Myゴルフダイジェスト

ミケルソンの最年長優勝にコリンのメジャー2勝…記録づくめのPGAツアー20-21シーズンを振り返る

昨季(20-21年)のPGAツアーは数々の記録に彩られたシーズンだった。そこで今回はレコードブックを振り返る。

4大メジャーとザ・プレーヤーズ選手権がすべて2打以内の僅差で決着したのは14年ぶりのこと。そんななか、もっとも注目を集めたのはP・ミケルソンが「全米プロゴルフ選手権」で打ち立てた史上最年長メジャーV(50歳)記録。91年のアマ優勝から30年目の快挙となり、長期スパンでの勝利記録でもある。ちなみに21年は「マスターズ」を29歳で制した松山英樹はじめ、「全米オープン」のJ・ラーム、「全英オープン」のC・モリカワが20代。1934年にマスターズがメジャーに加わってから30代、40代の覇者が出なかったのは史上初である。

B・デシャンボーにはドライビングディスタンス1位以外にこんな記録も。「BMW選手権」でツアー最少スコア記録の27アンダーをマークしながらP・カントレーにプレーオフで敗れ、最少スコア敗戦記録を作った。

J・トーマスの記録は「ザ・プレーヤーズ選手権」。決勝の36ホールで大会記録タイの12アンダーを叩き出し逆転優勝を遂げたのだが、27歳でメジャーとザ・プレーヤーズ両方を制したのは、タイガーに次いで2人目の快挙である。

イム・ソンジェが作ったのはシーズン最多バーディ(イーグル含む)記録513個。これまでの最多は2000年にS・フレッシュがマークした509個だったが、それを韓国の鉄人が破った。

プレーオフでの決着が多く接戦が目立った昨シーズンは、54ホールで首位または首位タイの選手が逆転で敗れるケースが多く、特に夏場は「チャールズシュワブチャレンジ」から「ザ・ノーザントラスト」まで14試合連続逆転決着が続いた。

そして、メジャーではモリカワが8戦で2勝のスピード記録。これを上回るのはウォルター・へーゲン(6戦目)とジーン・サラゼン(4戦目)、20世紀初頭の巨匠だけだ。

弱冠24歳のコリン。まだまだ記録を塗り替えてくれそうだ(PHOTO/KJR)

週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より

こちらもチェック!

  • ゴルフにまつわるさまざまな問題に関し、読者や識者に率直な意見をぶつけてもらう連載「山を動かす」。今回のテーマは来季の女子ツアーについて。2021年も女子ツアーは大盛況。最後までドキドキハラハラの賞金女王争い、東京五輪での稲見萌寧の銀メダル、米女子ツアーでも畑岡が2勝、古江彩佳と渋野日向子がQTを突破するなど、話題に事欠かない。2022年、あなたの考える“見どころ”とは? ●JLPGAは約5年かけて勝ち取ったネット配信の放映権を地上波にも広げてほしい。幸い有力なスポンサーであるアース・モンダミン、ニトリが後押ししてくれているのはありがたいことでしょう。スポンサー企業はCM料をテレビ局に払い、テレビ局は放映権料をLPGAに払い、LPGAは大会を充実させ、サービスし、スポンサーに喜んでもらう。これこそ地上波を放映するための健全な姿。これを確立するための努力を期待します。あとは苦言。なぜプロテスト合格選手を20位までと限定したのでしょう。企業では人材を幅広く求めるのが常道です。プロスポーツで人材をリミットしてどうするの! 来年から古江としぶこが抜けるというのに、下から突き上げてくる層を薄くしたら将来が危うい。一方、米女子ツアーはまだ繁栄します。試合数もふくらみ、賞金増がすごい。5大メジャーの合計賞金額90億円ですよ。一時期、韓国籍の選手ばかりで人気が落ち込んだこともありましたが、現在はワールドツアーの様相。参戦する古江は現地では“宮里藍的な存在”と見られています。QTに出た全選手でセカンドオナー(一番飛ばない)なのに、グリーンでは一番最後に打つ(笑)。驚異の目で見られています。ですから、私は古江に注目、メジャーでは爆発力のあるしぶこに期待します。(タケ小山/テレビ解説者)●これから世界のゴルフツアーはジェンダー問題の解決に向かうのではないでしょうか。具体的にはミックスダブルスなどの試合を公式ツアーに組み入れることです。これまでも男女混合の試合はありましたが、やはり“お遊び”の感がありました。これを賞金ランクに加算するなど、公式の試合にする方向へ進んでいくと思います。これまでは男・女は実力、人気共に隔たりがあり、同じ土俵では戦えないというのが常識でしたが、差はだいぶ縮まっていると感じます。先日、米国のコンビによる対抗戦「QBEシュートアウト」でバッバ・ワトソンと女子のレキシー・トンプソンのコンビや日本の「3ツアーズ」での西郷真央、稲見萌寧コンビなどを見てそう思いました。女性に特化した用品用具の進歩、コーチング、筋トレなどの成果ではないでしょうか。私は、公式の男女混合試合を期待します。(佐渡充高/テレビ解説者) 「3ツアーズ」でも、男子・シニアを相手に圧巻の優勝を飾った女子ツアーチーム。多士済々の百花繚乱。海外組が抜けても人気は安泰!? ●リコーカップで女子ツアーが終わったとき「ああ、終わっちゃった」と寂しく思った。開幕戦が今から楽しみ。もうプロ野球でもこんなふうに思わなくなったのに、女子ツアーはすごい!(40代男性・神奈川県)●国内女子ツアーは大好きですが、配信のみになったら見るかどうかはわかりません。米女子も渋野や古江の活躍が楽しみですが、じゃあWOWWOWに加入するかといえば微妙です。いかんせん有料チャンネルになじみのない世代なので……。(60代男性・千葉県)●これまでは、女子の海外メジャーといえば韓国人選手が勝つのが当たり前でしたが、今は日本人選手が勝っても驚きません。これからの海外女子は、日・米・韓にタイと欧州という争いになってくるでしょう。日本選手だけではありませんが、女子プロはみんなスウィングがいい。パワーだけじゃなくて、男子よりスウィングがシンプルで効率的。パワーはクラブ選択で補えるようになるので、そういう意味で特別に飛ばなくても勝てる。実際、稲見も古江も飛ぶほうではないですよね。スター選手がたくさんいるなかで、1つ自信が持てるようになれば、海外でも活躍できるはず。渋野日向子はスウィングがどうのというより“ゴルフ力”が高い選手だと思います。笹生優花のスウィングは本当に別格という感じで、またメジャーで勝つ可能性は十分。英語ができるという強みもありますからね。これからも日本人選手の世界での快進撃は続くと思います。(江連忠/プロゴルファー)●日本の女子ツアーは高レベルなうえシードが賞金50位と厳しい世界。気が抜けないことで意識レベルも上がるという好循環が起きています。稲見は男子プロのようなフェードボールを打っていますが、これはシャフトの進化など用具の恩恵を受けているから。もちろんよく練習するからその恩恵が受けられるんですけどね。女子ツアーのセッティングは基本的にさほどシビアでないので、安定したボールを打てる者と、そうではない者との差がよりはっきり出ます。そういう選手のプレーを見ていれば、トレーニングも練習も頑張るから、またレベルが上がる。米ツアーでいうと、畑岡奈紗のスウィング、いいですね。男子と同じで、下半身がしっかりしている。下半身を抑えて、上体をうまく使うスウィングなので、クラブを100%で振らないですむというのがいい点。古江や渋野も日本のシビアな競技で結果を出してアメリカに挑むのですから、環境に慣れれば期待できます。男子の場合、周りに誰かいないとダメみたいなところがありますが、女性はすぐに慣れるんじゃないでしょうか。畑岡が引っ張ってくれれば古江も小さい体で頑張ってくれると思います(水巻善典/プロゴルファー)●五輪で銀メダルの稲見、全米オープン優勝の笹生、全英女子オープン優勝の渋野。みんな世界で戦える選手。そういうなかで勝負師として自覚を持っている選手が勝てると思います。若手を見ても変なスウィングをしている選手はほとんどいません。底が上がっているだけに、ちょっと調子が悪いだけで優勝争いから脱落してしまうシビアな状況ですから、日本から米ツアーに参戦する選手たちは技術レベルは十分。問題はゴルフ以外の部分、例えばオフの過ごし方などがどうなのかな、というのはあります。それがうまくいけば、日本と同じような成績が残せるでしょう。あとは芝です。アメリカは土地によって、コースによって芝の種類が違います。聞くところによれば、タイガーは会場の芝の種類によってウェッジを微妙に替えているそうです。最初の1年はそうした芝質に慣れるようにするといいのでは。(冨永浩/テレビ解説者) こちらもチェック!
  • 世間を騒がせたスウィング改造から10カ月。「スタンレーレディス」で2年ぶりの優勝を果たした渋野は、翌週の「TOTO」で7位タイ、3週間後の「三菱電機レディス」で再び優勝。来季の米女子ツアー出場をかけたQシリーズでも目標の20位に滑り込み、賛否あったスウィング改造の成功を結果で示してみせた。では、具体的にどこが変わったのか。我々も参考にして良いのか。プロコーチの阿河徹に解説してもらった。 PHOTO/Kazuo Iwamura THANKS/川崎ゴルフ練習場 解説/阿河 徹 あがとおる。大学在学中にアメリカへ留学、米国理論を学ぶ。帰国後、金田久美子や塩見好輝など、多くのツアープロを指導 ●CONTENTS●>>#1 渋野日向子のスウィング改造変遷史>>#2 超シンプル軌道で再現性アップ>>#3 ダウンで「引く」からヘッドが走る 1年かけて振っても曲がらないスウィングを手に入れた フラット軌道で小さなトップ。2021年の開幕戦で披露した新スウィングには、各方面から賛否の声が上がった。そんな声に対し、3月のアクサレディスでは「米ツアーで戦うためには、もっと安定性、再現性が欲しい。いろいろ意見があると思いますが、最後までやり切りたい」と、この改造を完遂する姿勢を見せた渋野。実際に4月の数値を見ると、飛距離は落ちたものの、フェアウェイキープ率は前年比で10%以上アップしており、4月末のHSBC女子選手権では、なんと92.8%をマークしている。とはいえ、飛距離という強みを生かせないという声も上がるなか、なぜここまで安定性にこだわったのだろうか。プロコーチの阿河徹は次のように分析する。「私は渋野選手が飛距離ダウンを一時的に受け入れたにすぎないと考えます。なぜなら改造後、振れば振るほど曲がらないスウィングになったからです。以前の彼女は、少し軌道が波打つ印象を受けましたが、今はまるで『一筆書き』。だからこそ振れるのだと思います。長い目で見ていたからこそ、やり切りたいと言ったのではないでしょうか」実際に「楽天スーパーレディース」では281ヤードを叩き出している。そして10月には1年11カ月ぶりの優勝を果たし、米QTで20位、念願のツアーカードを獲得。世界を見据えたスウィング改造が実を結びつつある。 では具体的にどこが変わった?>>#2 超シンプル軌道で再現性アップ>>#3 ダウンで「引く」からヘッドが走る 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より こちらもチェック!
  • 今年もPGAツアーでは、世間を騒がせたルール違反が多々あった。なかでも最も話題になったのは? まず、SNSを騒がせたトップは、やはりV・ホブランだろう。3月の「ザ・プレーヤーズ選手権」初日、15番のグリーンでのこと。J・トーマスのラインにかかることから、ボールマーカーを動かしたのはよいが、リプレースするとき、なにを思ったか、反対方向に動かしてしまったのだ。誰も気づかずホールアウトしたのだが、唯一それに気づいたホブランの母親ガリーナさんがホブランに電話をかけ、ホブランはそれをオフィシャルに伝え2罰打。本人も気づかなかったため、スコア誤記による失格は免れたが、当分母親には頭が上がらない?そして、そのホブランが優勝した「ヒーローワールドチャレンジ」最終日、1番スタートのJ・スピースとH・ステンソンが、9番ティーと17番ティーが入れ替わっていることに気づかずプレー。「チャリティイベントだと思っていたので、ペナルティを食らうとは思っていなかった」というスピースのとぼけた発言により、SNSが炎上。ペナルティの多さという点では、一番は、1試合で10罰打を受けたオーストラリアのマーク・ヘンスビーというプレーヤーだろう。「パルメット選手権」の4番ホールで池に打ち込み、ポケットに入っていたボールを使用したのだが、そのボールが実は自分のボールではなかったのだ。スタート直前、練習グリーンで他の選手のボールを自分のボールと思ってピックアップ。そのボールを、4番ホールの池ポチャ後にドロップ。気づかず8番ホールまで使い続けたため、「ワンボールルール(※)」に違反したとされ、2罰打×5ホールの10罰打、「84」で試合を棄権している。ちなみにボールは同じタイトリストの「プロV1」だったのだが、間違えて拾ったそのボールはロゴの左に「・」(ドット)がついた「レフトドット」と呼ばれる低スピンモデル。途中まで気づかなかったのも無理はない。 今年も大小さまざまな違反があったが、その多くは自己申告によるもの。最近はテレビやウェブ配信など、世界中で視聴者の“目”が光るだけに、片時も油断はできない。 ※ワンボールルール……ラウンド中は、適合球リストに掲載されている一種類の球しか使用することができないというトップレベルの競技特有のルール。たとえ同じブランドのボールであっても、特性の異なるボールは使用できない。 ホブラン、2罰打で済んでよかった! 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より こちらもチェック!
  • タイガー・ウッズが2月の自動車事故以来、初めて公の場に登場。自身が主催する「ヒーローワールドチャレンジ」で会見に臨み、術後の経過や今後について熱く語った。 物々しい雰囲気のなか会見場に現れたタイガーは、ベンチプレスで鍛えてひと回り大きくなった上半身にナイキの迷彩柄シャツをまとい、マイクの前へ。「3カ月間寝たきりの生活は言葉にできないくらい辛かった。でも子供たちは寝ている自分を見て、“いつものパパが帰ってきた”と思っただろう」と腰痛で寝たきりだったころを引き合いに出すブラックジョーク。「ベッドから車いす、車いすから松葉杖、そして今は球も打てるようになった。最初に立ち上がったとき、自分の家がこんなに大きかったのか、と改めて実感した」とニヤリ。3週間ほど前、SNSでアイアンのスリークオーターショットをアップし、世間を喜ばせたが、今回バハマでは大会前日の水曜日に練習場で3番ウッドをフルショットするタイガーの動画をPGAツアーの公式ツイッターがキャッチ。金曜日にはB・デシャンボーとニアピンコンテストに興じるタイガーの姿が目撃され、目撃者によると「少なくとも2回はタイガーが勝っていた」という。さらに最終日、再び練習場を訪れ、1時間半ほどドライバーを含むさまざまなクラブを打つ動画がSNSを賑わした。また表彰式ではV・ホブランにトロフィを贈呈と大忙しの一週間。ドライバーを打てるまでに回復したことに関しては、「脚は決して元には戻らない。年齢的なこともあるし、試合に出るために準備をして戦って、次に向けて回復させるという作業を定期的に続けるのは無理。今はまだツアーで戦えるレベルではない」ときっぱりと語った。出たいのは、来年に第150回記念大会がセントアンドリュースで行われる「全英オープン」だというが、今後の予定は神のみぞ知る。 “聖地”での大復活劇が見られるか?(写真は2019年全米オープン。PHOTO/Tadashi Anezaki) 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より こちらもチェック!