Myゴルフダイジェスト

2カ月ぶりの実戦は予選落ちも…デシャンボーが“大きく”なって帰ってきた!

左手付け根の有鈎骨という部分の骨折に加えて左の股関節を痛めていたというブライソン・デシャンボーが、WGCデルマッチプレー選手権で約2カ月ぶりの復帰を果たした。ケガの状態は? プレーへの影響は? 現地記者がレポート。

PHOTO/KJR

久しぶりの試合で、たくさんの人から声をかけられていたデシャンボー。また増量したように見えるほど、デカくなって帰ってきた

デシャンボーはやはりこちらでも人気の選手で、彼の周りにはいつも黒山の人だかり。ドライバーを思いっきり振り回したかと思えば、隣のホールまで大きく曲げたり、ミラクルショットでピンに寄せてバーディを取ったり、とにかくファンを喜ばせてくれるコツをつかんでいますよね、このお方は。

久しぶりに会う選手たちと談笑しているのを見ていると、お腹出ちゃったよと言わんばかりにお腹を引っ込ませる姿も。確かにまたひと回りデカくなった感がありますが、鍛えたというよりは、“大きくなっちゃった”印象のほうが強いですね。左手と左の股関節の怪我と聞いていましたが、まだ痛いのか、時折左手のひらの付け根をさする仕草も見られました。

練習中、スウィングしたあとに、左手の付け根部分をもむような仕草をみせていた。まだ本調子ではなさそうで、ショットも曲がっていた

痛めた箇所を聞いて思い出しましたが、以前デシャンボーのグリップの話を聞いた時に、グリップエンドを左手の「Pisiform Bone」というところに引っ掛けて打っていると話していました。辞書で調べたところ、日本語で「豆状骨」という箇所で、日本語でもなじみのない言葉だったのを記憶しています。怪我をした箇所はその横の「有鈎骨(ゆうこうこつ)」という骨だそうで、やはりあのスピードとパワーを引っ掛けて支えるその箇所に、相当負担がかかっていたんでしようね。

マッチプレーは3戦2敗1分けで、あえなく予選敗退となってしまったデシャンボー。マスターズまで残りあと1週間で、本調子に戻すことができるか、注目です。

昨年秋口からヒールアップを積極的に取り入れている

トップに入る前に左足のかかとを上げて、切り返しで踏み込むデシャンボー。以前にもヒールアップは見られたが、より動作が大きくなった

ジグラーキャディと二人三脚

昨年の7月より新しくタッグを組んだ、ブライアン・ジグラーキャディとすっかり息の合ったコンビに。会話も多く、信頼している様子

練習量はいつもより少なめ

誰よりも練習量が多く、周りのスタッフもあきれるぐらい練習することで有名だが、いつもより練習時間が少なくなっていた

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月12日号より

こちらもチェック!

  • 首痛の影響で、第5のメジャーと呼ばれるビッグトーナメント「ザ・プレーヤーズ選手権」を棄権した松山。マスターズまで2週間と迫るなか、果たして間に合わせることができるのか。現地記者がレポート。 PHOTO/KJR 棄権したプレーヤーズ選手権、練習場でスウィング動画を撮っている松山。首の痛みからか、いつもより練習量は少なく、フルスウィングすることも少なかった 松山英樹がプレーヤーズ選手権を棄権して、心配しているファンの方は多いと思います。マスターズまでに首の痛みは治るのか? 痛みは直ったとしても調子のいい状態に戻すことができるのか? 何を隠そう、私も彼の状態を心配しているひとのうちの一人。今回は、アメリカに1か月近く滞在し、PGAツアーを取材するのですが、その大きな目的が「松山英樹のマスターズ連覇に向けての道のり」を近くで見ることですからね。マスターズまでひと月もない中での試合欠場というのは、ちょっと想定外でした。しかもスウィングに影響のある、首から肩甲骨周りの辺りを痛めたといいます。棄権したプレーヤーズ選手権の試合前の練習では、バックスウィングでトップに入る前に顔をしかめていましたから、不安は募りますよね。でも本人がいちばん辛いと思います。 3月初旬に、首から肩甲骨周りにかけてを痛めた松山。練習中、時折、首の辺りをさする姿を見かけた 「ショットの状態は悪くないと思います。でも、首がうまく治って、フルスウィングできるようになったら曲がるかもしれないんで、なんとも言えないです。まあもうマスターズが近いんで、そういうこと(抑えて打つなど)したくないんですけどね。でも、試合は嫌でもやってきますし、体調もそこまでよくできないのなら仕方ないという気持ちもあります」(松山)こちらのコメントは、アーノルド・パーマー招待を終えた直後。怪我でうまくクラブを振れないことに対して、本人の歯がゆさが伝わってきますよね。ただ、棄権したプレーヤーズに関しては、悪天候で連日サスペンデッドが続き、風速も20㎧近くある日もありました。気温も下がっていたので、痛めている首のことを考えると、棄権してよかったのではという声もあります。自宅のある暖かいオーランドで、順調に回復していることを祈るばかりですね。 首痛で振れないがショットの調子はいい 昨年から引き続き、ショットの調子は上々。ただ、首のケガに一抹の不安が。「ショットは悪くないと思いますが、首がうまく治ってフルスウィングできたら曲がるかもしれない」と松山 アプローチは「調子が悪い」 ショットとアプローチのバランスが悪くなったことから、「グリーン周りはいま調子が悪い」(松山)と、珍しくアプローチに不安を感じている。ウェッジのソールの削り違いを何本も試している 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月5日号より こちらもチェック!
  • ゴルフの最先端、PGAツアーの旬なネタをお届けする「PGAツアーエキスプレス」。第10回は、ゴルフ界の大スター、タイガー・ウッズを取り上げる。 PHOTO/Tadashi Anezaki タイガー・ウッズ1975年生まれ、アメリカ出身。1996年にプロ転向、翌97年にマスターズを初制覇。98年には世界ランク1位に輝く。今までPGAツアーで積み重ねた勝利数は82 https://my-golfdigest.jp/tournament/p60188/ 前回のお話はこちら プレーだけではない大きな功績 2021年に世界ゴルフ殿堂入りをしたタイガー・ウッズ。しかし、その式典は新型コロナウイルス感染拡大の影響で今年に延期となり、先日のプレーヤーズ選手権で執り行われた。ゴルフ史に残る活躍をした人やゴルフ界に貢献した人が選ばれる世界ゴルフ殿堂。ウッズの実績からすればゴルフ史に残る活躍という意味では誰も疑いの余地はないだろう。そこで今回は、ウッズの輝かしいキャリアについて振り返ってみたいと思う。アーニー・エルスがかつてインタビューに答えたときのこと。当時ウッズは39歳、エルスは45歳だった。記者からの「ウッズ対エルス」のライバル関係が激しくなるのでは? という予想にエルスは「彼はもう、15年以上も前から僕に勝っているよ」と笑った。当時、ウッズのライバルといえば、エルス、フィル・ミケルソン、ビジェイ・シン、レティーフ・グーセンの4人。しかしエルスは「ライバルという感じではない。なぜなら、僕らは4人合わせてメジャー15勝。ウッズは1人でその数字に迫っているのだからね」と話した。言われてみれば確かにそうだ。そして、世界ランク1位に君臨していた期間においても同じことが言えるかもしれない。4選手が世界ランク1位になったのは合わせて41週(シンが32週、エルスが9週)だが、ウッズはひとりで683週もの間、1位になっていたのだ。つまり、ウッズと比較できる選手はいなかったということだ。また、功績は彼の周りの人々の“言葉”からも読み取れる。オリンピック金メダリストで、元陸上競技選手のジャッキー・ジョイナー=カーシーは、「完璧なアスリートはいないと思う。でももし、その特性をすべて兼ね備えた人を1人挙げるとするならば、完璧なアスリートはタイガー・ウッズかもしれない」と話した。さらに、ナイキの創設者、フィル・ナイトはかつて、「ウッズになぜ多額のスポンサー料を支払うのか?」という質問に対して、次のように答えた。「マイケル・ジョーダンがバスケットボール界で成し遂げたことと同じことを、タイガー・ウッズはゴルフ界で成し遂げることができる。われわれや世界は、これから彼(ウッズ)がする多くの偉業をまだ目にしていない」ウッズの功績はこれだけにとどまらない。PGAツアーのコミッショナーを長年務めたティム・フィンチェムは、成績だけではなく「ゴルフというスポーツを変えた」と明言する。「タイガー・ウッズは圧倒的な強さを持っているだけでなく、ファンを呼び込む力も持っている。彼の行動にゴルフファン以外の人々も魅了され、注目するようになった。その影響でテレビの契約やスポンサーが増えたのだ。彼はゴルフを完全に新しいレベルへ押し上げたのだ」 数字で見るタイガーの凄さ●メジャー優勝回数:15回(歴代2位)●PGAツアー優勝回数:82勝(最多)●世界ランク1位保持期間:683週(最多)(連続で保持していた期間は281週) 取材/コーリー・ヨシムラ(PGAツアー アジア担当ディレクター) 月刊ゴルフダイジェスト2022年5月号より こちらもチェック!
  • 史上最高の賞金額となったビッグトーナメント「ザ・プレーヤーズ選手権」でもブライソン・デシャンボーの勇姿を見ることはできなかった。 デシャンボーは今年に入り、初戦のセントリートーナメントには出場したものの、続くソニーオープンは開幕直前に出場を回避。ファーマーズインシュランスで予選落ちを喫すると、翌週のサウジインターナショナルは第1ラウンド終了後、「転んで左手と左腰を痛めた」とケガを理由に棄権。さらに連覇のかかったアーノルド・パーマー招待を「まだ準備が整っていない」という曖昧な理由で欠場した。そしてメジャーに先駆けて行われたビッグイベント、ザ・プレーヤーズ選手権の出場も回避。PGAツアーが威信をかけて開催するフラッグシップトーナメントはサウジの新リーグへ選手が流出をするのを防ぐ狙いもあり、今年の賞金総額はメジャーを超えるゴルフ史上最高の2000万ドル(約23億円)。優勝すれば360万ドル、つまり4億円を超える賞金を獲得するチャンスを放棄したのだ。しかも昨年3位タイに入るなど相性も悪くない大会。いったい何があったのか?「100パーセントの状態に戻るにはまだ時間が足りない気がします。90パーセントの状態で試合に出て無理をしてまた体を痛めたくない」とアーノルド・パーマー招待を欠場する前、SNSに投稿。ゴルフチャンネルに本人が送ったメールには、「ほぼ準備はできている。何か大きいことをするための準備を整えている」と綴られていたという。ザ・プレーヤーズ選手権は世界ランクトップ50のほぼ全員が出場したが、股関節と腰の故障で最近ツアーに出場していないH・イングリッシュとサウジの新リーグをめぐる発言でしばらくゴルフから離れると宣言したP・ミケルソン、そしてデシャンボーの3人が欠場となった。 果たしてマスターズには間に合うのか?(PHOTO/Tadashi Anezaki) 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月29日号より こちらもチェック!
  • トッププロのスウィングをじっくり観察・分析して、最新スウィングを徹底研究! 今回はPGAツアー選手から8人をピックアップ。見るだけでもいいイメージが湧くので、好きな選手のスウィングを目に焼き付けてからラウンドに臨もう! PHOTO/Blue Sky Photos ジョン・ラーム 松山英樹 ジョーダン・スピース ジェイソン・デイ ブルックス・ケプカ ザンダー・シャウフェレ ブライソン・デシャンボー タイガー・ウッズ こちらもチェック!チャーリー・ウッズのスウィング