Myゴルフダイジェスト

イ・ボミはお揃いのパジャマ姿。幸せいっぱい! 女子プロたちのクリスマス

オフはスポンサーのイベント等で大忙しの女子プロだが、クリスマスは特別な人と過ごす選手も多い。女子プロたちはどんなクリスマスを過ごしたのか。SNSをチェックした。

結婚から2年経ったイ・ボミも幸せいっぱいのクリスマスを過ごした様子(PHOTO/Hiroyuki Okazawa)

夫婦で過ごす初めてのクリスマス!

8月にレーシングドライバーの中山友貴との結婚を発表し、夫婦として過ごす初めてのクリスマスを迎えたのが宮里美香だ。クリスマスはお世話になっているファミリーと一緒に過ごしたという宮里だが、サプライズで結婚のお祝いをしてもらったのだとか。

一番上にゴルフと車のモチーフが飾られた3段のケーキに二人で“ケーキ入刀”をしている写真を投稿。最後には動画もアップされており、最高の笑顔が弾けている様子も見られた。「最高すぎる時間をありがとうございました」「コロナが落ち着いたら本当の結婚式を挙げられたらいいなぁ」とのメッセージ。最高のクリスマスを迎えられたようだ。

初めてといえば“母になって初めてのクリスマス”を迎えているのが宮里藍だ。藍の投稿はシンプルにMERRY CHRISTMAS! と書かれたツリーの画像に「皆さん素敵なクリスマスを!」のメッセージ。しかしタグでは「#これまでで最高のクリスマスギフト」「#娘よありがとう」と書き添えられている。娘が無事に生まれてきてくれたことが藍にとって一番のプレゼントだったようだ。母親としての深い愛情を感じた投稿だった。

幸せオーラ全開! イ・ボミはお揃いのパジャマで

韓国の俳優で夫のイワン氏とおそろいのチェックのパジャマ姿でクリスマスパーティーをする様子を投稿したのはイ・ボミ。しっかりとクリスマスの飾りつけをしてトナカイの赤い鼻をつけお互いを見つめ合う写真からは幸せオーラが全開。「スマイルキャンディ」の笑顔に癒される人が続出した。

2匹の愛犬、トイプードルのステラとアポロとの3ショット写真を披露したのは畑岡奈紗。自身はサンタのついたカチューシャをし、リラックスした笑顔で「Merry Christmas」と投稿した。短いオフを日本で過ごし、年明けから始まる過酷なシーズンに向けしばし英気を養うようだ。

女子2人でクリスマスディズニーを楽しんだのは臼井麗香。今年の賞金ランキングでは45位に入り、来季のシード権を獲得している。クリスマスカラーのミッキーのカチューシャをつけ大きなクリスマスツリーの前での写真を投稿した。黒のタイトスカートに膝上のロングブーツをカッコよく着こなしているのが印象的。「サンタさんに1日お休みを頂いて」「ゴルフを忘れて」「女子2人で」「おそろコーデ」とハッシュタグをつけていることからこの日1日思いきり楽しんだことがうかがえる。コメントでは「モデルさん!?」「美しすぎる!」「プロゴルファーには見えない」などと絶賛されていた。

試合では見せることのない素顔が見られたクリスマス。ぜひ気になる選手のSNSをチェックしてみよう。

こちらもチェック!

  • ドラコンで女子の日本最長飛距離365Yという記録を持つ女子プロ、高島早百合。飛ばすためには、インパクトでボールを「押す」ことが大事というが、どうすれば「押せる」インパクトが手に入るのか。詳しく聞いてみた。 PHOTO/Hiroaki Arihara TEXT/Kosuke Suzuki THANKS/高根CC 解説/高島早百合1992年京都府出身。ゴルフの名門・東北高校を卒業後、2011年のプロテストに一発合格。現在はドラコンやレッスンを中心に活躍中 ●CONTENTS●>>#1 ドライバーもハンドファースト>>#2 肩・腰・腕は別々の方向に動く>>#3 手首の角度を最後までキープ ボールを真後ろから真っすぐヒットする ドラコンで365Yという驚異的な記録を持つ高島早百合。細身なのにこんなに飛ばせる理由を聞いたところ、「効率のいいインパクトで、ボールを押せているから」だという。「飛ばないと悩んでいるアマチュアはほぼ例外なく、スウィングのエネルギーをボールにうまく伝えられていません。インパクトでフェースが開いたり、ロフトが増えていたり、軌道が悪くてコスっていたり。これではどんなにパワーがあってもスピンが増えたり曲がるだけで飛びませんよ」(高島)飛ばすために大事なのは、少しロフトが立った状態で、スクエアフェース、ボールに真後ろからエネルギーをぶつけられるインパクト。ポイントは手首の角度にあるという。「左手首は手のひら側に、右手首は甲側に折れた形が必須。『ボールを押せる』効率のいいインパクトは、ドライバーもハンドファーストです!」 “押せる”インパクトのポイント1ロフトが立ってフェースはスクエア クラブの運動エネルギーを効率よくボールに伝えるためには、スクエアフェースで、少しロフトが立った状態で当てることが大事 “押せる”インパクトのポイント2左手は掌屈、右手は背屈 左手首は手のひら側に、右手首は甲側に折れた状態でインパクトすることで、ロフトが立ち、右手のひらでボールを押すような感覚が生じる ボールを“押せない”3大あるある 最長365Y! ドラコンクイーンの1Wスウィング 「押せるインパクト」もう2つのポイントとは?>>#2「肩・腰・腕は別々の方向に動く」>>#3「手首の角度を最後までキープ」 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より 高島早百合の飛びの秘密をさらに詳しく知りたい方はこちら 『ドラコンクイーンが365ヤード飛ばすためにやってきたこと』 こちらもチェック!
  • 1年で50ヤードも飛距離を伸ばした『ゴルル』メンバーの小澤美奈瀬が飛ばしの秘訣を伝授する本連載。今回は飛距離を伸ばすヒントは“目”の動かし方。その斬新なアイデアを紹介します。 PHOTO/Takanori Miki 小澤美奈瀬おざわみなせ。1992年生まれ、愛知県名古屋市出身。小誌・美女ゴルフユニット『ゴルル』メンバー。現在、ミニツアーなどに参戦しながら、主に東京や名古屋などで飛距離アップのレッスンを行っている。USLPGAティーチングプロ https://my-golfdigest.jp/lesson/p1082/ 前回のお話はこちら 目だけ動かす訓練をしたらヘッドが加速した こんにちは、小澤美奈瀬です。今回は、スウィング中の“目”の使い方についてお話しします。スウィングの超基本的な部分として「頭を動かさない」があります。その理由を簡潔にいうと、軸ブレせず体が速く回転できるからです。でも、どうしても頭が動いてしまう……。あるとき、その理由が“目の動かし方”にあると気づいたんです。目は動くモノを追う習性があります。目がボールを追うと、頭もつられて動きやすくなる。そこで私が考えたのは、“目のみ動かす”ことでした。テークバックでは、ヘッドの動きを目だけ動かして追い、インパクトからフォローにかけては、頭がヘッドに引っぱられて動きそうになっても、ボールがあった位置を目で見続ける。これができれば、ヘッドと頭の反作用によってヘッドが加速するので、飛距離がアップするんです。みなさんもぜひ、目だけを動かすトレーニングをしてみてください。 【Drill】頭を動かさず目標物を目だけで追う 目から50センチほど先に目標物を掲げ、左右に大きく移動させる。頭を動かさず、目だけ動かして目標物を追い、眼球を大きく動かすトレーニングを1~2分ほど行う ボールを見続ければ反作用でヘッドが加速 フォローでヘッドの動きにつられて顔の向きが変わると、ヘッドは加速させられない。目だけ動かし、ボールのあった位置を見続けることができたら、顔の向きが変わりづらく、頭を残してヘッドをより加速させやすくなる 週刊ゴルフダイジェスト2019年11月5日号より 「ミナセの小部屋」バックナンバーはこちら
  • 2018年8月、鮮烈なデビューを飾った大里桃子。順風満帆なプロ生活の始まりに見えたが、あることがきっかけで思わぬ不調に……。長かった2勝目までの道のりを振り返る。 PHOTO/Tsukasa Kobayashi、Shinji Osawa、Hiroyuki Okazawa プロテスト合格後23日で初優勝 2018年、8月20日。その年のプロテスト(7月末開催)に合格したばかりのルーキー・大里桃子は、大箱根CCで開催された「CATレディース」でツアー初優勝を飾った。プロテストに合格してからわずか23日目(3試合目)での優勝は、1988年ツアー制度施行後の最速記録。ルーキーイヤーで鮮烈なデビューを果たしたのだ。当時、大里はこうコメントしている。「私はまだプロ1年目。負けても仕方がない。ここまでやれたら悔いはないと思ったら、逆に吹っ切れて終盤はいいプレーができました」と語ったように、森田遥との一騎打ちに競り勝った。「初優勝のときはイケイケで、勢いで勝ったようなものです。最後のバーディパットもこんな下手くそが優勝していいのだろうか、そんなことまで考えていました」 「勢いで勝ったようなもの。こんな下手くそが勝っていいのかなと思った」 大里の初優勝は、黄金世代では同じ九州出身の勝みなみ、畑岡奈紗、新垣比菜に次ぐ4人目だった。キャディはコーチでもある父・宏さんが務めた 熊本で生まれた大里は、ゴルフ好きの父に勧められ8歳でゴルフを始めた。父・充さんは単なるゴルフ好きではなく、クラチャンを7度も取ったトップアマだ。「子供ができたらゴルフをさせたいと思っていて、長男には“将司”と名付けましたから。ジャンボ尾崎さんの名前をもらいました。ですが、長男はゴルフに食いつかなかったんです。それで娘の桃子にゴルフをさせたんです。そうしたら食いつきがよくて。最初から上手にボールに当てていたし、本人もおもしろかったのでしょう。30Y・40Yなどの看板に当てたらお菓子を買ってあげる、みたいに遊び感覚でゴルフをさせていましたが、ゴルフが楽しくなると自分で考えて練習するようになりました。小学生のときはピアノや水泳を習っていましたし、ミニバスケ部にも入っていて、そこでリズム感や運動能力が高められたのだと思います」(充さん) 続きを読む 大里はアスリートの資質を見事に受け継いでいる。父・充さんは、学生時代は100~400メートルの短距離選手で100メートルの熊本県記録を持っていた。そして母親も走り高跳びとハードルの選手だった。170センチを超える、恵まれた体格を持つ大里は、フィジカルの強さもさることながら、抜群の運動センスを持っていたという。「私は中学校の体育教師でしたからずっと子供たちを見てきています。その目から見ても桃子の運動センスには驚かされました。どんなスポーツでもちょっと要領を教えただけで、すぐにできてしまうんです。集中力が高く、感覚も優れていたんだと思います。ですからゴルフにおいてもショットやアプローチは難なくできていましたし、距離の打ち分けもお手のもの、という感じでした。中学2年時には日本ジュニアに出場し、3位入賞もしています。当時、桃子の中学校にはゴルフ部がなく、陸上部に在籍していましたからゴルフの練習は土日のラウンドくらいです。ほとんど練習していないのに上位に入ってしまったわけです。これをきっかけにゴルフに専念しようと決めました」 不調のきっかけは18年の最終戦 ゴルフの強豪校・熊本国府高校に進学した大里は、1年時に同級生の田中瑞希(2019年プロテスト合格)とともに全国高等学校ゴルフ選手権に出場し、女子団体優勝を達成。2年時は女子団体準優勝、3年時は再び女子団体優勝と輝かしい成績を残している。順風満帆なジュニアゴルフ時代を歩んできた大里は、プロの世界に入ってもその勢いのまま、ツアー初優勝を成し遂げたのだ。しかし、優勝した年の最終戦、リコーカップで思わぬ出来事が起きた。「リコーカップのとき、アプローチで30センチまで寄せたのにパットを外してしまったんです。そのとき『あれ?』ってなってしまって……。なんか気持ち悪いまま、シーズンが終わったんです」プロ1年目でツアー優勝を果たした大里が2年目を迎えた2019年。沖縄で開催された開幕戦・ダイキンオーキッドのプロアマで、本格的なパットの不調に気づいたという。当時の不調を父・充さんはこう分析していた。「桃子は運動センスが優れていたし、感性も抜群でしたからゴルフの練習はラウンドをメインにしていたんです。そうすることで感覚がもっと磨かれる、そう考えたからです。ですから練習場で何百球も打つといった反復練習はあまりしていなかったんです。そういった感覚的なゴルフが気持ちのズレや感性のブレにつながってしまったのかもしれません」「ショートパットが入らず、3パットや4パットは当たり前。そんな試合が続きました。でもプロの試合ですし、調子の波は必ずあるものだから、パットの不調だって付き合っていくしかない。そう思っていたんです。でも、いま振り返ると19年シーズンがいちばん苦しかったですね。開幕戦以降、予選落ちが6試合続いたりして、なかなか調子が取り戻せず、シード落ちの可能性も出てきて、初めて危ういかもという経験もしました。日本女子オープンで2位に入れたのでシード入りは確定させられましたが、その間もメーカーの人や知り合いの選手のコーチなど、さまざまな人に相談しました。パターを替えたり、グリップを替えたり……。できることは何でもやりました。何かを変えると調子がよくなることもありましたが、また不調が出始めて不安定になることもあって『またか……』という繰り返しでした」(桃子)側で見守っていた父・充さんは苦しんでいた娘の姿について、「桃子は先輩のワザや上手な人のテクニックを盗むのが上手かったんです。私も『プロになったら教えてもらえないぞ』なんて言っていましたから、周りの友達に相談するタイプでもなかったんです。マネしながら技術を学んできた、今のシニアゴルファーに近いんです。ただ桃子は負けず嫌いですから、どうにかしなきゃと本気で思ったはずです。その結果、周りのスタッフやコーチに相談できたのでしょう。プロ1年目は私がキャディをしていましたが、2年目からプロキャディにお願いし、私からも『選手として育ててほしい』とお願いしていました。そういった周りのスタッフたちが支えてくれたんです。いい人たちに恵まれたんだと思います」(充さん) 好きなクラブは「パター」 「ショットメーカーなんて言われることもありますが、実は私、パット好きなんです。好きなクラブも『パター』って書いていたくらいです。得意なクラブほど、不調になりやすいって聞いたこともありますし、ある意味、仕方がないのかなって思っています。でも不調のときは、タップインできるくらい寄せないとパットを外してしまうイメージが拭えなかったですね。何かを変えなきゃといつも解決策を模索していました」ツアーでは初優勝より2勝目が難しい。そんな言葉をよく耳にするが、大里にとっても2勝目までの道のりは険しかった。コロナ禍に見舞われた20年シーズンは大会中止もあり、21年との連結シーズンとなったが、大里は20年のオフから新たな取り組みを始めた。「両親とも体育会系で体格に恵まれたていたこともありましたが、今までフィジカルトレーニングはしていなかったんです。ただ、2勝目、3勝目を目指すのであれば、フィジカルも必要だと感じました。他人から見れば、そんなのトレーニングじゃないって言われるかもしれませんが、私なりにやってみよう、真剣に取り組んでみようって決めたんです。あとスウィング改造にも取り組みました。インパクトゾーンで手の通り道がなくなって詰まるような感じがあったんです。それを修正するためにベタ足のイメージで体の開きを遅くするようなスウィングにしたんです。これが上手くいきました。21年は序盤からショットが過去イチくらいに安定していて、バーディチャンスもたくさんつけていましたから、パットさえ決まれば優勝も見えてくる……という感じでした」 36インチに替えたらこれまでの悩みが急に消えた 「ヤマハレディースからパターを33インチから36インチにしました。長くなったことで構えたときの姿勢が起きる感じになり、以前のような縮こまった感じが消えたんです。そこで気持ちの面もリセットできたのかなって思います」その結果はすぐに表れた。4月のパナソニックオープンで2位に入ると翌週のメジャー、サロンパスカップでも2位タイに。そして迎えた、ほけんの窓口レディースで念願の2勝目を手にした。「3度目の正直で勝てました。めちゃめちゃうれしかったです。初優勝は勢いのまま勝った感じでしたけど、2勝目は苦労したぶん、実力がついて勝ち取った優勝だと思っています。苦しんだ時期を思い出すと涙が出てしまいますが、パットの不調を克服できたのかなって思います」大里の2勝目はプレーオフだった。入れなきゃ負ける場面でバーディパットを決め切った。「悩んできたことを生かさないでどうするんだ! って思いました。今までは外したらどうしようと考えていましたが、ここに打つという強い気持ちで打てました」 パターを36インチに替えたことできっかけをつかんだ大里。「これだけパターを外してきたので外れてもいいやって気持ちの面でも吹っ切れました」(大里) 21年になって大きく成長したと語る父・充さんは、「ミスしても悔やまなくなったんです。前週のプレーオフで上田桃子選手に負けたときも『一緒に戦えて幸せだった』と語りました。気持ちの切り替えができるようになったんです。人間的にも成長したなと感じました」20-21年シーズンを賞金ランク12位で終えた大里。次の目標は3勝目かと思いきや、「私の目標は前年の成績を上回ること。優勝やタイトルも大事ですけど、シード選手として長く活躍できる選手になりたいです」そう力強くコメントした。 「苦しんだ時期を思い出すと涙が出てしまいますが、ここで終わりではないので、またリセットして頑張りたい」と語った大里 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より
  • ゴルフにまつわるさまざまな問題に関し、読者や識者に率直な意見をぶつけてもらう連載「山を動かす」。今回のテーマは来季の女子ツアーについて。2021年も女子ツアーは大盛況。最後までドキドキハラハラの賞金女王争い、東京五輪での稲見萌寧の銀メダル、米女子ツアーでも畑岡が2勝、古江彩佳と渋野日向子がQTを突破するなど、話題に事欠かない。2022年、あなたの考える“見どころ”とは? ●JLPGAは約5年かけて勝ち取ったネット配信の放映権を地上波にも広げてほしい。幸い有力なスポンサーであるアース・モンダミン、ニトリが後押ししてくれているのはありがたいことでしょう。スポンサー企業はCM料をテレビ局に払い、テレビ局は放映権料をLPGAに払い、LPGAは大会を充実させ、サービスし、スポンサーに喜んでもらう。これこそ地上波を放映するための健全な姿。これを確立するための努力を期待します。あとは苦言。なぜプロテスト合格選手を20位までと限定したのでしょう。企業では人材を幅広く求めるのが常道です。プロスポーツで人材をリミットしてどうするの! 来年から古江としぶこが抜けるというのに、下から突き上げてくる層を薄くしたら将来が危うい。一方、米女子ツアーはまだ繁栄します。試合数もふくらみ、賞金増がすごい。5大メジャーの合計賞金額90億円ですよ。一時期、韓国籍の選手ばかりで人気が落ち込んだこともありましたが、現在はワールドツアーの様相。参戦する古江は現地では“宮里藍的な存在”と見られています。QTに出た全選手でセカンドオナー(一番飛ばない)なのに、グリーンでは一番最後に打つ(笑)。驚異の目で見られています。ですから、私は古江に注目、メジャーでは爆発力のあるしぶこに期待します。(タケ小山/テレビ解説者)●これから世界のゴルフツアーはジェンダー問題の解決に向かうのではないでしょうか。具体的にはミックスダブルスなどの試合を公式ツアーに組み入れることです。これまでも男女混合の試合はありましたが、やはり“お遊び”の感がありました。これを賞金ランクに加算するなど、公式の試合にする方向へ進んでいくと思います。これまでは男・女は実力、人気共に隔たりがあり、同じ土俵では戦えないというのが常識でしたが、差はだいぶ縮まっていると感じます。先日、米国のコンビによる対抗戦「QBEシュートアウト」でバッバ・ワトソンと女子のレキシー・トンプソンのコンビや日本の「3ツアーズ」での西郷真央、稲見萌寧コンビなどを見てそう思いました。女性に特化した用品用具の進歩、コーチング、筋トレなどの成果ではないでしょうか。私は、公式の男女混合試合を期待します。(佐渡充高/テレビ解説者) 「3ツアーズ」でも、男子・シニアを相手に圧巻の優勝を飾った女子ツアーチーム。多士済々の百花繚乱。海外組が抜けても人気は安泰!? ●リコーカップで女子ツアーが終わったとき「ああ、終わっちゃった」と寂しく思った。開幕戦が今から楽しみ。もうプロ野球でもこんなふうに思わなくなったのに、女子ツアーはすごい!(40代男性・神奈川県)●国内女子ツアーは大好きですが、配信のみになったら見るかどうかはわかりません。米女子も渋野や古江の活躍が楽しみですが、じゃあWOWWOWに加入するかといえば微妙です。いかんせん有料チャンネルになじみのない世代なので……。(60代男性・千葉県)●これまでは、女子の海外メジャーといえば韓国人選手が勝つのが当たり前でしたが、今は日本人選手が勝っても驚きません。これからの海外女子は、日・米・韓にタイと欧州という争いになってくるでしょう。日本選手だけではありませんが、女子プロはみんなスウィングがいい。パワーだけじゃなくて、男子よりスウィングがシンプルで効率的。パワーはクラブ選択で補えるようになるので、そういう意味で特別に飛ばなくても勝てる。実際、稲見も古江も飛ぶほうではないですよね。スター選手がたくさんいるなかで、1つ自信が持てるようになれば、海外でも活躍できるはず。渋野日向子はスウィングがどうのというより“ゴルフ力”が高い選手だと思います。笹生優花のスウィングは本当に別格という感じで、またメジャーで勝つ可能性は十分。英語ができるという強みもありますからね。これからも日本人選手の世界での快進撃は続くと思います。(江連忠/プロゴルファー)●日本の女子ツアーは高レベルなうえシードが賞金50位と厳しい世界。気が抜けないことで意識レベルも上がるという好循環が起きています。稲見は男子プロのようなフェードボールを打っていますが、これはシャフトの進化など用具の恩恵を受けているから。もちろんよく練習するからその恩恵が受けられるんですけどね。女子ツアーのセッティングは基本的にさほどシビアでないので、安定したボールを打てる者と、そうではない者との差がよりはっきり出ます。そういう選手のプレーを見ていれば、トレーニングも練習も頑張るから、またレベルが上がる。米ツアーでいうと、畑岡奈紗のスウィング、いいですね。男子と同じで、下半身がしっかりしている。下半身を抑えて、上体をうまく使うスウィングなので、クラブを100%で振らないですむというのがいい点。古江や渋野も日本のシビアな競技で結果を出してアメリカに挑むのですから、環境に慣れれば期待できます。男子の場合、周りに誰かいないとダメみたいなところがありますが、女性はすぐに慣れるんじゃないでしょうか。畑岡が引っ張ってくれれば古江も小さい体で頑張ってくれると思います(水巻善典/プロゴルファー)●五輪で銀メダルの稲見、全米オープン優勝の笹生、全英女子オープン優勝の渋野。みんな世界で戦える選手。そういうなかで勝負師として自覚を持っている選手が勝てると思います。若手を見ても変なスウィングをしている選手はほとんどいません。底が上がっているだけに、ちょっと調子が悪いだけで優勝争いから脱落してしまうシビアな状況ですから、日本から米ツアーに参戦する選手たちは技術レベルは十分。問題はゴルフ以外の部分、例えばオフの過ごし方などがどうなのかな、というのはあります。それがうまくいけば、日本と同じような成績が残せるでしょう。あとは芝です。アメリカは土地によって、コースによって芝の種類が違います。聞くところによれば、タイガーは会場の芝の種類によってウェッジを微妙に替えているそうです。最初の1年はそうした芝質に慣れるようにするといいのでは。(冨永浩/テレビ解説者) こちらもチェック!