Myゴルフダイジェスト 2021年 春
本格オープン

  • ホーム
  • レッスン
  • キーワードは「合掌&ハンドアップ」。強い女子プロに学ぶパッティングの極意

キーワードは「合掌&ハンドアップ」。強い女子プロに学ぶパッティングの極意

PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Tadashi Anezaki、Hiroaki Arihara、Shinji Osawa

スコアを大きく左右するパッティングだが、パットが上手な女子プロのパッティングスタイルを見ていると、ある共通点があることがわかった。果たしてその共通点とは?

解説/橋本真和
TPI レベル1、アスリートボディケア・セルフトレーナーなどの資格を持ち、松田鈴英や高木優奈のパッティングコーチを務める

「ハンドアップ」なら手首の動きをロックできる

近年女子プロのパッティング技術がどんどん上がってきている。ツアープロの資格を持ち、パッティングのコーチとして数多くのプロを指導している橋本真和コーチによると、パットが上手い選手に共通するのは「再現性の高いグリップ、アドレス、ストロークができていること」だという。では再現性を高めるために大事なこととは?

「まずみなさんに試していただきたいのが“ハンドアップ”です。パッティングのミスの多くは手首がムダな動きをするのが原因で、ハンドアップにすることでその動きを抑制することができます。後方から見て、ひじからシャフトまで一直線になっていればできている証拠です。前傾角度に関しては、申ジエ選手のように浅い人もいれば、上田桃子選手のように深い人もいます。しかし両選手に共通しているのは、ひじからシャフトまでのラインが一直線になっていること。これが再現性を高めるうえでは非常に大事です」(橋本)

橋本コーチの言うように多くのプロはこのラインがしっかりとキープされているのが写真でもわかる。ライ角とのバランスもあるが、申ジエはパターのヒールが浮いてしまうほどのハンドアップだが、ひじから下はキレイな一直線になっている。

女子プロイチのパット巧者・申ジエ
ヒールが浮くほどのハンドアップ

申ジエの特徴と言えばヒールが浮くほど前傾が浅く、シャフトプレーンが垂直に近いこと。手首のムダな動きが抑制され、真っすぐなストロークができる

ひじから下が一直線になる
お手本アドレス4選手

上田桃子
「フラットながら一直線」

「シャフトプレーンはフラットだが、ひじとシャフトのラインはキレイな一直線になっている」(橋本・以下同)


古江彩佳
「真っすぐ打ち出せる構え」


「前傾角度とライ角のバランスが絶妙で、真っすぐストロークしやすい構え」

小祝さくら
「無駄な力みがない」


「パターのライ角どおりに構え、力みがないアドレス。ひじから下のラインは理想的」

河本結
「教科書に載せたいアドレス」


「ライ角とシャフトプレーン、前傾角度、全てがパーフェクト。お手本的な構えです」

「合掌」ならシャフトのねじれを抑えられる

「ハンドアップと合わせて大切なのは“合掌”です。一般的には、合掌グリップというと、両手をぴったり合わせるようにして握ることを指しますが、ここでいう合掌は、両手の手のひらがフェース面と平行になっているかどうかです。アマチュアの多くはストローク中に手首をひねってフェースの開閉を行っています。手のひらがフェース面と平行にした状態で握ることができると、ストローク中に手首をひねりにくくなるのでぜひ試していただきたいですね」と橋本コーチ。

「合掌にも2タイプあって、申ジエ選手のように両手がぴったりと合った『完全合掌タイプ』と原英莉花選手のように順手で握る『順手合掌タイプ』です。どちらも手のひらがフェース面と平行なので、いい意味で手を使いません。パットが上手い選手の多くはこの2つのポイントを無意識にできている人が多いですが、おそらく長時間の練習によって自然と身に付いたもの。パットに悩む人は、ストロークよりも、まずはグリップを参考にしてみてください」

原英莉花
シャフトをねじる動きが一切ない

長身の原は、前傾が深いのでシャフトプレーンが垂直に近い角度に。順手の合掌握りにすることでねじれのない振り子のようなストロークができる

完全合掌タイプ

申・ジエ
「オーソドックスな合掌グリップ」

「完全合掌タイプでも、通常はどちらかの手が若干下にくる。順手と同じように右手親指が少し下にくる申ジエのグリップが一般的な形」

西村優奈
「クロスハンド型合掌グリップ」

「完全合掌タイプだが、左手がわずかに下にあるクロスハンド寄りの合掌グリップ。左手で打ち出したい方向に引っ張るイメージで打てる」

順手合掌タイプ

原英莉花
「順手合唱タイプの見本」

「順手合掌の中でもキレイに平行に握れているお手本的グリップ。長身の原は前傾角度が深いので、ライ角どおりに構えやすい」

小祝さくら
「左手の意識を消したい表れ」

「キレイな順手合掌だが、逆オーバーラッピングにして、かつ手袋を着けることで左手の意識を消したいのだと思います」

上田桃子
「自然な開閉が使いやすい」

「ストローク中に自然なフェースの開閉が使っていけるお手本のようなグリップ。ブレが少なく再現性が高い」

週刊ゴルフダイジェスト2021年3月2日号より