Myゴルフダイジェスト

あなたはかぶる? かぶらない? ゴルファーの“帽子”事情【山を動かす】

ゴルフにまつわるさまざまな問題に関し、読者や識者に率直な意見をぶつけてもらう連載「山を動かす」。今回のテーマはラウンド時の「帽子」の着用について。あなたはキャップ派? バイザー派? それともかぶらない派?

●キャップ派です。若い頃はバイザー派だったんですが、だんだんと頭頂部が寂しくなってきたのでキャップ派に転向しました。当時からキャップは蒸れるからとかバイザーは紫外線に当たるからとか、いろいろと悩みましたが、髪のためにはどっちが良かったんでしょうか?(70代男性・神奈川県)

●バイザーをかぶることが多いですけど、真夏はキャップです。日差しの強い日にバイザーだと頭がジリジリしちゃいますからね。普通の日はバイザーのほうが爽快です。九州のほうに行くと規則でキャップ着用が義務づけられていますけど、プロの試合のときは、その規則は適用されないみたいで、かぶっていないプロもいます。バイザーにしても、キャップにしても、僕はかぶらないでプレーすることはまずないですね。ひさしがあるので、直射日光が目に入るのを防いでくれますから。(海老原清治/プロゴルファー)

●女性でも加齢で髪のボリュームはなくなってきます。30代半ばの頃、真夏にキャップでプレーして、ハーフターンで鏡を見て「これがワタシ!?」とびっくり。髪はキャップでぺっしゃんこ、汗で顔周りに張り付き、まるでお産の直後みたいでした。以来、髪をつぶさない感じのハットを愛用。(40代女性・神奈川県)

●キャップ派ですね。バイザーじゃあ頭の禿げが目立ってしまうじゃないですか(笑)。昔はキャップもバイザーもかぶりませんでした。レギュラーツアー時代の優勝シーンの写真を見ても帽子をかぶっていません。でも、雨の日はキャップをかぶっていました。あと、一時期、メーカーとの契約にキャップも含まれていた際は、もちろんかぶりました。キャップもバイザーも、ひさしで日光が遮られるのが嫌だったんです。九州とか関西では連盟の決まりでキャップが義務づけられているところもありましたけど、若い頃は無視してかぶらないでプレーしていました。慣れなんでしょうか、今はキャップがプレーの必需品になっています。(髙橋勝成/プロゴルファー)

●ショットを曲げて隣のホールに“おじゃま”することもたまにありますが、その際、声をかけたり、頭を下げたりするのはもちろん、キャップをとると、その組の人にも気持ちが伝わりやすいよと先輩に教えられたことがあり、キャップ派です。(30代男性・兵庫県)

●コースで「帽子着用のこと」というお達しがなければ、秋から冬は無帽でプレーすることも。理由は似合わないから。打球事故から頭部を守るといっても、バイザーならあまり意味がなさそうだし、プロツアーで帽子をかぶっていない人もいる。東京五輪ではローリー・マキロイがかぶっていなかったのが記憶に新しいです。(60代男性・静岡県)

昔は“無帽”派が多かった

●1970年代のプロたちは日本、外国勢含めて帽子類はかぶらないのが普通でした。あえてかぶるなら雨用という考え。ジャンボ尾崎はハットが多かったですね。私が勤務していたブリヂストンスポーツも多くの契約プロがいましたが、帽子を現在のように宣伝媒体とは考えておらず、別に勧めもしなかったですね。帽子が好きという選手もいなかったし。平板な日本人の顔に帽子は似合わないというのが常識としてあったのかもしれません。プロではありませんがブリヂストンの用品用具を愛用してくれた中部銀次郎さんが、九州の有名コースで「帽子をかぶらないとプレーできない。持ってきていないなら貸します」と言われ、フロントからそのまま帰ったこともありました。中部さんは雨でもかぶりませんでした。髪型が崩れるのがイヤだったんですね。“スタイリスト”らしいエピソードです。個人的にカッコいいと思ったのが、80~90年代に活躍したグレッグ・ノーマンのテンガロンハット。背が高く、顔が小さく、顔も正面が細く、側面が長いという欧米人の造作によく似合っていました。テンガロンハットはサム・スニードの甥、エド・スニードもカッコよかった。帽子をかぶるのが普通になったのは90年代からではないでしょうか。(田中徳市/元ブリヂストンスポーツプロ担当)

●ウェアによって変えます。トラッドスタイルのウェアにはシックなハットを合わせることが多いです。(40代女性・東京都)

●僕が所属していた九州の城島高原GCでは、帽子をかぶってプレーするのが決まりでした。打球事故などの危険防止のためで、これは九州ゴルフ連盟で決めていたことだと思います。僕自身はツアーではほとんどかぶりませんでしたね。かぶるとしても日除けのためのバイザーがせいぜい。契約していた「美津濃」のマークつけて。かぶらなかったのはプロとしての“素”をギャラリーやテレビの視聴者に見てもらいたかったから。遠くからではプレーの際の顔の表情が、帽子の陰に隠れて見えづらくなるじゃないですか。髪型も含めてプロとしてのプレースタイルを見てほしかったからです。(鈴木規夫/プロゴルファー)

●つばがフラットなキャップをかぶってみたら、絶望するほど似合わなかったので、つばがカーブしたタイプのキャップに戻しました。(40代男性・千葉県)

●中嶋常幸の“帽子観”を聞いたことがあります。中嶋は当時必ずキャップをかぶっていました。その頃は帽子をかぶるのは珍しく、聞けば「プレー中に自分の世界をつくることができるから」と言う。ショットもそうですが、特にパットの際「帽子のつばの内側に自分だけの静寂な世界をつくることができ、集中できる」と。プロは見られるのが商売ですが、集中するときはギャラリーの目を遮り、自分の世界に入りたいというのです。プロフッショナルとはこういうことかと感心しました。(某ゴルフ記者)

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月5日号より

みなさまからのご意見お待ちしています!

こちらもチェック!

  • 注目女子プロのスウィングを豪華解説陣が徹底分析。一般ゴルファーと変わらないヘッドスピードにもかかわらず、なぜ平均240~250Yも飛ばせるのか。飛距離アップのヒントが満載! 今回は、堀琴音、勝みなみ、西郷真央、西村優菜、笹生優花の5人をピックアップ! 西郷真央 勝みなみ 堀琴音 西村優菜 笹生優花 こちらもチェック!
  • ゴルフにまつわるさまざまな問題に関し、読者や識者に率直な意見をぶつけてもらう連載「山を動かす」。今回は、百花繚乱の女子プロたちの中で、あなたが“推す”のはどのプロか聞いてみた ●僕のイチ推しは1人じゃありません(笑)。昨年のマネーランク1~3位の稲見萌寧、古江彩佳、小祝さくらです。3人に共通すると思うのですが、飛距離は出ないが、アイアンの確かさ、ソリッド感は抜群。タイガー・ウッズのような“今風”のスウィングでなく、昔の杉原輝雄を彷彿とさせる職人ワザが渋い。喜怒哀楽を表に出さないが、稲見は眼光鋭く、小祝はニヤリと笑って人を斬る、古江はいたって平常心で簡単に勝ってしまう……。玄人好みがしますね。稲見のひじの抜き方、小祝のレベルターン・スウィングは必見です。そのほか、見ていて面白いのは飛ばし屋である原英莉花、西郷真央、渡邉彩香ですが、1年コンスタントに成績を残すのは稲見ら3人娘だと思います。古江はアメリカですがね。“穴”を挙げるなら植竹希望。ダウンでのクラブの“溜まり”はすごい。ヘッドスピードが速いのは正確性と裏表、諸刃の剣ですが、あそこまでクラブを引きつけられるのは稀有ですね。“トイチ”こと戸田藤一郎のクラブの溜まりを思い出させます。昨年は2位が最高でしたが、初勝利すると大化けする可能性があると感じます。(タケ小山/プロゴルファー、テレビ解説者)●青木瀬令奈は、女子ツアーのリーダー。コメントもしっかりしているし、SNSでの発信もうまい。友人の結婚式で本気の余興をやっている様子も良かった。部下にしたいタイプだけど、すぐ追い抜かれそう(笑)。(40代男性・東京都)●岩井姉妹! 明愛プロと千怜プロの見分けも余裕です。イケメンの弟さんもジュニアゴルファーとして有名で、もう岩井家推し!(50代男性・埼玉県)●ジャンボさんのところにいる西郷真央です。このところの報道などを見ていると、気持ちが入ったオフを過ごしていたようです。いいほうに転がると、ひょっとして稲見萌寧みたいになるかもしれません。日本ではちょっと上位に行くと海外に行かなきゃいけないような風潮がありますけど、稲見などは「日本でやる」と“芯”のようなものがある気がします。西郷にもそういう芯のようなものを感じます。芯がある、気持ちが入っている、これが大事です。あとは、横峯さくらにも注目しています。出産した女子プロが活躍できる時代になってほしいという期待を込めて注目します。(水巻善典/プロゴルファー)●今年も勝(みなみ)VS せごどん(西郷真央)の対決に期待。鹿児島出身なので、その名前が連呼されていると、つい注目してしまう。鹿児島県民は西郷隆盛が大好きだけど、実際に鹿児島出身なのは勝みなみなんだよなあ。(50代男性・神奈川県) PHOTO/Hiroaki Arihara ●佐藤心結ですね。昨年のスタンレーレディスのプレーオフでの会心のショットがピンを直撃して、劇的な負け方をしたのが印象に残って気になっています。あれからプロテストに合格しQTも上位に入っていますから、コンスタントに試合にも出られるはずです。飛距離もあるし、スキルも高い選手ですが、三觜(喜一/プロコーチ)一門というところにも注目しています。(永井延宏/ゴルフコーチ)●小祝さくらがうちの息子の妻になってくれたらいいのにと想像してしまう。稼ぎは息子の数倍……いや、もっとか(笑)。現代っ子なのに昭和の雰囲気があるのもよし。(50代男性・埼玉県)●いつでもどこでも、しぶこに夢中! うるさい外野は放っておいてアメリカでのびのびプレーしてほしい。大舞台に強いのも魅力。全英女子も楽しみです。(40代男性・岡山県)●やっぱり稲見萌寧。だって圧倒的に強いから。技術はもちろんメンタルの強さが顔に出ている。試合中継で音声が入ると、優勝争いをしていても同組のプロと平気で話したりしていて、ほーっと思う。時代は変わったなあと思わせてくれる選手。(50代男性・東京都)●アメリカに行っちゃいましたが、それでも古江彩佳推し。浜崎あゆみ好きと聞きましたが、私と同じ。年は親子ほど違うけど(笑)。(40代女性・兵庫県)●森田遥はアディダスのビジュアルを見て、ビビッときた。スタイルが良くて外国人モデルみたい。インスタもチェックしていますが、ときどき出てくる愛犬・ゼロ君もかっこよくて、インスタ登場を楽しみにしています。(40代女性・神奈川県)●たくさんいすぎて挙げるのが難しいんですが……。まず、ずーっと応援している山村彩恵プロ。彼女がもがき苦しんでいて、それでもあきらめない様子を見ているので、絶対応援します。そして、同じ熊本出身の上田桃子プロももちろんです。今の女子ツアーではベテランですが「やれるっしょ」みたいにサラーッと、若い選手と同じ舞台でバチバチするところ、最高です。あと、おしゃれ番長っぷりもいい。結婚されたので“ミセス初V”も見たいですね。そして、ツアーを引っ張る存在になるのではないかと思うのが西村優菜プロ。以前「褒めてくれるキャディは苦手」というふうに言っていたのを聞いて「おおっ」と思いました。褒められたいと思う人が多いはずなのに。昨季4勝ですから、今年はそれ以上……となると女王争いに絡んでくるのでは。彼女が飛距離をほかの技術でどう補うか、見ものですよ。西郷真央プロも開幕戦で勝ったことで、とんとんと複数回優勝することも大いにあり得ると思います。高橋彩華プロは、最終日最終組からのV逸を何度も見ているので、彼女がその壁をどう乗り越えるかを見てみたいですね。(黒田カントリークラブ/ゴルフタレント) 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月22日号より みなさまからのご意見、お待ちしています! 投稿フォームはこちらから こちらもチェック!
  • 華やかに見える女子ツアーだが、シードを獲得し、トップで活躍できる選手はほんの一握り。次々と若い世代が登場し、シードを維持することも容易ではない。戦国時代さながらの女子ツアーを生き残るため、笑顔の裏で、人知れず悩み、努力を重ね、必死で戦い続けている。そんな女子プロたちの心の内に迫ってみた。 渋谷の街を颯爽と歩く柏原明日架(PHOTO/Takanori Miki) 実はショットに苦しんでいた?小祝さくらが語った昨シーズン 毎週負けたくない!稲見萌寧のメンタリティ プロ入り18年目でも「全然飽きない」進化を止めない上田桃子 「やらされる」から「自らやる」に新生! 柏原明日架 笠りつ子どん底からの再出発 「忘れられたくない」堀琴音、初優勝までの苦闘 諸見里しのぶ第二のゴルフ人生 「まだまだこれから」三ヶ島かなの目指す場所 米ツアー参戦10年目上原彩子の驚くべき「順応性」 「ミスをしても悔やまなくなった」大里桃子の“成長”
  • ゴルフにまつわるさまざまな問題に関し、読者や識者に率直な意見をぶつけてもらう連載「山を動かす」。寅年、すなわち“タイガーイヤー”の2022年、タイガー・ウッズはいつ復帰し、どんな活躍を見せるのか(※ちなみに本人は卯年)。識者・ファンに期待・願望を込めてタイガーの2022年を予想してもらった。 ●あれだけのケガをしたと聞いたときは、もう復帰は無理ではないかと思いましたが、昨年末に息子のチャーリー君と出場した試合(PNC選手権)を見てびっくりしました。医学の進歩もあるでしょうけど、相当厳しいリハビリをしたのだと思いました。以前の左ひざの手術とリハビリのときも「息子に優勝する姿を見せたい」と相当頑張ったそうですが、今回はそれ以上だったのではないでしょうか。治療は最高のものが受けられたと思いますが、リハビリはタイガー自身が頑張らなければできません。タイガーの意志の強さがあったからこそ、短い期間で、あれだけのショットが打てるように回復したのだと思います。マスターズでの復帰、優勝を期待している人も多いようですけど、さすがにそれは無理だろうなと思っています。タイガー本人も言っているように、4日間、問題なく歩けるようにならないとダメですから。オーガスタナショナルはアップダウンがきついコースなので、足への負担が大きすぎます。僕の希望的観測で言えば、復帰は全英オープンではないかと思っています。今年はセントアンドリュースの開催なので、ほとんどアップダウンがないし、距離も短いし、何よりもタイガーが熟知しているコース。ここでのタイガー優勝が僕の期待です。(内藤雄士/プロコーチ)●何度もわれわれが「無理だ」と思うことを可能にしてきた希代のスーパースター。46歳? まだやれると思います。(50代男性・千葉県)●ぼくに届いたタイガーの回復度の情報は「球は打てるが、長距離を歩くのはまだ無理」というものです。筋力不足のほかに痛みもあるといいます。これまでもケガを繰り返してきたので、復帰を急いでの見切り発車はしないと思います。念には念を入れるでしょう。なので、今年のマスターズには顔を出すでしょうが、出場は無理だと思いますね。よくベン・ホーガンの奇跡の復活がタイガーに重ねられますが、ホーガンは当時、まだ30代の半ばだったですから。タイガーは今年47歳でしょう。単純には比較できないですよ。しかし、戻ってきてほしいし、またそれが可能だと信じています。(佐渡充高/テレビ解説者)●タイガーが活躍するシーンを見たいのはもちろんだけど、いろんな人のさまざまな期待を彼の肩に背負わせすぎた気もする。プレッシャーにさらされない生活を送らせてあげたいという気も一方である。(60代男性・茨城県) 2021年12月、息子のチャーリーとともに「PNC選手権」に出場。プレーヤーとしての顔、父としての顔。充実感たっぷり(PHOTO/Yasuhiro JJ Tanabe) ●一番いいシナリオは復帰して優勝してくれることです。それもタイガーですから、やっぱりメジャーがいい。しかし、彼のコメントを聞くと、ショットは何とかなるとしても、歩行に問題ありそうですね。年齢的なことも気になります。でもタイガーですから、最後の最後まで頑張ってくれると思います。あれだけの人ですから、引き際というのも考えているはず。飛距離だけではなく、技で勝てるコースを選んで出場するのではないでしょうか。レギュラーツアーはガチンコ勝負の世界だから厳しいかもしれませんけど、もうちょっとで50歳です。シニアになれば和気あいあい、見せるゴルフで楽しませてくれることもあると思います。でも、やっぱりタイガーですから、メジャーで勝つところを見せてほしいですね。(冨永浩/プロゴルファー、解説者)●事故を起こした時は復帰どころか日常生活も危ぶまれましたが、手術の成功と自身の回復力で親子の試合に出場し、ボールを打つシーンまで披露しました。ツアーに復帰できるかはさておき、自身のゴルフ界における影響力と責任感からのアピールだと思うのですが、裏読みすれば、PGAツアー側の“願望”も見え隠れしています。というのも、サウジアラビアのオイルマネーを資金源とした「スーパーゴルフリーグ」構想が進んでいます。コミッショナーのグレッグ・ノーマンは多くのトッププロのスカウトに動き、これにはPGAツアーも対抗手段をとっていて、その切り札はタイガーを“取られない”ことだと思うのです。タイガーはたとえ試合に出なくても、PGAツアーの象徴であることには変わりありませんから。一方“アジア”を強調するノーマンは母親がタイ人であるタイガーにはぜひとも参加してもらいたいところ。PGAツアーは、そうはさせじとタイガーに報奨金を送り「復活物語」をアピールしたいのだと思います。(ハル常住/マルチゴルフプロデューサー)●息子と出場したPNC選手権の写真をたくさん見ましたが、タイガーが“パパの顔”というよりは眼力鋭い“プレーヤーとしての顔”をしている気がしました。これは狙っていますね。(40代男性・奈川県)●ケガの状態がよくわかりませんけど、一部報道では、一時は足を切断しなきゃならないほどひどかったそうですね。それにしては回復が早かったという印象です。彼のことだから、試合に出るからには、優勝できる状態にしてからだと思います。子どもたちの応援が彼の元気になるし、彼らが成長するなかで、タイガーが結果を出してみせる必要もあるでしょう。だから、子どもと一緒に頑張るんじゃないですか。ファンとしては、試合に顔を出してくれるだけで喜ぶかもしれませんけど、本人はただ出るだけなんて考えていないはず。ゴルフを始めたときから、人に勝ちたいという気持ちが特に強い人ですからね。後進の指導とか、チャリティとか、何をやってもいいですけど、それはタイガーの仕事じゃない気がします。やっぱり僕としては、あの笑顔をまた見せてほしい。優勝したときの会心の笑顔です。白い歯を見せて笑う彼の表情は、ほかの誰も真似できない魅力があります。(水巻善典/プロゴルファー) 週刊ゴルフダイジェスト2022年2月8日号より こちらもチェック!
  • ゴルフにまつわるさまざまな問題に関し、読者や識者に率直な意見をぶつけてもらう連載「山を動かす」。今回のテーマは女子プロのウェアについて。スポーツ界でも、さまざまな点で多様性が叫ばれるようになったが、それを地で行くのが女子プロたちのウェア。識者、一般ゴルファーはどう思う? ●ゴルフを始める方は「スポーツにドレスコードがあるの?」と驚かれるかもしれませんが、イギリス発祥と言われると腑に落ちるかもしれませんね。特にテニスのウィンブルドンなんて白のみという厳しい縛りがあるのは有名です。汗染みが目立ちにくいからという理由だそうですが、いかにも貴族社会のイギリスらしい。でも、それによってウィンブルドンは高い“格”をキープしています。ゴルフクラブにドレスコードがあるのも同様の理由だと思います。ただし、プロツアーになると話は変わってきます。たとえば、結婚式に出席する場合のドレスコードを考えてみてください。格式の高いホテルでの式に呼ばれれば、相応のおしゃれをするのがマナー。でも、決して花嫁より目立ってはいけません。それが、女子ツアーの会場では選手全員が花嫁なんです(笑)。ギャラリーや視聴者に自らをアピールしなければなりませんし、ゴルフ人口を増やすというミッションもある。プロは“憧れられる存在”でいなければならないからです。現在の百花繚乱のウェア事情にはそういった背景もあると思います。(大谷奈千代/プロゴルファー) ●ドレスコードが厳しいのは断然男性のほう。プロツアーで短パンがダメだなんて、この酷暑の日本でどうかしている。プロでなくても短パンの場合にロングソックスを合わせるなんて、そもそも足が短い私には似合わなくて、笑っちゃうくらい不格好です。勘弁して。(60代男性・愛知県) ●僕の時代、ウェアで目立っていたのは中島恵利華でしたね。写真週刊誌が、今じゃあ死語でしょうが“パンチラ”を狙ってシャッターを切り、取材が一部規制されたこともありましたね。当の恵利華は「アンダースコートをはいているのにバッカみたい」と笑っていたそうですが。中島千尋が初めてノースリーブを着たときには少し問題になりましたし、へそ出しルックも話題になりました。キンクミこと金田久美子はへそにピアスしたりして……。変遷でいえば、ミニスカート、パンタロン、キュロット、ホットパンツといろいろ出ましたが、有力選手が身につけると右へならえという現象が多かったように思います。問題にされるのは開催コースでの「倶楽部ドレスコード」からアピールされるケースが大半だったのではないですかね。五輪が行われた霞ヶ関CCもドレスコードは厳しいと思いますが、今回は各国の“制服”だったので問題にはなりませんでした。選手が所属するアパレルメーカーのマーケティングに左右される面も否めません。男子のタイガー・ウッズのモックネック、あれは襟ですか? ナイキは旧弊を打破し、スポーツの新たな面を表出させようとマーケティングしているのでミッシェル・ウィのように“過激”になるんですね。(タケ小山/テレビ解説者) ●女子プロゴルフを長く取材してきましたが、印象に残っているのは中島恵利華ですね。それまでなかった“ひらひら”としたウェアでミニスカートが斬新でしたね。(小川淳子/ゴルフライター) 70~80年代の女子プロのウェア。“多様性”は今以上!? 【1979年】懐かしのローラ・ボー(右は冬仕様) 【1977年】樋口久子もミニスカート(左)/【1982年】涂阿玉はパンタロン派(中)/【1989年】中島恵利華は今なら普通!?(右) ●一時のミッシェル・ウィの“攻めたウェア”は、記憶に残っています。あれで、USLPGAがミニスカートの丈など、一部、規制に乗り出したんですよね。校則じゃないんだからー、と思いました。ミッシェル・ウィみたいなアスリートは全然いやらしさは感じなかったけれど、もちろん私は真似しません。心得ております(笑)。(40打女性・神奈川県) ●女子プロのウェアといえば、よく取り上げられるのがスカート丈ですね。1940年代のベーブ・ザハリアスのころはまだロングスカートでした。それが50~60年代、ミッキー・ライトになるとバミューダショーツ(ひざ丈)が主流になり、ナンシー・ロペス、ベッツィ・キング、パティ・シーハン、ベス・ダニエル、岡本綾子らもそうでした。80年代になると、ホットパンツのパク・セリが登場。瞬く間にホットパンツの時代となり、それが今も続いているのではないでしょうか。(川田太三/USGAルールコミッティ) ●プロゴルファーのウェアはクラブなどのギアと同様、商売道具のひとつです。レーシングカーみたいなものですよね。公道でレーシングカーを走らせるのがありえないように、一般のアマチュアがプロのウェアをそのまま真似してしまうのは危険です(笑)。もっとディテールに注目してみてください。たとえば、ウェアの配色や靴と靴下の組み合わせなど。ゴルフだからゴルフウェアメーカーが出しているウェアを買わなければならないかといえば、そうではありません。普段着を組み合わせていいんですよ。そういう意味では、多様性があると言えるでしょうね。それで、コーディネートするときにプロの配色を思い出して一部を真似てみるとか。プロは契約もあるし、目立ってなんぼだけれど、アマチュアはコースのドレスコードもあるし、そのなかでどれだけ工夫できるか。ゴルフウェアは総じて高いので、普段着をうまく織り交ぜ、浮いたお金で靴だけは奮発してみようとか、考え方はいろいろあります。そういう目線でプロのウェアを見るのも、また楽しいと思いますよ。(ドン小西/ファッションデザイナー) 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月14日号より こちらもチェック!