Myゴルフダイジェスト

「部下にしたい」「息子の妻に…」百花繚乱! 女子ツアー、あなたの“推し”はどの選手?【山を動かす】

ゴルフにまつわるさまざまな問題に関し、読者や識者に率直な意見をぶつけてもらう連載「山を動かす」。今回は、百花繚乱の女子プロたちの中で、あなたが“推す”のはどのプロか聞いてみた

●僕のイチ推しは1人じゃありません(笑)。昨年のマネーランク1~3位の稲見萌寧古江彩佳小祝さくらです。3人に共通すると思うのですが、飛距離は出ないが、アイアンの確かさ、ソリッド感は抜群。タイガー・ウッズのような“今風”のスウィングでなく、昔の杉原輝雄を彷彿とさせる職人ワザが渋い。喜怒哀楽を表に出さないが、稲見は眼光鋭く、小祝はニヤリと笑って人を斬る、古江はいたって平常心で簡単に勝ってしまう……。玄人好みがしますね。稲見のひじの抜き方、小祝のレベルターン・スウィングは必見です。そのほか、見ていて面白いのは飛ばし屋である原英莉花西郷真央渡邉彩香ですが、1年コンスタントに成績を残すのは稲見ら3人娘だと思います。古江はアメリカですがね。“穴”を挙げるなら植竹希望。ダウンでのクラブの“溜まり”はすごい。ヘッドスピードが速いのは正確性と裏表、諸刃の剣ですが、あそこまでクラブを引きつけられるのは稀有ですね。“トイチ”こと戸田藤一郎のクラブの溜まりを思い出させます。昨年は2位が最高でしたが、初勝利すると大化けする可能性があると感じます。(タケ小山/プロゴルファー、テレビ解説者)

青木瀬令奈は、女子ツアーのリーダー。コメントもしっかりしているし、SNSでの発信もうまい。友人の結婚式で本気の余興をやっている様子も良かった。部下にしたいタイプだけど、すぐ追い抜かれそう(笑)。(40代男性・東京都)

岩井姉妹! 明愛プロと千怜プロの見分けも余裕です。イケメンの弟さんもジュニアゴルファーとして有名で、もう岩井家推し!(50代男性・埼玉県)

●ジャンボさんのところにいる西郷真央です。このところの報道などを見ていると、気持ちが入ったオフを過ごしていたようです。いいほうに転がると、ひょっとして稲見萌寧みたいになるかもしれません。日本ではちょっと上位に行くと海外に行かなきゃいけないような風潮がありますけど、稲見などは「日本でやる」と“芯”のようなものがある気がします。西郷にもそういう芯のようなものを感じます。芯がある、気持ちが入っている、これが大事です。あとは、横峯さくらにも注目しています。出産した女子プロが活躍できる時代になってほしいという期待を込めて注目します。(水巻善典/プロゴルファー)

●今年も勝(みなみ)VS せごどん(西郷真央)の対決に期待。鹿児島出身なので、その名前が連呼されていると、つい注目してしまう。鹿児島県民は西郷隆盛が大好きだけど、実際に鹿児島出身なのは勝みなみなんだよなあ。(50代男性・神奈川県)

PHOTO/Hiroaki Arihara

佐藤心結ですね。昨年のスタンレーレディスのプレーオフでの会心のショットがピンを直撃して、劇的な負け方をしたのが印象に残って気になっています。あれからプロテストに合格しQTも上位に入っていますから、コンスタントに試合にも出られるはずです。飛距離もあるし、スキルも高い選手ですが、三觜(喜一/プロコーチ)一門というところにも注目しています。(永井延宏/ゴルフコーチ)

小祝さくらがうちの息子の妻になってくれたらいいのにと想像してしまう。稼ぎは息子の数倍……いや、もっとか(笑)。現代っ子なのに昭和の雰囲気があるのもよし。(50代男性・埼玉県)

●いつでもどこでも、しぶこに夢中! うるさい外野は放っておいてアメリカでのびのびプレーしてほしい。大舞台に強いのも魅力。全英女子も楽しみです。(40代男性・岡山県)

●やっぱり稲見萌寧。だって圧倒的に強いから。技術はもちろんメンタルの強さが顔に出ている。試合中継で音声が入ると、優勝争いをしていても同組のプロと平気で話したりしていて、ほーっと思う。時代は変わったなあと思わせてくれる選手。(50代男性・東京都)

●アメリカに行っちゃいましたが、それでも古江彩佳推し。浜崎あゆみ好きと聞きましたが、私と同じ。年は親子ほど違うけど(笑)。(40代女性・兵庫県)

森田遥はアディダスのビジュアルを見て、ビビッときた。スタイルが良くて外国人モデルみたい。インスタもチェックしていますが、ときどき出てくる愛犬・ゼロ君もかっこよくて、インスタ登場を楽しみにしています。(40代女性・神奈川県)

●たくさんいすぎて挙げるのが難しいんですが……。まず、ずーっと応援している山村彩恵プロ。彼女がもがき苦しんでいて、それでもあきらめない様子を見ているので、絶対応援します。そして、同じ熊本出身の上田桃子プロももちろんです。今の女子ツアーではベテランですが「やれるっしょ」みたいにサラーッと、若い選手と同じ舞台でバチバチするところ、最高です。あと、おしゃれ番長っぷりもいい。結婚されたので“ミセス初V”も見たいですね。そして、ツアーを引っ張る存在になるのではないかと思うのが西村優菜プロ。以前「褒めてくれるキャディは苦手」というふうに言っていたのを聞いて「おおっ」と思いました。褒められたいと思う人が多いはずなのに。昨季4勝ですから、今年はそれ以上……となると女王争いに絡んでくるのでは。彼女が飛距離をほかの技術でどう補うか、見ものですよ。西郷真央プロも開幕戦で勝ったことで、とんとんと複数回優勝することも大いにあり得ると思います。高橋彩華プロは、最終日最終組からのV逸を何度も見ているので、彼女がその壁をどう乗り越えるかを見てみたいですね。(黒田カントリークラブ/ゴルフタレント)

週刊ゴルフダイジェスト2022年3月22日号より

みなさまからのご意見お待ちしています!

こちらもチェック!

  • 華やかに見える女子ツアーだが、シードを獲得し、トップで活躍できる選手はほんの一握り。次々と若い世代が登場し、シードを維持することも容易ではない。戦国時代さながらの女子ツアーを生き残るため、笑顔の裏で、人知れず悩み、努力を重ね、必死で戦い続けている。そんな女子プロたちの心の内に迫ってみた。 渋谷の街を颯爽と歩く柏原明日架(PHOTO/Takanori Miki) 実はショットに苦しんでいた?小祝さくらが語った昨シーズン 毎週負けたくない!稲見萌寧のメンタリティ プロ入り18年目でも「全然飽きない」進化を止めない上田桃子 「やらされる」から「自らやる」に新生! 柏原明日架 笠りつ子どん底からの再出発 「忘れられたくない」堀琴音、初優勝までの苦闘 諸見里しのぶ第二のゴルフ人生 「まだまだこれから」三ヶ島かなの目指す場所 米ツアー参戦10年目上原彩子の驚くべき「順応性」 「ミスをしても悔やまなくなった」大里桃子の“成長”
  • 今季から女子ツアーで距離測定器の使用が認められるようになった。開幕戦のダイキンオーキッドレディスではさっそくキャディが距離計を使用する場面が見られたが、「距離計には頼らない」というキャディも少なくなかった。 PHOTO/Hiroyuki Okazawa JLPGA(日本女子プロゴルフ協会)では、今シーズン開幕前の1月31日に「2022JLPGAローカルルールおよび競技の条件」の一部変更を発表した。変更点は2つで、ひとつは46インチを超える長さのクラブの使用禁止(パターを除く)。そしてもうひとつが、これまで禁止されていた、トーナメントでの距離計測器の使用を認めることだ(いずれも日本女子オープン、TOTOジャパンクラシックを除く)。米国では昨年、PGA・オブ・アメリカ(米国プロゴルフ協会)が主催する「全米プロ」「全米プロシニア」「全米女子プロ」での距離計測器の使用を解禁していたが、JLPGAもこの動きに追随した形だ。開幕戦の「ダイキンオーキッドレディス」から距離計測器が解禁されたのだが、大会に選手とともに出場したキャディに、このルール変更について聞いてみると、意外にも“使わない派”が多かった。その主な理由は、「歩測」に対する信頼感の高さ、そして距離計と歩測の数字に差が出たときに、それが迷いを生むということだ。またプレー時間の短縮についても、歩測をやめない限りは作業が増えるだけで効果は薄いとする意見もあった。まだ試行錯誤の段階のようだ。 「使う派」の意見 「歩測と併用して確認しています」(西村優菜のキャディ・小谷健太氏) 「パー3や、パー4の2打目、パー5の3打目で使います。練習日に歩測と距離計の感覚を合わせ試合で活用。選手にというより自分に対する確認の意味が強いです」 「完全に距離計だけは難しい」(青木瀬令奈のキャディ・大西翔太氏) 「距離の確認の意味で使いますね。昨年までのリズムがあるので、歩測は必ずします。今後は距離計だけになるかもしれませんが、少し時間がかかると思います」 「歩測が合っているか確認して、今後に生かします」(木村彩子のキャディ・岡本史郎氏)「使っていますが、あくまで確認のため。徐々に慣れていけばと思っていますが、現段階では歩測との誤差は1ヤード程度。使っていくことで信用できるようになると思います」 「使わない派」の意見 「距離計に頼るようにはなりたくない」(河本結のキャディ・清水重憲氏) 「できるだけ使わない。機械に依存したくないし歩測との誤差があったときに信頼できなくなる。歩測は続けるので、やることが増えてプレーが遅くなる可能性も」 「今のところ歩測で十分だと思っています」(林菜乃子のキャディ・栗永遼氏) 「今まで歩測でやってきたし、そもそも距離計を信用してない。距離計と歩測の数字が違ったら自信がなくなるし(笑)。迷う要素があるなら使わないほうがいいかな」 「イレギュラーな場合のみ使うと思います」(小祝さくらのキャディ・小畑貴宏氏)「通常は使わないですね。ただ、ティーが前に出たときや、林に打ち込んでしまったときなど、イレギュラーな場合は使うことがあるかもしれません」 「基本的には歩測で対応しています」(原英莉花のキャディ・塚本岳氏)「基本は使わないです。選手から『測って』と言われれば使いますが、今まで歩測でやってきているので、あえて計測器を使う必要はないかなと思っています」 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月22日号より こちらもチェック!
  • 開幕直前、昨シーズンの賞金女王・稲見萌寧が都内で記者会見し、楽天グループと所属契約を結んだと発表。昨年4月からスポンサー契約を結んでいたが、所属契約になったことで7月の楽天スーパーレディースには所属プロとして参戦する。ところでこの「スポンサー契約」と「所属契約」ってどう違うの? 企業が所属契約を交わす理由とは? 女子プロの契約事情を掘り下げた。 「所属契約」とは……企業の広告塔になる代わりに、契約料を貰うのが「スポンサー」。「所属契約」とは、その延長にあり、わかりやすくいえば、その会社の契約社員のような関係。スポンサーは単年契約が多いが、所属契約は3年以上の長期になることも。試合のスタートホールで名前とともに所属先が読み上げられ、新聞やテレビなど、メディアに登場する際にも表記される。 スポンサー契約から所属契約に 楽天初の“所属”プロゴルファーとなった稲見萌寧。「世界的な企業の一員になれてうれしいけど、イニエスタさんや田中マー君に比べると私は名前が小さい。楽天の名に恥じないように、目立つ活躍がしたい」と会見で語った。スポンサー契約にも「ユンケル」で知られる「佐藤製薬」が新たに加わり、スポンサー企業は10社となった。所属先が大企業であればあるほど関連企業も多く、広告塔となる「スポンサー契約」に制限が出ることを避けるため、あえて「所属フリー」を選ぶ選手もいる。 会見で三木谷会長はスケジュールやタイミングが合えば宮城での試合の際には始球式なども考えたいと発表。気になる契約金は非公表 ■楽天グループ●1997年創業 ●資本金2059億2400万円(2020年12月31日)●連結売上収益1兆6817億5700万円(2021年度)●従業員数:連結2万3841名(2020年12月31日)インターネット関連サービスを中心に、ゴルフ場予約やギア購入ができる「楽天GORA」も運営。プロ野球の楽天イーグルス、Jリーグのヴィッセル神戸などを所有し、国内外のスポーツでスポンサーを務めている 昨年までの所属は「都築電気」「所属先の役目は終えましたが引き続きサポートしていきます」「楽天グループさんはスポーツでも世界的に有名で、稲見選手が次のステップに行くのに最適ではないかと思います。弊社も変わらず、稲見選手を応援していきます」(都築電気・広報) 西郷真央は3月から「島津製作所」所属 昨シーズン、未勝利ながら賞金ランク4位と大活躍した西郷真央。この3月から「島津製作所」への所属が決まった。「島津」「西郷」と聞くと、どうしても薩摩藩が連想されるが、その縁での所属契約なのか?「創業者の家系が薩摩のお殿様から名前を頂いただけで、薩摩藩や島津家とは直接関係ありません」と広報担当者。偶然とはいえ、実に納得の組み合わせだ。 島津製作所社長上田輝久氏と西郷真央 社内にゴルフ部があり、企業対抗にも出場するなどゴルフが盛んな島津製作所。スポンサードできる若い選手を探していたところ西郷真央に出会い、昨年4月からスポンサーになっていたが、3月から所属契約に。「おかげさまで、多くの方から『見たよ』と言っていただき、とくにトップ同士や営業現場でのコミュニケーションツールとしての役割が大きいことを実感しました。弊社は日本各地だけでなく、海外にも関連会社があるので、海外志向の強い西郷選手と『共に世界に』と思っています。よく何をやっているかわからない『謎の会社』と言われますが、西郷選手を通してもっと世間の方に認知していただけるようになると考えています」(コーポレート・コミュニケーション部 榎本さん) ■島津製作所●1875年創業 ●資本金約266億円 ●連結売上高3935億円(2020年度) ●グループ従業員数1万3308万円分析器や計測機器を中心に、医用機器や航空機器などを製造する世界的メーカー。1909年に日本で初めてレントゲンを作ったのも島津製作所。分析器や計測機器はクラブ開発の現場でも使用されるなど、実はゴルフとも関係が深い 【所属先がツアーの主催者や特別協賛】この試合で勝ちたい! シード選手53名のうち、所属企業が主催者や特別協賛になっている選手も多く、スポンサー企業となると、数はさらに増える。企業の名前を背負って出場する試合は、他の大会よりも勝ちたい気持ちが強くなるだろう。 3月明治安田生命レディスヨコハマタイヤ勝みなみ明治安田生命所属6月宮里藍サントリーレディスオープン渋野日向子サントリー所属7月大東建託・いい部屋ネットレディス渡邉彩香大東建託所属7月ニトリレディス小祝さくら、岡山絵里、永峰咲希ニトリ所属9月ゴルフ5レディス穴井詩ゴルフ5所属9月住友生命Vitalityレディス東海クラシック西村優菜住友生命所属10月富士通レディース古江彩佳、柏原明日架富士通所属11月伊藤園レディス大里桃子、濱田茉優伊藤園所属 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月15日号より
  • 昨シーズン、最後まで賞金女王争いを演じた小祝さくら。プロ入り5年、確実に成長しつづけてきた。ちょっぴり天然、でもショットはキレる――。そんなさくらは2022年の開幕戦を、ディフェンディングチャンピオンとして、さらには賞金女王有力候補のひとりとして迎える。 PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Tadashi Anezaki 小祝さくら1998年4月15日生まれ、北海道北広島市出身。8歳でゴルフを始め、17年プロテスト合格。18年LPGA新人賞を獲得。20-21シーズンはツアー5勝を挙げ、最後まで賞金女王争いを演じた。ツアー通算6勝 「昨年はあっという間に1年が終わりました。思っていたよりも前半にすごくいい成績を出すことができましたが、そのぶん後半が思い通りにはいかなかった。今でも、もう少しあんなふうにできたかなというのはありますが、思い通りにいかないのがゴルフですから、そこは仕方がないですね」小祝さくらが20-21シーズンに出場した国内の試合は「52」。20年が14試合、21年が38試合。1度も休んでいない。それでも予選落ちは5回だけだ。「皆にも途中から調子が悪くなったのは疲れのせいじゃない? と言われましたが、全然疲れはなくて……。ただ、スウィングやゴルフ自体が悪くなっていったんです」昨年のオフ、パットを課題として挙げていた小祝だが、「昨年はパターで頑張ってカバーできました。パターが悪かったら大変なことになっていた。それくらいショットが悪かった」という。確かにパッティングの数値は上がっている。「ずっと悩んでいたパットが昨年途中からいい感覚になって。ライン読みがすごくよくなったんです」パットの転がりやライン読みを課題とし、同じ場所から3球続けて打つのではなく、1球ずつフック、スライスと違うラインの場所に動いて打つ練習などをしていた小祝。その努力が結果として出たのだろう。 小祝さくらの20-21シーズン主な成績●獲得賞金/2億42万3583円(3位) ●平均ストローク/70.7573(3位) ●パーオン率/71.7295%(14位) ●フェアウェイキープ率/64.703%(58位) ●平均パット数(パーオンホール)/1.7874(8位) ●ドライビングディスタンス/240.99Y(19位)トップ10入りは19回と安定感抜群の小祝だが、積極的なゴルフも持ち味。イーグル数12個で2位、バーディ数は577個で1位 しかし、得意のショットが悪くなっていったこともまた、数値に表れている。フェアウェイキープ率の悪さに関しても、「後半戦のショットの乱れです。スウィング自体、前半と全然違っていた。動画を見てチェックしてもどこを直していいかわからなくて、いろいろ頑張ってやっても上手くいかず……」。それでも、賞金女王争いに最後までくい込んだ。「そうですね。最終戦のリコーカップがよかったのも救いです」 >>後編へつづく 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月15日号より こちらもチェック!
  • 上田桃子は今、とても充実しているように見える。20-21年シーズンは1勝を挙げ、賞金ランクは9位。プライベートでは「結婚」という節目を迎えた。そんな上田が今感じる「オンとオフ」とは――写真や言葉で表現してもらった。 PHOTO/Takanori Miki アメリカ挑戦から帰国後、ここ5年くらいで、上手に休みを取ることがゴルフにもいい影響を与えることに気づいたという上田。「アメリカに行くまではゴルフが自分の中心でしたが、まず人生が自分の中心にあり、そこに続く各部屋のなかのひとつにゴルフがあり、プライベートもあることがわかった。昨年は結婚でプライベートの部屋が充実したり、スウィングの変化を楽しむことでゴルフの部屋が充実したり、私にとって大きな部屋である家族の時間も充実していました。アメリカ挑戦でゴルフの結果は出ませんでしたが、価値観や人生観が変わる時間だったのでムダではなかったと今は本当に思えます」 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 今回、「オンとオフ」の上田桃子を意識して表紙などを撮影した。「プロゴルファーって、頭の中からゴルフがなくなる瞬間があまりない。それがブレーキになることもあればアクセルに変わることもある。なるべくゴルフにプラスになるようにプライベートを過ごしたいんです。たとえば旅行先で『皆、今頃練習してるんだろうな』と思えば、せっかくの時間が焦りの感情を生んでしまう。遊ぶと決めたときは全力で遊ぶようにすることを心がけてからは『オンとオフ』のスイッチの切り替えは自然とできるようになりました」 お洒落な上田。「オフ」バージョンは私服で。より柔らかな表情になる。「大丈夫ですか? 普通にしていても偉そうと言われるので(笑)」と撮影も全力で臨む。「人生に続くひとつひとつの部屋の充実が自分の幸せにつながるんです」 結婚して変わりましたか?「何も変わらないです。実感もない(笑)。でも、女子プロって年齢とともに結婚も出産も……と焦りみたいなものが出る。その部分では少し落ち着けたと思います」そして今現在もゴルフに対しては「飽きない」と笑う。「ゴルフって本当にやることが多いんです。24時間じゃ足りないくらい。ショットもアプローチもパットもやらなきゃいけない、トレーニングも、メンタル的な部分も考えなくちゃいけない。やることが多すぎるから、『今日はこれ』と絞って集中してやらないと。飽きを感じるような天才肌じゃなかったからよかったのかもしれない」桃子のオン・オフ。もう少し探っていこう。 >>後編はこちら 週刊ゴルフダイジェスト2022年2月8日号より こちらもチェック!
  • 昨年1月10日に入籍を報告したプロゴルファーの伊藤有志と大西葵。それからちょうど1年後の2022年1月10日(1.10=伊藤の日)に2人の結婚式が行われ、プロ仲間たちが新たな門出を祝福した。その席で青木瀬令奈と成田美寿々がやった「余興」がもはや余興の域を超えていると話題に! 仲良しの2人が“本気”で挑んだ余興の題目とは?(PHOTO/Tadashi Anezaki) かねてから大の宝塚歌劇ファンであることを公言し、同じく宝塚ファンの成田美寿々と「芝組」(宝塚歌劇には花・月・雪・星・宙の5つの組がある。2人がゴルファーということで「芝組」)を名乗っていた青木瀬令奈。その2人が大西葵の結婚式の余興で「芝組公演、トップお披露目公演、初舞台」を披露した。演じたのは「ロミオとジュリエット」の「バルコニー」を参考にした「有志と葵に捧げる脚立」。ロミオとジュリエットのバルコニーは、2人が愛を誓いあうシーン。歌詞の中のロミオとジュリエットを伊藤有志と大西葵の名前に替え、2人が愛を誓いあう余興として演じきった。結婚式の余興というと、クオリティは二の次。完成度の低さがかえって出席者の笑いを誘うというパターンが定番だが、芝組の2人は“全力”。青木の衣装は鮮やかなブルーのドレス、成田は同じ色の貴族の服にメイクは本物のタカラジェンヌ(宝塚歌劇団の団員女性の愛称)にアドバイスをもらうという本気ぶり。市販の化粧品を使い、毎日普段のメイクを落とす前に数十回もタカラジェンヌのメイクを練習したそう。青木のインスタグラムには「前夜も深夜過ぎまで立ち位置や歌詞に対する気持ちを作り込み、表情豊かにやろうと決意しました」と書いてあり、動画からもその本気度が伝わってくる。一見の価値ありだ。 https://www.instagram.com/p/CYlzhm0lrC-/ 青木瀬令奈 (@serenaaoki_official)の公式インスタグラム この投稿は大反響を呼び、コメント欄では「芝組トップスターの輝きがハンパ無い!」「ぜひDVDにしてほしいです」「最終日はヅカメイク(タカラジェンヌのメイクのこと)で」など称賛の嵐。青木は投稿の最後をこう締めている。「ps.芝組としてイベントに出演希望の関係各社様は個別に連絡ください。笑笑」。今年どこかのイベントで芝組公演が見られるかも!?