Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【女子プロ飛ばしの秘密】葭葉ルミ「雑巾を絞るイメージで“上半身”をしっかりねじっています」

【女子プロ飛ばしの秘密】葭葉ルミ「雑巾を絞るイメージで“上半身”をしっかりねじっています」

17、18年と2季連続でドライビングディスタンス1位を獲得し、昨季も平均250Y超飛ばした葭葉ルミ。いったいどのようにして飛ばしているのか。意識しているポイントを聞いてみた。

PHOTO/Tadashi Anezaki THANKS/明治安田生命レディス ヨコハマタイヤ

葭葉ルミ
1993年3月12日生まれ。身長162㎝。2012年プロテスト合格。ツアー通算1勝。2020-21年ドライビングディスタンス8位(250.03Y)

トップまで左ひざは動かさないこと

GD 飛ばすために意識していることは?

葭葉 重視するのは捻転を大きくすることです。イメージでいうなら「雑巾を絞ったときのような形」です。捻転ができれば、ヘッドスピードは自然に速くなります。

GD 捻転を大きくするには、どうすればいいのですか?


葭葉 あくまで私の意識ですが、下半身よりも上半身をしっかり回すことです。下半身まで一緒に動いてしまうと雑巾のようなねじれは作れません。そこでポイントになるのが左ひざです。トップまで左ひざはあまり動かさないようにすること(実際には動く)。そして上半身はアドレスの右肩の位置に左肩を持っていくようにして回転させます。この2つで大きな捻転を作っています。ただ捻転を作るにはフィジカルも不可欠です。ランニングや体幹トレーニングなどは、できるだけやるようにしています。

GD 弾道計測によるデータでは、どんな項目を重視しますか?

葭葉 飛距離で考えるならボール初速とヘッドスピードです。どちらも上がれば、飛距離は確実に伸びます。ただ、ヘッドスピードが速くても芯に当たらなければ、ボール初速は出ません。だから両方のデータを必ずチェックしています。体の軸がブレると打点や出球の高さが変わりますから、あまり動きすぎず、軸を安定させたまま、振り抜くようにしています。あとはスピン量です。目安は2000rpm。スピン量が適正でないと飛距離のロスは大きいですから。

GD スウィングにおける技術的なポイントはありますか?

葭葉 ドライバーはアッパー軌道が基本ですが、アッパーになりすぎるとフェースが開いてスピン量が増えます。ですから、左下に向かってボールを投げるようにヘッドを振り抜くイメージを持っています。そもそもドライバーのボール位置は左ですし、ティーアップが高いので自然にアッパー軌道で打てます。アッパースウィングになりすぎないよう、できるだけ低く長くヘッドを出していく意識があると強いボールが打てます。

Point 1
雑巾を絞るように捻転を大きくする

私のイメージでは下半身はどっしりさせ、上半身をしっかり回す意識です。下半身が動きすぎるとスウィング軌道まで変わってしまうため、打点のブレ、出球の高さなどが安定せず、効率よく飛ばせません

Point 2
低く長く振り抜いていく

飛ばそうと思うほど、アッパー軌道になりやすいですが、アッパーが強くなると力は逃げてしまいます。左下にヘッドを叩きつけるようなイメージで振り抜くと、力が乗った強い球が出ます

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月12日号より

こちらもチェック!

  • 渋野日向子、勝みなみ、原英莉花らと同じ黄金世代の山路晶は、昨季のドライビングディスタンスは250.61Yで7位と次世代の飛ばし屋として注目される選手だ。そんな彼女の飛ばしのコツとは? PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa THANKS/ダイキンオーキッドレディス、明治安田生命レディス ヨコハマタイヤ 山路晶1998年9月10日生まれ。身長166㎝。2019年プロテスト合格。ツアー未勝利。2020-21年ドライビングディスタンス7位(250.61Y) “地面の力”をフル活用 GD 飛距離について、どんなことを考えていますか?山路 ジュニアのときから飛んでいたのですが、今でも「もっと飛ばしたい」という気持ちは強いです。単純ですけど、ゴルフ=飛距離、みたいな感覚があるんです。GD 今年はどのくらい飛ばしたいですか?山路 目標はキャリーで255~260Yです。そのためにフィジカルトレーニングもしてきましたし、GC4(弾道計測器)を買って弾道データもチェックしています。ヘッドスピードよりボール初速を上げる(ミート率をよくする)ことがテーマで、新しいドライバー(テーラーメイド・ステルスプラス)に替えて初速が上がりました。昨季に球筋をフェードに変えたことで、曲がり幅が少なくなったから、もっともっと飛距離を伸ばせるかなと思っています。 この記事は会員限定です続きを読むには会員登録が必要です GD 飛ばすときの技術的なポイントはありますか?山路 地面反力じゃないですけど、下(地面)の力を最大限に使う意識はあります。ただ、インパクトに向けてジャンプするような感じでもないんです。感覚としては、左足は真下へ押し込み、右足は蹴るようなイメージです。以前は右から左へという体重移動を使っていましたが、今は1軸のイメージで体を回しています。ただ、軸はココというような固定する意識もありません。GD スリムな体型ですし、トップもあまり深くないですが、どうして飛ぶのでしょうか?山路 自分でもよくわかりません。ただ、学生時代、水泳でジュニアオリンピックを目指していたので、体の柔軟性や体幹の強さは大きく影響しているかもしれません。スウィングしているときも腕を使うという感覚がまったくないんです。体幹でボールを押し込むような感覚に近いですね。GD 飛距離のアドバンテージは大きいですか?山路 ドライバーが飛ぶとアイアンが高弾道で打てます。そうするとグリーンでボールを止めやすくなります。これは自分にとっても大きな武器です。飛べば当然、曲がり幅は大きくなりますが、曲がるのは仕方がないこと。もっと飛ばしたい、その思いだけでゴルフは楽しめますから。 【Point 1】体重移動は一切意識していない以前は下半身を使って体重移動をしていましたが、今は一切していません。体幹を使ってボールを飛ばす、そのイメージだけです。実は軸もあまり考えていないんです。固定すると動きが窮屈になるからです 【Point 2】肩と股関節の柔軟性が大事水泳は平泳ぎがメインでしたが、メドレーまで全種目やりました。そのおかげか、体の柔軟性は今も維持できています。とくに大事なのが肩関節(肩甲骨)と股関節です。股割や肩のストレッチは毎日やっています 柔軟性の高さを見せてくれた山路。「体幹を使う水泳がゴルフの飛距離アップに生かされています」 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月12日号より こちらもチェック!
  • 渋野日向子の専属トレーナーを務める斎藤大介氏の連載「らくトレ、ゆるスト」からオススメのメニューをピックアップ。今回は、飛距離アップとブレない軸を手に入れるために重要な“下半身”を強化するためのエクササイズを5つご紹介! こちらもチェック!
  • 注目女子プロのスウィングを豪華解説陣が徹底分析。一般ゴルファーと変わらないヘッドスピードにもかかわらず、なぜ平均240~250Yも飛ばせるのか。飛距離アップのヒントが満載! 今回は、植竹希望、渋野日向子、古江彩佳、三ヶ島かな、大里桃子の5人をピックアップ! 植竹希望 渋野日向子 古江彩佳 三ヶ島かな 大里桃子 こちらもチェック!
  • ゴルフにまつわるさまざまな問題に関し、読者や識者に率直な意見をぶつけてもらう連載「山を動かす」。今回は、百花繚乱の女子プロたちの中で、あなたが“推す”のはどのプロか聞いてみた ●僕のイチ推しは1人じゃありません(笑)。昨年のマネーランク1~3位の稲見萌寧、古江彩佳、小祝さくらです。3人に共通すると思うのですが、飛距離は出ないが、アイアンの確かさ、ソリッド感は抜群。タイガー・ウッズのような“今風”のスウィングでなく、昔の杉原輝雄を彷彿とさせる職人ワザが渋い。喜怒哀楽を表に出さないが、稲見は眼光鋭く、小祝はニヤリと笑って人を斬る、古江はいたって平常心で簡単に勝ってしまう……。玄人好みがしますね。稲見のひじの抜き方、小祝のレベルターン・スウィングは必見です。そのほか、見ていて面白いのは飛ばし屋である原英莉花、西郷真央、渡邉彩香ですが、1年コンスタントに成績を残すのは稲見ら3人娘だと思います。古江はアメリカですがね。“穴”を挙げるなら植竹希望。ダウンでのクラブの“溜まり”はすごい。ヘッドスピードが速いのは正確性と裏表、諸刃の剣ですが、あそこまでクラブを引きつけられるのは稀有ですね。“トイチ”こと戸田藤一郎のクラブの溜まりを思い出させます。昨年は2位が最高でしたが、初勝利すると大化けする可能性があると感じます。(タケ小山/プロゴルファー、テレビ解説者)●青木瀬令奈は、女子ツアーのリーダー。コメントもしっかりしているし、SNSでの発信もうまい。友人の結婚式で本気の余興をやっている様子も良かった。部下にしたいタイプだけど、すぐ追い抜かれそう(笑)。(40代男性・東京都)●岩井姉妹! 明愛プロと千怜プロの見分けも余裕です。イケメンの弟さんもジュニアゴルファーとして有名で、もう岩井家推し!(50代男性・埼玉県)●ジャンボさんのところにいる西郷真央です。このところの報道などを見ていると、気持ちが入ったオフを過ごしていたようです。いいほうに転がると、ひょっとして稲見萌寧みたいになるかもしれません。日本ではちょっと上位に行くと海外に行かなきゃいけないような風潮がありますけど、稲見などは「日本でやる」と“芯”のようなものがある気がします。西郷にもそういう芯のようなものを感じます。芯がある、気持ちが入っている、これが大事です。あとは、横峯さくらにも注目しています。出産した女子プロが活躍できる時代になってほしいという期待を込めて注目します。(水巻善典/プロゴルファー)●今年も勝(みなみ)VS せごどん(西郷真央)の対決に期待。鹿児島出身なので、その名前が連呼されていると、つい注目してしまう。鹿児島県民は西郷隆盛が大好きだけど、実際に鹿児島出身なのは勝みなみなんだよなあ。(50代男性・神奈川県) PHOTO/Hiroaki Arihara ●佐藤心結ですね。昨年のスタンレーレディスのプレーオフでの会心のショットがピンを直撃して、劇的な負け方をしたのが印象に残って気になっています。あれからプロテストに合格しQTも上位に入っていますから、コンスタントに試合にも出られるはずです。飛距離もあるし、スキルも高い選手ですが、三觜(喜一/プロコーチ)一門というところにも注目しています。(永井延宏/ゴルフコーチ)●小祝さくらがうちの息子の妻になってくれたらいいのにと想像してしまう。稼ぎは息子の数倍……いや、もっとか(笑)。現代っ子なのに昭和の雰囲気があるのもよし。(50代男性・埼玉県)●いつでもどこでも、しぶこに夢中! うるさい外野は放っておいてアメリカでのびのびプレーしてほしい。大舞台に強いのも魅力。全英女子も楽しみです。(40代男性・岡山県)●やっぱり稲見萌寧。だって圧倒的に強いから。技術はもちろんメンタルの強さが顔に出ている。試合中継で音声が入ると、優勝争いをしていても同組のプロと平気で話したりしていて、ほーっと思う。時代は変わったなあと思わせてくれる選手。(50代男性・東京都)●アメリカに行っちゃいましたが、それでも古江彩佳推し。浜崎あゆみ好きと聞きましたが、私と同じ。年は親子ほど違うけど(笑)。(40代女性・兵庫県)●森田遥はアディダスのビジュアルを見て、ビビッときた。スタイルが良くて外国人モデルみたい。インスタもチェックしていますが、ときどき出てくる愛犬・ゼロ君もかっこよくて、インスタ登場を楽しみにしています。(40代女性・神奈川県)●たくさんいすぎて挙げるのが難しいんですが……。まず、ずーっと応援している山村彩恵プロ。彼女がもがき苦しんでいて、それでもあきらめない様子を見ているので、絶対応援します。そして、同じ熊本出身の上田桃子プロももちろんです。今の女子ツアーではベテランですが「やれるっしょ」みたいにサラーッと、若い選手と同じ舞台でバチバチするところ、最高です。あと、おしゃれ番長っぷりもいい。結婚されたので“ミセス初V”も見たいですね。そして、ツアーを引っ張る存在になるのではないかと思うのが西村優菜プロ。以前「褒めてくれるキャディは苦手」というふうに言っていたのを聞いて「おおっ」と思いました。褒められたいと思う人が多いはずなのに。昨季4勝ですから、今年はそれ以上……となると女王争いに絡んでくるのでは。彼女が飛距離をほかの技術でどう補うか、見ものですよ。西郷真央プロも開幕戦で勝ったことで、とんとんと複数回優勝することも大いにあり得ると思います。高橋彩華プロは、最終日最終組からのV逸を何度も見ているので、彼女がその壁をどう乗り越えるかを見てみたいですね。(黒田カントリークラブ/ゴルフタレント) 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月22日号より みなさまからのご意見、お待ちしています! 投稿フォームはこちらから こちらもチェック!
  • 閉幕から1カ月が経ち、いまだ興奮冷めやらぬ東京五輪。なかでも稲見萌寧の銀メダル獲得で大いに盛り上がった女子ゴルフでは、世界の猛者たちが300Yに迫る驚きの飛距離を連発。彼女たちはいったいなぜあれほど飛ばせるのか。世界を知る青木翔コーチにその秘密を解説してもらった! PHOTO/KJR、Tadashi Anezaki THANKS/パインレークGC 解説/青木翔 あおきしょう。1983年生まれ。全英女子オープンで渋野日向子をメジャー優勝へ導き、亀代順哉や三ヶ島かな、野澤真央などツアープロをはじめ、全国トップレベルのジュニアを育成するカリスマコーチ。2020レッスン・オブ・ザ・イヤー受賞 飛ばせる女子の秘密1深いトップ USLPGAのドライビングディスタンスでトップ10(274ヤード以上)に入る選手が9名も出場していた東京五輪。米女子ツアーの現場で彼女たちのスウィングを見てきた青木翔コーチに話を聞くと、彼女たちの飛びの秘密は大きく分けて3つあるという。その1つ目が“トップでの捻転の深さ”だ。 「レキシー・トンプソンの肩甲骨周りを見てください。左肩の皮膚は伸びて、右肩甲骨が背骨側に寄ることでシワができていますよね。これは肩甲骨の可動域が広いことを意味していますが、体の捻転もないと作ることはできません。すなわち、パワーの溜まったトップが作れている証拠です。これを可能にしているのが、テークバックでの重心移動を右足かかとと右尻で受け止めること。これにより、体の捻転でクラブを振り上げられ、手打ちにならないので、溜まったパワーを効率よくボールに伝えられるのです」 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です Point 1右尻と右かかとで体重を受け止める かつてはトップで右腰や右尻を動かさないように壁を作ってパワーを溜めるというレッスンがあったが、それでは上半身と下半身の捻転差が生まれないと青木コーチ。右足かかとに重心を乗せ、右尻を後方に突き出すイメージで体を回転する Point 2テークバックは右足首からネジり上げる 体をねじり上げるとき、右足首から上半身に向かって体を回転していくと、トップで肩甲骨がしっかり入った深くゆるみのないトップが作れる。肩から動くと下半身が止まり上下の捻転差が生まれない レキシー・トンプソンの1Wスウィング 飛ばせる女子の秘密2左股関節で体重を受け止め高速回転 マリア・ファッシ(メキシコ代表) 平均飛距離: 278Y1998年生まれの23歳。アーカンソー大学時代に数々のタイトルを獲得して2019年プロ転向。体幹の強さを生かした飛距離を武器にメジャーを狙える逸材として注目されている 青木コーチが飛びの秘密として挙げた2つ目は、切り返しからの回転力だ。その動きがとくに優れているのが、メキシコ代表のマリア・ファッシだという。「よく切り返しで左足を踏み込む、という言い方をしますが、彼女を見ていると、左股関節に重心を乗せることで、“左脚全体”を使って踏み込んでいるように見えるのです。左足よりも、左脚全体という太い幹のほうが、トップで溜めたパワーを逃がすことなく受け止められるので、強い回転力に変換され飛距離につながるのです」以前、彼女自身に飛距離の秘密について聞いたときも「腹筋や太ももに力を入れて回転スピードを上げている」と、青木コーチと同じことを話していた。 Point 1切り返しで左股関節に重心を乗せる 切り返しでの体重移動を左股関節で受け止める。これにより、左脚全体に重心を乗せる感覚が強く出やすくなるという Point 2左尻でクラブを引っぱり下ろす 左尻を背面側へ動かしクラブを引っぱり下ろす。これにより、前傾角度を保ったままインパクトでき、さらに手元も浮かないため、強いインパクトが可能になり飛距離につながるという マリア・ファッシの1Wスウィング 飛ばせる女子の秘密3ヘッドと右足が引っ張り合う ビアンカ・パグダンガナン(フィリピン代表) 平均飛距離: 285Y1997年生まれの23歳。アリゾナ州立大学を卒業後、2020年にプロ転向。まだ目立った成績はないが、米女子ツアーのドライビングディスタンス2位と、最も注目を集めている選手のひとり 飛ぶ秘密の3つ目は、フォローでの「ヘッドと右足の引っぱり合い」だという。「飛ぶ選手は、インパクトまでに溜めたパワーをすべてボールにぶつけ、フォローでさらにヘッドを加速させることができています。それを可能にしているのが、グリップエンド側をしっかり握ることで運動エネルギーの支点を作ること。もうひとつは、左脚全体で踏み込んだあとにジャンプするのではなく、左足首からねじり上げる点。これにより上体が起き上がらず、右足が地面を踏ん張る動きが出てくるので、フォローでヘッドと右足の引っぱり合いが起こり、ヘッドを加速させることができるのです」 Point 1グリップエンド側をしっかり握る フォローでヘッドを走らせるには、グリップエンド側の左手の3本の指をしっかり握っておくことが重要。これにより力点(ヘッド)に対する支点ができるため、ヘッドを走らせやすくなる Point 2左足は伸ばさず足首からねじり上げる ダウンで左脚全体に踏み込んだあと、インパクトで上方へ飛ぶのではなく、左足首からねじり上げるように回転すると、フォローまで前傾角度が保たれ、ヘッドと右足が引き合いフォローでさらに加速する ビアンカ・パグダンガナンの1Wスウィング 飛距離アップの練習法素振りに勝るものはなし! スウィングの構造を知ることで、飛距離アップにつながるとはいうが、本当に飛ばしたいなら絶対にやらないといけないことがあると青木コーチは言う。それが“素振り”だ。「飛ばすには、結局のところクラブをどれだけ速く振れるかが重要です。だから振る練習、つまり“素振り”は地味ですが最強の飛ばしの練習法なんです。特に連続素振りは効果的です。かなり疲れますが、ヘッドを走らせる脱力のタイミングとヘッドの加速感を習得するには最適です。飛距離アップのためにぜひ試してください」 Drill 1連続素振り //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} 休みなく連続して20回ほど振り続けると、無駄な力が抜け、ヘッドを走らせる感覚がつかめてくる Drill 2切り返しドリル //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} トップの姿勢からハーフウェイダウンまでを2度繰り返し、最後にスウィング。左股関節に体重を乗せながら踏み込んでいく感覚をつかむ 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月28日号より こちらもチェック!