Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • あなたはお腹派? 太もも派? 真似るだけで入り出す! 女子プロのパットルーティン

あなたはお腹派? 太もも派? 真似るだけで入り出す! 女子プロのパットルーティン

パット巧者の女子プロのルーティンを観察すると、お腹を触るタイプと左太ももを触るタイプの2つのパターンが多いことが分かった。その効果は?

PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa

どんな状況からでもズバズバとカップにねじ込むプロのパッティング。その秘密は、打つ前の「ルーティン」にあるというのは関浩太郎コーチ。なかでも、女子ツアーで多かったルーティンとして、お腹を触るタイプと太ももを触るタイプについて、その効果を解説してもらった。

「鈴木愛プロのように、アドレスの直前にお腹を触るルーティンは、ストロークを安定させる効果があります。お腹をさするように触ることで、腹筋への意識が高まるので、手打ちを防ぎ体幹を使ってストロークしやすくなります。体幹を使えると前傾が崩れにくくなるので、ストローク自体が安定するんです。

一方、渋野日向子プロなどがやっている左太ももの前側を触るルーティンは「目標に対してのアライメントを重視したものだと思います。左手で左太ももを触ることで、目標に対する脚と肩の向きを再確認し、真っすぐ構えられるようにしているんですね。どちらのルーティンにも、その選手が重視しているポイントが表れています。アマチュアの方にも有効なので、どちらか合うスタイルを取り入れてみるのもいいと思います」

お腹を触る=ストローク重視タイプ

アドレス前にお腹をさするように動かす。すると体の中心部に位置する腹筋に力が入りやすいため、前傾がキープでき軸がブレにくくなる。

アドレス時にお腹をさするような動きをしたあとに、ストロークに入る。パットだけでなく、ティーショットの際にもこのルーティンを入れる選手も
主な選手/上田桃子、鈴木愛、西村優菜、山下美夢有

【メリット 1】
前傾キープを意識しやすい

腹筋を中心に前傾ができることで、猫背や反り腰アドレスを防げる。加えて腹筋に意識を集中できるため、ストローク中に前傾をキープしやすい

【メリット 2】
体でストロークしやすい

肩や腕などの上半身の意識がなくなり、腹筋を使ってストロークできる。体の開きが抑えられ、過度なフェースの開閉がなくなる

【注意Point】
腰ではなく腹筋から前傾する

腹筋に力を入れてもお辞儀をするように背中が丸まっては意味がない。体の中心部である腹筋から前傾し、背中が真っすぐ伸びるようなイメージで構えることが大事

左太ももを触る=アライメント重視タイプ

左手で左太ももの前側を触ることで、目標に対する体の向きを確認できる。ストロークの動きよりも目標に対するアライメントを重視するタイプ。

左足太ももに手を当てながら、フェース面と体のラインが目標に真っすぐになるように構える
主な選手/永井花奈、渋野日向子、勝みなみ、河本結

【メリット 1】
目標にスクエアに構えやすい

肩・足・フェース面を目標に対して真っすぐ構えやすい。体が開いて左へ向いたり、左肩が閉じて右を向くミスなどを防ぐことができる

【メリット 2】
体の開きが抑えられる

アドレスで目標を確認していると、知らず知らずのうちに肩のラインが左を向きやすい。左太ももを触ることで、左サイドに壁ができる感覚があり、肩が開くのを抑えられる

【注意Point】
ラインを見るときは顔だけを回そう

目標に対して真っすぐ立つことができても、最後にカップを見たときに肩のラインが左を向きやすい。顔だけを回すイメージで、体は動かさないように目標を確認するクセをつけよう

週刊ゴルフダイジェスト2021年11月号より

こちらもチェック!

  • プロの14本のクラブセッティングと、それらのクラブを選んだプロのこだわりを紹介する連載「プロスペック」。今回は、2019年エリエールレディス以来の優勝を目指す渋野日向子のセッティングに注目。 PHOTO/Shinji Osawa 渋野日向子 しぶのひなこ。1998年生まれ。岡山県出身。2019年の全英女子オープンを制して一躍スターに。現在はスウィング改造中で、さらなる進化を目指している 7月以降は日本を主戦場に戦っている渋野日向子。徐々に調子が上がりつつあり、ファンが待ち望んでいる優勝に近づきつつあることが渋野のクラブ担当者の話から垣間見えた。「G410のドライバーを長く愛用してもらっています。もちろんG425が出たときにも試してもらいましたし、今年のオフにも試してもらったのですが、G410のほうがやっぱり安心感があるのと、打球音が心地いいということで410を使っています。気持ちよく打てるのが一番だと言っていました」渋野はスウィング改造の真っただ中だが、その進化の過程で変化したのがドライバーのロフトだ。「今まで10.5度を使用していましたが、スウィングとカラダの改造で球を上げられるようになってきました。そこで、全英に行く前に9度を投入しました。ヘッド自体は9度ですが、シャフトポジションを変えてリアルロフトを8度にしています。女子にしてはかなり珍しいロフトですが、しっかり球は上がっていましたし、強い球も出ていたので本人も満足しています。これ以上ロフトを付けると球が吹き上がると思うので8度がベストですね」自分がやりたい動きと球筋が一致してきたことで、本来の感覚が戻りつつある。女子ツアー秋の陣で久々の優勝が見られるか。 スウィング改造の一つの目的は飛距離アップだが、それをクラブには頼らず、クラブはあくまでも自身のフィーリングを重視。飛び性能は重視しつつ、自分の気持ちいい打感を大事にしている 以前は5番UTの下にG425とi210の2本の6番アイアンを入れていたが、5UTとG425の6番アイアンの飛距離の階段が合わなくなり始めたことで6UTを試したら、ピッタリとハマッた ウェッジは46、51(表示は52)、54、57度(表示は58)の4本態勢。100ヤード以内の精度を上げたいと考えていた渋野本人の気持ちと、共に合宿をした石川遼からのアドバイスが一致した結果、このセッティングに。52、58度のロフトをそれぞれ1度ずつ立てて、ロフトピッチを調整している このパターに固執しているわけではなく新しいものも積極的に試す渋野だが、最後はこれに戻るという 渋野日向子の14本 週刊ゴルフダイジェスト2021年10月12日号より 「プロスペック」バックナンバー こちらもチェック!
  • 週刊ゴルフダイジェストで連載中の人気ゴルフ漫画「オーイ! とんぼ」を手掛ける、原作者のかわさき健と作画の古沢優。2人が「とんぼ」の前にコンビを組んだのが、ゴルフコミック誌「ボギー」で連載していた「カラッと日曜」という作品だ。 ゴルフ未経験ながら、プロゴルファーである母・天草すみれのキャディを務める「日曜」が発する何気ない一言が、ゴルフの真理をついており、目からウロコの連続。単にマンガとして面白いだけでなく、ゴルフをプレーするうえで役に立つヒントが満載! ゴルファーならぜひ一度読んでほしい作品となっています。 そんな名作マンガ「カラッと日曜」を、本日から毎日1話ずつ、期間限定で特別公開。第1話は下記リンクからお読みいただけます。 「カラッと日曜」第1話はこちらから 第2話は明日12時~配信予定。お楽しみに! こちらもチェック! 「オーイ! とんぼ」第1話から特別無料公開 まだまだある! 無料で読める漫画コンテンツ
  • 賞金女王を争う稲見萌寧、小祝さくらをはじめとした人気女子プロ5人の貴重な直筆サイン入りキャップが当たるキャンペーンを本日より開催! 本日より、サブスクサイト「Myゴルフダイジェスト」有料会員にご登録いただいた方に、抽選で人気女子プロの直筆サイン入りキャップが当たるキャンペーンを実施。今季7勝、東京五輪で銀メダルを獲得した稲見萌寧、今季5勝で賞金ランクトップ(9月7日現在)の小祝さくらをはじめ、今年の週刊GDプロゴルファー総選挙で人気上位に名を連ねる青木瀬令奈、松田鈴英、西村優菜の計5人のサイン入りキャップ&バイザーをプレゼント。今なら有料会員が初月無料! この機会にぜひお申し込みください。 どれが誰のサインか分かりますか? 正解&キャンペーン詳細はこちら 関連記事 https://my-golfdigest.jp/tournament/p27602/