Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 書籍・コミック
  • 使用番手を聞くのはNG? 残り距離は聞いてOK? 意外と知らない「アドバイス」の境界線【これだけゴルフルール】

使用番手を聞くのはNG? 残り距離は聞いてOK? 意外と知らない「アドバイス」の境界線【これだけゴルフルール】

2019年のルール大改正でやさしくなったとはいえ、まだまだ複雑なゴルフルール。すべてを頭に入れておくのは大変だが、ゴルフを楽しむうえで、最低限のルールは覚えておきたい。今回は、アドバイスにまつわるルールの疑問をQ&A形式でご紹介!

どこからどこまでがアドバイス?

「このホールは右狙いだな」「ここはアイアンで打ったほうがいいよ」――プライベートラウンドでは当たり前に行われる「アドバイス」だが、競技ゴルフではご法度。良かれと思って言ったつもりが、2罰打という大きなペナルティとなってしまうので注意が必要だ。

同伴競技者にアドバイスを「与える」だけでなく、アドバイスを「求める」のもルール違反。パー3のティーショットで「いま何番で打った?」とつい聞いてしまいがちだが、これもアドバイスを「求めた」ことになる。聞かれた側がその質問に答えてしまうと、これもアドバイスを「与えた」ことになり、双方とも2罰打になってしまう。

では、バンカーの位置やピンまでの距離を聞いたりするのも「アドバイス」になる? アドバイスかどうかの明確な基準はあるの??

そこで今回は、「アドバイス」に関するルールの疑問を『2021-2022 GOLFDIGEST ゴルフルール早わかり集』から抜粋。いま一度おさらいしてみよう。

Q. どんな行動や会話がアドバイスになる?

A. ストロークやプレーの方法に影響する情報がアドバイス(定義)

アドバイスとは、クラブの選択、ストロークの方法、プレーの方法に影響する情報を意味する。これらの情報を話したり、行動で教えたりすることは違反となる。

Q. アドバイスを求めたりアドバイスをできる人は?

A. キャディだけ(規則10.2)

通常のストロークプレーであれば、プレーヤーとそのプレーヤーのキャディだけがアドバイスのやりとりをすることができる。他のプレーヤーにアドバイスを求めたり教えたりした場合は違反となり2罰打。

Q. バンカーやホールの位置を他のプレーヤーに聞くことはできる?

A. コースの情報はアドバイスではないのでOK(規則10.2)

バンカーやホールの位置などの場所に関する事実はアドバイスではないので、聞いたり、教えたりすることができる。バンカーまでの距離や天気予報など、すでに発表され誰もが知りうる事実は聞いてもかまわない。

Q. 「何番で打った?」と他のプレーヤーに聞くと?

A. 自分のプレーの参考にするために番手を聞いたら2罰打(規則10.2a)

先に打ったプレーヤーに「何番で打ったか」を教えてもらえば、両方のプレーヤーに2罰打。何番で打ったか、バッグをのぞきこんだだけでは罰打はつかないが、何番で打ったか知るために他のプレーヤーのクラブやバッグに触れば2罰打となるので注意が必要。

Q. キャディに傘をさしてもらいそのままパットしてもいい?

A. 日差しや、雨、風などから保護は受けられない(規則10.2)

自分のキャディであっても、傘をさしてもらいながらパットをすることはできない。雨や風、日差しなどの自然現象から保護されたままストロークすると2罰打。自分で傘をさしたままストロークしても罰はない。

Q. 風向きについて聞くことはできる?

A. プレーする場所の風向きを聞くことはできない(規則10.2)

天気予報などでその地域にすでに発表されている情報であればアドバイスではない。しかし、球が止まっている場所からプレーする際に影響する、その時点での風向きについての情報はアドバイスになる。

Q. グリーン上でキャディがラインを足で指示できる?

A. 物を置かなけれなラインに触っても罰はない(規則10.2b(2))

自分のキャディが手や足、持っているものでプレーの線(パットのライン)を示しても罰はない。ただし、プレーの線を示すために物を置けば(それがグリーン外でも)、2罰打となる。

もちろんこれらは競技ゴルフでの話。ビギナーへの善意の助言に対し「先輩、いまの2罰打ですよ」などと身もふたもない返しをしてしまわないよう注意願いたい。

Myゴルフダイジェスト有料会員になると
スマホでいつでもルールが確認できる!

『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』

Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます

こちらもチェック!

  • 2019年のルール大改正でやさしくなったとはいえ、まだまだ複雑なゴルフルール。すべてを頭に入れておくのは大変だが、ゴルフを楽しむうえで、最低限のルールは覚えておきたい。今回は、ボールにまつわるルールの疑問をQ&A形式でご紹介! ボールの色やデザインについては今のところ規制はない 公認球、非公認球ってなにが違うの? プライベートラウンドでゴルフ仲間がなんだかいつもより飛ばしている。理由を聞いたら「実は今日、ぶっ飛びボール使ってるんだ。非公認球だけど」とのこと。ゴルフボールを買うときに「公認球」「非公認球」という表示を見たことがあるだろう。非公認球と言われるとなんだか「使ってはいけない球」のように感じる人もいるかもしれないが、実はそうではない。非公認球というのは、反発係数が規定以上のものを指すことが多く、競技ゴルフではもちろん使用不可。しかしプライベートのラウンドで使うぶんには問題ないので、飛距離が落ちてきたと悩む人は試してみてもいいだろう。ちなみに重さは45.93g以下、直径は42.67mm以上と定められており、これより重い、あるいは小さいボールはやはり非公認球となる。ボールのルールに関しては、これ以外にも、球を取り替えていいタイミングや、球を拭けるか拭けないかなど、意外と複雑で覚えにくい。そこで今回は、ボールに関連したルールを『2021-2022 GOLFDIGEST ゴルフルール早わかり集』から抜粋。いま一度おさらいしよう。 Q. 公認球とはどんな球のこと? A. テストに合格しリストに載っている球のこと(規則4.2) 公認球とはR&AまたはUSGAのテストに合格した球のことだ。「公認球リストに掲載されている球を使用しなければならない」というローカルルールが制定されている競技では、そのリストに掲載されている球を使用しなければならない。 Q. 球はいつでも取り替えられる? A. ホールとホールの間や、救済処置の際に取り替えられる(規則6.3b) 原則としてホールのプレー中は球を取り替えることができないが、ホールとホールの間では球を取り替えられる。また、規則に基づいて救済処置を受ける場合は球を取り替えることができる。例えば道路からの救済、ペナルティーエリアからの救済などで、取り換えが可能。 Q. 球を拭けるケースと拭けないケースは? A. 球を拭けないのは以下の4つのケース(規則14.1c) インプレーの球を規則に基づいて拾い上げた場合、その球を拭くことができる。ただし、次の4つの規則に基づいて拾い上げた球を拭くことはできない。 1. 球が切れたか、ひびが入ったかを確認するため(規則4.2c)2. 自分の球がどうか確認するため(規則7.3)3. 他のプレーヤーのプレーの障害となるため(規則15.3)4. 球が救済を受けられる状態にあるかどうかを確かめるため(規則15.4) Q. 誤球とはどんな意味? A. 自分のインプレーの球、暫定球、第2の球以外の球すべて 他のプレーヤーの球、捨てられている球、OBとなった球、紛失球となった球は「誤球」。 Q. 誤球をプレーしてしまった場合、どうなる? A. 2罰打を加え自分の球をプレー(規則6.3) 誤球をプレーした場合は、2罰打を加え、改めて自分の球を見つけてプレーする。誤球をストロークした打数はカウントしない。したがって、第2打地点で誤球のプレーをした場合、その誤球を何回プレーしたかに関係なく、自分の球を見つけてそれを4打目としてプレーしなければならない。 Q. 誤球したのに自分の球を発見できないときは? A. 誤球の2罰打、紛失球の1罰打、合計3罰打で別の球をプレー(規則6.3c、規則18.2) 誤球したあと、3分以内に自分の球を見つけることができなければ、その自分の球は紛失球。1打罰を加え最後に自分の球をストロークした地点に戻って別の球をプレーする。例えば、第2打地点で誤球のプレーをし、自分の球が発見できない場合、誤球の2罰打と紛失球の1罰打を加え、ティーイングエリアから5打目をプレーする。 意外とややこしい「ボール」のルール。いざというときに惑わないようしっかり覚えておきたい。 Myゴルフダイジェスト有料会員になるとスマホでいつでもルールが確認できる! 『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』 Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます
  • 2019年のルール大改正でやさしくなったとはいえ、まだまだ複雑なゴルフルール。すべてを頭に入れておくのは大変だが、ゴルフを楽しむ上で最低限のルールは覚えておきたい。今回は「プレーのペース」に関するルールをご紹介! ゴルフの重要な要素のひとつに「プレーファスト」がある。ゴルフは1つのフィールドで多くのプレーヤーが順番にボールを打っていくスポーツ。1人のプレーが遅くなると、その組全体が遅くなり、ひいては同じコースでプレーしているすべての組にも影響が出てしまう。初心者の頃、先輩から「打ったらすぐにクラブを持って走れ!」と言われた経験がある人も多いだろう。そこまでする必要はもちろんないが、前後の進行も考え、できる範囲で速やかなプレーを心掛けたい。速やかなプレーは単なるマナーではなく、規則書にも明記されたルールのひとつである。プレーを不当に遅らせた場合はペナルティの対象にもなるので、基本的なルールの1つとして頭に入れておこう。では「プレーを不当に遅らせる」とは具体的にどういうことを指すのか。「2021-2022GOLFDIGESTゴルフルール早わかり集」より抜粋してQ&A形式で解説していく。 Q. スロープレーとなってしまう目安は? A. 1ストローク40秒以内が目安(規則5.6) 規則では、1ストロークを40秒以内に行うことを推奨している。40秒は1ストロークを行うのに十分な時間で、通常はそれより速くプレーすることを心掛けたい。18ホールを4時間少々で回るには、毎ショット40秒かけることはできない。 Q. ラウンド中、トイレに行くことはできる? A. スロープレーにならなければOK(規則5.6) プレーを遅らせることがなければトイレ等に行くためにコースを離れることは違反とはならない。 Q. スロープレーの罰打は? A. 3段階で罰が重くなる(規則5.6) プレーを正当な理由なく遅らせた場合、最初の違反は1打罰。2回目の違反は2打罰、3回目の違反で失格。違反がホールとホールの間で起きた場合、罰打は次のホールに適用される。 Q. プレーのペースを遅らせないために打順を変えることはできる? A. むしろ推奨されている(規則6.4) 先にプレーすべきプレーヤーがまだ準備ができていない、トイレにいっているなど、プレーのペースを遅らせないことを目的に打順を変えてプレーすることができる。プレーのペースを遅らせないための打順変更は、安全が確認できる状況では認められているだけでなく、推奨されている。 ちなみに、一般的なテレビCMが15秒なので、40秒はCM2回分よりも長い。「急がなきゃ!」と思って焦って打つと、ミスをしてかえって進行が遅れる原因に。自分の番が来るまでにしっかりと準備を整え、順番が来たらリズムよくプレーすることを心掛けよう。 Myゴルフダイジェスト有料会員になるとスマホでいつでもルールが確認できる! 『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』 Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます
  • 週刊ゴルフダイジェストの人気連載「ゴルルとルール」から、間違えやすいルールの問題を厳選。2019年の改訂でルールが大幅に変わったこともあり、混同している人も多いはず。さて、あなたは何問正解できる? ここは正解しておきたい! 難度1~2 難度 ★★☆☆☆ 改めて聞かれると意外と迷う……中級編 難度 ★★★☆☆ 難度 ★★★☆☆ これが分かればルールマスター! 難度4以上の難問  難度 ★★★★☆ 難度 ★★★★★ 全問正解できたあなたはかなりのルール通! 間違ってしまったあなたは、「ゴルルとルール」でゴルルと一緒に勉強していきましょう! 「ゴルルとルール」バックナンバーはこちら こちらもチェック! Myゴルフダイジェスト有料会員になるとスマホでいつでもルールが確認できる! 『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』 Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます