Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • 【ゴルファーのためのボディメイク】#1 きれいなスウィングを身につけるには“股関節”の柔軟性が不可欠です

【ゴルファーのためのボディメイク】#1 きれいなスウィングを身につけるには“股関節”の柔軟性が不可欠です

ツアーでは空前の筋トレブームが巻き起こっている。飛距離アップにつながるのであれば、我々も取り組んでみたいところだが、ただ闇雲に鍛えてしまうと逆効果になることも。ゴルフで重要な筋肉を効率よく鍛えるにはどうすればいいのか。若手の注目株、桂川有人が取り組んでいるボディメイクの方法と、我々アマチュアにも実践できるストレッチ&トレーニングについて、トレーナーの稲葉氏に聞いてみた。

PHOTO/ARAKISHIN THANKS/BC PROJECT

桂川有人
かつらがわゆうと。1998年生まれ。愛知県出身。日大ゴルフ部を経て2020年プロ転向。今季は東建ホームメイトカップで2位に入ると、『ISPS HANDA 欧州・日本、とりあえず今年は日本トーナメント!』でツアー初優勝。全英OPにも出場予定

解説/稲葉弘泰

桂川有人や池上憲士郎などのシード選手をはじめ、プロ野球選手の専属トレーナーなども務め、自身もゴルフでHC8の腕前を持つ凄腕トレーナー

●CONTENTS●
#1 「股関節」の柔軟性を高める

#2 「胸椎」の柔軟性を高める
#3 「大殿筋」を強化する

股関節が動けば地面を蹴れる

トップアスリートなら柔軟性が高く、筋力も高いのが当たり前だと思っていないだろうか。意外とそんなことはなく、旬な男・桂川有人もボディメイクを取り入れる前までは、体のバランスが悪かったと稲葉弘泰トレーナーは言う。

「桂川プロは体の前側の筋肉ばかり使う傾向がありました。ですからラウンド後は太ももがパンパンで疲労が蓄積しやすかった。前側だけでなく後ろ側もバランス良く使わないとダメなんです」

そこで桂川に特に重視させているのが股関節だ。

「股関節の柔軟性を高めることで歩き方が変わり、地面を蹴れるようになる。これはスウィングにおいてもパワーを出すために必要な動きです」

稲葉氏は、まずは体を正しく動かせる状態にすることが大切で、そのためにストレッチは必須だと言う。桂川いわく「体が硬いボクにとってはストレッチそのものが筋トレと同じくらいきついんです」。

桂川が実践する股関節ストレッチ

片足立ちをして、もう片方の足を後ろに上げる。注意点は骨盤を水平にすること。この体勢から、上げている足を開いて閉じるを繰り返すことで支えている足の股関節の柔軟性が高まり、動かしやすくなる

【まずはここから!】
自宅でできる股関節ストレッチ

片ひざをついた状態で、後ろの足を手で引っぱり上げることで、股関節の周辺の筋肉が伸ばされ股関節が動かしやすくなる
※モデルは稲葉氏のスタジオの横江トレーナー

>>深いトップを手に入れるには「胸椎」を柔らかくしよう
>>「お尻」の筋肉を強化すれば飛距離に直結!

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月24日号より

こちらもチェック!

  • 渋野日向子の専属トレーナーを務める斎藤大介氏の連載「らくトレ、ゆるスト」からオススメのメニューをピックアップ。今回は、体をスムーズに回転させるうえで重要な役割を果たす「股関節」の柔軟性を高めるエクササイズを5つご紹介! こちらもチェック!
  • 飛距離アップのためには、トップでしっかりと体を回すことが必要。しかし、デスクワークで体が固まっていたり、年齢とともに柔軟性が落ちてくると、どうしてもトップが浅くなってしまう。無理に深いトップを取ろうとすると、腕だけで上げてしまい、手打ちの原因に。そこで今回は、肩まわりの柔軟性を高め、回りやすい体を手に入れるストレッチを、週刊ゴルフダイジェストの連載「らくトレ・ゆるスト」から厳選してご紹介! 解説/斎藤大介 柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得。16年より米女子ツアー選手のトレーナーを務め、20年から渋野日向子の専属トレーナーとして活動中。インスタ(golf_fit_japan)でも情報発信中 こちらもオススメ!
  • スウィングではよく「下半身リード」が大切と言われるが、近年、効果的な下半身の動かし方が変わってきているという。スウィング改造に取り組んでいる渋野日向子も、下半身の使い方を意識したトレーニングを行ってきたという。まずは、渋野日向子の専属トレーナー・斎藤大介氏に話を聞いてみた。 PHOTO/Hiroaki Arihara、Tadashi Anezaki 解説/斎藤大介 16年から米女子ツアー選手のトレーナーを務め、20年から渋野日向子の専属トレーナーとして活躍中。現在、小誌で『らくトレゆるスト』を連載中 自分の意思をしっかりと体に伝えられることが重要 今季からスウィング改造に着手し、春先はなかなか結果が出なかった渋野日向子だったが、シーズン中盤から本来の飛距離が戻ってきて、10月に2勝。結果に結びついてきた。その陰には、専属トレーナーである斎藤大介氏と取り組んできた下半身強化があるという。 この記事は会員限定です続きを読むには会員登録が必要です 「昨年までは飛距離よりもスウィング作りにフォーカスしてトレーニングしてきました。そして、今年に入りスウィング改造に取り組んだことで、徐々に飛距離を上げていくトレーニングを組み込んでいきました。下半身の強化がメインですが、単にパワーをつけるだけではなく、自分の意思で、部位、特に股関節を動かせる機能性も高めるトレーニングをしています。ゴルフはいかに再現性を高くスウィングできるかが大切です。出力だけではなく、『こうしたらこう動く』という自分の意思を体に伝達させることが重要なポイント。下の写真のような傾斜地でもブレることなくショットができるのも、下半身の強化と使い方が上手くいっている証拠だと思います」(斎藤) ゴムチューブを使って行う練習前の下半身トレーニング 練習前に渋野が行っているウォームアップのひとつ。アドレスの姿勢から左手にゴムチューブを引っかけて、肩甲骨や腹斜筋の動きを確認しながら引っぱる。この動きができるようになってくると、自然と下半身の動きもよくなってくる 渋野日向子がやっている股関節ストレッチ 下半身リードを身につける上で、股関節の動きが非常に重要だという斎藤コーチ。「渋野選手は必ず下記のようなストレッチを行い、股関節周りの筋肉を刺激してからショット練習します。こうすることで、股関節の動きを自分で意識しながら振れるようなってきます」 (1)クラブを担いで股関節から前屈 上体を丸めることなく、股関節からしっかりと前傾させていく (2)足を踏み出して上体を伸ばす 足を前に踏み出す。これも股関節付近の筋肉を刺激する (3)足を左右に踏み込みながら上体を回す 足を閉じた状態から、テークバックとフォローの動きをする >>【後編】現在の下半身リードと以前の下半身リードとの違いとは? 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月30日号より 斎藤大介の「らくトレ」バックナンバーはこちら