Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【久常涼の高弾道アイアン】#1 打ち込むから弱い球になる「横から入れて押し込むイメージです!」【動画あり】

【久常涼の高弾道アイアン】#1 打ち込むから弱い球になる「横から入れて押し込むイメージです!」【動画あり】

300Yを超える飛距離に加え、切れ味鋭いアイアンショットが持ち味の注目ルーキー・久常涼。厳しいピン位置をデッドに狙っていける秘密はどこにあるのか。若きアイアン名手の話に耳を傾けよう。

PHOTO/Tadashi Anezaki THANKS/よみうりゴルフウエストコース

解説/久常涼
ひさつねりょう。2002年生まれ。岡山県出身。昨年、QT1212位だったにもかかわらず、AbemaTVツアーで9月までに3勝を挙げレギュラーツアーに昇格。後半戦の7試合すべて予選通過して賞金ランク50位に入り、今季のシード権を獲得した。300ヤードを超える飛距離とキレのあるアイアンショットが武器の注目ルーキーだ

●CONTENTS●
#1 アイアンは横から入れて押し込む
#2 右わき腹に“シワ”できてますか?
#3 最後の最後は右手で「ヒョイ!」

打ち込むのではなく
横から押し込む

GD 最近の男子選手はかなり弾道が高いですよね?

久常 そうですね。コースコンディションにもよりますが、真上から落とさないと止められないことも多いので。

GD 高い球を打つために意識していることは?

久常 鋭角に打ち込まないことですね。イメージは横から入れて押し込む感じです。

GD フェースの打痕が意外と上めだなと思ったんですが、そこも関係していますか?

久常 あると思います。打ち込むと吹き上がってしまい風の影響も受けやすくなるので、ボクはボールを長く押して打ち出していきたいんです。

芝の上に浮いているから打ち込む必要はない

日本の芝はボールが浮きやすいので打ち込まなくてもヘッドがボールの下に入りやすい。打ち込むとダルマ落としのようになって薄い当たりになり、しっかり距離を出すことができない

打痕はすべての番手で同じところにある

見事なまでにどの番手も同じ位置に打痕がついている。要するにヘッドの入り方はどのクラブでも同じということ。「鋭角に打ち込まずに低い位置から押すから距離感が合う」と久常

久常涼のアイアンスウィング(正面)

動画もチェック!

では、どうすればボールを強く押し込める?
続きはこちら

  • アイアンで高弾道の強い球を打つには横からボールを押し込んでいくことが重要だと久常涼。では、ボールを横から押し込むには、どのような意識で振ればいいのか。さらに詳しく聞いていこう。 PHOTO/Tadashi Anezaki THANKS/よみうりゴルフウエストコース 解説/久常涼 ひさつねりょう。2002年生まれ。岡山県出身。昨年、QT1212位だったにもかかわらず、AbemaTVツアーで9月までに3勝を挙げレギュラーツアーに昇格。後半戦の7試合すべて予選通過して賞金ランク50位に入り、今季のシード権を獲得した。300ヤードを超える飛距離とキレのあるアイアンショットが武器の注目ルーキーだ ●CONTENTS●#1 アイアンは横から入れて押し込む#2 右わき腹に“シワ”できてますか?#3 最後の最後は右手で「ヒョイ!」 ダウンで右わき腹を縮める GD ボールを“押す”ために必要な動きは?久常 ヘッドを低い位置から入れたいので、ダウンスウィングで右わき腹を縮める感じにしています。GD 右腹斜筋にシワを寄せる感じ?久常 そんな感じです。GD でもそれをやるとダフりそうですけど……。久常 そう! これってダフる動きなんですけど、シャフトを立たせながらクラブを下ろすことが大切なんです。ヘッドが垂れてしまうとダフリになります。 この記事は会員限定です続きを読むには会員登録が必要です GD アマチュアにはかなり難しいですよね?久常 できますよ(笑)。もちろんがんばってやってもらうしかありません。右腹斜筋にシワを寄せるときに注意したいのが、体の軸の傾きです。シワを寄せたときに頭が右に動いてしまうとシャフトを立たせることはできないし、絶対にダフリになります。だから基本的に体の軸は1軸意識で、肩を回転させるイメージです。GD 手先じゃなく体の動きでヘッドを低い位置から入れているわけですね。久常 そうですね。体の回転はとても大事に考えています。 Point 1右肩を下げて右わきを縮めながらインパクト 右手をフェース面とイメージしながら体全体を使って低く長く押し出してみよう Point 2スウィング中は軸を傾けず1軸をイメージ スウィングはあくまでも1軸イメージ。軸が左右に傾くと低く長いインパクトゾーンを作れない Point 3手元をギリギリまで低く下ろしシャフトを立たせる インパクトで手元が浮くとボールを押すことができない。右腹斜筋にシワを寄せて、手元を低い位置に下ろす。その際にヘッドが垂れるとダフリになるので体の軸を倒さずにシャフトを立たせることがポイント 久常涼のアイアンスウィング(後方) 動画もチェック! //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} ボールを“押す”感覚がつかめる!とっておきの練習法とは? 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月3日号より

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月3日号より