Myゴルフダイジェスト

398日ぶり実戦のタイガー・ウッズ。初日1番ホール、息子と獲った圧巻バーディ全ショット!

昨年末に行われたPNCチャンピオンシップで、398日ぶりに試合出場を果たしたタイガー・ウッズ。2021年12月18日、12時18分。初日の1番ホール、奇跡ともいえるティーショットを放った。

PHOTO/Yasuhiro JJ Tanabe

2人のベストボール方式で争うPNCチャンピオンシップ。タイガー・ウッズは12歳の息子・チャーリーくんと出場。初日のスタートホール、ティーショットで活躍したのはチャーリーくん。フェアウェイど真ん中にナイスショット。一方タイガーのティーショットはフェアウェイ右サイドで、チャーリーくんのボールを採用。

セカンドショットも、チャーリーくんがピンそばに付けたのに対し、タイガーはバックスピンがかかりすぎてエッジまで逆戻り。ここも、チャーリーくんのボールを選択。バーディパットで魅せたのはタイガー。先に打ったチャーリーくんが外したパットを、「こう打つんだよ」と、まるでお手本を示すように決めてみせた。

ティーショットとセカンドショットはチャーリーくん、パットはタイガー、という親子のチームプレーによって、完璧なバーディスタートを切った。


ティーショットはチャーリーくんに軍配

チャーリーくんはレギュラーティーからのティーショット。飛距離は230ヤードで、フェアウェイど真ん中。タイガーのボールより距離は残るが、ピンまで開けているのでチャーリーくんのボールを採用

バックティーから打ったタイガーのティーショットは、飛距離290ヤードでフェアウェイ右サイドをとらえる。チャーリーくんのボールより先に出ていたが、右サイドに切られたピンを狙いにくいアングルだった?

「ダディ、このボールはピックアップするよ」「OK、チャーリー」という会話があったかどうかは不明だが、タイガーのティーショットは不採用

チャーリーくんがバーディチャンスにつける

ピンまでは120ヤード。まずはチャーリーくんが打つ。グリーンの右サイドに切ってあるピンのさらに右横1.5メートルに見事にオン

あとから打ったタイガーは、ピンをデッドに攻めたが、強烈なバックスピンでエッジまで戻ってしまう。これにはタイガーも苦笑い

最後にキメるのはやっぱりタイガー

採用したのは、もちろん1.5メートルにつけたチャーリーくんのボール。親子で慎重にラインを読むも、チャーリーくんはわずかに外す。そのラインを見ていたタイガーはいとも簡単にバーディを沈め、幸先よくバーディスタート。グータッチして2番ホールへと向かう

週刊ゴルフダイジェスト2022年1月25日号より

こちらもチェック!

  • さまざまな分野で「リスタート」の年になりそうな2022年。驚異的な回復力を見せるタイガー・ウッズだが、PGAツアーへの復帰はいつになるのだろうか? 【解説】タケ小山……世界中のツアーに精通するプロ。TBS「サンデーモーニング」の解説者としてもお馴染み内藤雄士……丸山茂樹のコーチとしてともに米ツアーを戦ったティーチングプロ。ハイランドセンター代表 年末に久々に公の場に登場し、ツアーの公式大会ではないもののプレーも披露したタイガー。ツアー復帰のXデーは――。タケ 年末に公開されたタイガーが練習する動画は見た?内藤 見ましたよ。その後に自身が主催するヒーローワールドチャレンジでドライバーショットも披露していましたが、もうあんなに打てるのかとびっくりしました。タケ アメリカの医学の結晶でしょう。普通ならこんなに早くスウィングができるようにならない。内藤 足を切断というチョイスもあったらしいですからね。そう考えると、タイガーの復帰は本人も出場に意欲を見せている全英オープンかなと思います。今年はセントアンドリュースだから平らなので足への負担も少ないし、タイガーは全英を得意にしていますから。普通に考えれば全英オープンが順当だと思います。タケ オレの予想はね、マスターズだね。内藤 オーガスタはアップダウンがきついので厳しいと思います。あの傾斜から全力で打てるのかなって。オーガスタの18ホールは歩くだけでも大変ですから。足への負担は大きいですよ。タケ 確かにそうだけど。でもオレがタイガーのマネジャーだったらマスターズで復帰させるね。それも、調整目的で得意のアーノルド・パーマー招待とかに出ないで、いきなりマスターズで復帰。そのほうがドラマチックじゃない。内藤 確かに注目度は断然、高まります。タケ あとタイガーはスタック&チルトをやっといてよかったね。ケガしたのが右足だったから左足体重で打てるから。もし、左足をケガしていたら左打ちに転向していたかもしれない。それくらいのことをタイガーならやると思う。トラは凄いんだよ。常識じゃ測れないね。 ツアーへの完全復帰は否定したタイガー 自身が主催する年末のヒーローワールドチャレンジの会見で、タイガーは「ツアーに完全復帰することはない。試合を選んで出場することになる」と発言した
  • 2019年に2勝を挙げ、さらなる飛躍を胸に臨んだ2020-21年シーズン。しかし、そこに待っていたのは理想とはかけ離れた「ギリギリシード」という現実だった。かしこまった場所だと“人見知り”が出てしまう柏原明日架に、渋谷の街を歩きながらざっくばらんに話してもらった。 TEXT/Masato Ideshima PHOTO/Takanori Miki、Hiroyuki Okazawa 柏原明日架かしわばらあすか。1996年生まれ宮崎県出身。2014年にプロテストに合格。2019年、ミヤギテレビ杯でツアー初優勝、同年マスターズGCレディスで2勝目を挙げる。2020-21年シーズンはエリエールレディスで2位タイに入り、滑り込みでシードを決めた。富士通所属 先が見えないコロナ禍に下した大きな決断 「めちゃくちゃ苦しいシーズンだった!」と、渋谷の街を歩きながら柏原は話し出した。今だから笑顔で話せるが、誰もが柏原明日架がシード落ちの危機に陥るとは思っていなかった。プロ入りから5年、シードを失ったことがなかったからだ。2020年、新型コロナウイルスの影響で選手とメディアとの接点も薄くなった。感染予防の観点から、できる限り接触を避けるため、気軽に喋りかけるようなことができなくなり、我々は“ネットの速報”で情報を得ることが主となった。結果はわかっても、それ以外のことはわからない。外見だけで選手の状態を把握するほかに術がなかったのだ。柏原の成績が思わしくないことはもちろん知っていたが、それでも柏原のシード落ちはイメージできなかった。当の本人はそのあたりをどのように感じながら戦っていたのか。「20年のアース・モンダミンカップが初戦でしたが、それ以降も試合がやれるかどうかわからない状況で、実際にあると思っていた試合がなくなったりして、体調的にもメンタル的にも波風が立っていました。3月に当たり前のように開幕していたのができず、4月になっても5月になってもできず……。モチベーションをどの方向に持っていけば良いのかわからなくなっていたのを覚えています」 続きを読む アース・モンダミンカップで開幕したものの、柏原は本来の調子でゴルフをすることができなくなっていた。結果、20年は思うような成績を残すことができなかった。統合シーズンだったため、巻き返しの時間はあったものの、成績が出ないことは選手にとって稼ぎがないことを意味し、それが何よりもキツい苦しみになる。そんな最も苦しいときに柏原はある決断をする。「今までは父にずっとサポートしてもらって、コーチという立場でもありました。そこから離れて自分で一旦整理したいという話をしました。それで21年に入ってから、自分のゴルフスタイルについて自分で気づいて、感じて、自分の中に落とし込むことを初めてトライしました。自分から言った手前、助けてとも言えないし、プライドもあるから言いたくもない。でもわからないことはたくさんありました。そんなもやもやする日々が続きましたね」 9月のゴルフ5レディスから7戦連続で予選通過。「このころから、自分がどうやれば予選通過できるのか、戦えるのかがやっとわかってきました。少しずつ自信を取り戻せてきたときですね」 「堀琴音の存在は大きかったです」 同級生の堀琴音にもアドバイスを求めた。自分がどん底に落ちたからこそ堀の凄さを知ったと振り返る。堀への恩は優勝でしか返せない 「やらされる」から「自らやる」に変わった 柏原にとって、いわゆるこれが親離れということになる。「25歳で親離れは遅い」と言う人がいるかもしれないが、ゴルフ界では多々あることで、これが意外と難しいのも事実。なぜなら、ジュニア時代から、一番近くでゴルフを見てきてくれた存在だからこそ、良いときも悪いときも最大の理解者であったのが親だからだ。これが単なるコーチなら割り切れる部分もあるが、親となると精神的な支えにもなっていることもあり、そこから最も苦しい時期に離れるのには相当の覚悟が必要だったに違いない。「離れたら勝てないだろうなと思っていました。それに、自分ってこんなにゴルフのことをわかっていなかったんだなと気づいてしまった。これじゃあ勝てないよなって(笑)」初めて父から離れてゴルフをしてみてわかったことは、『ゴルフの難しさ』だと言う。「今まではいろんなことが上手くいっていたんだなと気づきました。アマチュア時代にそこそこ成績が出て、プロテストも通って。初優勝までは6年かかりましたけど、シード権は取れていたし。ありがたいことにスポンサーさんにも付いてもらって、賞金をもらって……。形としてはしっかりプロなんですけど、ゴルフの感覚としてはアマチュアの延長のような感じだったんだと思います。自分で成績を出してきたという感覚はあまりなかったんですよね。ゴルフが仕事だって本当の意味では思っていなかったんだと気づきました」ゴルフをすることが当たり前だったからゴルフが好きかどうかなんて考えていなかった。もしかしたら、“やらされている”感のほうが強かったのかもしれない。しかし、遅めの親離れを経験したことで、自分がゴルフが本当に好きだと改めて知ることができた。11月のエリエールで2位に入って滑り込みでシード権を守った。滑り込みだろうかなんだろうが、シード権に優劣はない。自分のことを初めて知ることができた柏原は来年はどのようなシーズンにしたいと思っているのだろうか?「今まで12月の時点で来年はこうしたいってあまり思わなかったんです。もちろん漠然とした目標はあったけれど、今までは自分から設定しなくても言ってくれる人がいたから(笑)。でも今年は、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃって思っているのであまり時間はないと思っています。12月は挨拶とかゴルフ以外のことも忙しいんですが、その合間に練習できるかなって、今まででは考えられない思考になっている。本質的にゴルフが好きになったのかなって思います。今頃? って笑わないでくださいね!」 ゴルフのことが好きだと気づくことができたのは親離れができたから。同時に親が今までどれだけのことをしてくれていたかに気づいた。感謝の気持ちを胸に柏原はさらに強くなる 「美容にはめちゃくちゃこだわってます!」 柏原は渋谷の街に妙に馴染む。それもそのはず、女子ツアーの中でも美意識が高く、プロアマの前夜祭などでもいつも注目の的になる存在だからだ。「単純に好きだからというのはありますね。好きでやっているうちに徐々に反響があって、若い子から『ゴルフのときのメイクの仕方を教えてください』とか、『日焼け対策はどうしていますか?』とか声をかけてもらうようになって。ゴルフをしたいけれど、そこが壁になっている人が多いんだなと思いました。それでプロゴルファーだからこそ、何か発信できることがあるんじゃないかって。今はプロゴルファーとしてできることってなんだろうと考えながらSNSで発信しています」柏原には見られる意識が備わっている。ゴルフに関してはアマチュアだったとこれまでの自分を振り返っていた柏原だが、美容に関してのほうがむしろプロ意識が高い……。「見られるスポーツだという意識はあったので、そのためのケアはすごくしています。紫外線とか多くの人がゴルフをやると髪が傷むんだろうなって思われているのを取っ払いたいなって思っています」 常に見られていることを意識する。そうすれば何かが変わると柏原は言う。美に関してはメジャー級のプロ意識を持っている とは言うものの、数年前の柏原の印象は“ボーイッシュでかっこいい”だった。それが今はクールビューティ……。イメージが180度変わった人も少なくないはずだ。この変化はいったい……?「髪はショートカットが似合う、化粧はあまりしない、日焼けをしてロングパンツ。“ザ・アスリート”というイメージが親にはあって、その影響が大きかったんです。でも、自分はおしゃれが好きだし、髪をいじるのも好き。それで自分でいろいろと考えて、イメージをいい意味で壊せる方法を考えたんです。おしゃれをしてもカッコイイゴルファーにはなれるんじゃないかと。これは自分だけじゃなくみんなが持つべき意識だと思いますね」2022年、“本当のプロ”になった柏原の姿を見ることができそうだ。 「若い子だけでなく私たちも見てほしい(笑)」 「若い子たちの実力はスゴイと思います」と、素直に認めつつも「私たちも見てほしい。プレーだけでなく、格好とかも含めて、です!」 誌面では載せきれなかった秘蔵写真を特別公開! 柏原明日架の誌面未掲載カットはこちらから 月刊ゴルフダイジェスト2022年2月号より こちらもチェック!
  • 2021年2月の自動車事故から驚異の回復を見せ、先日の親子チーム戦「PNC選手権」で実戦復帰を果たしたタイガー・ウッズ。その最新クラブセッティングを会場でキャッチした! PHOTO/Yasuhiro JJ Tanabe タイガーのバッグを覗くと、ドライバーのソールには「SIM2」ではなく「STEALTH」の文字。テーラーメイドのウワサのニュードライバーをさっそく使用しているようだ。ソールのヒール側には「PLUS+」と記されている。「SIM2」同様、何種類かあるのだろう。タイガーの使用モデルにはスライド式のウェートが搭載されている。フェース面が赤く見えるのも斬新だ。 1Wのロフトは9度。ソール前寄りにスライド式のウェートが搭載され、タイガーはドロー寄りのポジションで使用。シャフトはディアマナD+ 60のTX ドライバーの下は3Wを2本。「STEALTH」の15度と「SIM」の15度が入っている。「STEALTH」のほうには、ソールのヒール寄りに「US+」という文字。3I~PWは以前と変わらずブレードタイプの「P・7TW」を使用。ウェッジは「ミルドグラインド2 TWグラインド」、56度と60度の2本を入れている。パターはおなじみの「ニューポート2 GSSプロト」。 タイガー・ウッズの最新クラブセッティング PGAツアーへの本格復帰がいつになるのかに注目が集まるが、そのときにどんなクラブセッティングで現れるかも注目だ。 週刊ゴルフダイジェスト1月11・18日合併号より こちらもチェック!
  • <PNC選手権/リッツカールトンGC(フロリダ州)/2021年12月18日~19日> 親子でチームを組んで戦う「PNC選手権」にタイガー・ウッズが息子のチャーリーとともに出場。大ケガからの復帰戦にも関わらず、トータル25アンダー2位と、驚異的な回復ぶりをアピールした。 PHOTO/Yasuhiro JJ Tanabe 20組のメジャーチャンピオン(プレーヤーズ選手権も含む)が、親子でチームを組んで36ホールを戦うPNC選手権。「ファーザー&サン・チャレンジ」として知られたこの大会がフロリダ州のリッツカールトンGCで行われ、昨年に続きタイガー・ウッズが息子のチャーリーとともに出場した。2月の自動車事故以来の試合となったタイガーは、息子と組んでトータル25アンダーまで伸ばしたものの優勝には2打届かず2位。トータル27アンダーとしたジョン・デーリー&ジョン・デーリーII親子が優勝した。「まだ脚は回復していない。しばらく時間がかかる」というタイガーはカートを使ってのプレーだったが、息子とともに赤いシャツに黒いパンツというお馴染みの勝負服に身を包んだ最終日は、7番から圧巻の11連続バーディ。それでも「もうフルスケジュールでツアーを戦うことはない」というタイガー。今週、46歳の誕生日を迎える。 優勝はジョン・デーリー親子 お決まりの派手なウェアに身を包んだジョン・デーリー親子。父と同じアーカンソー大学に通う息子は目つきからしぐさまで父親そっくり! リー・トレビノ(81)と息子ダニエルは、かつて日本でも人気となったメキシカンハット「ソンブレロ」マークのウェア&キャップでお揃いコーデ デビッド・デュバル(49)と息子ブレディ。右手にパターを持ち、真剣にラインを読んでいるが、グリップの握り方までそっくり トム・ワトソン(72)と息子マイケル。パターを片手にグリーンへと上がっていくが、歩幅も歩調も示し合わせたかのようにピッタリ ニック・ファルド(64)とワイルドな金髪の息子グレッグ。左足の曲げ具合、浮き具合といい、見事にシンクロしている ヘンリク·ステンソン(45)と息子のカールはスウィングだけでなく、手を腰に当て足を交差させて人のボールを追う姿も似ている 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より こちらもチェック!
  • ゴルフの最先端、PGAツアーの旬なネタをお届けする「PGAツアーエキスプレス」。第5回は、1996年、タイガー・ウッズの初優勝を振り返る。 取材/コーリー・ヨシムラ(PGAツアーのアジア担当ディレクター) 先日開催されたシュライナーズチルドレンズオープンは、タイガー・ウッズが初優勝を飾った試合として記憶している人も多いだろう。当時はラスベガス招待という名で行われていた大会で、弱冠20歳、プロ転向5戦目のタイガーが見事優勝を果たした。今から25年前、タイガーの初優勝を振り返ってみる。タイトルの言葉はプレーオフで敗れた、デービス・ラブⅢが記者会見で発したもの。タイガーがこれほどまでの選手になると確信していたかはわからないが、25年経った今、これを聞くと実に感慨深くなる。当時、ゴルフ界の新星登場に多くの人は歓迎ムードだったが、批判する人も少なからずいた。「なんでもタイガー、タイガー、タイガーで嫌になる」とか、「ほかにも選手がいることを忘れているみたいだ」などなど。全米アマで3連覇を達成し、さらに大学を中退してプロ入りをしたタイガーは、彼を好ましく思わない人たちにとっては恰好の餌食だったのだ。しかし、タイガー自身はそんな批判はどこ吹く風、コメントでも軽快にかわしていた。その姿もまた、批判に拍車がかかる原因になっていたのだが……。しかし、タイガーはそんな雑音を、自らの実力(優勝という形)で消してみせた。試合を振り返ってみたい。この試合は3つのコースを使い5ラウンド行われていた。初日は首位と8打差。3日目を終えた時点でもタイガーの上には7人もの選手がいた。しかし、4日目終了時、トップとの差は4打につまっていた。そして最終日、後におなじみとなる“タイガーチャージ”がさく裂する。1番でバーディを奪い3番ではイーグル、その勢いは止まることなく9、11、13、14番とバーディでトップに並ぶと、16番でもバーディを奪い、トップでホールアウト。クラブハウスリーダーとなった。追うのは、当時全盛期だったデービス・ラブⅢだったが、タイガーの勢いについていくことができなかった。 最終日は早々にバーディを奪い、幸先のいいスタートを切ると、そこからラッシュ。一気にトップに追いつき、プレーオフの末、初優勝を飾った タイガーは今までで「82」もの勝利を飾っており、すべてのトロフィは把握できていないというが、このときの29万7000ドルの小切手の巨大パネルは今もオフィスの壁に飾られている。タイガーにとって、もっとも大事な勝利のひとつであることを物語っている。それ以降、タイガーはずっと主役だったし、今でもそうだ。当時を振り返っていたら復活が待ち遠しくなった。 月刊ゴルフダイジェスト2021年12月号より こちらもチェック!
  • タイガー・ウッズのバックアップパターが、なんと39万3000ドル(約4300万円)で落札された。これは1本のゴルフクラブの価格としては過去最高額だという。 これは先の29日、アメリカの“ゴールデンエージ・ゴルフ・オークションズ”での落札価格。開始価格は2万5000ドルだったが、直後から入札が殺到。計26回の入札を経て、あっという間に金額が跳ね上がったという。このパターは2002年に作られたとされるタイガーのバックアップパターで、フェース面には「TW」と打刻されており、ヘッドカバーと証明書が付属している。オークションサイドの説明によると、過去18年、中東やヨーロッパ、アジアなどを転々としてきたものだそう。昨年の秋には2001年モデルのバックアップパターが15万4928ドルで落札された。2001年といえば、タイガースラム(00年全米オープン、00年全英オープン、00年全米プロ、01年マスターズ)が達成された年。こちらのほうがはるかに価値は高いようにも思われるが、値段が3倍近くに跳ね上がった理由は、先日の車両事故が大きな原因では、とマニア間でささやかれている。もっとも、タイガーが制した15のメジャーのうち、14試合で実際に使用したエース中のエース「ニューポート2 GSSプロト」がオークションに出れば、300万ドルから500万ドルになるのでは? と、2年前に同オークションの創業者であるライアン・カーレイ氏が語っていたが、今となっては「この予想金額は、現状を考えるとあまりにも低い」とか。とすれば一体何億円になるのだろう? スペアで家一軒、エースなら大豪邸が立つ! 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月21日号より こちらもチェック! https://my-golfdigest.jp/gear/p886/ https://my-golfdigest.jp/tournament/p22139/