Myゴルフダイジェスト

決定! ベストスウィンガー2021<女子部門>1位は無類の強さを誇ったあの選手!

週刊ゴルフダイジェストの年末恒例企画「ベストスウィンガー」。読者からの投票によって選ばれた女子部門の1位は?

TEXT/Kenji Oba PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Hiroshi Yatabe

女子は日本選手が上位を独占

戦国時代の様相を呈しつつある国内女子ツアー。そのなかでベストスウィンガーの座を射止めたのは、賞金女王に輝いた稲見萌寧だ。東京五輪では日本ゴルフ界初の銀メダルを獲得。今季ツアー9勝という圧倒的な強さに、「ピンを狙っていける精度の高さと距離感は米ツアー選手並みのレベル」(60歳男性)といった、最大級の賛辞が数多く寄せられた。正確無比なフェードボールが持ち味だ。


2位は全米女子オープンで畑岡奈紗との日本人対決を制した笹生優花。豪快なスウィングが生む爆発的な飛距離に、「とにかくカッコいい」(27歳男性)、「ダイナミックでパワフルなスウィングに憧れる」(31歳男性)と、とくに若い男性からの支持が集まった。ちなみに全米女子オープンのプレーオフで敗れた畑岡は、今回の投票では9位(24票)に入っているが、今季の米女子ツアーで賞金女王まであと一歩に迫り、世界ランクは日本人トップの6位(12月2日現在)にいる。その活躍を忘れてはならない。

笹生に続き3位に入ったのが、賞金女王争いで稲見を最終戦まで追い詰めた古江彩佳だ。153センチと小柄だが、「強振しないゆっくりスウィング」(63歳男性)、「シンプル・イズ・ベストのムダのないスウィング」(63歳男性)など、こちらはシニア世代からの評価が高かった。シニアや非力な女性には、目指すべき理想のスウィングに見えるのかもしれない。

4位は国内メジャー2勝を挙げた原英莉花。「ダイナミックでエレガントな才色兼備」(31歳男性)、「飛距離だけでなく小技も上手い」(56歳男性)と、天は二物を与えたかのような評価も。

5位には今季ツアー5勝の小祝さくら。涙の復活優勝を果たした渋野日向子が6位に入った。

1位 稲見萌寧
60票

「フェードヒッターのお手本」(58歳男性)
「圧倒的な強さ」(33歳男性)
「腕と体の回転が完璧に同調」(71歳男性)
「ピンを刺すアイアンショット」(59歳男性)
「スウィングがシンプル」(62歳男性)
「今年の活躍が証明している」(62歳女性)

>>稲見萌寧の1Wスウィングはこちら

2位 笹生優花
57票

「男子プロ並みの力強さ」(52歳男性)
「豪快なスウィングと飛距離」(74歳男性)
「パワフルで正確なショット」(34歳男性)
「とにかくカッコいい」(27歳男性)
「全米女子OPを制した強さ」(45歳男性)

>>笹生優花の1Wスウィングはこちら

3位 古江彩佳
54票

「強振しないゆっくりスウィング」(63歳男性)
「安定感抜群のショット力」(49歳男性)
「常に同じスウィングで曲がらない」(50歳男性)
「ボールコントロールのすごさ」(66歳男性)

>>古江彩佳の1Wスウィングはこちら

4位 原英莉花
48票

「ダイナミックでエレガント」(31歳男性)
「大きなスウィングアーク」(65歳男性)
「アドレスが美しい」(51歳男性)

>>原英莉花の1Wスウィングはこちら

5位 小祝さくら
36票

「キレのあるショット」(51歳男性)
「しなやかでムダがない」(55歳男性)

>>小祝さくらの1Wスウィングはこちら

6位 渋野日向子
30票

「思い切りのいいスウィング」(62歳男性)
「コンパクトなトップ」(57歳男性)

>>渋野日向子の1Wスウィングはこちら

週刊ゴルフダイジェスト2021年12月21日号より

こちらもチェック!

  • 東京都議選がスタートしたが、こちらの選挙戦もアツイ! 週刊ゴルフダイジェスト恒例「プロゴルファー総選挙」の結果を発表。果たして人気No.1プロの称号は誰の手に!? まずは気になる女子プロの結果から。 <投票項目>●好きな女子プロ●好きな男子プロ●娘にしたいプロ●上司にしたいプロ●部下にしたいプロ●一緒にラウンドしてみたいプロ 「好きな女子プロ」三つ巴を制したのは…… 今年の「好きな女子プロ」部門は、渋野日向子、小祝さくら、原英莉花のデッドヒートとなったが、わずか3票差で“スマイリングシンデレラ”渋野が初戴冠。「やっぱりあの笑顔」( 50 代男性・神奈川県)という意見はもちろん、おなじみの「同郷だから」(70代男性・岡山県)という地元票のほか、「全英女子チャンプだよ」(50代男性・愛知県)、「メジャーを全部勝ちたいと言い切る強さ」(50代男性・大阪府)と、実力、海外へ挑戦する積極性が高評価。2位の小祝に対しては「優しくゆったりした仕草」(60代男性・静岡県)、「おっとり見えてしっかり者」(60代男性・神奈川県)、「好きなタイプの女性」(70代男性・兵庫県)と、比較的高年齢の男性から“理想の大和撫子”と熱烈ラブコール。3位の原は「きれいで力強い。かっこいい」(40代女性・愛知県)との声が代表的だが、ルックスだけでなく「ホールアウト後にコースに一礼する姿」(50代男性・千葉県)、「アグレッシブなプレースタイル」(50代男性・熊本県)と、多角的な評価が。 好きな女子プロ1位渋野日向子(58票) 「スウィング改造に着手していろいろ外野がうるさいが、同郷の人間として応援している」(50代男性・岡山県)、「素直な感じ」(60代男性・東京) 好きな女子プロ2位小祝さくら(55票) 「優しくゆったりした仕草」(60代男性・静岡県)、「おっとり見えてしっかり者」(60代男性・神奈川県) 好きな女子プロ3位原英莉花(52票) 「なんかいろいろすごい」(30代女性・神奈川県)、「男子顔負けの飛距離」(60代男性・東京)、「まさにスーパースター」(60代男性・兵庫県) 前回1位の松田鈴英は、ツアーでなかなか結果が出ないなかでも根強い人気で4位にランクイン。「地元だから」(50代男性・滋賀県)と、渋野同様に地元票が多い。政治家でなくとも“地盤”は大事だ。6位の青木瀬令奈は直近のサントリーレディスで4年ぶりの優勝を果たしたこともあり票数アップ。SNS発信の評価も高く「頑張って女子ゴルフを盛り上げようとしている姿勢がグッときます」(40代男性・岡山県)。5位の西村優菜には「背が小さくても勝てるんだ」(10代男性・兵庫県)との声複数。8位の吉田優利は「人懐っこい感じで好感が持てる」(60代男性・東京都)など。7位の畑岡奈紗には「人として尊敬できる言動」(50代男性・静岡県)、「プレー、笑顔、しゃべり方のギャップ」(40代男性・大阪府)、20位の鈴木愛には「ガッツ&シャイ」(60代男性・愛媛県)などなどツウなコメント。2位の小祝さくらの「阿弥陀如来のようなオーラ」(50代男性・東京都)にも納得。ありがたやー。 プロゴルファー総選挙「好きな女子プロ部門」集計結果 >>「好きな男子プロ」部門の結果はこちら >>番外編「娘にしたいプロ」「上司にしたいプロ」等の結果はこちら 週刊ゴルフダイジェスト2021年7月13日号より