Myゴルフダイジェスト

「僕はクリーン」薬物検査で潔白を証明。デシャンボーの2021年を振り返る

くすぶっていた薬物疑惑を晴らすため、昨年末自ら検査を受け、「すべて陰性。僕はクリーン」と訴えたブライソン・デシャンボー。良きにつけ悪しきにつけ話題になる男の21年をまとめた。

20年秋の「全米オープン」でコースをパワーでねじ伏せメジャー制覇を達成したデシャンボー。コロナ禍でツアーが中断している間、肉体改造で10キロ以上体重を増やした彼の筋骨隆々の体に、一部では禁止されているステロイドなど増強剤を使用したのでは? という噂が広がった。

その疑惑を晴らすべく彼は自身のYouTubeチャンネルに検査を受けた日の映像と携帯に結果が届いた日の映像をアップ。すべての項目が陰性で「皆さんに潔白を証明したかった。これで自分の筋肉が努力の賜物、ナチュラルであることがわかったでしょ?」と報告した。

それを受け米メディアは一斉に「デシャンボー、自分はクリーン」という記事を載せたが、なかにはこんな疑問も。テスト前後の映像はあるが、検査施設の内部は撮影禁止だとして、実際にテストを受けている場面は映されていない。本当に受けたの? と一部メディアは疑心暗鬼。とはいえ彼がドーピング検査に引っかかったことはないから、そこは信じてあげたい。

毎度取り沙汰されるケプカとの確執は11月の『ザ・マッチ』で直接対決することで経済的利益に結びつけ、世界ドコン大会に出場しベスト8入りし、ツアーの成績だけでなく飛ばしでも名を馳せた。

しかしコロナワクチンについての独断的な見解を口走りバッシングを受けたり、契約先のコブラのドライバーに文句をつけメーカーから批判されたり、コロナの影響で東京五輪に出られなかったり……。デシャンボーの1年は嵐のようだった。22年も彼がゴルフ界をちょっと違った角度から盛り上げてくれるのは間違いなさそうだ。

2022年はどんなデシャンボーを見せてくれるのか(PHOTO/Tadashi Anezaki)

週刊ゴルフダイジェスト2022年1月25日号より

こちらもチェック!

  • ゴルファー心をくすぐるアイデア商品を多数取り揃える通販サイト「ゴルフポケット」。今回は、中でも人気の高い売れ筋商品5アイテムをピックアップ! 冬ゴルフにピッタリなアイテムもあるので、気になる商品はすぐにゲットしよう。 売れ筋アイテム#1未来ウェア・ストレッチ撥水ライトダウンパンツ 「こんなウェアが欲しかった!」を叶える「未来ウェア研究所」より、冬ゴルフにピッタリな商品が登場。ひざから上をダウン、ひざから下を素材でありながら、ひざから下をストレッチの効いた別素材に切り替えることで、暖かと動きやすさを両立。ダウンの量も部位によって変えることで、見た目もボテッとせず、すっきりとしたシルエットとなっている。撥水加工も施されているため、少々の雨ならへっちゃら。これ一枚で冬のラウンドは完璧! ひざより上はダウン素材。ひざから下はストレッチの効いた防風素材。ドローコード付きでサイズ調節も容易 未来ウェア・ストレッチ撥水ライトダウンパンツ ●カラー/ブラック●サイズ/M、L、XL●素材/(身生地)ポリエステル100%、(ダウン)ダウン90%・フェザー10% 購入はこちらから 売れ筋アイテム#2吉田ロープ 冬の間にいいスウィングを身につけたい。そんな人にオススメなのが、この「吉田ロープ」。谷原秀人などを教えるプロコーチの吉田直樹が考案した練習器具だ。上の写真のように、インパクトでロープがピンと伸びればきれいなスウィングができている証拠。そのためには、トップでしっかりと「間」を作ること、そして正しいスウィング軌道で振ることが必要。軌道がズレると、ロープが腕や肩に当たってしまう。これを振っていれば、自然といいスウィングが身につくというわけだ。テレワークの合間に、運動を兼ねてロープ素振り。春には飛距離アップしていること間違いなし! ヘッドスピードや体力に応じて重さ・長さの異なる3タイプがある。写真はHS40m/sまでのゴルファーに最適な「レギュラーモデル」 LPロープ(吉田ロープ) ●レギュラーモデル:8910円●アスリートモデル:9310円●レディス&ジュニアモデル:8690円 購入はこちらから 売れ筋アイテム#3コメクエスト セパレートシューズケース 高い機能性とデザイン性で人気の「コメクエスト」とゴルフダイジェストのコラボ商品。通常のシューズケースとは異なり、片足ずつ収納できるセパレートタイプ。持ち運び時にシューズ同士が当たって細かな傷がつくのを防げるほか、柔らかい袋型のため、ボストンバッグなどに入れた際にかさばりにくいというメリットも。また上の写真のようにキャディバッグに結んで使うのもお洒落だ。カラーは3種類。バッグに合わせて選びたい。 コメクエスト セパレートシューズケース ●カラー/ブルー、レッド、カーキ●サイズ/約W440×H440mm●素材/(本体)コットン、(紐)ポリエステル●価格/3850円 購入はこちらから 売れ筋アイテム#4ブラッドライン『VALE』 オデッセイの主要スタッフだったブラッド・アダムスが設立したパターブランド「ブラッドライン」。この『VALE』は、なんと手を離しても倒れない“自立式”パター。一度ターゲットに向かってアドレスを取ったあと、手を離して後方からチェックしてみると、自分がいかに真っすぐ構えられていなかったかに気づく。つまり、パットが入らないのは打ち方うんぬんよりも、そもそも真っすぐ構えられていないことが原因の可能性も。またライ角通りに自立するので、手を添えるだけできっちりと正しいライ角で構えることができる。自然と正しい構えを導いてくれるこのパター、パットに悩む人は要チェック! ナイロンのフェースインサートはソフトな打感。3本のサイトラインで構えやすい ブラッドライン『VALE』 ●ヘッド重量/405g●ロフト/3.6度(標準時)●ライ角/69.5度(標準時)●シャフト/プレミアムカーボンファイバーシャフト(50g)●長さ/33インチ、34インチ、35インチ 購入はこちらから 売れ筋アイテム#5電熱マフラー NUK(ヌーク) 晴れていれば昼間は暖かいが、朝と夕方はやっぱり寒い! そんな冬ゴルフにピッタリなアイテムが、この「電熱マフラー」。内臓のカーボンファイバーヒーティングパッドが約10秒で発熱し、首元から体を効率よく温めてくれる。バッテリー付属で、低温モードなら約4時間の連続使用が可能。日中は電源をオフにすれば通常のネックウォーマーとして使用できるので、4時間もてば1ラウンドは十分に賄える。デザインもシンプルでどんなウェアにも合わせやすい。普段使いもできるので持っておいて損はないだろう。 カラーはブラック、カーキ、オリーブの3種類。温度は高温・中温・低温の3段階で調節可能。専用バッテリー付き 電熱マフラー NUK(ヌーク) ●カラー/ブラック、カーキ、オリーブ●サイズ/(本体)80×13cm、(収納時)16×13×6.5cm●素材/(表地)高密度ポリエステル410T、(裏地)起毛ベルボア 購入はこちらから 今だけ! Myゴルフダイジェスト有料登録(6カ月以上)で もれなく4000円offクーポンプレゼント! >>キャンペーン詳細はこちら こちらもチェック!
  • 若手からベテランまで、役者が揃い、今年も熱戦が予想される男子の海外メジャー。そこでPGAツアー事情に詳しい、佐藤信人、杉澤伸章、内藤雄士、進藤大典の4人がどこよりも早くメジャーの戦いを予想。まずは4月のマスターズから!TEXT/Kenji Oba PHOTO/Taku Miyamoto、Tadashi Anezaki、Akira Kato マスターズオーガスタナショナルGC/4月7日(木)~10日(日) ――21年は松山英樹選手がグリーンジャケットに袖を通すという、日本人にとっては本当にうれしい大会になりました。松山選手の連覇に期待したいのですが……。 杉澤 16、17年のフェニックスオープンでも連覇は経験しているし、なによりオーガスタとの相性はタイガー並み。可能性は十分あるでしょう。佐藤 21年は前週のテキサスオープンで調子も悪く、イライラするようなところもあって、それがかえって期待値と自分自身へのハードルを下げ、それがいい結果につながったとの指摘もあります。杉澤 流れによって期待がプレッシャーとなるかエネルギーになるかは分かりませんが、僕が思うにメジャーでは最終日より初日の迎え方が大事だと思います。この辺は大ちゃん(進藤)のほうが詳しいと思うけど、松山選手のその辺をどう見ていますか?進藤 メジャーでは嫌でも気合いが入ります。これは“裏方あるある”ですが、「頑張ろうぜ!」なんて声をかけるのは野暮中の野暮(笑)。英樹はマスターズでの優勝以降、メジャーに余裕をもって臨んでいるように感じているんです。英樹自身の変化だけでなく、優勝の経験が「チーム松山」を大きく成長させているとも思うんですね。内藤 年末に金谷(拓実)くんが世界ランク50位に滑り込み、出場権を獲得しました。そこにアジアパシフィックアマで勝った中島啓太くん。日本人が活躍するとめっぽう強いのも松山選手なので、2人の活躍にも期待したいですよね。 続きを読む 佐藤 中島くんの場合、マスターズのほか、全米、全英オープンの出場権もあるわけでしょ。同年のメジャー3大会のローアマも可能性があるんじゃないのかな。内藤 日本人選手以外に目を向けると、そろそろ来そうだと感じるのがザンダー・シャウフェレかな。21年は最後まで優勝争いを演じ、勝ちたかっただろうし。そのリベンジか東京五輪では見事、金メダルにも輝きました。佐藤 まだマスターズチャンピオンを出していない国の選手は、松山選手の優勝に大きな影響を受けたんじゃないでしょうか。たとえばノルウェーのビクトール・ホブランとか、チリのホアキン・ニーマンとか。韓国ではY・E・ヤンが全米プロで勝っていますが、イム・ソンジェにも十分チャンスはあるでしょう。進藤 個人的にはジョーダン・スピースやブライソン・デシャンボーあたりが来るのかなあ、と思います。杉澤 あくまでも僕の願望ですけど、松山選手が誰にグリーンジャケットを着せるのか。その観点からいうとパトリック・カントレーなんかどうですか? 松山選手とは同じ歳、11年に松山選手がローアマ獲得、その翌年に松山選手を抑えてローアマになったのがカントレー。そうなったらドラマじゃないですか?佐藤 なるほどねぇ。グリーンジャケットもそうだけど、松山選手の用意するチャンピオンズディナーも気になります。松山選手の第二の故郷、仙台の牛タンとか出したら良さそうだけど、どうもタイガーは牛タンは嫌いらしい(笑)。進藤 確かジェイソン・デイも食べなかった気がします(笑)。 史上3人目の連覇達成なるか⁉ 86回目を迎えるマスターズだが、連覇を達成したのは65、66年のジャック・ニクラスと01、02年のタイガー・ウッズのみ 佐藤 あと願望で言わせてもらえば、ローリー・マキロイのキャリアグランドスラム。ゴルフ界がどんな熱狂に包まれるのかを肌で感じてみたい。マキロイは涙のたびに強くなる選手で、19年に母国のロイヤルポートラッシュの全英オープンでまさかの予選落ち。涙、涙の記者会見でした。しかし翌年は2勝を挙げて、フェデックスランク1位になりました。そして21年はライダーカップで負けて涙を見せて、10月のザ・CJカップで優勝しています。内藤 なるほど。ただ、ライダーカップから時間が空きすぎているので、その間にあと2勝は欲しいかな。体力的にもプレッシャーも年々大きくなって難しくなるだろうし、ここ2~3年が勝負になるでしょうね。佐藤 マスターズは優勝すると、毎年いつでも戻ってくることのできる大会です。たとえ現役を引退したとしても、あのパー3コンテストの輪のなかには、マキロイは絶対にいてほしいし、いるべき選手だと思います。個人的にはアーニー・エルスがいないのにも違和感があるし、寂しさもあります。それだけに絶対に勝ってほしい選手です。杉澤 コリン・モリカワもマスターズに勝つと、こちらもグランドスラムにリーチになるんですよね。もしかすると、そのあとに全米オープンにも勝って……、なんてとんでもないことも起こるかもしれません。あとで話が出ると思いますが、ショットの精度はもとより、彼の頭のよさは、メジャーで勝つ絶対条件だと思います。 佐藤信人 高校卒業後米国に渡り、ネバタ州立大ゴルフ部で活躍。帰国後プロテストを受験して合格。02年日本ツアー選手権などメジャー3勝、通算9勝。18年からJGTOの広報理事を務める 杉澤伸章 横田真一の専属キャディとしてキャリアをスタートさせ、02年から丸山茂樹の専属キャディとして渡米。現在は若手育成やゴルフ人口増加のために講演会やテレビ解説など多方面で活躍中 内藤雄士 日本大学ゴルフ部在籍中に米国ゴルフ留学し、最新ゴルフ理論を学ぶ。丸山茂樹のコーチとして海外も経験。現在も多くのプロをサポートしながら、ツアー中継の解説などメディアでも活躍 進藤大典 東北福祉大学では宮里優作や岩田寛と同期。宮里、谷原秀人の専属キャディとして活躍した後、13年からは松山英樹の専属キャディとして国内外を転戦。現在はメディアでも活躍する 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より
  • 21年ゴルフ界の主役としてまず思いつくのがブライソン・デシャンボーだ。ブルックス・ケプカとの確執&和解、世界ドラコン出場と数々の話題を提供してくれた彼だが、実はゴルフをやめる寸前だった? ケプカとの不仲エピソードがメディアを賑わすと、ケプカは「ゴルフ界にとって話題になるのはいいこと」と楽観的だったが、デシャンボーは「ゴルフをやめよう」と思うほど精神的なダメージを受けたという。ギャラリーからケプカのニックネーム“ブルクシー”コールを受け、コロナのワクチンに対する懐疑的な発言を批判され、長年連れ添ったキャディとも決別。そのたびにSNSは炎上し、「まるで拷問を受けているようだった。SNSのバッシングは自分にとって全く必要はない。この舞台を去ってもこれから幸せな人生を過ごせると思った。ならばやめても構わないと」。こんな衝撃的なことをデシャンボーは語っている。傷心の彼を救ったのが俳優クリス・ブラッドのこんなアドバイス。「コースにいるときの君とそれ以外の君をきっちり分ければ良いのでは? コースでは皆が望むデシャンボーという架空のキャラクターを演じ、コースを離れたら本当の自分に戻ればいい」彼が演じる架空のキャラクターがバッシングを受けても本物の自分が感知しなければ悩むこともない。デシャンボーは「それを今実践しようと頑張っている」。どうやらデシャンボーは、ゴルフは豪快だが、中身は超繊細のようだ。一方このオフ、ケプカは婚約者のジェナさんと一緒にスキーを楽しむ姿をSNSにアップしている。多くのゴルファーは「ケガが怖いから」とウィンタースポーツに尻込みするがひざに爆弾を抱えるケプカはお構いなし。ジェナさんいわく「彼は無事よ」。繊細なデシャンボーに対してケプカはかなり図太い。 人知れず悩んでいたというデシャンボー(写真は2021年全米オープン。PHOTO/Blue Sky Photos) 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より
  • 本誌のレッスン特集に登場したこともあるレッスンプロの松本一誠は、プロのドラコン選手でもある。そんな彼が国内ドラコンツアーの成績によって推薦を得て、日本代表として、9月末に行われた世界ドラコン選手権に初出場した。選手として、技術の専門家として、世界の飛ばしを目の当たりにした体験記───。 PHOTO&TEXT/Issei Matsumoto まつもといっせい1992年生まれ。171センチ。小学5年の時にゴルフスクールに入りゴルフを始める。杉並学院高ゴルフ部出身。研修生の後、レッスンプロへ。ドラコン競技は2015年から続ける。最長記録は2020年の429ヤード 世界ドラコンとは正式名称はPLDAロングドライブ世界選手権。1年に1度行われるロングドライブ(ドラコン)の世界一を決める大会で、世界中から代表者が集まって飛距離を競う。今大会はアメリカ・ネバダ州のメスキートにあるロングドライブのフィールドで開催。ルールはセットマッチという方式。1グループが16人。そのうち4人がワンセットとなって2分30秒間で6球を打ち、最も飛んだ1打で順位が決まる。それを5回繰り返して総合計ポイントで競う。1位200点・ 2位100点 ・3位50点・ 4位25点。この方式を4日間続け、1日ごとに人数が絞られていき、最終セットマッチで優勝が決まる 初出場の戦い 日本大会を経て日本代表として出場した初の世界大会。その初日、最終セットまで自分のドラコンができずにいました。予選通過ラインの獲得ポイントよりも下に位置、最終セットの5球目まで満足いく球が打てずにいました。いきなり追い詰められましたが、この状況で、この大会に後悔が残らないよう「あること」だけに集中しようと意識を変えました。「あること」とは、「綺麗にフィニッシュを決める」こと。少し冷静になって周りを見渡すと、「ゴルフ力が高い」と思えるスウィングをしている選手が上位につけていました。フィニッシュが崩れるほど振っていた、これまでの自分を反面教師にして、綺麗に振ることにシフトチェンジしたのです。すると、その打席で1位の200ポイント(アゲンストのなか、342ヤードをマーク)を獲得することができ、逆転で初日通過を決めることができました。ドラコン人生で一番嬉しかった瞬間でした。2日目はスピードとパワー、そしてグリッド(点数がカウントされるフェアフィールド)に、すごい球を次々に入れる技術、すべての面で圧倒され、僕の世界大会初挑戦は幕を閉じました。呆気なく終わってしまいましたが、あのフィールドで、「どうすれば結果が出るのか」という手応えを得ることはできたので、それを探りながら、もう一度あの舞台に立ちたい、というのが今の気持ちです。 「グリッド」と呼ばれるドラコンのフィールド。幅は約60ヤード。この範囲に止まれば記録がカウントされる PGAツアーのスターB・デシャンボー 今大会はブライソン・デシャンボー選手が初参戦しました。ドラコンは2戦目、世界大会は僕と同じく初出場。デシャンボー選手については、かなり前からスウィングやショットデータ、使用クラブ、体使い、トレーニングをチェックしていましたが、リアルで見ると抱いていたイメージのさらに上の次元でした。 続きを読む 圧倒的なアキュラシー(正確性)に加えて、ドラコンのトップ選手と同等のヘッドスピードとボールスピード。感動を超え、狂気を感じるほどの球を飛ばし続けていました。持ち球は一貫して中高弾道のドローボール。スピン量は目測2000回転中盤。ロングドライブのルールは6球中1球の最長飛距離で競いますが、デシャンボー選手は6球中、4~5球はグリッドに叩き込みます。アドレスはハンドアップに大きく構えます。ハンドアップさせると手首の可動域は制限されますが、強い体幹を生かした鋭い回転で速いヘッドスピードを引き出すので、スウィングプレーンの再現力がとても高い。PGAツアーのときよりもテークバックからトップで左肩を深く入れますが、左ひじが曲がらずオーバースウィングにはなりません。6球中ほとんどでいい球が打てるのはこういったゴルフにつながる動作を崩さない姿勢にあると感じました。インパクトの直後に左足がまくれ上がり、右足がねじれながら目標方向へ出ていく動作が印象的で、これはドラコンならでは。体のパワーを余すことなく伝えているんだと感じます。この次元にたどりつく過程を考えると恐ろしいほどですが勉強になりました。帰国後はそれを生かしたレッスンや自分の飛距離と正確性の向上に役立てたいと考えています。人柄は温和で、画面越しで見ていたよりもスタイルがよく、モデルや俳優のようでした。人気は異次元、彼が打席に立つと超満員のギャラリースタンドでは隣と会話できないほどのスタンディングオベーションが巻き起こります。スターとはこういう人物を指すのだと感銘を受けました。 デシャンボーのドラコンスウィングを動画でチェック //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} B・デシャンボーの最終順位は6位。セミファイナルの記録は391ヤード。デシャンボーは6位賞金の約4000ドルを辞退、他選手の賞金配分に戻すようリクエスト。「ここで時速219マイル(97.9m/s)のボールスピードを出せたことは夢の実現のひとつ。自己記録を3マイル更新できました」 世界一流の飛ばし屋たちはみんなハイドロー 優勝はカイル・バークシャー選手。前回の世界大会につづく連覇でした。目の前で見ていて、「1人だけレベルが違う」と感じました。大きく強靭で柔軟な肉体、美しく効率的なスウィングはフィニッシュで毎回ビタッと止まります。芸術的でした。競技会場の奥に山があるのですが、そこまで飛んで行ってしまい測定不能(記録としては455ヤード)に。思わず笑ってしまいました。 世界王者カイル・バークシャー驚愕の455Yドライブ //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} バークシャー選手は恵まれた身長からダラリとリラックスした位置でグリップを握り、姿勢もリラックスして構えます。テークバック始動の強い勢いでシャフトにしなりを生み出し、そのしなりを切り返しでもう一度しならせ、ダウンスウィングでは背中を強烈に丸め込んでさらにしならせます。3度のしなりをうまく引き出すスウィング。デシャンボー選手と同じく左ひじをピンと張った、ドラコン選手としてはコンパクトなテークバックで効率と確率を上げていました。軌道はややインサイドアウト、インパクト直後に左足を強く引き、体のストッパーを解除し、最大スピードでヘッドが駆け抜けていきます。バークシャー選手と握手しましたが、今までの誰よりも手がぶ厚かったことに驚きました。生まれつきかトレーニングによるものか気になるところです。デシャンボー選手と同様のドローボールですが、誰よりも高い、超ハイドロー。 優勝したK・バークシャー。今大会の最長距離は455ヤード。フィールド奥の山まで飛んだため推定の距離。優勝賞金5万ドルを手にした。バークシャーを筆頭に強い踏み込みと回転で左足を後ろに引くフィニッシュは世界のトレンド これは最新のドラコニストのトレンドですが、練習場の段階から上位選手はロースピンのハイドローで飛ばします。ハイティーでボールを高くセットして、アタックアングル(ヘッドの入射角)はかなりアッパーです。ハイドローを打つ理由として、フィールドの芝がふかふかでほぼキャリー勝負という環境もあると思います。下半身を強く使い、ヘッドを振り出す勢いで左足を後ろに引くフィニッシュの選手が多くいました。 カイル・バークシャーのスウィング【後方】 //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} 帰国後、編集部の方に打診されてこの体験記を書きました。いま素直に「本当に行ってよかった」と思っています。世界トップの技術を吸収して、自分自身だけでなく、それを皆さんに還元できると思うとワクワクが止まりません。171センチ・70キロの僕だって世界のベスト64まで行けた。ここにいたる技術、これから進化していく自分の技術、余すことなくゴルファーの皆さんに伝えていきたいと思います。飛ぶ理論さえ確立できればみんな飛ぶ。それを実証できるよう精進していきます。 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月16日号より
  • いい意味でも悪い意味でもわれわれに絶えず話題を提供してくれるブライソン・デシャンボー。先の全英オープンでは、プロらしからぬ発言をしたことが話題に……。 大会初日、1オーバーの71、74位タイと出遅れたデシャンボーは「このドライバーは“最悪”だ」と契約先であるコブラのクラブをこき下ろしたのだ。フェアウェイキープ率が29%で頭に血が上ったのか、クラブ批判が止まらない。「そもそもこのドライバーのフェースが好きじゃない。ミスヒットをいかに許容範囲に収めてくれるかが重要なのに、ファーストカットにすら収まってくれない。この点に関してはさんざんメーカーと話し合ってきたのに改善されていない。フェアウェイに置ければ何の問題もなかったのに」とまくしたてた。さらには「これはクラブに物理的(構造的)な問題がある。デザインが理にかなっていない」とまで言い出したのだ。これにはコブラのクラブ開発担当者も「彼がこんな愚かなことを言い出すなんて本当に心が痛い。大勢のスタッフが猛烈なスウィングスピードで振る彼に合ったクラブを作ろうと努力しているし、それを彼は知っているはず。この発言はまるで8歳児が駄々をこねているようだ」と怒りを通り越し悲しみのコメント。冷静になったデシャンボーはさすがにまずいと思ったのか、その夜SNSで謝罪。「ラウンド後のインタビューでの発言はプロらしくなかった。フラストレーションが溜まって感情が爆発してしまった。最悪なのはドライバーではなく自分。コブラとはデビュー以来5年間チームとして一緒に仕事をしてきて素晴らしい製品を作ってくれている。自分の発言を心から反省し、これからはプレーだけでなく感情もコントロールする術を身につけたい」とコメント。デシャンボーが問題発言を行うのは決まってスコアが悪かったとき。その都度、物理や科学を持ち出し言い訳せずにはいられないようだ。不用意なひとことで契約を切られたJ・トーマスのような例もあるが、果たしてデシャンボーの今後は? クラブ開発担当者に苦労話を聞いてみたいものだ(PHOTO/Blue Sky Photos) 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月10日号より 関連記事 https://my-golfdigest.jp/tournament/p7636/
  • なにかと話題のニュースメーカー、ブライソン・デシャンボーだが、今度は未確認飛行物体=UFOの目撃談をラジオで語った。 デシャンボーの“未知との遭遇”はコロナ禍の昨年。テキサス州ダラスの自宅の裏庭でコーチのクリス・コモと友人のアダム・ハーレーと一緒にいたとき、上空に「3つの小さな銀色の金属ディスクのようなものを見た」というのだ。「その物体はすべて三角形を描くように動いていた」とデシャンボー。「われわれは呆然として“いったいあれはなんなんだ?”と1時間近く思いを巡らせた」といい、写真も撮影。しばらくして彼らが室内に入ると3つの未確認飛行物体は一瞬で姿を消したのだとか。「個人的にはいまのところわれわれが理解していない、あるいは未だ知りえない地球外生命体だと考えている。いまこの次元で解明できうる新しいテクノロジーだとは思えない」と物理学専攻のマッドサイエンティスト。これらの発言は全米プロの前に行ったもので、予選ラウンドでは松山英樹と同組だった。パー3で前が詰まっている場面では2人がなにやら話し笑顔になるシーンも見られたが、ひょっとしてUFOの話題だった?米メディアでは早速「デシャンボーは天体望遠鏡関連のスポンサーと契約すべき」とか「UFO承認契約を結ぶ第1号プロになるのでは?」などと話題に。テキサス州では以前大勢の市民が空で点滅する謎の光を目撃し、UFO研究家が調査を行うなどUFO出没地帯のひとつとして知られており、デシャンボーの家族も謎の飛行物体を目撃したことがあるのだとか。単なる話題づくりとは思えないが、デシャンボーが口にすれば何でもニュースになるゴルフ界。これからも奇想天外なエピソードを提供してくれそうだ。 デシャンボーの次なる課題は未確認飛行物体の解明!? 週刊ゴルフダイジェスト2021年6月15日号より