Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【スウィング研究SP】渋野日向子、古江彩佳、植竹希望…女子プロ編#2

【スウィング研究SP】渋野日向子、古江彩佳、植竹希望…女子プロ編#2

注目女子プロのスウィングを豪華解説陣が徹底分析。一般ゴルファーと変わらないヘッドスピードにもかかわらず、なぜ平均240~250Yも飛ばせるのか。飛距離アップのヒントが満載! 今回は、植竹希望、渋野日向子、古江彩佳、三ヶ島かな、大里桃子の5人をピックアップ!

植竹希望

  • 昨年ステップ・アップ・ツアーで優勝し、レギュラーツアーでも今季トップ10が7回と高いポテンシャルを発揮している植竹希望。高いショット力の秘密とは? PHOTO/Tadashi Anezaki、Shinji Osawa 植竹希望うえたけのぞみ。1998年生まれ。東京都出身。女子選手には極めて珍しいコンパクトなスウィングで、パーオン率は堂々の5位。日本女子プロ4位などの活躍で初シードを確実なものにした(※データは11月11日現在) 解説/吉田直樹幼少期からアメリカで過ごし、最新スウィングに詳しい。谷原秀人プロ、上井邦裕プロ、石川明日香プロのコーチを務める シンプルな動きのなかにアマのお手本が凝縮 身長170㎝の植竹希望プロのスウィングは、コンパクトなトップが特徴的です。トップの手の位置を見ると、まるでジョン・ラームのように極めて低い位置に収まっています。かつて、オーバースウィング気味の選手が多かった女子選手のなかでは、特筆もののコンパクトさです。 この記事は会員限定です続きを読むには会員登録が必要です もっとも素晴らしい点は、ハーフウェイダウンの手の低さです。ここまで低い位置に手を下ろせる女子選手はそういません。まるでガルシアを思わせるような低い位置から、手は斜め上に向かって動き、インパクトを迎えています。この理想的な動きこそが、ショットメーカーの証し。パーオン率(5位)やボールストライキング(3位)の高さにも表れています。コンパクトなトップ、ダウンスウィングでの手の低さ、左右にブレないスウィング軸など、アマチュアに真似してほしいところが満載です。 【特徴1】コンパクトなトップ女子選手では極めて珍しい超コンパクトなトップ。男性アマチュアのお手本だ 【特徴2】ハーフウェイダウンでの手元の低さ右手首の角度を保ったまま、低く手を下ろしている。この低さはS・ガルシア並み 【特徴3】手元が上昇しながらインパクト右足の前で最下点を迎えた手が、斜め上方向に動きながらインパクトを迎える 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月30日号より

渋野日向子

  • 渋野日向子のゴルフが再び加速し始めた。スタンレーレディスで1年11カ月ぶりの優勝。翌週の富士通レディースは最終日が雨天中止になったものの1打差3位。シーズンオフから着手したコンパクトなトップのスウィングは、現在平均飛距離247ヤード、フェアウェイキープ率68.7%とスタッツも上昇中。ツアー中継の解説などで渋野を見てきた塩谷育代に新スウィングについて聞いた。 PHOTO/Shinji Osawa コンパクトなトップが合うタイプそう感じていました 今年初戦のダイキン(オーキッドレディス)でスウィングを見た際、驚いたことを覚えています。でも、大袈裟にやらないと変えられないのがゴルフの常。強い信念を感じました。私が変化を大きく感じたのは、アドレス。前傾が浅くなり、骨盤が地面と平行に近い角度で回るようになり、結果的にフラットな軌道に変わりました。骨盤を前傾させるより、自分自身の骨格にはこれが合うと考えたのでしょう。実際、軸の安定につながっています。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 渋野日向子の1Wスウィング【正面】 トップがフラットでコンパクトな位置になりましたが、体勢にはゆるみやパワーロスの動きが一切ありません。個人的には以前から「渋野選手はトップが深くないほうが合うはず」と見ていたので、これは正解だと思います。春先は手でなぞるように見えましたが、今は骨盤や下半身のリードで動いています。加えて、筋力の強さを高め続けている成果で、ダウンスウィングでの上半身の開きが抑えられています。それらが飛距離と精度に表れていますね。骨格や関節について、もう1点。私も渋野選手と同じ“さる腕”タイプなのでわかりますが、両わきを締めるようにひじ頭を下に向けると左右のひじが近づきます。このひじ位置のまま、前腕を回して左右の手を横からグリップ。ここから腕に頼らず上体を回せば、(前述のように)トップはコンパクトになるのが自然です。今の動きが熟成されれば飛距離もさらに伸びると思います。 体にゆるみがない 「骨盤が平らに回り、股関節が回転をしっかり受け止めています。力むわけでもなく、ゆるみもありません」 上体を開かず振る 「球が大きく曲がる人は渋野選手のようにトップをコンパクトにして体を開かず振る練習をしてみてください。自分に合ったトップの位置がつかめるはずです」 渋野日向子の1Wスウィング【後方】 解説/塩谷育代1962年生まれ、愛知県出身。ツアー20勝、賞金女王に2度(1992年、1995年)輝く。現在はツアーのコースセッティングや中継解説で活躍中 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月9日号より こちらもチェック!

古江彩佳

  • 今季6勝を挙げ、稲見萌寧と激しい賞金女王争いを繰り広げる古江彩佳。安定感抜群のドライバーショットはどのようにして生み出されているのか。最新スウィングを徹底分析! PHOTO/Tadashi Anezaki、Shinji Osawa、Hiroyuki Okazawa 古江彩佳ふるえあやか。2000年生まれ、兵庫県出身。153センチ。平均飛距離231ヤード。今季6勝を挙げ、獲得賞金2億円を超えた 解説/黒宮幹仁 1991年生まれ。連載「世界基準を追いかけろ」でお馴染みのプロコーチ。松田鈴英、梅山知宏らを指導 再現性が極めて高い“インシャロー” 古江選手はアドレスのフックグリップが特徴的です。いかにもインシャローアタック(インサイド&シャロー軌道の入射角)で打ちます、といったイメージが伝わってきます。始動からトップまで、フックグリップを生かして腕のローテーションを入れずに体重移動も少なめで回転します。いわば、「余計なことは何もしない」テークバックです。だから、フックグリップのとおりフェースが真上を向くシャットなトップになります。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 切り返しからクラブを自分の右サイドに落として、右足で地面を蹴りながら小さくスライドし回転し始めます。このバランスが絶妙で体の強さも感じます。結果、アドレス時の印象どおりインシャローからヘッドが入り、ボールを高く打ち出します。ハンドファーストにロフトを立てて強い球を打とうという動きはありません。これも強みです。 見てのとおりフェースローテーションは極めて小さく、インパクト効率を徹底的に究めたスウィング。ミート率で言えば、アベレージで1.5以上あるのではないでしょうか。それが飛距離と安定感を高めています。ローテーションが少なく、手元は何もねじらず打つので、ホールロケーション(景色やハザード)に左右されにくいはず。1打をとにかく丁寧に振ることができるのも強み。体の負担も少ないので調子の波も小さいはず。それらが合わさって古江選手のゴルフを安定させているのだと思います。 左手を上からフックに握る 「フックに握って、いかにも『ゆるやかなアタックアングルで打ちます』といった雰囲気が伝わります」(黒宮)。グリップエンドを余らせて握る フェースが真上を向いたトップ 「フックグリップのとおりに上げれば、このフェース面の向きが正解。ボールをつかまえる体勢がすでに整っています」 フェースローテーションほぼなし 「インシャローの軌道上をヘッドが動いているだけ。フェースの開閉はほぼありません。これがミート率を高め、飛距離と精度を両立させます」 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月23日号より

三ヶ島かな

  • 2017年の初シード以来、シード選手として安定した成績を残しつつも優勝には手が届かなかった三ヶ島かな。それが今季最終戦のリコーカップで3日目に首位に立つと、最終日はしっかり逃げ切って初優勝。新ヒロインのスウィングについて、2020年1月から指導している青木翔コーチに聞いた。 PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Hiroshi Yatabe 三ヶ島かなみかしま・かな。1996年7月生まれ。福岡県出身。164センチ。ゴルフは10歳から。2016年からツアーに出場、6年目の最終戦で初優勝。2020-21年シーズン賞金ランキング18位。写真はチップインを決めたリコーカップ最終日16番 解説/青木翔 あおきしょう。1983年生まれ。福岡県出身。渋野日向子をメジャーチャンプに導き、三ヶ島かななどツアープロや、全国トップレベルのジュニアゴルファーの育成に努めている 無理な動きから自然な動きへ! 彼女を初めて見たとき、「持ち球はフェードだな」という印象でしたが、本人はドローを打とうとしていました。「本当はフェードでしょ」と聞くと、まさかの「ドローです」の答え。明らかにヘッド軌道がアウトインの動きになる体使いなのに、無理やり体を動かしてドローを打っていました。そのせいで肩、腰、首などを痛めやすく好不調の波が大きかったのです。フェードにしたことで故障なく安定した成績が残せて、初優勝に繋がったように思います。当時の彼女は、ドローを打とうとテークバックで右へ大きく体重移動、切り返しから左腰をスライドさせて軸を右へ傾けて手首をコネて打っていました。こういった余分な動きを削ってナチュラルにフェードが打てるように調整していきました。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 第一に、右への体重移動を減らしてその場でターン。次に、インから下ろそうとする余計な“間”をなくして、テンポよく振り下ろすことで、シンプルな軌道に変えていきました。本人には手元が胸の高さまで上がったらダウンスウィングへ入るよう早い段階の切り返しを意識してもらいました。結果、トップがややコンパクトに変わりました。最後は、左足の使い方。左の足首からふくらはぎ→太もも→左のお尻と順番に回転させてクラブを引き付けるように振ること。軸が傾かなくなり、自然なフェードに変わってきました。インパクト前に左肩がもう少し浮かなくなれば、さらに精度の高いフェードが打てます。まだまだ成長できると思っています。 Point 1右への体重移動を減らし体のターンでテークバック 目指したのはシンプルな動きの再現性の高いフェード。「無理にドローを打とうとする動きが目立っていました。体重移動ではなく、体の回転で上げることから始めました」(青木) Point 2下から順番に体を回していく 左足で地面を踏み、下から動く下半身リードを徹底。「左足の下からお尻まで順番に回すことで動きがシンプルになり、故障が減り、再現性も高まってきました」(青木) 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月21日号より

大里桃子

  • 今季「ほけんの窓口レディース」でツアー2勝目を挙げ、獲得賞金1億円を突破している大里桃子。切れ味抜群のアイアンショットを吉田直樹コーチが分析する。 PHOTO/Tadashi Anezaki、Shinji Osawa 大里桃子おおさとももこ。1998年生まれ。熊本県出身。171センチの長身を生かしたアイアンの切れ味は、ツアーでもトップクラス。ほけんの窓口レディースでツアー2勝目を飾った。伊藤園所属 解説/吉田直樹幼少期からアメリカで過ごし、最新スウィングに詳しい。谷原秀人、上井邦裕、石川明日香のコーチを務める ブレない回転軸が正確なショットを生む 大里桃子プロのスウィングは、スムーズな体の回転に、絶妙な手の動きを加えたスウィングです。トップはややレイドオフで完璧な位置にクラブを収めています。そこから、切り返し、ダウンスウィング、インパクトまで右肩を下げることなく高い位置をキープ。これが、ショット精度の高さにつながっています。 バックスウィングもトップも100点満点 バックスウィングでは、手が内側でヘッドが外側、という教科書どおりのポジション。トップもややレイドオフでフェースも スクエア。完璧だ インパクトで左下方向にクラブを振っているのもいいところ。体の回転と手の動きが完全に同調しています。ヘッドを跳ね上げるようにアウトサイドに振り抜くと、ボールのつかまりや方向性が悪くなるはずです。フォロースルーでは左サイドが回転し、右肩が左足の前まで回り込んでいます。これは、インパクトでボールを押し込んでいる証拠。スウィング弧はフォローサイドに横に長い楕円で、171センチの長身でこの押し込みですから、インパクトゾーンの長さは女子選手としては屈指のはずです。 大里桃子のアイアンスウィング 右肩が下がらない 右肩を高い位置に保つことで、体の正面で正確にボールをとらえられる 体と手が同調する 体の回転と手の動きが同調して、クラブが左に向かって振られるため方向性が安定する 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月30日号より

こちらもチェック!

  • 注目女子プロのスウィングを豪華解説陣が徹底分析。一般ゴルファーと変わらないヘッドスピードにもかかわらず、なぜ平均240~250Yも飛ばせるのか。飛距離アップのヒントが満載! 今回は、堀琴音、勝みなみ、西郷真央、西村優菜、笹生優花の5人をピックアップ! 西郷真央 勝みなみ 堀琴音 西村優菜 笹生優花 こちらもチェック!
  • トッププロのスウィングをじっくり観察・分析して、最新スウィングを徹底研究! 今回はPGAツアー選手から8人をピックアップ。見るだけでもいいイメージが湧くので、好きな選手のスウィングを目に焼き付けてからラウンドに臨もう! PHOTO/Blue Sky Photos ジョン・ラーム 松山英樹 ジョーダン・スピース ジェイソン・デイ ブルックス・ケプカ ザンダー・シャウフェレ ブライソン・デシャンボー タイガー・ウッズ こちらもチェック!チャーリー・ウッズのスウィング