Myゴルフダイジェスト

稲見萌寧は“ショートコース”で強くなった! 「砲台グリーンも薄芝もぜんぜん怖くありません」

PHOTO/Yasuo Masuda、Tadashi Anezaki、KJR

東京五輪の銀メダルに続き、先日のニトリレディスで優勝するなど、勢いが衰えない稲見萌寧。そんな稲見の強さの秘密は、小さい頃から腕を磨いてきたショートコースにあった。

稲見萌寧

1999年7月29日生まれ、東京都豊島区出身。都築電気所属。日本ウェルネススポーツ大学在学中。18年プロテストに合格し、19年のセンチュリー21レディスでツアー初優勝。ツアー通算8勝

「砲台グリーンも薄芝も
ぜんぜん怖くないんです」

東京五輪で銀メダルを獲得した稲見萌寧が、先日開催された女子ツアー「ニトリレディス」で逆転優勝、今季7勝目を飾った。ツアー開幕前にインタビューしたとき、稲見はこう語っていた。

「北谷津(ショートコース)で育ったので、ペタペタの薄い芝とか、小さいグリーンや砲台グリーンなんかもぜんぜん怖くないんです。小学生のときからずっとショートコースで練習してきたので、アイアンは得意ですね」

1999年生まれの22歳。東京・池袋で生まれた稲見は、10歳でゴルフを始めた。

「父と一緒にゴルフを始めたのですが、最初から空振りとかなくて、ボールに当たるし、ちゃんと真っすぐ飛んでいたんです。それで1カ月後にはプロを目指そうと決めていました」

東京ではゴルフ環境がよくなかったため、小学6年生のとき、父親と2人で千葉に引っ越した。そして練習場として選んだのがショートコースのある「北谷津ゴルフガーデン」だった。いち早くジュニア育成に取り組み始めていた北谷津ゴルフガーデンは、小学生だった稲見にとっても最高の環境。学校から帰宅すると、15時すぎには北谷津に来てショートコースをグルグル回るのが日課だったという。

5月以来の優勝となったニトリレディスは、女子ツアーでもトップクラスの難度を誇る小樽CC(北海道)が舞台。そんな難コースで稲見はパーオン率89%(4日間平均)を達成。しかも最終日は、18ホール中17ホールでパーオンに成功。そんな彼女のアイアンの上手さは、ショートコースで培ったものなのだ。

ショートコースでは物足りない、上達するには本コースでラウンドしたほうがいい、と思うアマチュアも多いかもしれない。だが、グリーンを狙うショットはアイアンかウェッジというケースが大半。上達のためには、ショートコースを活用するのが実は近道なのかも?


ショートコースで培った稲見萌寧3つの強さ

1. 卓越した距離感

北谷津のショートコースは18ホールあり、最長127Y、最短55Y。100Y以内の距離感が磨かれたのは言うまでもない。稲見の「絶対距離感」はショートコースでの練習の賜物なのだ

2. アプローチのバリエーション

ショートコースはグリーンが小さく、砲台タイプも多い。そのためグリーンを外すと難しいアプローチが残る。左足上がりやつま先下がりなど、アプローチの引き出しの多さも稲見の強さのひとつだ

3. ライへの対応力

1年中、北谷津のショートコースを回っていた稲見は「ほぼ土みたいなベアグランドもぜんぜん気にせず打てます」と語る。さまざまなライで打っている経験こそが、ライへの対応で生かされる


北谷津GCの所属プロに聞いた

スコアメイクのカギはすべて
ショートコースに詰まっている!

解説/篠崎紀夫

北谷津ゴルフガーデン所属。ショートコースで腕を磨き、4年でプロテストに合格。07年ANAオープンで初優勝。19年からシニアツアーに参戦し、ツアー2勝を挙げている

研修生として北谷津ゴルフガーデンに入社した篠崎紀夫プロは、ショートコースで腕を磨き、4年でプロテストに合格している。そんな篠崎プロに「ショートコースで本当に上手くなれるの?」と聞いてみた。

「間違いなく上手くなりますよ。ショートコースは、ほぼフルショットができません。中途半端な距離でグリーンを狙いますから、必然的にコントロールショットが身につきます。それに思った以上にグリーンが小さいです。西コースのグリーンは2グリーンなので、本コースの1/4程度の大きさしかありません。ほとんどのゴルファーはワンオンできないはずです。そうなるとアプローチで寄せることになりますが、砲台グリーンやピンが近いなど、難しいアプローチが求められます。そのため、寄せの技も自然と磨かれます。傾斜の手前でワンクッションさせたり、フワッと高く上げたりなど、アプローチのバリエーションは確実に増えると思います。
 それに天然芝で打てるのは大きいでしょう。練習場のマットではミスがわかりづらいですが、芝で打てば、結果はすぐわかります。芝で打つことで、ラウンドに必要な実戦力も上がっていきます」

スコアメイクに不可欠な距離感、ショット力、アプローチのバリエーション、そしてコースマネジメントなど、ショートコースならすべてが学べるのだ。

もうひとつ大きなメリットがある、と篠崎プロは教えてくれた。

「北谷津は最長でも127Yですから、ほとんどのホールでウェッジを使用することになります。ウェッジはバッグのなかでいちばん重いクラブです。その重いクラブでコントロールショットができれば、軽いクラブの扱い方がよくなるんです。重いクラブでゆっくり振ったり、振り幅を調整したり、カットに打ったり、低く打ち出したりといった技術をマスターすれば、それより軽いクラブ(アイアンやウッド)の操作は簡単です」

練習場で球を打つより、天然芝からピンを狙うほうが実戦力は身につくし、技術レベルも飛躍的に上がる。ショートコースを侮ってはいけないのだ。

距離感やアプローチが自然に身につく

【上手くなる理由1】
中途半端な距離ばかり

北谷津のショートコースはすべてパー3。その距離も56Y、93Y、74Y、69Y、107Yなど、中途半端な距離ばかり。どのくらいの振り幅や力感で打てばグリーンに乗るのか? その感覚がゴルファーの距離感を作ってくれる

【上手くなる理由2】
重いウェッジを多用する

コントロールショットが苦手な人は、クラブをゆっくり振れない、振り幅を調整できないことが原因。クラブのなかで最も重いウェッジのコントロールができれば、他のクラブの扱い方も必然的に上手くなる

【上手くなる理由3】
アプローチの機会が多い

ショートコースは基本的にグリーンが小さい。「北谷津はグリーンが硬く締まっているのでボールが止められず、外すことのほうが多いはずです。だから自然とアプローチのバリエーションが増えるんです」(篠崎)

【上手くなる理由4】
実戦力が上がる

本コースと同じ芝から打てるのは、技術的にもマネジメント的にもいいことばかり。ラウンドの実戦力はコースでしか身につかない、と篠崎プロは断言する

「横尾要や池田勇太、市原弘大も
みんな北谷津で育ったんです」(土屋社長)

続いて北谷津ゴルフガーデンの土屋大陸社長に話を聞いた。

「ウチのショートコースで育ったのは(稲見)萌寧だけではありません。横尾要、池田勇太、市原弘大、木下裕太、葭葉ルミなど、25人くらいのプロが巣立っていきました。私の自慢はオリンピアン(池田と稲見)が2人生まれたことですね。たくさんのジュニアが育ってくれたのは、千葉晃プロ(故人)の尽力なくして語れません。30年近く前からジュニア育成に取り組んでいた千葉プロによって指導体制や競技会などが整備され、プロを目指す子どもたちが集まってくれるようになりました。その意味では、萌寧は最後の世代に近いかもしれません。最近はゴルフ部が増えるなど、ジュニアの環境も変わりましたから。いま思うと歴代のプロのなかでもコースを回った回数、レンジで球を打った数は、ダントツで萌寧が多いです。ジュニアのときは営業終了まで必ず練習していましたし、本当に“練習の虫”でしたね」

ツアーの合間に練習で訪れる稲見は、今も変わらず練習の虫だ。

>>関東近郊オススメのショートコースはこちら

週刊ゴルフダイジェスト2021年9月21日号より

こちらもチェック!

  • 賞金女王を争う稲見萌寧、小祝さくらをはじめとした人気女子プロ5人の貴重な直筆サイン入りキャップが当たるキャンペーンを本日より開催! 本日より、サブスクサイト「Myゴルフダイジェスト」有料会員にご登録いただいた方に、抽選で人気女子プロの直筆サイン入りキャップが当たるキャンペーンを実施。今季7勝、東京五輪で銀メダルを獲得した稲見萌寧、今季5勝で賞金ランクトップ(9月7日現在)の小祝さくらをはじめ、今年の週刊GDプロゴルファー総選挙で人気上位に名を連ねる青木瀬令奈、松田鈴英、西村優菜の計5人のサイン入りキャップ&バイザーをプレゼント。今なら有料会員が初月無料! この機会にぜひお申し込みください。 どれが誰のサインか分かりますか? 正解&キャンペーン詳細はこちら 関連記事 https://my-golfdigest.jp/tournament/p27602/
  • PHOTO/Yasuo Masuda、Shinji Osawa、Hiroyuki Okazawa、Hiroaki Arihara、KJR THANKS/北谷津ゴルフガーデン 今年前半だけで5勝を挙げ、東京五輪で銀メダルを獲得した稲見萌寧。6月に初優勝を果たすと次の試合でも優勝しブレイクした木下稜介。2人の急成長プロを指導するのが、プロコーチの奥嶋誠昭。稲見は2018年12月、木下は2019年11月から指導を受け始め、たちまち第一線で活躍するプレーヤーに成長した。果たして2人にどんな教えを施したのか。その一端を特別公開! 解説/奥嶋誠昭 おくしまともあき。1980年生まれ。神奈川県出身。ツアープロコーチとして、稲見萌寧、木下稜介、イ・ボミ、高橋彩華を指導。横浜のノビテックゴルフスタジオで、GEARSを使ったアマチュアレッスンも行っている 長所を生かす3つの“しなくていいよ” GD 稲見プロの指導は、2018年の12月からですね。奥嶋 当時、稲見プロは、飛距離を伸ばすため、クラブをシャロー(鈍角)に下ろしてドローを打とうとしていました。でも、それが僕には無理しているように思えたんです。GD というと?奥嶋 稲見プロは、腕の使い方がバツグンにうまくて、本来はややスティープ(鋭角)に下ろすスウィングなんです。だから、ドローを打ちにいくと、どうしても引っかけや右プッシュが出やすい。GD なるほど。奥嶋 合わないものを無理に取り入れようとしないで、いま持っている財産を生かそうよ、と稲見プロに話しました。彼女はスティープにクラブを動かすセンスがバツグン。だったらそれを生かして、スティープな軌道に合うフェードでいこうよ、と。GD その判断で、稲見プロのショットメーカーの才能が一気に開花したわけですね。奥嶋 稲見プロに教えているのは、終始一貫、オンプレーン(アドレスで構えた位置にクラブを戻す軌道)に振ることだけです。バックスウィングで上げた軌道どおりに下ろしてくるイメージでいいよ、と言っています。 しなくていいよ1「シャローに振らなくていいよ」 「シャローに振ろうと苦労していた稲見プロに、スティープ(やや上からの軌道)でいいと教えました。スティープな軌道のほうが、バツグンにうまい手の動かし方を生かせると判断したからです」(奥嶋) しなくていいよ2「ドローを打たなくていいよ」 「ドローボールを打とうとしていた稲見プロに、カット軌道でフェードを打つようにすすめました。クラブをスティープに動かす稲見プロには、ドローよりもフェードのほうがイメージしやすいはずだからです」 しなくていいよ3「左に踏み込まなくていいよ」 「稲見プロは、腕や上半身をうまく使う反面、体重移動はやや苦手。切り返しから左に踏み込むとミート率が落ちるので、無理に踏み込まず、右サイドで振ればいいと教えました。これでショットが安定しました」 これぞショットメーカーの証どちらがダウンスウィングか分かりますか? 稲見のスウィングを見ると、バックスウィングとダウンスウィングの軌道がほとんど変わらない。これこそが、ショットメーカーの証拠だと奥嶋コーチは言う。「稲見プロには、とにかくオンプレーンに振ることだけを教えています。その結果、ショットの精度が格段にアップしました」 稲見萌音の1Wスウィング 左片手打ちでフェードを磨き抜いた GD 稲見プロは、どんな練習を積んで、ツアー屈指のフェードヒッターになったんでしょうか?奥嶋 稲見プロはオンプレーンに振ることを練習テーマにしています。そのためにやっているのは、8Iを左手1本で打つドリルですね。GD 左の片手打ちですか!奥嶋 そうです。稲見プロは、左腕の感覚で振ると出球が揃うタイプなんです。それと、精度の高いフェードには左のリードが絶対ですから、左手1本のドリルというわけです。GD 稲見プロはどのくらい打つんでしょうか?奥嶋 このドリルは、オンプレーンスウィングの確認作業で、インパクトゾーンを真っすぐ動かすための練習です。彼女は8Iを左手に持って、バックスウィングとダウンスウィングの軌道の確認作業を延々と続けていますよ。トップの位置を確認して、ゆっくりとインパクトまで下ろして、左手1本でボールを実際に打つ。稲見プロは何時間もその練習をやっていますが、アマチュアの方なら100球くらいから始めるといいですね。 Drill 1左手1本でボールを打つ 「フェードを打つには、左腕のスウィング弧が大切。そのため、稲見プロは左手1本でボールを打つドリルをやっています。クラブ軌道を確認しながら素振りして、その軌道をなぞるようにボールを打ちます。低く長いインパクトゾーンを覚える練習なので、フルスウィングする必要はありません」(奥嶋) Drill 2クラブ軌道を確認してから打つ 「トップからハーフウェイダウンまでの動きを2~3回繰り返して、ダウンスウィングの軌道を体に覚え込ませます。そのイメージが消えないうちにボールを打ちます」(奥嶋) パットの秘密は限りなく真っすぐに近いインtoイン GD 稲見プロは入れまくるパットも有名ですよね。奥嶋 彼女はインパクトゾーンのヘッドの動かし方をずっと磨いてきて、これはドライバーからパッティングまで共通しているんです。GD パッティングはまさにインパクトゾーンだけの動きですよね。奥嶋 稲見プロのパッティングは、ヘッドをスクエアに真っすぐ動かす技術に長けているんです。彼女が練習でいつも愛用しているシートがあるんですが、わずかにイン・トゥ・インに描かれている線の上をスクエアに動かす練習を繰り返しやっています。ボールを数多く打つことより、インパクトゾーンのヘッド軌道の精度を上げるほうが、狙った方向に正確に打ち出せることを知っているからですね。GD 稲見プロのバーディラッシュは、この練習のたまものなんですね。 インパクトゾーンの正しいヘッドの動きを染み込ませる 「このシートには、わずかなイン・トゥ・インのヘッド軌道とフェースの向きが描かれています。この線に沿ってヘッドを正確に動かせるかどうか、稲見プロはそれだけに集中して練習しています」(奥嶋) 稲見の極上パット2つのポイント 【Point 1】右ひじに余裕を持たせる 「稲見プロは、右ひじを体に付けてストロークするクセがあるので、右ひじを体から離したほうがスムーズにストロークできるよ、とアドバイスしています」 Point 2両ひじを水平に動かす 「稲見プロは、手首の角度を保って、腕で作る五角形を崩さずにストロークしています。そのためには、ひじを水平に動かすイメージを持つことです」 稲見萌寧のパッティングストローク 7勝のうち6勝はこのパター 「稲見プロの勝ち星は、このパター(テーラーメイド「トラスTB1」)のチカラも大きいと思います。方向が出しやすくて、インパクトのフェースのブレが小さい特性がピッタリだったようです」 https://my-golfdigest.jp/lesson/p36263/ 後編はこちら 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月14日号より こちらもチェック! https://my-golfdigest.jp/tournament/p33481/ https://my-golfdigest.jp/tournament/p13355/ 稲見萌寧関連の記事が気になる方はこちら 稲見萌寧の記事をもっと読む
  • PHOTO/Tsukasa Kobayashi THANKS/北谷津ゴルフガーデン 注目の若手、稲見萌寧へのインタビュー。後編は、2勝目を挙げるなど順調に今年のゴルフについて、そして今後の目標などについて聞いてみた。 >>前編はこちら 昨年のパーオン率は78.21%。堂々の部門別1位を獲得した稲見萌寧は、女子プロ屈指のショットメーカー。だが今年は「得意のアイアンだけでなく、ドライバーも思い切り振れなくなってしまった」という。その原因を「考えすぎ、悩みすぎ」と分析する稲見。どういうことか?「昨年は開幕からずっと試合があって、考える余裕すらなく、ひたすらやるべきことをこなす毎日でした。ですが今年は、コロナの影響で自粛生活だったり、試合が中止になったり延期になったりで、いろいろ考えすぎてしまい、それが試合でも出てしまったんです。以前はボールが曲がってもそれほど気にしていなかったのに、今年はどうして曲がったのかと悩んでばかり。その結果、ドライバーの飛距離まで落ちてしまいました」10月のスタンレーレディスでは3人のプレーオフを制して優勝。今年は11試合に出場し、トップ10は4回、賞金ランク12位につけている。まずまずの成績といえるが、自分のなかでは納得ができていなかったという。「100点を求めすぎてしまったんです。それでスウィングまで崩れてしまって……。北谷津(ショートコース)で育ったので、ペタペタのライとか薄い芝、小さいグリーンや砲台グリーンもぜんぜん怖くない。だからアイアンが得意なんですが、その強みをぜんぜん生かせなくなってしまいました。まずはしっかり振り抜くこと。そこから始めないとダメですね。オフはひたすらトレーニングして、振りまくるだけです」稲見は今年、初めて海外メジャー、全英女子オープンにも参戦。その経験はどうだったのか?「全英はすべてが未知の世界でした。とくに風が大変。風速20mのなかでプレーするんです。日本なら絶対にやらない状況ですから、逆に面白かったです。ゴルフIQすべてを試されているような感じで、『私ってバカだな』って素直に思いましたね。いい経験です」米ツアーへの思いはどうなのか?「メジャーには行きたいです。でも、まずは日本ツアーで活躍すること。日本で愛されるゴルファーになること。それが今の目標です。私の夢は『永久シード』なんです。できるかどうかは分からないですけど、ゴルファーとして最高の栄誉なのかなって思います。『永久シードが最終目標なので賞金王は通過点です』なんてコメントしたいですね(笑)」 【稲見萌寧に一問一答】Q. 好きな食べ物は?ハヤシライスQ. 好きな飲み物は?水Q. 好きなお菓子は?おせんべいQ. 好きなアーティストは?アリアナ・グランデQ. 好きな俳優は?トム・クルーズと永野芽郁Q. 好きな芸人は?サンドウィッチマンQ. 好きなファッションは?ヒップホップ系Q. 好きな色は?ティファニーブルーQ. 好きな動画サイトやSNSは?ユーチューブとインスタQ. 好きな言葉は?忍耐Q. 好きな時間は?スキンケアしているときQ. 旅行に行くならどこに行きたい?スペイン。生ハムとか美味しいものが食べたい 週刊ゴルフダイジェスト2020年12月29日号より 関連記事 https://my-golfdigest.jp/lesson/p12815/