄権してしまいました。もし最後までやり切れていたら、賞金女王以外にもメルセデスランキングなど、他の記録でも1位になれる可能性があったのでもったいないことをしてしまったという後悔と、大事なときにケガをしてしまったことへの反省があります」昨年の経験を踏まえ、1月から新トレーナー澤木弘之氏を迎え、新チームでスタートを切った。今の課題について、澤木氏は次のように語る。「課題は上半身の柔軟性です。彼女を最初に見たとき、アスリートでは考えられないくらい体が硬かった。体が硬いと捻転が上手くできないため、無理に腰で体を回そうとしてしまいます。これが腰痛の大きな原因です。なので、まずは上半身。特に肩甲骨周りの可動域や筋肉の柔軟性をアップさせて無理のないスウィングをできるようにケアに当たっています。そうすれば自然と捻転も深くなり、安定性も増すはずです」新加入の澤木氏に加え、昨年同様技術のスペシャリスト奥嶋誠昭コーチと体のスペシャリスト平野洋平氏が賞金女王を支える。さらにパワーアップした稲見萌寧が見られそうだ。 「ケア」のスペシャリスト澤木弘之 社会人野球選手などの施術を行うスポーツトレーナー。今年から稲見の専属に 新トレーナーとの出会いは突然に… 「アスリートでは考えられない体の硬さでした」 腰のケガの原因は体の硬さにあるという澤木氏。まずは柔軟性を高めることが第一目標だという 【ケアPoint 1】肩甲骨周り肩甲骨周りの可動域が少なく、余計な力が入りやすかった。可動域を増やすことで体に負担が少ないスウィングを手に入れられる【ケアPoint 2】腰の痛み体の柔軟性がないことから、スウィング中、無理に腰を回していたことで、重症化していた。現在は、腰の痛みを和らげ、柔軟性のアップが目標 「技術」のスペシャリスト奥嶋誠昭 技術担当。アメリカの最先端理論を踏まえつつ、稲見のスウィングを整える 技術面の課題100Y以内の精度に磨きをかける 奥嶋コーチとの間で決まった課題が100ヤード以内の精度。どんな位置からでも寄せる引き出しの多さを作ることが課題 始動はできるだけインに上げる クラブが鋭角に下りるクセがあるため、始動からできるだけインサイドに引く練習を繰り返す 「フィジカル」のスペシャリスト平野洋平 21年から稲見を見始める。自らのキックボクシングの経験を生かし指導を行う フィジカル面の課題365日体格キープ 体重増&キレの強化増量とともに体のキレのアップを行う。体を重くするだけでは、パフォーマンスは上がらない。食事改善と筋トレによる体重増加を目指す。特に長いシーズンでの体重キープが課題となる 名コーチから「卒業」する選手も 男子に比べ、コーチをつけることが多い女子選手だが、心機一転、コーチから離れる決意をした選手も 「自分で考えることで成長できると思ったんです」(三ヶ島かな) 昨シーズンは渋野日向子を育てた青木翔コーチに師事していた三ヶ島かな。最終戦リコーカップの優勝で卒業を決意。「昨年はイチから基本を学び直させてもらいました。そのおかげで優勝もできました。次は自分で考えることで成長したいと思い、ひとり立ちを選択しました」 小祝さくらは「チーム辻村」から卒業 上田桃子など多くのトップ選手を指導する辻村明志のもとで腕を磨き、成績を残し続けていた小祝さくら。今シーズン、チーム辻村を卒業することを決意した 月刊ゴルフダイジェスト2022年4月号より こちらもチェック!
  • いよいよ3月3日から、待ちに待った女子ツアーの2022シーズンがスタートする。そこで今回は、今季も活躍間違いなしの、注目10選手のクラブセッティングをご紹介! 小祝さくら 【2020-21シーズン】賞金ランク3位/5勝/トップテン19回 >>小祝さくらは副賞のボートで釣り! 女子プロたちの夏休み 西村優菜 【2020-21シーズン】賞金ランク5位/4勝/トップテン22回 >>【スウィング研究】西村優菜「強い捻転と下半身のパワーで飛ばす」 青木瀬令奈 【2020-21シーズン】賞金ランク21位/1勝/トップテン8回 >>「最終日以外はまったく記憶がない」青木瀬令奈が振り返る2021年ベストシーン 原英莉花 【2020-21シーズン】賞金ランク8位/3勝/トップテン13回 >>【データで振り返る20-21女子ツアー】平均飛距離1位に輝いたのは? 三ヶ島かな 【2020-21シーズン】賞金ランク18位/1勝/トップテン9回 >>【インタビュー】三ヶ島かな「何があっても笑顔でいよう」 吉田優利 【2020-21シーズン】賞金ランク22位/2勝/トップテン7回 >>今季2勝の吉田優利。強さの秘密は「セルフプロデュース力」 大里桃子 【2020-21シーズン】賞金ランク12位/1勝/トップテン14回 >>【ノンフィクション】大里桃子「2勝目までの33カ月」 西郷真央 【2020-21シーズン】賞金ランク4位/トップテン21回 >>【スウィング研究】西郷真央「体の回転だけで振る最先端スウィング」 山下美夢有 【2020-21シーズン】賞金ランク13位/1勝/トップテン16回 >>【インタビュー】 山下美夢有「ツアーで大事なのは体!」 佐藤心結 【2020-21シーズン】スタンレーレディス2位T/2021プロテスト合格 >>【女子ファイナルQT】プロテスト合格組から9人が通過 ※クラブセッティングは取材時のもので、変更されている場合があります こちらもチェック!