Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ルール・マナー
  • 【ノーモア! スロープレー】バンカーが苦手なら“打たなければいい”!? 時短につながるゴルフルール

【ノーモア! スロープレー】バンカーが苦手なら“打たなければいい”!? 時短につながるゴルフルール

2019年の改正で、大幅にルールが変更になったが、その主な狙いのひとつが「スロープレー」の防止。どんなにゴルフが上手くても、プレーが遅い人は尊敬されない。そこで「ノーモア! スロープレー」と題し、プレーファストに寄与するルールをご紹介。今回は、バンカーが苦手な人に覚えておいてほしいルールを取り上げる。

こんな状況なら、アンプレヤブルにしてしまう手も

「アンプレヤブル」を活用しよう

バンカーが苦手! という人は多い。バンカーショットの練習をする機会が少ないアマチュアの場合、ラウンドでのバンカーショットはほぼぶっつけ本番状態。上手く打てないのは当然といえば当然だろう。

ただでさえ難しいバンカーだが、ボールが砂に埋まる「目玉」ともなれば、もはやお手上げ状態。一発で脱出できず、戻ってきたボールが足跡に入り……とビッグイニングのにおいがプンプンする。

だが、「こんな難しいバンカーショットはしたくない!」と思うゴルファーのため、ルールでは「アンプレヤブル」という救済措置が用意されている。

アンプレヤブルとは「un-playable」つまり「プレーできません」と宣言できる権利で、1打のペナルティを払うことで、(1)前打位置に戻って打つ、(2)ピンとボールを結んだ後方線上にドロップ、(3)ピンに近づかず2クラブレングスの範囲にドロップ、の3つから選ぶことができる。

これまでのルールでは、バンカー内でアンプレヤブルを宣言しても、(2)と(3)を選択した場合、同じバンカーの「中」にドロップする必要があった。つまり「救済はしてあげるけど、バンカーの外には出られませんよ」という少々イジワルなルールだったわけだ(前打位置に戻る場合は別)。

しかし2019年のルール改正により、もうひとつの選択肢が加わった。それが、(4)2打のペナルティを払えばバンカー外の後方延長線上にドロップできる、というルールだ。

たとえば3打目のバンカーショットを「アンプレヤブル」としてバンカーの外から打つ場合、2罰打を付加して次が5打目となる

もちろん、バンカーの後方に出しても、そこからのショットでまたバンカーに入れてしまう可能性はあるが、アプローチならバンカーほど苦手ではない、という人なら、さっさと2罰打を払ってバンカーの外に出てしまうのが得策だろう。

バンカーに入れるといつも3回、4回と打ってしまう人は、このルールを積極的に活用することで、スコアだけでなく時間の短縮にもつながる。同伴者にバンカーが苦手な人がいたら、このルールの存在を教えてあげるといいだろう。これだけでも、スロープレー防止にいくらか役立つはずだ。

ただ、スロープレー防止とスコアアップにもっとも効果的なのは、バンカー練習のできる練習場やショートコースで腕を磨くなどして、バンカーの苦手を克服することであるのは言うまでもない。

Myゴルフダイジェスト有料会員になると
スマホでいつでもルールが確認できる!

『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』

Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます

こちらもチェック!

  • 2019年の改正で、大幅にルールが変更になったが、その主な狙いのひとつが「スロープレー」の防止。どんなにゴルフが上手くても、プレーが遅い人は尊敬されない。そこで「ノーモア! スロープレー」と題し、プレーファストに寄与するルールを、ゴルフダイジェストの『ルール早わかり集』から抜粋してご紹介。今回は、プレーにかけることができる時間について。 40秒でも長すぎる? 「時間がかかりすぎて退屈」というゴルフへの評価に、敢然と立ち向かったのが2019年改正ルールだ。“1ストローク40秒以内”を目安にしようとなった。だがこれは、「どうぞ40秒丸々使ってね」という話ではない。仮に9ホールのスコア54打の4人がプレーしたら、単純計算で各自毎ホール6打。6打×40秒×4人=960秒で、すでに1ホール16分となる。9ホールにすると2時間24分。これにボールまでの移動時間やホール間の移動を加えると、3時間はゆうにオーバーしてしまうだろう。お昼休憩を1時間挟むと7時間以上ゴルフ場にいる計算に。これでは楽しいはずのゴルフも楽しめない。1打15秒で打つぐらいの気持ちでプレーしたいところだ。かつては「ハーフ2時間を守れ」と言われた。そこそこの腕前の4人なら、前が詰まっていなければ1時間半で9ホール回ることも十分に可能。客が少なかった時代の老舗倶楽部では、1日2ラウンドが当たり前。みなさんは、どう時短に取り組みますか? 球探し3分は意外とアバウト 以前より2分減って、現ルールで認められる球探しの時間は3分。とはいえそうキツイ縛りでもない。ここらへんにあるだろうと思ってから概ね3分。ストップウォッチで計るわけではなく自分で時間経過を判断。もし仲間が見つけてくれたなら、そこまで移動する時間は3分を超えていてもOK。探し始めてから3分以内に見つけることができなかった場合は、紛失球(ロストボール)となる。本来のルールでは「1罰打を付加して前打位置から打ち直す」必要があるが、競技ではないプライベートのラウンドでは「2罰打を付加して、紛失したと思われる地点の近くのフェアウェイから打てる」ローカルルールを積極的に活用しよう。「絶対にあるはず」と思って諦めずに探し続けたい気持ちは分かるが、ボールを見つけるのも技術のうち。自分の飛距離、弾道を把握ししっかりとボールのゆくえを追うことで、ロストボールは防げるはず。それでも見つからないならスパッと切り替え、探してくれた同伴者にお礼を言ってサッと次打を打つ。そんなプレーヤーには、きっとプレーファストの神様が微笑んでくれるはずだ。 Myゴルフダイジェスト有料会員になるとスマホでいつでもルールが確認できる! 『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』 Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます こちらもチェック!
  • 2019年の改正で、大幅にルールが変更になったが、その主な狙いのひとつが「スロープレー」の防止。どんなにゴルフが上手くても、プレーが遅い人は尊敬されない。そこで「ノーモア! スロープレー」と題し、プレーファストに寄与するルールを、ゴルフダイジェストの『ルール早わかり集』から抜粋してご紹介。今回は「ピン立てパット」と「レディーゴルフ」について。 スロープレー防止に最も寄与した「ピン立てパット」 年長者にピンフラッグを持たせておくなんて! 後輩はパットを終えた先輩に「自分が持ちます」と歩み寄る。かつて幅を利かせた、このニッポンのゴルフマナーもどきは、後輩君を大忙しにさせたかったのだろうか。 2019年改正ルール以降、ピンを抜かずにパットできている。格段にプレーが速くなったと感じているのでは? 「そもそもピンを抜かなければならなかったのは、ピンを立てたままパットをするのがプレーの援助にあたるものとの考え方から。しかしそれは必ずしも有利とはいえないと、現状のトーナメントからも推測されます」(林孝之/2018年まで全英オープンレフェリー) ならば、ピンを立てたままでもいいじゃないかと、ゴルフルールは、スピーディなプレーに向けて舵を切った。 現場では、ショートパットはピンを抜いて打つゴルファーもいる。実際にはピンを置いたり差したりと忙しくなりがちだが、どうにかスロープレーを回避すべく、みんなで頑張るほかない。 基本は“遠球先打”だが…… “遠球先打”。ホールから遠い人から打つ原則は今もある。20ヤードのパットをする人が、10ヤードのアプローチを先に打てと促すシーンがあるが、これはおかしい。本当はグリーン上のプレーヤーが打つ番だ。 一方で、スロープレーはゴルフ場全体に波及していく深刻な問題であり、現ルールでは「準備ができた人から打つ」ことも推奨されている。同伴競技者と声を掛け合い、レディーゴルフも浸透していけば、ゴルファーのストレスとなるスロープレーも減ってマナーも向上するのではないだろうか。 (『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』 より) Myゴルフダイジェスト有料会員になるとスマホでいつでもルールが確認できる! 『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』 Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます こちらもチェック!