Myゴルフダイジェスト

大賞はV・ホブラン? 2021年PGAツアー「ルール違反・オブ・ザ・イヤー」

今年もPGAツアーでは、世間を騒がせたルール違反が多々あった。なかでも最も話題になったのは?

まず、SNSを騒がせたトップは、やはりV・ホブランだろう。3月の「ザ・プレーヤーズ選手権」初日、15番のグリーンでのこと。J・トーマスのラインにかかることから、ボールマーカーを動かしたのはよいが、リプレースするとき、なにを思ったか、反対方向に動かしてしまったのだ。誰も気づかずホールアウトしたのだが、唯一それに気づいたホブランの母親ガリーナさんがホブランに電話をかけ、ホブランはそれをオフィシャルに伝え2罰打。本人も気づかなかったため、スコア誤記による失格は免れたが、当分母親には頭が上がらない?

そして、そのホブランが優勝した「ヒーローワールドチャレンジ」最終日、1番スタートのJ・スピースとH・ステンソンが、9番ティーと17番ティーが入れ替わっていることに気づかずプレー。「チャリティイベントだと思っていたので、ペナルティを食らうとは思っていなかった」というスピースのとぼけた発言により、SNSが炎上。

ペナルティの多さという点では、一番は、1試合で10罰打を受けたオーストラリアのマーク・ヘンスビーというプレーヤーだろう。「パルメット選手権」の4番ホールで池に打ち込み、ポケットに入っていたボールを使用したのだが、そのボールが実は自分のボールではなかったのだ。スタート直前、練習グリーンで他の選手のボールを自分のボールと思ってピックアップ。そのボールを、4番ホールの池ポチャ後にドロップ。気づかず8番ホールまで使い続けたため、「ワンボールルール(※)」に違反したとされ、2罰打×5ホールの10罰打、「84」で試合を棄権している。

ちなみにボールは同じタイトリストの「プロV1」だったのだが、間違えて拾ったそのボールはロゴの左に「・」(ドット)がついた「レフトドット」と呼ばれる低スピンモデル。途中まで気づかなかったのも無理はない。

  • 商品の価格は、製造原価だけでなく、需要と供給のバランスによって決まるというが、定価49.99ドル(1ダース)のタイトリスト・プロV1が6倍の300ドルになるのであれば、もはやこれはニュースと言えよう。 『プロV1 レフトドット』(・Pro V1)は、ProV1というロゴの左にドット(点)が入る、通常モデルとは異なった仕様のボール。ご存じのとおり、プロV1は米国ツアーで最も使用されているといわれるが、この“レフトドット”は、「毎週6名から12名のプロが使用している」(タイトリストゴルフボールマーケティング部門副社長)そうで、プロやトップアマのために開発され、「非常に限られた数量」が販売される、いわばスペシャルモデルというわけだ。2016年の「全英オープン」では、H・ステンソンがこのボールを使用して優勝し、最近ではT・フィナウが「ザ・ノーザントラスト」で勝利。P・リードやJ・ローズもこのボールで優勝を手にしているという。通常のプロV1と比べるとレフトドットは打ち出し角が低く、スピン量が少ない。スリーピース構造であることやフィーリングは変わらないそうだが、コアの大きさと層の厚さを調整し、ディンプルを深くしているという。レフトドットの最新バージョンは、9月1日にオフィシャルサイトと一部のプロショップで売りに出されたが、米国オークションサイト「eBay」で見ると、販売直後に100ドル強で売りに出され、最近では300ドルに達する勢いだ。さらに日本のオークションサイトを覗いてみると、なんと1ダース4万5000円以上の値が付いていた。送料を入れれば5万円近い値段。ボール1個約4000円。ロストを気にするアベレージゴルファーには、無縁のゴルフボールということか。 スピン量はドライバーで200~300rpmほど変わるという 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月7日号より こちらもチェック!

今年も大小さまざまな違反があったが、その多くは自己申告によるもの。最近はテレビやウェブ配信など、世界中で視聴者の“目”が光るだけに、片時も油断はできない。

※ワンボールルール……ラウンド中は、適合球リストに掲載されている一種類の球しか使用することができないというトップレベルの競技特有のルール。たとえ同じブランドのボールであっても、特性の異なるボールは使用できない。

ホブラン、2罰打で済んでよかった!

週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より

こちらもチェック!

  • 賞金女王にして銀メダリスト、稲見萌寧のスタート前の練習はちょっと変わっている。他の選手がどんどん球を打つなかで、ゆっくりとシャドースウィングしたり、トップの手をじっと見たり。1球、ちょこんと球を打ったと思ったら、またゆっくりシャドースウィング……。この謎めいた練習ルーティンの意義について、奥嶋誠昭コーチに聞いた。 PHOTO/Shinji Osawa、Yasuo Masuda、Tadashi Anezaki THANKS/北谷津ゴルフガーデン、CAT Ladies2021、スタンレーレディス、日本女子オープン 解説/奥嶋誠昭 おくしまともあき。1980年生まれ。神奈川県出身。ツアープロコーチとして、稲見萌寧、木下稜介、高橋彩華を指導。横浜のノビテック(ヒルトップ横浜クラブ内)でGEARSを使ったアマチュアレッスンも行う ●Contents●>>稲見萌寧の練習メニュー>>重要なのはトップ位置!>>「球を打つ」練習の目的は? スタート前の練習でヘッド軌道を整える GD 稲見プロは、朝の練習であまり球を打ちませんよね。奥嶋 球を打つのは、その日の調子がどうなのか、球筋を調整しながらコース戦略を立てるために行うのが普通ですが、稲見プロはそこが違うんです。GD というと?奥嶋 インパクトゾーンのヘッド軌道を整えています。GD 球筋を見るのではなく、ヘッド軌道を見ている!奥嶋 だから、SWの小さな素振りから練習を始めます。GD しかも左手1本ですね。奥嶋 稲見プロは左手で振るタイプですから、まずは左手でヘッドの動きを確認するわけです。GD なるほど。奥嶋 稲見プロの練習は、すべてインパクトゾーンのヘッド軌道をスクエアにすることにつながっています。そのため、SWの小さな素振りから振り幅と番手を徐々に大きくして、それぞれの練習メニューの締めに、確認のために球を打つという感じです。GD だから、ほとんど球を打たないんですね。 普通に打つのは4~5球だけ稲見萌寧の練習メニュー すべての練習メニューは、インパクトゾーンでヘッドを正確に動かすためのもの。SWの小さな素振りから始め、振り幅と番手を徐々に大きくしながら、ヘッド軌道を確認するためにボールを打っていることがわかる。普通にボールを打つのは最後の4~5球だけだ。 【Menu1】軟らか棒●手首で右回し●スピードを変えて素振り 【Menu2】SW●左手持ち……腰から腰まで連続素振り ●左手持ち……トップ確認 > ゆっくり素振り●両手持ち……トップ確認 > ハーフウェイダウンを繰り返す ●左手アプローチ●右手アプローチ ●両手アプローチ 【Menu3】8番アイアン●両手持ち……トップ確認 > ハーフウェイダウンを繰り返す●右手持ち……トップ確認 > ゆっくり素振り●両手クロス……体を回して両手を伸ばし、トップ確認 ●両手持ち……トップ確認 > ハーフウェイダウンを繰り返す > 打つ 【Menu4】5番UT、3番ウッド●「3」とほぼ同じメニュー 【Menu5】バット●トップ確認 > ゆっくり素振り 【Menu6】ドライバー●「8番アイアンとほぼ同じメニュー 【Menu7】8番アイアン●ゲートを作って打つ●普通に打つ 4~5球 >>では実際、どんなふうに練習しているの?具体的な中身をチェック! 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より こちらもチェック!
  • 週刊ゴルフダイジェストの人気連載「ゴルルとルール」から、間違えやすいルールの問題を厳選。2019年の改訂でルールが大幅に変わったこともあり、混同している人も多いはず。さて、あなたは何問正解できる? ここは正解しておきたい! 難度1~2 難度 ★☆☆☆☆ 難度 ★★☆☆☆ 難度 ★★☆☆☆ 難度 ★★☆☆☆ 改めて聞かれると意外と迷う……中級編 難度 ★★★☆☆ 難度 ★★★☆☆ これが分かればルールマスター! 難度4以上の難問  難度 ★★★★☆ 難度 ★★★★★ 全問正解できたあなたはかなりのルール通! 間違ってしまったあなたは、「ゴルルとルール」でゴルルと一緒に勉強していきましょう! 「ゴルルとルール」バックナンバーはこちら こちらもチェック! Myゴルフダイジェスト有料会員になるとスマホでいつでもルールが確認できる! 『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』 Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます
  • タイガー・ウッズが2月の自動車事故以来、初めて公の場に登場。自身が主催する「ヒーローワールドチャレンジ」で会見に臨み、術後の経過や今後について熱く語った。 物々しい雰囲気のなか会見場に現れたタイガーは、ベンチプレスで鍛えてひと回り大きくなった上半身にナイキの迷彩柄シャツをまとい、マイクの前へ。「3カ月間寝たきりの生活は言葉にできないくらい辛かった。でも子供たちは寝ている自分を見て、“いつものパパが帰ってきた”と思っただろう」と腰痛で寝たきりだったころを引き合いに出すブラックジョーク。「ベッドから車いす、車いすから松葉杖、そして今は球も打てるようになった。最初に立ち上がったとき、自分の家がこんなに大きかったのか、と改めて実感した」とニヤリ。3週間ほど前、SNSでアイアンのスリークオーターショットをアップし、世間を喜ばせたが、今回バハマでは大会前日の水曜日に練習場で3番ウッドをフルショットするタイガーの動画をPGAツアーの公式ツイッターがキャッチ。金曜日にはB・デシャンボーとニアピンコンテストに興じるタイガーの姿が目撃され、目撃者によると「少なくとも2回はタイガーが勝っていた」という。さらに最終日、再び練習場を訪れ、1時間半ほどドライバーを含むさまざまなクラブを打つ動画がSNSを賑わした。また表彰式ではV・ホブランにトロフィを贈呈と大忙しの一週間。ドライバーを打てるまでに回復したことに関しては、「脚は決して元には戻らない。年齢的なこともあるし、試合に出るために準備をして戦って、次に向けて回復させるという作業を定期的に続けるのは無理。今はまだツアーで戦えるレベルではない」ときっぱりと語った。出たいのは、来年に第150回記念大会がセントアンドリュースで行われる「全英オープン」だというが、今後の予定は神のみぞ知る。 “聖地”での大復活劇が見られるか?(写真は2019年全米オープン。PHOTO/Tadashi Anezaki) 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より こちらもチェック!
  • ジョーダン・スピースに続き、リッキー・ファウラーがこの秋パパになった。 愛娘サミーちゃんの愛らしい小さな手がスピースの指を握る感動的な1枚がSNSで公開されたのが11月18日。スピースはその4日前に、高校時代から付き合っていたアニーさんとの間に第一子が誕生したことを報告していたばかりだった。普段プライベートなことはほとんど語らないスピースだが、妻の妊娠がわかったときには「喜びを隠しきれない」とテレビのインタビューで声を弾ませた。17年の全英オープン以来4年ぶりに地元テキサスで優勝し、復活をアピールしたスピースにとって、21年は忘れられない1年となったはずだ。そして今回SNSで喜びの発表を行ったのがファウラー。11月25日のサンクスギビングデーに更新したインスタグラムで「アリソンと僕は11月18日に誕生した新たな命ミア・ファウラーと出会えて感謝を超える気持ちを味わっています。胸がいっぱいです」というコメントとともに、水辺の芝生で小さなミアちゃんを愛おしそうに抱き上げる新米パパ&ママのほほ笑ましい3ショットをアップした。スピースは世界ランク100位内から陥落する寸前に調子を取り戻し、現在同ランク11位に返り咲いている。ファウラーもフォールシリーズの「CJカップ」で久々にトップ3入りするなど復調の兆し。まだ本調子ではないが、第一子誕生を機に、22年は完全復活といきたいところ。ツアー屈指の人気者2人に加え、メジャー2勝のM・カイマーも1月にパパになる予定であることを、メディアを通して報告。「3カ月は試合を休んで子育てに専念する」とベビー誕生を心待ちにしている。PGAツアーのベビーブーム、次なる報告は誰? 「ZOZO」でも人気者だったファウラー、ハッピーな報告でさらに調子を上げてほしい(PHOTO/Hiroaki Arihara) 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月21日号より