Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 稲見萌寧の“球を打たない”練習法 #1 目的は「ヘッド軌道」を整えること

稲見萌寧の“球を打たない”練習法 #1 目的は「ヘッド軌道」を整えること

賞金女王にして銀メダリスト、稲見萌寧のスタート前の練習はちょっと変わっている。他の選手がどんどん球を打つなかで、ゆっくりとシャドースウィングしたり、トップの手をじっと見たり。1球、ちょこんと球を打ったと思ったら、またゆっくりシャドースウィング……。この謎めいた練習ルーティンの意義について、奥嶋誠昭コーチに聞いた。

PHOTO/Shinji Osawa、Yasuo Masuda、Tadashi Anezaki THANKS/北谷津ゴルフガーデン、CAT Ladies2021、スタンレーレディス、日本女子オープン

解説/奥嶋誠昭

おくしまともあき。1980年生まれ。神奈川県出身。ツアープロコーチとして、稲見萌寧、木下稜介、高橋彩華を指導。横浜のノビテック(ヒルトップ横浜クラブ内)でGEARSを使ったアマチュアレッスンも行う

●Contents●
>>稲見萌寧の練習メニュー
>>重要なのはトップ位置!
>>「球を打つ」練習の目的は?

スタート前の練習でヘッド軌道を整える

GD 稲見プロは、朝の練習であまり球を打ちませんよね。

奥嶋 球を打つのは、その日の調子がどうなのか、球筋を調整しながらコース戦略を立てるために行うのが普通ですが、稲見プロはそこが違うんです。

GD というと?

奥嶋 インパクトゾーンのヘッド軌道を整えています。

GD 球筋を見るのではなく、ヘッド軌道を見ている!

奥嶋 だから、SWの小さな素振りから練習を始めます。

GD しかも左手1本ですね。

奥嶋 稲見プロは左手で振るタイプですから、まずは左手でヘッドの動きを確認するわけです。

GD なるほど。

奥嶋 稲見プロの練習は、すべてインパクトゾーンのヘッド軌道をスクエアにすることにつながっています。そのため、SWの小さな素振りから振り幅と番手を徐々に大きくして、それぞれの練習メニューの締めに、確認のために球を打つという感じです。

GD だから、ほとんど球を打たないんですね。

普通に打つのは4~5球だけ
稲見萌寧の練習メニュー

すべての練習メニューは、インパクトゾーンでヘッドを正確に動かすためのもの。SWの小さな素振りから始め、振り幅と番手を徐々に大きくしながら、ヘッド軌道を確認するためにボールを打っていることがわかる。普通にボールを打つのは最後の4~5球だけだ。

【Menu1】軟らか棒
●手首で右回し
●スピードを変えて素振り

【Menu2】SW
●左手持ち……腰から腰まで連続素振り
●左手持ち……トップ確認 > ゆっくり素振り
●両手持ち……トップ確認 > ハーフウェイダウンを繰り返す
●左手アプローチ
●右手アプローチ
●両手アプローチ

【Menu3】8番アイアン
●両手持ち……トップ確認 > ハーフウェイダウンを繰り返す
●右手持ち……トップ確認 > ゆっくり素振り
●両手クロス……体を回して両手を伸ばし、トップ確認
●両手持ち……トップ確認 > ハーフウェイダウンを繰り返す > 打つ

【Menu4】5番UT、3番ウッド
●「3」とほぼ同じメニュー

【Menu5】バット
●トップ確認 > ゆっくり素振り

【Menu6】ドライバー
●「8番アイアンとほぼ同じメニュー

【Menu7】8番アイアン
●ゲートを作って打つ
●普通に打つ 4~5球

>>では実際、どんなふうに練習しているの?
具体的な中身をチェック!

週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より

こちらもチェック!

  • 一昔前は“異端”というイメージがあった「クロスハンド」のグリップだが、最近では稲見萌寧や畑岡奈紗をはじめ、女子プロの間でも採用する選手が増えている。果たしてクロスハンドでパッティングをするメリットは? そもそも正しい握り方は? パットに強い南秀樹コーチに話を聞いた。 PHOTO/Takanori Miki、Hiroaki Arihara 解説/南秀樹 木村彩子や岡山絵里などのトッププロを教えるプロコーチ。香川県で「3.7.3 GOLF ACADEMY」を主宰 “ロボット化”すれば余計な動きができない! 昔はパットの苦手克服のための握りという印象だった「クロスハンド」。しかし、今ではクロスハンドを採用する選手が増えている。その理由を南秀樹コーチに聞いた。「1番の理由は、グリーンが高速化したことで、機械のように毎回同じストローク、そして同じ出球を打つことが求められるようになったことです。一般的にクロスハンドは、右手の動きが抑制できると言われています。それもありますが、僕は『左手の動きが抑制できる』メリットもあると思っています。つまり、クロスハンドで握ることで両手を“ロボット化”し、体だけを使ったストロークになるため、常に安定した出球が打てるんです。一方、距離感が出しにくくなるため、ロングパットの練習は必須です」 続きを読む クロスハンド4つのメリット (1)手首が固定され余計な動きがなくなる 手首がロックされるため、ストローク中に手首が返る動きが抑えられる。結果、パンチやゆるみがなくなり、一定の力加減でストロークできる (2)左右の肩の高さがそろいやすい クロスハンドだと左手が下になるため、両肩のラインがそろいやすい。過度なアッパーやダウンブローを防げる (3)左腕の側面とフェース面がリンク 左腕の側面がフェース面とリンクするため、フェース面の管理がしやすい。左手の面が真っすぐ動けば、出球もズレにくい (4)ストロークの軌道が安定しミート率が上がる 体を使ったストロークになるため、再現性が高く最下点がブレにくい。すると、ミート率が上がり転がりもよくなる 基本のアドレス 【右手の握り方】“五木ひろし”の要領で右わきを絞る 手のひらを正面に向けたまま後方から腕を動かしわきを締める。最後にグリップに手のひらをつければ完成 【左手の握り方】両手のひらが向かい合うように横から添える 左手は横から添わせるように握り、両手のひらが合わさるのが正解 両手のひらが互いに向き合う形が基本形。手のひらの向きがズレると、力の入り方が変わり、安定しにくくなる クロスハンドと言っても左手の握り次第で千差万別 基本の握り方はあるが、左手の握り方によって様々なクロスハンドの形がある。女子プロのグリップをもとに仕分けしてもらった 同じクロスハンドでも、プロの握り方を見るとさまざまなタイプがある。南コーチによると、左手の握り方によってタイプ分けできるという。「前述したように、クロスハンドの目的のひとつは、左手を固定すること。基本の握り方でも左手を固定をしていますが、左手の握りを変えることでさらに固定度が強くなります。大きく分けると、基本の握り方に加え、左人差し指を伸ばすタイプ、左手を上から絞るように握るタイプ、左腕にグリップを添わせるタイプがあり、後者ほど左手の個程度が強くなります。みなさんも実際に試して自分に合うクロスハンドを見つけてください」 基本型 左手の固定度:弱主な採用プロ:稲見萌寧、菊地絵理香、若林舞衣子 右手は下から、左手は横から握る基本に忠実な握り方。クロスハンドのメリットを平均的に幅広く生かせる 【メリット】ストロークの再現性が高くなる 腕に窮屈感がないため、力みがなくなり、体の回転がしやすい。スウィングリズムが一定になり、再現性も高くなる 【注意Point】上半身がゆるみやすい グリップ圧が弱いため上半身がゆるみやすい。下半身はどっしり構えるようにしよう 左人差し指伸ばし型 左手の固定度:中主な採用プロ:青木瀬令奈 両手の握る間隔を広げ、人差し指を伸ばして握ることで左手首の動きを抑えることができる 【メリット】フェース面の管理がしやすい 左手首の動きをより強く固定することで、フェース面の管理がしやすく、パンチやゆるみも入りにくい 【注意Point】ダウンブローになりやすい 左手がグリップの下のほうを握ることで、左肩が下がりやすい。すると入射角が鋭角になりやすいため、肩を水平に保つように注意 左手かぶせ型 左手の固定度:強主な採用プロ:植竹希望、新垣比菜、宮田成華 左手を上からかぶせるように握ることで、手首の固定はもちろん、わきが締まるため、腕がより固定される 【メリット】両腕がロックされ体主体のストロークに 両手首はもちろん、右腕、左腕がしっかりとロックされる握り方なので、体主体のストロークがしやすくなる 【注意】左肩が前に出やすい 左手を上から握ると左肩が前に出やすい。アドレスで肩のラインがスクエアになっているかチェックしよう 左手かぶせ型 左手の固定度:最強主な採用プロ:脇元華、福山恵理 短く握り、グリップ部分を左腕につけるタイプ。左手はやや上から握るのが理想 【メリット】シャフトと腕が一体化 シャフトが左腕にくっついていることで、左腕とクラブが一体化して動きやすい。安定感が最も高いタイプ 【注意】腕だけで振るとフェースが開きやすい 左腕だけで振ろうとすると、手元が浮き、フェースが開きやすくなる。体でストロークしよう 月刊ゴルフダイジェスト2022年1月号より こちらもチェック!
  • 週刊ゴルフダイジェストの年末恒例企画「ベストスウィンガー」。読者からの投票によって選ばれた女子部門の1位は? TEXT/Kenji Oba PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Hiroshi Yatabe 女子は日本選手が上位を独占 戦国時代の様相を呈しつつある国内女子ツアー。そのなかでベストスウィンガーの座を射止めたのは、賞金女王に輝いた稲見萌寧だ。東京五輪では日本ゴルフ界初の銀メダルを獲得。今季ツアー9勝という圧倒的な強さに、「ピンを狙っていける精度の高さと距離感は米ツアー選手並みのレベル」(60歳男性)といった、最大級の賛辞が数多く寄せられた。正確無比なフェードボールが持ち味だ。 3票差の2位は米で活躍するあの選手 2位は全米女子オープンで畑岡奈紗との日本人対決を制した笹生優花。豪快なスウィングが生む爆発的な飛距離に、「とにかくカッコいい」(27歳男性)、「ダイナミックでパワフルなスウィングに憧れる」(31歳男性)と、とくに若い男性からの支持が集まった。ちなみに全米女子オープンのプレーオフで敗れた畑岡は、今回の投票では9位(24票)に入っているが、今季の米女子ツアーで賞金女王まであと一歩に迫り、世界ランクは日本人トップの6位(12月2日現在)にいる。その活躍を忘れてはならない。笹生に続き3位に入ったのが、賞金女王争いで稲見を最終戦まで追い詰めた古江彩佳だ。153センチと小柄だが、「強振しないゆっくりスウィング」(63歳男性)、「シンプル・イズ・ベストのムダのないスウィング」(63歳男性)など、こちらはシニア世代からの評価が高かった。シニアや非力な女性には、目指すべき理想のスウィングに見えるのかもしれない。4位は国内メジャー2勝を挙げた原英莉花。「ダイナミックでエレガントな才色兼備」(31歳男性)、「飛距離だけでなく小技も上手い」(56歳男性)と、天は二物を与えたかのような評価も。5位には今季ツアー5勝の小祝さくら。涙の復活優勝を果たした渋野日向子が6位に入った。 1位 稲見萌寧60票 「フェードヒッターのお手本」(58歳男性)「圧倒的な強さ」(33歳男性)「腕と体の回転が完璧に同調」(71歳男性)「ピンを刺すアイアンショット」(59歳男性)「スウィングがシンプル」(62歳男性)「今年の活躍が証明している」(62歳女性) >>稲見萌寧の1Wスウィングはこちら 2位 笹生優花57票 「男子プロ並みの力強さ」(52歳男性)「豪快なスウィングと飛距離」(74歳男性)「パワフルで正確なショット」(34歳男性)「とにかくカッコいい」(27歳男性)「全米女子OPを制した強さ」(45歳男性) >>笹生優花の1Wスウィングはこちら 3位 古江彩佳54票 「強振しないゆっくりスウィング」(63歳男性)「安定感抜群のショット力」(49歳男性)「常に同じスウィングで曲がらない」(50歳男性)「ボールコントロールのすごさ」(66歳男性) >>古江彩佳の1Wスウィングはこちら 4位 原英莉花48票 「ダイナミックでエレガント」(31歳男性)「大きなスウィングアーク」(65歳男性)「アドレスが美しい」(51歳男性) >>原英莉花の1Wスウィングはこちら 5位 小祝さくら36票 「キレのあるショット」(51歳男性)「しなやかでムダがない」(55歳男性) >>小祝さくらの1Wスウィングはこちら 6位 渋野日向子30票 「思い切りのいいスウィング」(62歳男性)「コンパクトなトップ」(57歳男性) >>渋野日向子の1Wスウィングはこちら ベストスウィンガー2021<男子部門>の結果は? 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月21日号より こちらもチェック!
  • 今季9勝の稲見萌寧、6勝の古江彩佳、5勝の小祝さくら、4勝の西村優菜。女子ツアーを大いに盛り上げた4人の最新クラブセッティングをのぞき見! PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Tadashi Anezaki、Shinji Osawa、Hiroshi Yatabe、Hiroaki Arihara 稲見萌寧“三角パター”が女子ツアーを席巻 テーラーメイド「トラスTB1 トラス ヒール」 平均パット数が46位から2位にホーゼル部に三角形の「トラス構造」を採用し、直進性が高くミスにも強い。19年の稲見の平均パット数は46位だったが、昨秋からこのパターを使用し始めたことで今季2位とパッティングが劇的に向上した。 キャロウェイ「マーベリック サブゼロ」 ドライバーは20年モデルの「マーベリック サブゼロ」を使用。「構えたときにしっくりくるから迷わずに振り切れる」(稲見)。ミスヒットしても飛距離が落ちないという。シャフトは特注のピンクの「ジ・アッタス」 稲見萌寧の14本セッティング ●1W/キャロウェイ マーベリック サブゼロ(10.5度) ●3W/スリクソン ZX FW(15度) ●3・4・5UT/スリクソン ZX HY(19・22・25度) ●5I~PW/テーラーメイド P770 ●ウェッジ/ボーケイ・デザイン SM8(52・58度) ●パター/テーラーメイド トラスTB1 トラスヒール ●ボール/ブリヂストン ツアーB XS クラブを替えるたびにパーオン率が上がっていったアイアンを替えた成果か、21年開幕から好調が続き、20年リコーカップ終了時点で8位だったパーオン率は、五輪前までには高橋彩華に次ぐ2位に浮上。さらに、五輪からUTを替え、優勝した日本女子プロ選手権後には、ついにパーオン率1位に。クラブは新しいものにすぐに替えるタイプではないというが、いいと思ったものはすぐに取り入れるスタイルで、試合を追うごとに正確性が増していった。 【2020年のセッティング】●3・5W/ブリヂストン ツアーB JGR(15・18度) ●4・5UT/ブリヂストン ツアーBJGR HY(22・26度) ●5I/ブリヂストン ツアーB XCBP ●6I~PW/ブリヂストン ツアーB X-CB ●ウェッジ/ボーケイ・デザイン SM7(52・58度) 【2021年前半のセッティング】●3・5W/スリクソン ZX FW(15・18度) ●5I~PW/テーラーメイド P770 ●ウェッジ/ボーケイ・デザイン SM8(52・58度) 古江彩佳1Wチェンジ後10戦中7度のトップ10 ブリヂストン「B1」 秋から最新モデル「B1」にスイッチして3勝アマチュア優勝した19年にも使用していた「XD-3」を使い続けていたが、海外遠征中に「思うような球が出なくなった」ということから9月後半から新モデルの「B1」にチェンジ。さらにソールに鉛を貼ったことでショットが安定するようになったという。 テーラーメイド「スパイダーX チョークホワイト」 20年東海クラシックからオデッセイ「ストロークラボTEN ショートサイトライン」に変更し、すぐさま優勝。昨年は3勝を挙げるも21年は秋まで未勝利。ところが富士通レディースでパターを「スパイダーX」に替え、そこから3勝を含む、すべての試合でトップ5入り 古江彩佳の14本セッティング ●1W/ブリヂストン B1(10.5度) ●3・7W/ブリヂストン ツアーB JGR(15・21度) ●4UT/ブリヂストン ツアーB JGR (22度) ●6UT/テーラーメイド SIM2 MAX(28度) ●6I~PW/ブリヂストン ツアーB X-CB ●ウェッジ/ブリヂストン ツアーB BRMウェッジ(50・54・58度) ●パター/テーラーメイド スパイダーX チョークホワイト ●ボール/ブリヂストン ツアーB XS 小祝さくらパターを替えて8月に2勝 ワールドクラフトデザイン プロトタイプ 夏から地元北海道の削り出しパターに7月のニッポンハムレディスで地元北海道の金属加工メーカー社長が小祝を観察して作製したというこだわりの1本。五輪期間中に北海道に帰省した際に手渡された。「前に伸びる感じがあって、ロングパットも距離が合う」(小祝)と、すぐさま使用し2連勝 スリクソン「ZX5」 20年は19年と同じ「Z785」を使用していたが、21年に入り、松山英樹もマスターズで使用したスリクソン「ZX5」にチェンジ。21年開幕戦で早速優勝を飾ると、3戦目でも優勝を果たし賞金争いを牽引した 小祝さくらの14本セッティング ●1W/スリクソンZX5(9.5度) ●3W/スリクソンZX5(15度) ●3・4UT/スリクソンZ H85(19・22度) ●5I~PW/スリクソンZ585 ●ウェッジ/クリーブランド RTX3(48・50・58度) ●パター/ワールドクラフトデザイン プロトタイプ ●ボール/スリクソン ZスターXV 西村優菜ウッド6本態勢で飛距離のハンディを補う キャロウェイ「EPIC SPEED」 1W、3W、5Wを「EPIC SPEED」にチェンジ21年からドライバーと3W、5Wを「EPIC SPEED」に変更。7W、9W、UTは20年と同じモデルを使用している。サロンパスカップでは4日間を通じて60台を記録する安定感を発揮し、最終日に逆転してメジャー初勝利を飾った。パターは今年からオデッセイ「ホワイトホット OG #7S」を使用している 西村優菜の14本セッティング ●1W/キャロウェイEPIC SPEED(10.5度) ●3・5W/キャロウェイEPICSPEED FW(15・18度) ●7・9W/キャロウェイGREAT BIG BERTHA FW(21・24度) ●6UT/キャロウェイ GBB EPIC STAR UT(26度) ●6I~PW キャロウェイ X FORGED ●ウェッジ/キャロウェイJAWSウェッジ(50・58度) ●パター/オデッセイ ホワイト ホットOG♯7S ●ボール/クロムソフトX 以前はキャロウェイ「Xフォージド」アイアン(左写真)を使っていたが、9月からその後継となる最新「XフォージドSTAR」に変更し、東海クラシックから連続優勝。「楽に高さが出てボールのつかまりがよく、向かい風でも強い球が打てます」(西村) 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月7日号より こちらもチェック!
  • PHOTO/Yasuo Masuda、Shinji Osawa、Hiroyuki Okazawa、Hiroaki Arihara、KJR THANKS/北谷津ゴルフガーデン 今年前半だけで5勝を挙げ、東京五輪で銀メダルを獲得した稲見萌寧。6月に初優勝を果たすと次の試合でも優勝しブレイクした木下稜介。2人の急成長プロを指導するのが、プロコーチの奥嶋誠昭。稲見は2018年12月、木下は2019年11月から指導を受け始め、たちまち第一線で活躍するプレーヤーに成長した。果たして2人にどんな教えを施したのか。その一端を特別公開! 解説/奥嶋誠昭 おくしまともあき。1980年生まれ。神奈川県出身。ツアープロコーチとして、稲見萌寧、木下稜介、イ・ボミ、高橋彩華を指導。横浜のノビテックゴルフスタジオで、GEARSを使ったアマチュアレッスンも行っている 長所を生かす3つの“しなくていいよ” GD 稲見プロの指導は、2018年の12月からですね。奥嶋 当時、稲見プロは、飛距離を伸ばすため、クラブをシャロー(鈍角)に下ろしてドローを打とうとしていました。でも、それが僕には無理しているように思えたんです。GD というと?奥嶋 稲見プロは、腕の使い方がバツグンにうまくて、本来はややスティープ(鋭角)に下ろすスウィングなんです。だから、ドローを打ちにいくと、どうしても引っかけや右プッシュが出やすい。GD なるほど。奥嶋 合わないものを無理に取り入れようとしないで、いま持っている財産を生かそうよ、と稲見プロに話しました。彼女はスティープにクラブを動かすセンスがバツグン。だったらそれを生かして、スティープな軌道に合うフェードでいこうよ、と。GD その判断で、稲見プロのショットメーカーの才能が一気に開花したわけですね。奥嶋 稲見プロに教えているのは、終始一貫、オンプレーン(アドレスで構えた位置にクラブを戻す軌道)に振ることだけです。バックスウィングで上げた軌道どおりに下ろしてくるイメージでいいよ、と言っています。 しなくていいよ1「シャローに振らなくていいよ」 「シャローに振ろうと苦労していた稲見プロに、スティープ(やや上からの軌道)でいいと教えました。スティープな軌道のほうが、バツグンにうまい手の動かし方を生かせると判断したからです」(奥嶋) しなくていいよ2「ドローを打たなくていいよ」 「ドローボールを打とうとしていた稲見プロに、カット軌道でフェードを打つようにすすめました。クラブをスティープに動かす稲見プロには、ドローよりもフェードのほうがイメージしやすいはずだからです」 しなくていいよ3「左に踏み込まなくていいよ」 「稲見プロは、腕や上半身をうまく使う反面、体重移動はやや苦手。切り返しから左に踏み込むとミート率が落ちるので、無理に踏み込まず、右サイドで振ればいいと教えました。これでショットが安定しました」 これぞショットメーカーの証どちらがダウンスウィングか分かりますか? 稲見のスウィングを見ると、バックスウィングとダウンスウィングの軌道がほとんど変わらない。これこそが、ショットメーカーの証拠だと奥嶋コーチは言う。「稲見プロには、とにかくオンプレーンに振ることだけを教えています。その結果、ショットの精度が格段にアップしました」 稲見萌寧の1Wスウィング 左片手打ちでフェードを磨き抜いた GD 稲見プロは、どんな練習を積んで、ツアー屈指のフェードヒッターになったんでしょうか?奥嶋 稲見プロはオンプレーンに振ることを練習テーマにしています。そのためにやっているのは、8Iを左手1本で打つドリルですね。GD 左の片手打ちですか!奥嶋 そうです。稲見プロは、左腕の感覚で振ると出球が揃うタイプなんです。それと、精度の高いフェードには左のリードが絶対ですから、左手1本のドリルというわけです。GD 稲見プロはどのくらい打つんでしょうか?奥嶋 このドリルは、オンプレーンスウィングの確認作業で、インパクトゾーンを真っすぐ動かすための練習です。彼女は8Iを左手に持って、バックスウィングとダウンスウィングの軌道の確認作業を延々と続けていますよ。トップの位置を確認して、ゆっくりとインパクトまで下ろして、左手1本でボールを実際に打つ。稲見プロは何時間もその練習をやっていますが、アマチュアの方なら100球くらいから始めるといいですね。 Drill 1左手1本でボールを打つ 「フェードを打つには、左腕のスウィング弧が大切。そのため、稲見プロは左手1本でボールを打つドリルをやっています。クラブ軌道を確認しながら素振りして、その軌道をなぞるようにボールを打ちます。低く長いインパクトゾーンを覚える練習なので、フルスウィングする必要はありません」(奥嶋) Drill 2クラブ軌道を確認してから打つ 「トップからハーフウェイダウンまでの動きを2~3回繰り返して、ダウンスウィングの軌道を体に覚え込ませます。そのイメージが消えないうちにボールを打ちます」(奥嶋) パットの秘密は限りなく真っすぐに近いインtoイン GD 稲見プロは入れまくるパットも有名ですよね。奥嶋 彼女はインパクトゾーンのヘッドの動かし方をずっと磨いてきて、これはドライバーからパッティングまで共通しているんです。GD パッティングはまさにインパクトゾーンだけの動きですよね。奥嶋 稲見プロのパッティングは、ヘッドをスクエアに真っすぐ動かす技術に長けているんです。彼女が練習でいつも愛用しているシートがあるんですが、わずかにイン・トゥ・インに描かれている線の上をスクエアに動かす練習を繰り返しやっています。ボールを数多く打つことより、インパクトゾーンのヘッド軌道の精度を上げるほうが、狙った方向に正確に打ち出せることを知っているからですね。GD 稲見プロのバーディラッシュは、この練習のたまものなんですね。 インパクトゾーンの正しいヘッドの動きを染み込ませる 「このシートには、わずかなイン・トゥ・インのヘッド軌道とフェースの向きが描かれています。この線に沿ってヘッドを正確に動かせるかどうか、稲見プロはそれだけに集中して練習しています」(奥嶋) 稲見の極上パット2つのポイント 【Point 1】右ひじに余裕を持たせる 「稲見プロは、右ひじを体に付けてストロークするクセがあるので、右ひじを体から離したほうがスムーズにストロークできるよ、とアドバイスしています」 Point 2両ひじを水平に動かす 「稲見プロは、手首の角度を保って、腕で作る五角形を崩さずにストロークしています。そのためには、ひじを水平に動かすイメージを持つことです」 稲見萌寧のパッティングストローク 7勝のうち6勝はこのパター 「稲見プロの勝ち星は、このパター(テーラーメイド「トラスTB1」)のチカラも大きいと思います。方向が出しやすくて、インパクトのフェースのブレが小さい特性がピッタリだったようです」 https://my-golfdigest.jp/lesson/p36263/ 後編はこちら 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月14日号より こちらもチェック! https://my-golfdigest.jp/tournament/p33481/ https://my-golfdigest.jp/tournament/p13355/ 稲見萌寧関連の記事が気になる方はこちら 稲見萌寧の記事をもっと読む