Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 【プロスペック】ウッド5本にウェッジ4本。渋野日向子の新セッティング

【プロスペック】ウッド5本にウェッジ4本。渋野日向子の新セッティング

プロの14本のクラブセッティングと、それらのクラブを選んだプロのこだわりを紹介する連載「プロスペック」。今回は、2019年エリエールレディス以来の優勝を目指す渋野日向子のセッティングに注目。

PHOTO/Shinji Osawa

渋野日向子

しぶのひなこ。1998年生まれ。岡山県出身。2019年の全英女子オープンを制して一躍スターに。現在はスウィング改造中で、さらなる進化を目指している

7月以降は日本を主戦場に戦っている渋野日向子。徐々に調子が上がりつつあり、ファンが待ち望んでいる優勝に近づきつつあることが渋野のクラブ担当者の話から垣間見えた。

「G410のドライバーを長く愛用してもらっています。もちろんG425が出たときにも試してもらいましたし、今年のオフにも試してもらったのですが、G410のほうがやっぱり安心感があるのと、打球音が心地いいということで410を使っています。気持ちよく打てるのが一番だと言っていました」

渋野はスウィング改造の真っただ中だが、その進化の過程で変化したのがドライバーのロフトだ。

「今まで10.5度を使用していましたが、スウィングとカラダの改造で球を上げられるようになってきました。そこで、全英に行く前に9度を投入しました。ヘッド自体は9度ですが、シャフトポジションを変えてリアルロフトを8度にしています。女子にしてはかなり珍しいロフトですが、しっかり球は上がっていましたし、強い球も出ていたので本人も満足しています。これ以上ロフトを付けると球が吹き上がると思うので8度がベストですね」

自分がやりたい動きと球筋が一致してきたことで、本来の感覚が戻りつつある。女子ツアー秋の陣で久々の優勝が見られるか。

以前は5番UTの下にG425とi210の2本の6番アイアンを入れていたが、5UTとG425の6番アイアンの飛距離の階段が合わなくなり始めたことで6UTを試したら、ピッタリとハマッた

ウェッジは46、51(表示は52)、54、57度(表示は58)の4本態勢。100ヤード以内の精度を上げたいと考えていた渋野本人の気持ちと、共に合宿をした石川遼からのアドバイスが一致した結果、このセッティングに。52、58度のロフトをそれぞれ1度ずつ立てて、ロフトピッチを調整している

このパターに固執しているわけではなく新しいものも積極的に試す渋野だが、最後はこれに戻るという

渋野日向子の14本

週刊ゴルフダイジェスト2021年10月12日号より

こちらもチェック!

  • ウッド類1万2000本、アイアン1000セット以上という膨大な在庫を誇るレンタルクラブサービス「クラブステーション」。果たしてどんなシステムなのか。「試打クラブ」と「ラウンドセット」の2種類あるレンタルサービスのうち、「試打クラブ」を体験レポート! クラブは高い買い物。買って後悔はしたくない。ショップや練習場で試打をして購入を決める人も多いと思うが、インドアでの計測や練習場での数球の試打だけでは分からないことも多い。練習場でじっくり打って、さらにコースでどんな球が出るか。そこまで確かめたうえでクラブを決めたいところ。そんな道具にこだわるゴルファーにピッタリなのが「クラブステーション」。あらゆるメーカーのクラブを揃える日本最大のレンタルクラブサービスだ。存在は知っていたものの、利用したことがなかったので、どんなサービスなのか、使ってみた。 クラブが多すぎて目移り!王道モデルをチョイス 今回利用したのは、「試打レンタル」。文字通り、クラブを借りて、期間内は自由に試打できるサービスだ。一度に借りられるクラブは3本までで、1本だと4180円、2本で4840円、3本借りると5500円(往復送料込み)。アイアンセットの場合は1セット5500円。通常は3泊4日だが、Myゴルフダイジェスト有料会員は7泊8日まで借りられる。練習場とコースでじっくり試せそうだ。クラブだけでなく、シャフト単体でも借りられるようなので、今回はドライバー1本とシャフト2本を借りることに。 主要メーカーはほぼすべてラインナップされている クラブステーションHPの「試打クラブ」ボタンから、「試打クラブを探す」へ進んでいくと、クラブの検索画面が現れる。試打クラブの検索は会員登録していなくても利用できるので、どんなクラブが借りられるのか一度覗いてみるといいだろう。 こちらが検索画面。クラブの種類、メーカー、ブランドの順で選び、さらに硬さやロフトなどの詳細条件を選んで検索できる 今回は、まだ打ったことがなかったテーラーメイドの「SIM2 MAX」を試してみることに。ちなみに最新モデルは発売日前から借りられるものが多い。 同じ「SIM2 MAX」でも、ロフトやシャフトの種類によって細かく取り揃えている。背景がグレーのクラブは、すでに借りられていることを示している ラウンド予定に合わせて期間を設定し、検索すると、運よく希望のスペックが空いていた。「スピーダーエボリューション7 661」が付いたクラブを選択し、別で「ツアーAD HD-6」と「ディアマナTB60」のシャフトも借りることに。スリーブも、もちろんヘッドに合わせて選択できる。 シャフトのランナップもかなり充実している 届いたクラブは、専用の青いケースに梱包されていた。中には1本のドライバーと2本のスリーブ付きシャフト、それにトルクレンチが入っている。返却するときはどうすれば? と思ったら、中に返送用の宅急便伝票も同梱されていた。これを貼り付けて返送するだけなのでカンタンだ(郵送料金もレンタル料に含まれているので払う必要はない)。 届いたクラブはこんな感じ。シャフト交換用のトルクレンチも同梱されている 練習場ではツアーADしかしコースでは……? さっそく練習場で試打。人気のモデルだけあって、ヘッド性能は申し分ない。現在使用しているヘッドよりも、スピン量が少なく、いつもなら吹き上がって弱いスライスになりそうな当たりのときでも、比較的強いフェードで飛んでいく。続いてシャフトを付け替えてみる。普段じっくり打ち比べたことがなかったが、こうして同じ条件で比較しながら打ってみると、性格の違いがよく分かる。スピーダーはやはりつかまりがよく、出球から左になることも。一方ディアマナは球がつかまりきらず、右にすっぽ抜けることも。ツアーAD HDが最もタイミングが合いやすく、方向性が安定していた。 練習場でカチャカチャしながら打ち比べるのも楽しい そして満を持してコースへ。スタート前の練習場でも、やはりツアーADが一番いい球が出たので、意気揚々とスタートティーへ。最初の数ホールは、フェアウェイをとらえいい感じ。風に負けない強い球で、距離もいつもより出ている。ところが後半に入ると、右に押し出すことが多くなってきた。そこでスピーダーに差し替えると、つかまったいいドローが出た。打ち出しも高く、いわゆる高弾道・低スピンの飛ぶ球筋に。コースでは練習場よりも振ってしまうぶん、中~手元調子のシャフトだと振り遅れ気味になるのだろうか。先調子系のほうがしっかりとヘッドが戻ってくれてタイミングが合いやすかった。 「黄金スペック」探しの旅はつづく… 結果、「SIM2 MAX」のヘッドに「スピーダー」のシャフトが自分にはピッタリ合いそうな気がしたが、ちょっと後半、振りが重く感じたのが気になるところ。せっかくなら、今度はちょっと軽いシャフトでも試してみたい。50g台のSとXを借りてみようか。いや、その前に通常の「SIM2」、いや、キャロウェイの「EPIC MAX LS」ヘッドも試さなくては……。というわけで、悩みがいっそう深まった気もするが、練習場とコースでシャフトを打ち比べられたのは、まるでプロにでもなった気分で、なかなか得がたい経験だった。自分に合った究極の1本を追求したい方は、ぜひ一度試してみてほしい。 「クラブステーション」を体験してみる Myゴルフダイジェスト有料会員は「クラブステーション」がお得に! MyGD会員限定のスペシャル特典をチェック
  • TEXT/Tomohide Yasui PHOTO/Hiroaki AriharaMODEL/Nanoka Hagiwara(GOLULU) 飛距離アップのためには、インパクトで骨盤を開くことが重要で、その動きを実現するには「前屈、側屈、回転」の3つが重要だと、渋野日向子の専属トレーナを務める斎藤大介氏は言う。後編では、具体的なストレッチメニューを教えてもらった。 解説/斎藤大介 柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得。16年より米女子ツアー選手のトレーナーを務め、20年から渋野日向子の専属トレーナーとして活動。小誌で「らくトレ、ゆるスト」連載中 >>前編はこちら 柔軟性を高めるだけで飛距離が大幅UPの可能性も 「前屈・側屈・回転」の動きを理解したら、いよいよ“骨盤開き”メニューのスタートだ。「飛距離アップにハードなトレーニングが必要だと思っている人がいるかもしれませんが、体が硬いことで骨盤を開いたスウィングができていない人のほうが多いです。ですから、柔軟性を高めるだけで飛距離が大幅に伸びる可能性があります」と斎藤氏は語る。ただ、これまで述べてきたとおり「骨盤の開き」だけをマネしても、本質的な動きが伴わなければまったく意味がない。フェースが開いた状態でボールに当たり、弱々しいスライスボールが出るだけだ。見た目の形ではなく、骨格の動きに注目することで、ようやく骨盤を開いたスウィングの感覚をつかむことができる。そのキーワードが「股関節とわき腹の柔軟性にあります」と斎藤氏。「骨盤が開けるようになるには、地味な動きをコツコツと体に染み込ませるしかありません。1日3分(週4)で構わないので継続的に体を動かしていけば、体の中に変化が生じてくるはずです。もともとアマチュアは体が硬いですから、やればやるだけ効果は大きいですし、スウィングが劇的に変化するきっかけになるはずです」最新のスウィング理論を試してみたけど、今ひとつピンとこなかった人は、見た目をマネしただけで、スウィングの土台となる体の柔軟性が不足していたのかもしれない。日々の生活に“骨盤開き”メニューを取り入れることで体の準備が整えば、ボールを遠くに飛ばせるスウィングがきっとマスターできるはずだ。 【1日3分・週4日】3つの基本メニュー メニュー1【前屈】前後に足を開き股関節から折る 股関節から折り曲げる前屈はスウィングの基本姿勢だ。男性は背中が丸まってしまうケースが多いので、クラブを両手で持って背中に抱え、背筋とひざが曲がらないようにしっかり前傾姿勢を作るストレッチが有効。足を前後に開くとストレッチ効果も高まる【3秒キープ・左右5回】 メニュー2【側屈】クラブを掲げて左右に倒す わき腹の柔軟性を高め、正しい側屈の動きをマスターするには、クラブを使ったストレッチがおすすめだ。体を右と左に交互に倒し、クラブが垂直になった状態をキープする。これを左右均等に行うことができれば理想的な側屈といえる【3秒キープ・左右5回】 メニュー3【回転】胸は動かさず腰だけクルッと回す 胸の前で両手をクロスしてクラブを支え、クラブの向きが変わらないように固定しながら腰だけを回すストレッチ。最初は小さな動きで構わない。上下を分離させて動かす感覚が身につくとスウィングが大きく変わる【リズミカルに左右5回】 【週1回】ツイストエクササイズ 寝ながらツイスト (1)両腕を固定し腰を左右に 床に寝転がって両手を広げ、両腕を固定した状態で腰から下だけを左右に動かすエクササイズ。両肩を床につけたまま交互にゆっくりと動かすことで、下半身だけをねじる感覚を覚え込ませる (2)腰を固定し胸を伸ばす ひざを曲げた姿勢で床に横向きに寝そべり、体の側面を床につけたまま両手を大きく広げて胸を伸ばすエクササイズ。腰から下は動かさず、上半身だけをねじる感覚で胸を大きく開くイメージ 立ったままツイスト (1)90度回転ジャンプ 体を正面に向けた姿勢から、ジャンプすると同時に下半身だけを90度回転させる。次のジャンプで最初の姿勢に戻る。リズミカルに体を動かすことで、スウィングに似た体の回転の感覚がつかめる (2)6時→12時ツイスト 自分の腕を時計の針に見立て上半身をねじり、右手が上になる6時と、左手が上になる6時を交互に繰り返す。体が硬い人は時計の針が多少斜め(5時50分や6時10分)になってもOK 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月14日号より 斎藤大介氏の連載はこちらから
  • PHOTO/KJR 東京五輪で惜しくもメダルを逃した松山英樹だが、病み上がりでの大舞台でマスターズ王者らしい戦いを見せてくれた。そんな五輪での松山の戦いぶりについて、内藤雄士コーチが技術面から分析! 解説/内藤雄士 日大在学中に米国留学しゴルフ理論を学び、プロコーチとして丸山茂樹など多くのプロをサポート。今は高井戸ハイランドセンターでラーニングゴルフクラブを設立し、ゴルフ指導、ゴルフアナリストとして活躍 5Wが新たな武器になるか 3日目まで良かったパットが最終日のバックナインに入って決まらなくなった。最終日のどこかでラインのズレが生じ、それを引きずったのかもしれません。これは本人のみぞ知る部分で、いちばん悔しいのも松山選手。病み上がりの状態でも、最後までメダルを争ったのはさすが。狙えるときはアイアン力でバーディを奪い、ピンチは引き出しの多いアプローチでボギーは打たない。松山、X・シャウフェレ、C・モリカワ、R・マキロイ、P・ケーシー…… 世界トップの共通点はボギーが圧倒的に少なく、ダボは絶対に打たない。それを改めて感じさせる大会でした。 続きを読む 今回、アイアンとショートゲームに加えて、5月から投入した5Wが霞ヶ関のセッティングにマッチした印象です。コブラ(ラッドスピードツアー/ベンタスブラック・10X)の5Wは、ティーショットやフェアウェイだけでなく、ラフからも活躍していました。見た限り、やや短尺に組んでいる様子で、得意のアイアンの延長線上的な使い方をしていましたね。最終日14番の2オンもこのクラブ。霞ヶ関のラフはフライヤーしやすく距離のジャッジが難しいのですが、スピン量の安定度など事前にチェックして投入した結果だと思います。これからバッグに入り続けるかはわかりませんが、大きな武器になっていくはずです。スウィングはマスターズ優勝の際に報道されたように低重心のフラット軌道が板につき、アームプレーンとヘッドプレーンは、よりシンプルな軌道を描いています。来年のメジャー、そして3年後のパリ五輪でも日本のエースとしての活躍を期待します。 スピンが安定する5Wあらゆる場面で活躍 世界のトップは簡単にボギーを打たずダボは絶対回避 イーグルバーディボギーダボX・シャウフェレ(優勝)22170松山英樹(4位T)02160C・モリカワ(4位T)11960R・マキロイ(4位T)12180星野陸也(38位T)01552シャウフェレと上位の実力者3人、そして星野陸也の4日間のスコア詳細。内藤コーチの指摘のとおり、上位4人で最もボギーの多いマキロイが8つ。ダブルボギーは全員ゼロ。対して星野は2つのダブルボギーが響いた。バーディやイーグルを取る力も重要だが、それ以上に簡単にはボギーを打たず、ダボは絶対に叩かない、というゴルフが世界で戦ううえで求められる 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月24・31日合併号より 関連記事 https://my-golfdigest.jp/tournament/p33579/
  • PHOTO/Shinji Osawa、Tadashi Anezaki、Takaaki Masuda 今年に入り、スウィングがガラリと変化した渋野日向子。結果が伴わないと否定的な意見も出てくるが、そうすぐに結果として表れるものでもない。今回の思い切ったスウィング改造について、専門家たちはどう見ているのか? 話を聞いてみた。 解説/黒宮幹仁松田鈴英などを教えるプロコーチ。最先端スウィングに精通する 道のりは険しいが渋野選手なら…… 「渋野選手の新スウィングは、米ツアーで戦うための飛距離アップを目指したもの」と語るのは、プロコーチの黒宮幹仁氏。渋野のスウィングの変化とその意図について次のように説明する。「大きな違いは低いトップですが、トップを低くすると、スウィング軌道がゆるやかになり、アッパーでボールをとらえやすくなります。スピン量を減らして効率よく飛ばそうという意図の表れですね。この動きは、セルヒオ・ガルシアなどが取り入れていますが、女子にはいません。それは体幹の強さから生まれる回転力が必要だからです。普通の女子選手がやると、体を上手く使えず逆効果になってしまう可能性が高いんです。しかし、渋野選手は手足が長く、握力も強いなど、もともとのポテンシャルが高いうえに、トレーニングにも力を入れていると聞きます。だからこそ取り組めるのだと思います。本人が話すように、発展途上の段階ですが、これから体幹力が鍛えられ回転力が上がれば、さらなる飛距離アップが期待できるでしょう。僕はありだと思っています」 2020年手元が頭よりも上にある高いトップ 手元が頭よりも上にある高いトップから、ヘッドがやや鋭角に入ってくる。地面を蹴る動きによって縦方向の力を上手く利用してパワーを生み出し、飛距離を出していた 2021年手元が頭よりも下にある低いトップ 右肩の高さと同じ位置に手元がある低いトップに変更したことでスウィングの軌道もゆるやかに。アッパーでボールをとらえられるようになり、スピン量が減り効率よく飛ばすことができる 渋野日向子 今シーズンの成績は? 20192020-21ドライビングディスタンス248.21Y236.83Yフェアウェイキープ率67.94%70.57%パーオン率70.75Y70.07Yスウィング改造の途上ということもあり、2019年シーズンと比べ飛距離は落ちているが、フェアウェイキープ率は向上。新スウィングをモノにすれば、さらなる飛距離が手に入るはずだ※スタッツは国内の大会(アクサレディスまで)のもの。 日程試合名順位3/4~7ダイキンオーキッドレディス13位T3/12~14明治安田生命レディス57位T3/19~21Tポイントゴルフトーナメント11位T3/26~28アクサレディス15位T4/1~4ANAインスピレーション72位T4/14~17ロッテ選手権33位T4/29~5/2HSBC女子チャンピオンズ67位T5/6~9ホンダLPGAタイランド34位T5/20~23ピュアシルク選手権31位T 今年はウェアもチェンジ! 変化があったのはスウィングだけではなかった。米ツアーでは、「ビームスゴルフ」から「アディダス」にウェアを変更。心機一転の渋野日向子に注目だ プロコーチ10人に聞いた!渋野のスウィング改造あり?なし? あり:4人 不安あり:6人 ●「あり」(大西翔太コーチ) 体を鍛えられればいけるはず「進化には一度沈むことは重要です。もう一段階ステップアップするための助走期間だと思えば、今の改造も納得できます。体を鍛えてスウィングとマッチできれば結果はついてくるはず」 ●「不安あり」(阿河徹コーチ) グリーンを狙うショットが難しくなる「ドライバーでは、スピン量が減って効率が良くなりますが、不安なのはアイアンやウェッジショットでのスピンです。グリーンに止めなくてはいけないので諸手を挙げて賛成はできないですね」 歴代の改造成功者を見てみよう! 中嶋常幸の場合:クラブの変化に対応 89年の冬から1年間、パーシモンからメタルヘッドへの移行時にスウィング改造を試みる。ウェートシフトが大きかったところを、体の中心で振るスウィングに。結果、90年の関東プロで3年ぶりの優勝を果たす 米山剛の場合:ケガを機にスウィング改造に着手 首の痛みがきっかけで45歳からスウィング改造に着手。オーバースウィングだったトップをコンパクトにし、再現性を優先。3年以上の時間を費やし、2018年の日本プロシニアで復活優勝 月刊ゴルフダイジェスト2021年7月号より
  • PHOTO/Shinji Osawa、Tadashi Anezaki テレビ中継を見ていて、渋野日向子のスウィングが明らかに変化したことにお気づきの方も多いことだろう。どこがどう変わったのか、その狙いは何か。渋野の最新スウィングを飯島茜が解説。 解説/飯島茜ツアー7勝。07年日本女子プロ選手権でメジャー制覇。現在はレッスンも積極的に行い、YouTubeで「飯島茜のゴルフちゃんねる」を開設。ゴルフ中継の解説も務めている 2021年の女子ツアーが開幕し、注目を集めているのが渋野日向子のスウィング改造。見た目にも大きく変わったがその変化は何のためなのか。「トップの位置が低くなり、ダウンスウィングで以前よりシャフトが寝てきています。昨年までは高い位置でトップを作り、そこから手を使わずに体の回転でクラブを低い位置にもってくることで遠心力が生まれ、飛ばしていました。それをフラットなトップにすることで、正確性を追求しているのだと思います。でも、トップの位置を低く保つには相当な筋力が必要。女子プロが彼女のように低いトップをやろうとしても、できる人は少ない。体の強さも感じます」(飯島) 高いトップからループして下ろしていた以前のスウィングに対し、現在は低いトップで正確性を追求。「アイアンやウェッジなど短いクラブは左右のブレが少なくなり、ピンを差すショットが出ていました。ドライバーは飛距離も含めてまだ改善段階という感じです」(飯島) また飯島は短期間に、試合で使えるようにした適応力に舌を巻く。「通常、スウィングを変えたといっても、細かく見ないと分からないレベルのことが多い。でも渋野選手の場合、一目で見てわかる。これだけ大きな変更であれば、普通なら1~2年かかるもの。それを、昨年の最終戦からわずか3カ月ほどでもう実戦で使えるほどにまでなっているのは、オフに相当練習したことが想像できます。海外で戦ってみて、足りないことを妥協せずに追い求めた結果が今のスウィング改造だと思います。まだまだ探りながらだと思いますが、今後どんな変化があり、結果に結び付けられるか期待したいです」 2021年の1Wスウィング 2020年の1Wスウィング 週刊ゴルフダイジェスト2021年4月16日号より