Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【動画】小澤美奈瀬の素振りでカイケツ #8 なぜか曲がる! “打ち上げホール”を克服する方法とは?

【動画】小澤美奈瀬の素振りでカイケツ #8 なぜか曲がる! “打ち上げホール”を克服する方法とは?

ダフリやトップ、飛ばしたいホールでのチョロや左右の曲がり……。そんな手痛いミスは、ショット前の「素振り」を工夫することで防ぐことができると小澤美奈瀬プロは言う。今回は、なぜかミスが出やすい“打ち上げホール”のティーショットを克服するためのショット前素振りを教えてもらった。

THANKS/東名CC

>>「素振りでカイケツ」TOPメニューへ

状況●打ち上げのティーショット
症状●あおり打ちで左右に曲がる

動画でカイケツ!
あおり打ちのミスは“ステップ素振り”で防ぐ

「打ち上げのホールでは、“あおり打ち”になりやすく、思ったように飛距離が出なかったり曲がったりしてしまいます。そんなときは『ステップ素振り』が効果的。あおり打ちは、目線が高くなってしまい、右足に体重が残ることで起きます。ステップ素振りをすることで、ダウンスウィングで左足にしっかりと体重移動できるので、右足に体重が残ることなくスウィングできます」

解説小澤美奈瀬
おざわみなせ。1992年生まれ、愛知県名古屋市出身。小誌・美女ゴルフユニット『ゴルル』メンバー。現在、ミニツアーなどに参戦しながら、主に東京や名古屋などで飛距離アップのレッスンを行っている。USLPGAティーチングプロ

まだまだあるぞ! スコアに効く“ショット前素振り”

週刊GD伝説の人気レッスン連載をプレイバック!

こちらもチェック!

  • 「ダフリ」のミスが起こりやすいパターンとして「伸び上がり型」「右足体重型」「ルックアップ型」の3つのタイプがあるという青山薫プロ。ここでは「右足体重型」ゴルファーのダフリ対策を教えてもらおう。 PHOTO/Yasuo Masuda THANKS/城里GC 石川慎一さん(44歳/HC20/ゴルフ歴15年)「ドライバーはドローでかっ飛ばすが、アイアンはなぜかダフる」 ……
  • “間(ま)”のある切り返しを手に入れるためには、まず腕の脱力が最も重要だと米田貴プロは言う。では上での脱力ができたら、次はどうすればいいのか。さらに掘り下げていこう。 PHOTO/Yasuo Masuda、Yasuhiro JJ Tanabe THANKS/東名CC 解説/米田 貴 よねだたかし。77年生まれ。静岡県出身。江連忠ゴルフアカデミー……
  • 沖縄で行われたシニアツアー開幕戦「金秀シニア沖縄オープン」で、寺西明が逆転優勝。ツアー通算5勝目を挙げた。今回はそんな寺西明が最も大事にしているという基本ドリル「ステップ打ち」の動画を公開! (PHOTO/Takanori Miki) 昨年、日本シニアオープンを制し、賞金王に輝いた寺西明。自身のプレーだけでなく、教え上手としても評判で、2021年レッスン・オブ・ザ・イヤーにも選出され……
  • 地面を踏んだ反力によって回転力がアップし、ヘッドスピードを高めることができる反力打法。しかし実際にやってみると、どのタイミングで足を踏み込めばいいかがつかみづらい。そんな人にオススメの練習法とは? 【語り手/クォン教授】ヤン・フー・クォン。テキサス女子大学教授。専門はバイオメカニクス。生体力学的に理に適ったスウィングを研究。教え子にタイガーの元コーチ、クリス・コモらがいる【聞き手/……