Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 稲見も畑岡も! パット上手の女子プロがこぞって採用する「クロスハンド」メリットと握り方を詳細解説

稲見も畑岡も! パット上手の女子プロがこぞって採用する「クロスハンド」メリットと握り方を詳細解説

一昔前は“異端”というイメージがあった「クロスハンド」のグリップだが、最近では稲見萌寧や畑岡奈紗をはじめ、女子プロの間でも採用する選手が増えている。果たしてクロスハンドでパッティングをするメリットは? そもそも正しい握り方は? パットに強い南秀樹コーチに話を聞いた。

PHOTO/Takanori Miki、Hiroaki Arihara

解説/南秀樹

木村彩子や岡山絵里などのトッププロを教えるプロコーチ。香川県で「3.7.3 GOLF ACADEMY」を主宰

“ロボット化”すれば余計な動きができない!

昔はパットの苦手克服のための握りという印象だった「クロスハンド」。しかし、今ではクロスハンドを採用する選手が増えている。その理由を南秀樹コーチに聞いた。

「1番の理由は、グリーンが高速化したことで、機械のように毎回同じストローク、そして同じ出球を打つことが求められるようになったことです。一般的にクロスハンドは、右手の動きが抑制できると言われています。それもありますが、僕は『左手の動きが抑制できる』メリットもあると思っています。つまり、クロスハンドで握ることで両手を“ロボット化”し、体だけを使ったストロークになるため、常に安定した出球が打てるんです。一方、距離感が出しにくくなるため、ロングパットの練習は必須です」


クロスハンド4つのメリット

(1)手首が固定され余計な動きがなくなる

手首がロックされるため、ストローク中に手首が返る動きが抑えられる。結果、パンチやゆるみがなくなり、一定の力加減でストロークできる

(2)左右の肩の高さがそろいやすい

クロスハンドだと左手が下になるため、両肩のラインがそろいやすい。過度なアッパーやダウンブローを防げる

(3)左腕の側面とフェース面がリンク

左腕の側面がフェース面とリンクするため、フェース面の管理がしやすい。左手の面が真っすぐ動けば、出球もズレにくい

(4)ストロークの軌道が安定しミート率が上がる

体を使ったストロークになるため、再現性が高く最下点がブレにくい。すると、ミート率が上がり転がりもよくなる

基本のアドレス

【右手の握り方】
“五木ひろし”の要領で右わきを絞る

手のひらを正面に向けたまま後方から腕を動かしわきを締める。最後にグリップに手のひらをつければ完成

【左手の握り方】
両手のひらが向かい合うように横から添える

左手は横から添わせるように握り、両手のひらが合わさるのが正解

両手のひらが互いに向き合う形が基本形。手のひらの向きがズレると、力の入り方が変わり、安定しにくくなる

クロスハンドと言っても左手の握り次第で千差万別

基本の握り方はあるが、左手の握り方によって様々なクロスハンドの形がある。女子プロのグリップをもとに仕分けしてもらった

同じクロスハンドでも、プロの握り方を見るとさまざまなタイプがある。南コーチによると、左手の握り方によってタイプ分けできるという。

「前述したように、クロスハンドの目的のひとつは、左手を固定すること。基本の握り方でも左手を固定をしていますが、左手の握りを変えることでさらに固定度が強くなります。大きく分けると、基本の握り方に加え、左人差し指を伸ばすタイプ、左手を上から絞るように握るタイプ、左腕にグリップを添わせるタイプがあり、後者ほど左手の個程度が強くなります。みなさんも実際に試して自分に合うクロスハンドを見つけてください」

基本型

左手の固定度:弱
主な採用プロ:稲見萌寧、菊地絵理香、若林舞衣子

右手は下から、左手は横から握る基本に忠実な握り方。クロスハンドのメリットを平均的に幅広く生かせる

【メリット】
ストロークの再現性が高くなる

腕に窮屈感がないため、力みがなくなり、体の回転がしやすい。スウィングリズムが一定になり、再現性も高くなる

【注意Point】
上半身がゆるみやすい

グリップ圧が弱いため上半身がゆるみやすい。下半身はどっしり構えるようにしよう

左人差し指伸ばし型

左手の固定度:中
主な採用プロ:青木瀬令奈

両手の握る間隔を広げ、人差し指を伸ばして握ることで左手首の動きを抑えることができる

【メリット】
フェース面の管理がしやすい

左手首の動きをより強く固定することで、フェース面の管理がしやすく、パンチやゆるみも入りにくい

【注意Point】
ダウンブローになりやすい

左手がグリップの下のほうを握ることで、左肩が下がりやすい。すると入射角が鋭角になりやすいため、肩を水平に保つように注意

左手かぶせ型

左手の固定度:強
主な採用プロ:植竹希望、新垣比菜、宮田成華

左手を上からかぶせるように握ることで、手首の固定はもちろん、わきが締まるため、腕がより固定される

【メリット】
両腕がロックされ体主体のストロークに

両手首はもちろん、右腕、左腕がしっかりとロックされる握り方なので、体主体のストロークがしやすくなる

【注意】
左肩が前に出やすい

左手を上から握ると左肩が前に出やすい。アドレスで肩のラインがスクエアになっているかチェックしよう

左手かぶせ型

左手の固定度:最強
主な採用プロ:脇元華、福山恵理

短く握り、グリップ部分を左腕につけるタイプ。左手はやや上から握るのが理想

【メリット】
シャフトと腕が一体化

シャフトが左腕にくっついていることで、左腕とクラブが一体化して動きやすい。安定感が最も高いタイプ

【注意】
腕だけで振るとフェースが開きやすい

左腕だけで振ろうとすると、手元が浮き、フェースが開きやすくなる。体でストロークしよう

月刊ゴルフダイジェスト2022年1月号より

こちらもチェック!

  • 100Y以内を確実に乗せる、アプローチで1パット圏内に寄せる、グリーン上で確実に2パット以内で上がる――スコアメイクをする上で最も重要なもののひとつが「距離感」だ。どこからでもいとも簡単に寄せてくるプロのような距離感は、我々にも身につけることができるのか。今回は、「距離感」というものの正体と、その磨き方を教えてもらった。 TEXT/Kenji Oba PHOTO/Yasuo Masuda、Tadashi Anezaki THANKS/オーク・ヒルズCC 稲見萌寧の「絶対距離感」僕らにも習得できる? メダリストにして賞金女王争いでトップを走る稲見萌寧。その強さはスタッツにも表れている。出場41試合で、獲得賞金以外にも、優勝回数(8勝)、年間トップ10回数(22試合)、平均ストローク(70.13)、平均バーディ数(3.67)、パーセーブ率(90.23%)でトップを走る(データは10月28日現在)。注目すべきは、ともに1位を独走する「パーオン率」と「リカバリー率」だ。前者のデータは75%、後者は70%を超えている。つまり4回に3回以上はグリーンをとらえ、たまにグリーンを外しても7割の確率でパー以上のスコアで上がっているわけだ。稲見が「ショットメーカー」といわれる、納得のデータといえる。精度の高いショットについて奥嶋誠昭コーチは「絶対音感ならぬ“絶対距離感”がある」という。アイアンショットは2Y刻みから、長い番手でも5Y刻みで打ち分けられるというのだ。そうした能力が身についたのは育った環境も大きい。というのも稲見はジュニア時代、千葉の北谷津ゴルフガーデンでゴルフを覚えた。パー3が18ホールあるショートコースで、池田勇太や葭葉ルミなど、30人以上のプロを輩出したことでも知られている。稲見はジュニア時代、1日10時間以上を北谷津で過ごしてきた。芝の上から打てるのはもちろん、グリーンの状態やボールのライ、高低差、風や天候などに合わせ、距離を打ち分ける感覚を磨いたのだ。ショートコース特有の小さな砲台グリーンでどこに止めるか、という技術もそこで身につけた。では、アマチュアのゴルフはどうだろうか? フルショットはそこそこよく、狙った方向に飛んでいる。だが、グリーンまで残り80Y(中途半端な距離)のコントロールショットになると、手前にショートしたり、奥にオーバーしたり……そんな経験をしたゴルファーは多いはずだ。結局、パッティングも含め、100Y以内でスコアを崩しているのが、アベレージゴルファーが伸び悩む大きな要因といえるだろう。では、稲見が持つ“絶対距離感”は、アマチュアでも身につけることができるのか? 距離感のベースは“周辺視野”と“空間認知能力”で決まる 解説/大本研太郎 2018年PGAティーチングプロアワード最優秀賞受賞。東京・恵比寿でゴルフスタジオ「GPC恵比寿」を主宰。スウィング理論だけでなく、マネジメントやメンタルにも精通。現在、女子プロの東浩子、臼井麗香などを指導中 「精度の差はありますが、距離感は日常生活でも欠かせない、誰もが持っている能力なんです」というのは、ゴルフを多角的な視点で指導する大本研太郎プロだ。大本プロによれば距離感には2つのキーワードがあるという。そのひとつが「周辺視野」だ。焦点を絞るのではなく、広い視野で景色全体を見ることだ。反対にモノにフォーカスし、凝視することを「中心視野」と呼ぶ。 続きを読む 「実はアマチュアの多くは、中心視野になっているんです。これはゴルフに限らず、道具や体の部位に視線が集中してしまうからです。周囲に人がいるのに素振りをしたり、他の人がプレー中なのに打ってしまうのは、中心視野によって起こるトラブルなんです」ちなみに中心視野はスウィングの天敵である力みも生む。「ボールをよく見ろ」はレッスンの定番だが、目元に力が入ることで全身が力んでしまうこともある。「プロはボールを凝視していません。意識的に周辺視野、つまりボールをぼんやり見ているのです。まずは視線を集中させず、遠くを見る、広い景色を見るなど、周辺視野を意識することが大切です。たとえば大きなグリーンは遠く、小さなグリーンは近く見えますが、このパッと見た距離と実際の距離を歩測や距離計などで検証することで、周辺視野の精度もどんどん高めていけるのです」もうひとつが「空間認知能力」と呼ばれるもの。視覚情報を脳で処理することで距離も含めた状況を判断する能力のことだ。わかりやすい例でいうとクルマの車庫入れで、車庫入れが上手い人ほど、空間認知能力が高いという。「車庫入れの上手い人は、どのタイミングでハンドルを何度切り、どれだけアクセルを踏むかなどとは考えません。視覚情報(車庫の幅、奥行きなど)から見えない部分(死角)もイメージしてクルマを操作します。これはゴミ箱にゴミを入れる、キャッチボールで相手の胸元に投げるのと同じ。実際の距離がわからないのに投げられるのは、空間認知能力を使っている証拠なのです」この空間認知能力は日常生活において不可欠なものだ。たとえば繁華街で人とぶつからずに歩けるのは人との距離や動きを予測しているからだ。階段も同じ。踏み外せば大ケガになる階段を難なく上り下りできるのは、空間認知能力のなせるワザといっていい。「歳を重ねるとつまずくのは筋力だけでなく、空間認知能力の衰えも影響しています。空間認知能力は周辺視野なしでは成り立ちません。普段から視野を広くし、そこに動作を加えることで距離感のベースができ上がっていくのです」 距離感のキーワード1 周辺視野焦点を中心に絞らず広い範囲を見る 【周辺視野】周囲の情報を把握できる【中心視野】意識が1点に集中 周辺視野とは視野が広い状態を指し、まさにボールをぼんやり見ることそのものだ。グリーンまで何Y、池を越えるには何Yといった奥行き(距離感)は広い視野なしでは判断できない。モノを凝視する中心視野、たとえばスマホに集中していては周りの状況は把握できない 距離感のキーワード2 空間認知能力立体的な位置関係を把握する能力 視覚情報を脳で処理し(見えない部分の捕捉も)、三次元空間における状況を把握してイメージ、予測しながら動けるのが空間認知能力だ。人とぶつからずに歩ける、高さも幅も違う階段を上り下りできるのは、誰もがこの能力を持っているから。ただ加齢とともに衰える能力でもある 空間認知能力は日常生活で鍛えられる!空間認知能力を発揮するには広い視野、つまり周辺視野が必須だ。まずは普段から広い視野を心がけたい。そこに歩く、走る、投げる、使うなどの動作が加わることで空間認知能力は高められる。ジグソーパズル、自転車の運転、絵を描く、地図を読み解く、キャッチボールなどは、空間認知能力を鍛える最適な動作なのだ 「視覚で得た情報に反応できる“手の感覚”を磨くことが大事です」 距離感の正体はわかったが、ゴルフにおける距離感はどう作ればいいのか?「距離感を作るには、手の感覚が重要です。運動時における感覚では、手の感覚が3割以上を占めているからです」と大本プロ。「ペンフィールドのホムンクルス」という、手と顔が異常に大きな人形がある。これはカナダの脳神経外科医・ペンフィールドが脳(運動野と体性感覚野)と体の部位との対応関係をまとめたもので「脳の中のこびと」とも呼ばれている。「つまり、手の感覚なくして距離感は作れないということです。グリーン上でカップに向かってボールを転がし、近くに寄せたり、入れたりするのが上手な人ほど、手の感覚が優れている証拠です。ただ、これは積極的に手を使え、ということではありません。手を使うとスウィング中にムダな動きが生まれるので注意しましょう」(大本)ゴルフに求められる手の感覚とはクラブの重さ、インパクトの打感、手の中でクラブが引っ張られたり、ねじれたりする感触を感じ取ることだ。そして大本プロは、距離感に直結する右手の感覚がとても大切だと語る。「プロがグリーン上で距離感を出すとき、よく右手を振るのはそのためです。周辺視野による視覚情報、空間認知能力による傾斜、見えない風などを判断し、それに右手の感覚を合わせていく。そうやってターゲットに対する距離感が磨かれていくのです」 右手=力感左手=方向性 手の感覚はどちらも大事なものだが、距離感で考えれば、重要なのは右手(右打ちの場合)。ターゲットに対する右手の感覚によって距離感が作られるわけだ。一方左手は、クラブの動きをガイドし、方向性を出すのに役立つ では、どのように右手の感覚を磨けばいいのだろう。大本プロは「カップのフチで止める」パッティングとアプローチの練習が効果的だという。「入れるのではなく止めることが大事。止めることで正確な距離感が作られるからです。どう転がし、どう浮かせるかではなく、狙った場所にどう止めるか。それが右手の感覚を磨き、自分の距離感として培われていくのです」手の感覚を磨くためにやってはいけないことがある。それが「フルショット」と「振り幅を決めること」だ。フルショットは転ばないようにバランスを保とうと体が反応しやすく、振り幅を決めると右手の感覚は鈍ってしまう。ターゲットに対し、どのくらいの力感(手の感覚)で打つかが決まれば、振り幅は自然に決まるのだ。10mのロングパット、20Yのアプローチから始めるのがいい、と大本プロ。徐々に距離を伸ばし、間の距離を打ち分けていくことで、精度の高い距離感が体の中に記憶されていくはずだ。「いきなり稲見選手のような2Y刻みは難しいですが、打った瞬間に大きいか、小さいかがわかれば、精度の高い距離感に近づけている証拠。スコアメイクもグッとラクになりますよ」 運動は3割以上が手の感覚で行われている。「手のひらは第二の脳」と呼ばれる由縁でもある。手でボールを転がす、投げて転がすなど、視覚情報に対していかに手の感覚を合わせられるかが、距離感作りの最初の一歩なのだ カップのフチに「止める」練習をしてみよう カップに「入れる」のではなく、手前に「止める」ようにすることで、正確な距離感が身につく。まずは10mのパットと20Yのアプローチから始めよう。パットではカップを見たまま打つと、よりイメージが出しやすい こんな練習も効果的! 目をつぶったままパット右手1本アプローチ目をつぶることで体の中のセンサー、とくに手の感覚が敏感に感じやすくなる。また右手1本のアプローチも右手の感覚(打感・重さ・ねじれを感じる)を磨くには最適なドリルだ 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月16日号より
  • パット巧者の女子プロのルーティンを観察すると、お腹を触るタイプと左太ももを触るタイプの2つのパターンが多いことが分かった。その効果は? PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa どんな状況からでもズバズバとカップにねじ込むプロのパッティング。その秘密は、打つ前の「ルーティン」にあるというのは関浩太郎コーチ。なかでも、女子ツアーで多かったルーティンとして、お腹を触るタイプと太ももを触るタイプについて、その効果を解説してもらった。「鈴木愛プロのように、アドレスの直前にお腹を触るルーティンは、ストロークを安定させる効果があります。お腹をさするように触ることで、腹筋への意識が高まるので、手打ちを防ぎ体幹を使ってストロークしやすくなります。体幹を使えると前傾が崩れにくくなるので、ストローク自体が安定するんです。一方、渋野日向子プロなどがやっている左太ももの前側を触るルーティンは「目標に対してのアライメントを重視したものだと思います。左手で左太ももを触ることで、目標に対する脚と肩の向きを再確認し、真っすぐ構えられるようにしているんですね。どちらのルーティンにも、その選手が重視しているポイントが表れています。アマチュアの方にも有効なので、どちらか合うスタイルを取り入れてみるのもいいと思います」 お腹を触る=ストローク重視タイプ アドレス前にお腹をさするように動かす。すると体の中心部に位置する腹筋に力が入りやすいため、前傾がキープでき軸がブレにくくなる。 アドレス時にお腹をさするような動きをしたあとに、ストロークに入る。パットだけでなく、ティーショットの際にもこのルーティンを入れる選手も主な選手/上田桃子、鈴木愛、西村優菜、山下美夢有 【メリット 1】前傾キープを意識しやすい 腹筋を中心に前傾ができることで、猫背や反り腰アドレスを防げる。加えて腹筋に意識を集中できるため、ストローク中に前傾をキープしやすい 【メリット 2】体でストロークしやすい 肩や腕などの上半身の意識がなくなり、腹筋を使ってストロークできる。体の開きが抑えられ、過度なフェースの開閉がなくなる 【注意Point】腰ではなく腹筋から前傾する 腹筋に力を入れてもお辞儀をするように背中が丸まっては意味がない。体の中心部である腹筋から前傾し、背中が真っすぐ伸びるようなイメージで構えることが大事 左太ももを触る=アライメント重視タイプ 左手で左太ももの前側を触ることで、目標に対する体の向きを確認できる。ストロークの動きよりも目標に対するアライメントを重視するタイプ。 左足太ももに手を当てながら、フェース面と体のラインが目標に真っすぐになるように構える主な選手/永井花奈、渋野日向子、勝みなみ、河本結 【メリット 1】目標にスクエアに構えやすい 肩・足・フェース面を目標に対して真っすぐ構えやすい。体が開いて左へ向いたり、左肩が閉じて右を向くミスなどを防ぐことができる 【メリット 2】体の開きが抑えられる アドレスで目標を確認していると、知らず知らずのうちに肩のラインが左を向きやすい。左太ももを触ることで、左サイドに壁ができる感覚があり、肩が開くのを抑えられる 【注意Point】ラインを見るときは顔だけを回そう 目標に対して真っすぐ立つことができても、最後にカップを見たときに肩のラインが左を向きやすい。顔だけを回すイメージで、体は動かさないように目標を確認するクセをつけよう 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月号より こちらもチェック!
  • PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Tadashi Anezaki、Hiroaki Arihara、Shinji Osawa スコアを大きく左右するパッティングだが、パットが上手な女子プロのパッティングスタイルを見ていると、ある共通点があることがわかった。果たしてその共通点とは? 解説/橋本真和TPI レベル1、アスリートボディケア・セルフトレーナーなどの資格を持ち、松田鈴英や高木優奈のパッティングコーチを務める 「ハンドアップ」なら手首の動きをロックできる 近年女子プロのパッティング技術がどんどん上がってきている。ツアープロの資格を持ち、パッティングのコーチとして数多くのプロを指導している橋本真和コーチによると、パットが上手い選手に共通するのは「再現性の高いグリップ、アドレス、ストロークができていること」だという。では再現性を高めるために大事なこととは?「まずみなさんに試していただきたいのが“ハンドアップ”です。パッティングのミスの多くは手首がムダな動きをするのが原因で、ハンドアップにすることでその動きを抑制することができます。後方から見て、ひじからシャフトまで一直線になっていればできている証拠です。前傾角度に関しては、申ジエ選手のように浅い人もいれば、上田桃子選手のように深い人もいます。しかし両選手に共通しているのは、ひじからシャフトまでのラインが一直線になっていること。これが再現性を高めるうえでは非常に大事です」(橋本)橋本コーチの言うように多くのプロはこのラインがしっかりとキープされているのが写真でもわかる。ライ角とのバランスもあるが、申ジエはパターのヒールが浮いてしまうほどのハンドアップだが、ひじから下はキレイな一直線になっている。 女子プロイチのパット巧者・申ジエヒールが浮くほどのハンドアップ 申ジエの特徴と言えばヒールが浮くほど前傾が浅く、シャフトプレーンが垂直に近いこと。手首のムダな動きが抑制され、真っすぐなストロークができる ひじから下が一直線になるお手本アドレス4選手 上田桃子「フラットながら一直線」「シャフトプレーンはフラットだが、ひじとシャフトのラインはキレイな一直線になっている」(橋本・以下同) 古江彩佳「真っすぐ打ち出せる構え」「前傾角度とライ角のバランスが絶妙で、真っすぐストロークしやすい構え」 小祝さくら「無駄な力みがない」「パターのライ角どおりに構え、力みがないアドレス。ひじから下のラインは理想的」 河本結「教科書に載せたいアドレス」「ライ角とシャフトプレーン、前傾角度、全てがパーフェクト。お手本的な構えです」 「合掌」ならシャフトのねじれを抑えられる 「ハンドアップと合わせて大切なのは“合掌”です。一般的には、合掌グリップというと、両手をぴったり合わせるようにして握ることを指しますが、ここでいう合掌は、両手の手のひらがフェース面と平行になっているかどうかです。アマチュアの多くはストローク中に手首をひねってフェースの開閉を行っています。手のひらがフェース面と平行にした状態で握ることができると、ストローク中に手首をひねりにくくなるのでぜひ試していただきたいですね」と橋本コーチ。「合掌にも2タイプあって、申ジエ選手のように両手がぴったりと合った『完全合掌タイプ』と原英莉花選手のように順手で握る『順手合掌タイプ』です。どちらも手のひらがフェース面と平行なので、いい意味で手を使いません。パットが上手い選手の多くはこの2つのポイントを無意識にできている人が多いですが、おそらく長時間の練習によって自然と身に付いたもの。パットに悩む人は、ストロークよりも、まずはグリップを参考にしてみてください」 原英莉花シャフトをねじる動きが一切ない 長身の原は、前傾が深いのでシャフトプレーンが垂直に近い角度に。順手の合掌握りにすることでねじれのない振り子のようなストロークができる 完全合掌タイプ 申・ジエ「オーソドックスな合掌グリップ」「完全合掌タイプでも、通常はどちらかの手が若干下にくる。順手と同じように右手親指が少し下にくる申ジエのグリップが一般的な形」 西村優奈「クロスハンド型合掌グリップ」「完全合掌タイプだが、左手がわずかに下にあるクロスハンド寄りの合掌グリップ。左手で打ち出したい方向に引っ張るイメージで打てる」 順手合掌タイプ 原英莉花「順手合唱タイプの見本」「順手合掌の中でもキレイに平行に握れているお手本的グリップ。長身の原は前傾角度が深いので、ライ角どおりに構えやすい」 小祝さくら「左手の意識を消したい表れ」「キレイな順手合掌だが、逆オーバーラッピングにして、かつ手袋を着けることで左手の意識を消したいのだと思います」 上田桃子「自然な開閉が使いやすい」「ストローク中に自然なフェースの開閉が使っていけるお手本のようなグリップ。ブレが少なく再現性が高い」 週刊ゴルフダイジェスト2021年3月2日号より