Myゴルフダイジェスト

「東北福祉」だけじゃない。2022男子ツアーで活躍間違いなし! 大型ルーキーの「出身大」に注目

2022年の出場権をかけた男子のファイナルQTが宮崎県のトム・ワトソンGCで行われた。注目だった米澤蓮や河本力らは期待通りの結果を残すことはできなかったため、AbemaTVツアーが主戦場となるが、2021年に大躍進を果たした久常涼の例もあるだけに、下部ツアーからジャンプアップしてくる可能性は大いにある。

現在、男子ツアーでは大学ゴルフ部出身者が大半を占める。古くは日大黄金時代に始まり、その後、星野英正や谷原秀人、そして松山英樹らを輩出した東北福祉大学が勢力図の中心に君臨している。来年も米澤蓮や杉原大河ら東北福祉勢の活躍は間違いないだろうが、そこに待ったをかける他大学出身選手の存在にも注目してもらいたい。

前述した河本力は日本体育大学出身で、さらに日本大学出身の清水大成、木村太一、桂川有人の3人は実力の高さはもちろんのこと、爽やかなルックスにも注目。また、3人の先輩にあたる岩崎亜久竜はファイナルQTランキング9位で22年の出場権を獲得している。飛距離はすでにツアートップクラスと言われるほどで、レギュラーツアーでの暴れっぷりに期待が高まる。

そのほかにも昨年活躍した木下稜介の出身校である大阪学院大学に在籍中の平田憲聖(3年)は、ファイナルQTで2位に入り、日本人最高位でフィニッシュ。22年は大学生プロゴルファーとしてレギュラーツアーを戦う期待の一人だ。

「大学生プロゴルファーという肩書きには実は魅力を感じていました。自分の持ち味をしっかり出せるように頑張りたいと思います」(平田)

次々に出てくる有力株に、2022年シーズンは注目必至。東北福祉大の牙城を崩す選手は現れるのだろうか。来年はツアー観戦の見方に出身大学を加えてみるとまた違った楽しみ方ができるかもしれない。

QTを日本人トップの2位で通過した平田憲聖。日本学生も制した注目株だ(PHOTO/Tadashi Anezaki)

週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より

こちらもチェック!

  • 世間を騒がせたスウィング改造から10カ月。「スタンレーレディス」で2年ぶりの優勝を果たした渋野は、翌週の「TOTO」で7位タイ、3週間後の「三菱電機レディス」で再び優勝。来季の米女子ツアー出場をかけたQシリーズでも目標の20位に滑り込み、賛否あったスウィング改造の成功を結果で示してみせた。では、具体的にどこが変わったのか。我々も参考にして良いのか。プロコーチの阿河徹に解説してもらった。 PHOTO/Kazuo Iwamura THANKS/川崎ゴルフ練習場 解説/阿河 徹 あがとおる。大学在学中にアメリカへ留学、米国理論を学ぶ。帰国後、金田久美子や塩見好輝など、多くのツアープロを指導 ●CONTENTS●>>#1 渋野日向子のスウィング改造変遷史>>#2 超シンプル軌道で再現性アップ>>#3 ダウンで「引く」からヘッドが走る 1年かけて振っても曲がらないスウィングを手に入れた フラット軌道で小さなトップ。2021年の開幕戦で披露した新スウィングには、各方面から賛否の声が上がった。そんな声に対し、3月のアクサレディスでは「米ツアーで戦うためには、もっと安定性、再現性が欲しい。いろいろ意見があると思いますが、最後までやり切りたい」と、この改造を完遂する姿勢を見せた渋野。実際に4月の数値を見ると、飛距離は落ちたものの、フェアウェイキープ率は前年比で10%以上アップしており、4月末のHSBC女子選手権では、なんと92.8%をマークしている。とはいえ、飛距離という強みを生かせないという声も上がるなか、なぜここまで安定性にこだわったのだろうか。プロコーチの阿河徹は次のように分析する。「私は渋野選手が飛距離ダウンを一時的に受け入れたにすぎないと考えます。なぜなら改造後、振れば振るほど曲がらないスウィングになったからです。以前の彼女は、少し軌道が波打つ印象を受けましたが、今はまるで『一筆書き』。だからこそ振れるのだと思います。長い目で見ていたからこそ、やり切りたいと言ったのではないでしょうか」実際に「楽天スーパーレディース」では281ヤードを叩き出している。そして10月には1年11カ月ぶりの優勝を果たし、米QTで20位、念願のツアーカードを獲得。世界を見据えたスウィング改造が実を結びつつある。 では具体的にどこが変わった?>>#2 超シンプル軌道で再現性アップ>>#3 ダウンで「引く」からヘッドが走る 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より こちらもチェック!
  • ゴルフにまつわる様々なデータや記録をランキング化する本連載。第8回は、日本の男子ツアーにおける外国人選手の年間獲得賞金額をランキング! 2010年、日本オープンなど年間3勝を挙げ賞金王に輝いたキム・キョンテ。出場21試合中15試合でトップ10入り。その強さから「鬼」の異名をとった(PHOTO/Tadashi Anezaki) https://my-golfdigest.jp/tournament/p49882/ 前回のランキングはこちら 今シーズンの国内男子ツアーも全日程を終了し、米国のチャン・キムが国内20試合と海外メジャー5試合で1億3000万円近くを稼ぎ初の賞金王に輝いた。国内男子ツアーで獲得賞金が1億円の大台を越えた外国人選手は1991年のロジャー・マッカイが初。88年から日本ツアーに本格参戦したオーストラリア出身のマッカイは、この年、太平洋マスターズを含む3勝を挙げ、トップ10入りが10度と絶好調。尾崎直道と最後まで賞金王争いを演じたが、約600万円差で賞金ランク2位となった。92年には台湾の陳志明が、翌年は弟の陳志忠が1億円を突破している。73年のツアー制度施行後、外国人選手が賞金王に輝いたのは87年のデービッド・イシイが初めてだったが獲得賞金は8600万円あまり。1億円を突破して賞金王に輝いたのは2010年のキム・キョンテが初。日本オープンをコースレコードで逆転優勝し、この年3勝目を挙げると、賞金王争いは最終戦まで持ち越される。そして外国人として23年ぶりとなる賞金王に輝いた。それだけでなく平均ストローク、パーオン率、パーキープ率などでもトップをマーク。2015年には2度目の賞金王を戴冠している。 <国内男子ツアー 外国人選手の年間獲得賞金トップ10> 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月16日号より
  • <2021ファイナルQT Supported BY SMBCモビット/トム・ワトソンGC(宮崎)/6984Y・パー72/12月7日~10日> 宮崎県のトム・ワトソンGCで開催された男子のファイナルQT。会場には、大学生の若手選手に交じり、53歳のベテラン・手嶋多一の姿も。レギュラーツアー出場を懸けた真剣勝負の模様をレポート。 PHOTO/Tadashi Anezaki 「皆の緊張感が伝わってくるし、僕も本当にドキドキした」(手嶋多一) 今大会出場最年長の手嶋多一は、9月の日本シニアオープン優勝時に語っていた。「ここまで(レギュラー)7週連続予選落ちで、精神的にもうダメだと思った。この優勝の勢いで、最後のレギュラーツアー参加にならないよう頑張りたい。でも、ダメなら予選会に一度行きたい気持ちもあります」。その後、シード権獲得のチャンスだったフェニックスで失格。カシオで37位タイもシード獲得に及ばず。そして本大会にやってきた。大会を終え、まずは「ホッとしました」と言った手嶋。「4日間が、今シーズンが終わった。8月から1週も休みなく試合に出て、いい悪いは別として一生懸命やりました」。そして今年を「ジェットコースターのようだった。こんなに忙しい1年は初めてだった」と振り返った。手嶋が前回予選会に参加したのは、日本プロゴルフ協会がツアーを運営していた時代。「27年ぶりでしたが、試合とは違う緊張感があった。試合は1ストロークが順位を決める。ここは来年の試合の出場順位が1ストロークで決まる」。ここに大きな違いがある。「自分もですが、一緒に回っている選手の緊張感が伝わってきた」。そんな手嶋の戦いは、「皆さんの気合いにも圧倒されて」終わった――。 自己コントロールできた者が仕事場を得る 本大会初開催のトム・ワトソンGCはリゾートコースの明るい雰囲気がありながら、松林でセパレートされた狭く戦略的なコースだ。ファイナルは6日間が4日間に変更され予選落ちがなくなったこと、出場93人がツアーメンバーのカードを手にできることで、以前より“苛酷さ”は減ったかもしれないが、1つでも順位を上げ、より多くの試合に出たい思いはひしひしと感じられた。しかし、難セッティングに選手は苦しみスコアは伸び悩む。それだけでなく、緊張、焦り、調子の悪さ、欲……各々を苦しめる要素は多い。自己をコントロールできた者だけが、上位に入ることができるのだ。本大会前後にプロ転向した学生は8名。注目学生たちも苦労した。飛ばし屋の河本力(日体大4年)は、「コースに対応しきれずにスコアをどんどん崩してしまった。対応できる実力がなかった」。ツキのなさにも途方に暮れる1週間だったという米澤蓮(東北福祉大4年)は、「生きていればそういう週もあると思います。でも、単純に実力不足。真摯に受け止め、来年に向けて調整したい」。学生で唯一上位の2位に入った平田憲聖(大阪学院大3年)は、「本当に実感がない。(1位になれず)悔しいですけど、僕にとっては十分いい成績が出せた」と淡々と話す。1位は、オーストラリア出身のアンドルー・エバンス。5月に来日し帰国せずそのままQTに臨んできた。 1位は好きなコースで攻めた豪州のA・エバンス 最終日、攻めるプレーで7アンダーの大逆転。一旦帰国し来年の開幕に備える。「日本ツアーは素晴らしい。全部出られる? フル参戦は初めて。頑張りたい」 例年、レギュラーツアー出場の目安は上位20位前後だったが、コロナ禍の渡航制限による外国人選手への特別保証制度で、本大会での有資格者枠が減る可能性がある。29位で終わったベテラン、手嶋多一は、それでも前を向く。シニアだけではなく下部にも出場しつつ、出られるレギュラーには挑戦したいという。「鉄人・室田(淳)」が理想だ。「(室田プロは)59歳でレギュラーシードを復活させた。僕は今53歳。今回も年齢は関係ない。技術でカバーできなかった。まだ工夫やアプローチの仕方はあると思うので、もっと頭を使ってやりたい。体は大丈夫ですが脳疲労みたいになる。今週も2日目は朝からボーッとしていて、いきなりダボ、ボギー、ダボと。何をしてるんだろうという感じになった。休むところは休まないといけません」「死にざまを見にきたんだね」と冗談も口にしながらスタートした手嶋だが、プロの1つの“生きざま”を見せてくれた。下位に沈んだ選手の多くが「実力不足」と言った。QTこそが、弱点や課題を見つけ、今の自分と向き合う場になるのだ。 青木功会長が激励 手嶋の下部ツアー参戦表明に「俺もそうだけど、ゴルフがないと何もやることがない。何の仕事でもそうだけど、これしかないと思ったら、それが人生だよな」 2位は大阪学院大3年新人プロの平田憲聖 3日目「68」と爆発。日本学生で優勝し飛躍の年に。「シンプルな動きにしてショットがよくなった。ゴルフでも魅せて、周りに感謝を忘れないプロになりたい」 日本OP覇者の小林正則は20位に 日本オープン覇者、同じミズノの契約選手同士で回った小林正則と手嶋多一。他の若手選手たちのプレーにも「ナイス!」などと声を掛け合っていた <男子ファイナルQT 最終成績> 1位A・エバンス-82位平田憲聖-73位竹内優騎-54位篠優希-55位川上優大-56位大内智文-47位岡田絃希-38位小西貴紀 -3 9位岩崎亜久竜 -3 10位尾崎慶輔-2 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より こちらもチェック!
  • 国内男子ツアーでは、50年以上の歴史を誇る「ブリヂストンオープン」が来季以降は開催されないことが明らかに。一方で、新たに2つの大会が開催されることが発表された。 1つ目の新規大会は「For the Players, By the Players」。同大会の趣旨は、プロ自らが企画・運営まで参画し、自分たちの“職場”を作っていくというもの。そのために選手会およびJGTOは、冠スポンサーではなく、数多くの企業や個人から協賛金を募る予定だ。同大会は今年、選手会が主導して開催した「ジャパンプレーヤーズ選手権」を下敷きにしているのだろう。もう1つの新規大会「ISPS HANDA 欧州・日本どっちが勝つかトーナメント」は、規模が半端ではない。賞金総額200万ドル(約2億2564万円)というから、日本では「ZOZOチャンピオンシップ」に次ぐ規模の大会となるわけである。DPワールドツアー(旧欧州ツアー)が主催し、共催がJGTO、そしてタイトルスポンサーはISPS(国際スポーツ振興協会)。会場はPGM石岡GCと発表された。欧州ツアーが名称変更したのは、UAE(アラブ首長国連邦)に拠点を置く大手港湾企業が新規の冠スポンサーになったため。出場選手はDPワールドツアーから83人、日本ツアーから41人、スポンサー推薦枠で6人。日本ツアーの現状をテレビ解説者の佐渡充高氏は──。「1つでも試合が増えたことは素晴らしいことですが、今、世界のツアーは激動の転換期にあります。それはオイルマネーによるUAEとサウジアラビアの主導権争い。UAEが欧州ツアーを“乗っ取る”ならば、サウジはノーマンを旗印に米国ツアーから有力選手を引き抜く形で新ツアーを画策しています。そして今回のUAEによる日本進出……。ビジネスとしての舵取りをJGTOがどうしていくのか、重要な決断をしていかなければならない時期にきていると思いますよ」 今年5月、選手会主催で開催された「ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ by サトウ食品」。来季はどのような形で行われるのだろうか(PHOTO/Hiroaki Arihara) 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月21日号より こちらもチェック!
  • 規格外の高卒ルーキーが男子ツアーを席巻しようとしている。今季AbemaTVツアーでシーズン3勝を挙げて早々にレギュラーツアーへの出場権を獲得した久常涼だ。彼のプレーを目の当たりにした先輩プロたちは、技術力の高さもさることながらそのゴルフの強さを絶賛する。今回は久常の最大の武器であるドライバーショットにスポットを当てた! PHOTO/ARAKISHIN THANKS/ぎふ美濃GC、日進ゴルフエトワス 久常 涼 ひさつね・りょう。2002年9月9日生まれの19歳。175センチ・80キロ。岡山県出身。渋野日向子と同じ岡山県作陽高校出身。高校3年時に昨年QTを受験したものの1212位。それでもAbemaTVツアー出場3試合目で優勝を果たすと、今季ここまで3勝を挙げ、残りのレギュラーツアー出場権を獲得した スウィングはマン振りが基本 GD すごい活躍ですね!久常 いえいえ、まだまだ全然です。でも昨年のQTに失敗して無職になったときは本当にどうしようかと思っていました。GD 1212位からの見事なリベンジ。中学2年のときに初めて会った当時からドライバーは飛んでいた記憶がありますが、今はさらに飛んでいます?久常 はい。飛距離は伸びていると思います。ただ、飛ばすだけじゃプロの試合では通用しないので、しっかり振りながらもコントロール力を高める努力はしています。GD でも、相変わらずマン振りがベースなんですね。久常 そうですね。作陽(高校)ではとにかくマン振りすることから教えられましたから、それは自分のゴルフの土台になっています。GD たしか当時はフェードを打っていました。久常 はい。でも今はドローです。体の動きとしてはドローのほうがナチュラルに振れるのと、飛距離もドローのほうが出ていると思います。 久常涼の300Yスウィング 久常涼の迫力スウィングを動画でチェック! 続きを読む //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} イメージはライン出し!左腰までヘッドを真っすぐ押す インパクトから左腰まで、フェース向きをできる限り長くキープさせることができればマン振りしても方向性は安定するという久常 GD 飛距離を落とさず方向性を高める工夫はしていますか?久常 インパクトでヘッドを真っすぐ動かしています。GD フェースを返さないイメージ?久常 そうです。曲げたくないときはライン出しのイメージで振りますが、左腰までフェースを真っすぐに動かしています。GD それを意識するとヘッドスピードは落ちませんか?久常 手の動きでやると落ちます。だから、いわゆる体幹、体とクラブの動きが同調することが大事で、あくまでもスウィングの主役は体の回転です。GD 回転するときに意識していることはありますか?久常 左サイドの壁です。飛ばそうとすると体が左に突っ込んでしまいがちですが、そうなると体の回転は止まってしまいます。ダウンスウィングで左サイドに踏み込んだら、左腰をお尻方向に引っ張る感じで動かします。GD このとき、手は全く使わない意識なんですね?久常 300ヤードを打つのもライン出しの延長なので、小手先で打つ意識はありません。 飛ばしPoint 1左腰でクラブを引っぱり下ろす 左腰でクラブを引っ張るイメージで振ると体の回転とクラブの動きが同調しやすい。手首をこねたり、ねじったりする動きは一切入れずに、体の回転主体で振る 飛ばしPoint 2フラフープのような横回転をイメージ 体の周りにフラフープをイメージして、それに沿ってクラブが動くイメージ。体の横回転が主体で、そこに地面を蹴る動きなど縦の動きが加わる トップを小さくしたら回転スピードがアップした GD 以前はもっと大きなトップだった記憶があります。久常 そうですね。ヘッドを体から遠くに上げようとしていました。でも、それだと体を速く回転させられないし、腕の動きが強くなってしまったんです。GD それでトップを小さく?久常 小さくというより、もともとトップで右ひじが外に開いてしまう癖があったので、そこを矯正したら自然とトップがコンパクトになり、結果的に体を速く回転させられるようになりました。GD 右ひじを地面に向けるイメージですか?久常 そうですね。右ひじが体から離れないように意識したら、ひじが外を向かなくなりました。おそらく、大きなトップを作ろうとしたことで、軸がブレてしまっていたんだと思います。コンパクトなトップになってからのほうが速く回転できるようになりました。ヘッドの入射角も安定して、曲がらなくもなりました。GD ミート率がアップしたことも結果的に飛距離アップにつながったわけですね。久常 いまはテークバックでしっかりと右足に体重を乗せて、ダウンスウィングで左股関節に乗せる。これだけを考えて振っています。 飛ばしPoint 3トップで右ひじは地面を向く トップで右ひじが体から離れないことで体幹を使ったスウィングができる。体の回転と腕、クラブが連動して動くようになり軌道が安定する。トップで右ひじを地面に向けるイメージ 飛ばしPoint 4右を踏んでトップ、左を踏んでダウン 地面を踏む動きで体の回転を加速させる。ただ、意図的に地面反力を使っているわけではなく、速く振るための動きを追求したら、自然と左右の足で地面を踏む動きになったという 【こんな練習してました】カゴの中身を背中側に落とす カゴにボールを入れてそのボールが自分に当たらないようにトップ位置まで持っていければ、右ひじは正しい動きになる。ボールが自分に当たるのは右ひじが外を向いている証拠 ウォームアップはグローブなしがオススメ GD 練習ではグローブしないのですか?久常 いえ、ちょっと力んでるなと感じるときはグローブをつけずにやっているだけで、これも思いつきでやっているだけなんです。GD 滑りそうで逆に力が入っちゃいそうですが?久常 なんか、グローブをつけると強く握っちゃうんですよね(笑)。素手のほうが柔らかく握っている感覚が出やすくて、ウォームアップにはピッタリなんです。 素手で振ると力みが抜ける 少し疲労がたまっていたり、力んでいると感じられるときは、グローブをせず素手で8割くらい力感でショットをすると無駄な力が抜けてリラックスできるという。「これウォームアップでやると意外といいんですよ」 週刊ゴルフダイジェスト2021年10月19日号より こちらもチェック!