Myゴルフダイジェスト

【インタビュー】稲見萌寧<後編>「目標は永久シード。賞金王は“通過点”です」

PHOTO/Tsukasa Kobayashi THANKS/北谷津ゴルフガーデン

注目の若手、稲見萌寧へのインタビュー。後編は、2勝目を挙げるなど順調に今年のゴルフについて、そして今後の目標などについて聞いてみた。

>>前編はこちら

昨年のパーオン率は78.21%。堂々の部門別1位を獲得した稲見萌寧は、女子プロ屈指のショットメーカー。だが今年は「得意のアイアンだけでなく、ドライバーも思い切り振れなくなってしまった」という。その原因を「考えすぎ、悩みすぎ」と分析する稲見。どういうことか?

「昨年は開幕からずっと試合があって、考える余裕すらなく、ひたすらやるべきことをこなす毎日でした。ですが今年は、コロナの影響で自粛生活だったり、試合が中止になったり延期になったりで、いろいろ考えすぎてしまい、それが試合でも出てしまったんです。以前はボールが曲がってもそれほど気にしていなかったのに、今年はどうして曲がったのかと悩んでばかり。その結果、ドライバーの飛距離まで落ちてしまいました」

10月のスタンレーレディスでは3人のプレーオフを制して優勝。今年は11試合に出場し、トップ10は4回、賞金ランク12位につけている。まずまずの成績といえるが、自分のなかでは納得ができていなかったという。

「100点を求めすぎてしまったんです。それでスウィングまで崩れてしまって……。北谷津(ショートコース)で育ったので、ペタペタのライとか薄い芝、小さいグリーンや砲台グリーンもぜんぜん怖くない。だからアイアンが得意なんですが、その強みをぜんぜん生かせなくなってしまいました。まずはしっかり振り抜くこと。そこから始めないとダメですね。オフはひたすらトレーニングして、振りまくるだけです」

稲見は今年、初めて海外メジャー、全英女子オープンにも参戦。その経験はどうだったのか?

「全英はすべてが未知の世界でした。とくに風が大変。風速20mのなかでプレーするんです。日本なら絶対にやらない状況ですから、逆に面白かったです。ゴルフIQすべてを試されているような感じで、『私ってバカだな』って素直に思いましたね。いい経験です」

米ツアーへの思いはどうなのか?

「メジャーには行きたいです。でも、まずは日本ツアーで活躍すること。日本で愛されるゴルファーになること。それが今の目標です。私の夢は『永久シード』なんです。できるかどうかは分からないですけど、ゴルファーとして最高の栄誉なのかなって思います。『永久シードが最終目標なので賞金王は通過点です』なんてコメントしたいですね(笑)」

【稲見萌寧に一問一答】
Q. 好きな食べ物は?
ハヤシライス
Q. 好きな飲み物は?

Q. 好きなお菓子は?
おせんべい
Q. 好きなアーティストは?
アリアナ・グランデ
Q. 好きな俳優は?
トム・クルーズと永野芽郁
Q. 好きな芸人は?
サンドウィッチマン
Q. 好きなファッションは?
ヒップホップ系
Q. 好きな色は?
ティファニーブルー
Q. 好きな動画サイトやSNSは?
ユーチューブとインスタ
Q. 好きな言葉は?
忍耐
Q. 好きな時間は?
スキンケアしているとき
Q. 旅行に行くならどこに行きたい?
スペイン。生ハムとか美味しいものが食べたい

週刊ゴルフダイジェスト2020年12月29日号より

関連記事