Myゴルフダイジェスト

【男子ファイナルQT】「年齢は関係ない」53歳・手嶋多一の挑戦

<2021ファイナルQT Supported BY SMBCモビット/トム・ワトソンGC(宮崎)/6984Y・パー72/12月7日~10日>

宮崎県のトム・ワトソンGCで開催された男子のファイナルQT。会場には、大学生の若手選手に交じり、53歳のベテラン・手嶋多一の姿も。レギュラーツアー出場を懸けた真剣勝負の模様をレポート。

PHOTO/Tadashi Anezaki

「皆の緊張感が伝わってくるし、僕も本当にドキドキした」(手嶋多一)

今大会出場最年長の手嶋多一は、9月の日本シニアオープン優勝時に語っていた。「ここまで(レギュラー)7週連続予選落ちで、精神的にもうダメだと思った。この優勝の勢いで、最後のレギュラーツアー参加にならないよう頑張りたい。でも、ダメなら予選会に一度行きたい気持ちもあります」。その後、シード権獲得のチャンスだったフェニックスで失格。カシオで37位タイもシード獲得に及ばず。そして本大会にやってきた。

大会を終え、まずは「ホッとしました」と言った手嶋。「4日間が、今シーズンが終わった。8月から1週も休みなく試合に出て、いい悪いは別として一生懸命やりました」。そして今年を「ジェットコースターのようだった。こんなに忙しい1年は初めてだった」と振り返った。

手嶋が前回予選会に参加したのは、日本プロゴルフ協会がツアーを運営していた時代。「27年ぶりでしたが、試合とは違う緊張感があった。試合は1ストロークが順位を決める。ここは来年の試合の出場順位が1ストロークで決まる」。ここに大きな違いがある。「自分もですが、一緒に回っている選手の緊張感が伝わってきた」。そんな手嶋の戦いは、「皆さんの気合いにも圧倒されて」終わった――。

自己コントロールできた者が仕事場を得る

本大会初開催のトム・ワトソンGCはリゾートコースの明るい雰囲気がありながら、松林でセパレートされた狭く戦略的なコースだ。ファイナルは6日間が4日間に変更され予選落ちがなくなったこと、出場93人がツアーメンバーのカードを手にできることで、以前より“苛酷さ”は減ったかもしれないが、1つでも順位を上げ、より多くの試合に出たい思いはひしひしと感じられた。しかし、難セッティングに選手は苦しみスコアは伸び悩む。それだけでなく、緊張、焦り、調子の悪さ、欲……各々を苦しめる要素は多い。自己をコントロールできた者だけが、上位に入ることができるのだ。

本大会前後にプロ転向した学生は8名。注目学生たちも苦労した。飛ばし屋の河本力(日体大4年)は、「コースに対応しきれずにスコアをどんどん崩してしまった。対応できる実力がなかった」。ツキのなさにも途方に暮れる1週間だったという米澤蓮(東北福祉大4年)は、「生きていればそういう週もあると思います。でも、単純に実力不足。真摯に受け止め、来年に向けて調整したい」。学生で唯一上位の2位に入った平田憲聖(大阪学院大3年)は、「本当に実感がない。(1位になれず)悔しいですけど、僕にとっては十分いい成績が出せた」と淡々と話す。1位は、オーストラリア出身のアンドルー・エバンス。5月に来日し帰国せずそのままQTに臨んできた。

1位は好きなコースで攻めた豪州のA・エバンス

最終日、攻めるプレーで7アンダーの大逆転。一旦帰国し来年の開幕に備える。「日本ツアーは素晴らしい。全部出られる? フル参戦は初めて。頑張りたい」

例年、レギュラーツアー出場の目安は上位20位前後だったが、コロナ禍の渡航制限による外国人選手への特別保証制度で、本大会での有資格者枠が減る可能性がある。

29位で終わったベテラン、手嶋多一は、それでも前を向く。シニアだけではなく下部にも出場しつつ、出られるレギュラーには挑戦したいという。「鉄人・室田(淳)」が理想だ。

「(室田プロは)59歳でレギュラーシードを復活させた。僕は今53歳。今回も年齢は関係ない。技術でカバーできなかった。まだ工夫やアプローチの仕方はあると思うので、もっと頭を使ってやりたい。体は大丈夫ですが脳疲労みたいになる。今週も2日目は朝からボーッとしていて、いきなりダボ、ボギー、ダボと。何をしてるんだろうという感じになった。休むところは休まないといけません」

「死にざまを見にきたんだね」と冗談も口にしながらスタートした手嶋だが、プロの1つの“生きざま”を見せてくれた。下位に沈んだ選手の多くが「実力不足」と言った。QTこそが、弱点や課題を見つけ、今の自分と向き合う場になるのだ。

青木功会長が激励

手嶋の下部ツアー参戦表明に「俺もそうだけど、ゴルフがないと何もやることがない。何の仕事でもそうだけど、これしかないと思ったら、それが人生だよな」

2位は大阪学院大3年新人プロの平田憲聖

3日目「68」と爆発。日本学生で優勝し飛躍の年に。「シンプルな動きにしてショットがよくなった。ゴルフでも魅せて、周りに感謝を忘れないプロになりたい」

日本OP覇者の小林正則は20位に

日本オープン覇者、同じミズノの契約選手同士で回った小林正則と手嶋多一。他の若手選手たちのプレーにも「ナイス!」などと声を掛け合っていた

<男子ファイナルQT 最終成績>

1位A・エバンス-8
2位平田憲聖-7
3位竹内優騎-5
4位篠優希-5
5位川上優大-5
6位大内智文-4
7位岡田絃希-3
8位小西貴紀 -3
9位岩崎亜久竜 -3
10位尾崎慶輔-2

週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より

こちらもチェック!

  • 12月7日から4日間の日程で2021年度の男子ファイナルQTが行われたが、例年とは少し趣が異なっていた。 ファイナルQTといえば、来季のシード権をかけた最後の試合なだけに、ある意味で殺伐とした雰囲気が漂っているもの。また、開催時期も12月ということで寒さが厳しい点も過酷さを助長する。それが今年のファイナルQTは、従来とちょっと雰囲気が異なる。今年の舞台は、南国宮崎のトム・ワトソンGC。しかも新型コロナウイルスの影響もあり、セルフプレーが認められ、かつ2人乗りカートでのプレーとなった。開催週は天候にも恵まれ、半袖でプレーする選手もいるほどだった。これが選手たちには好評で、「気持ちの面でも楽な部分がある」との声も聞かれた。ただ、コースの難易度に関しては、ちょっと違ったようだ。コース管理のリーダーを務める上野桂三氏は、今週の開催に備え、グリーンの速さやフェアウェイの硬さなど入念な準備をしてきたという。想定よりも良いスコアが出なかったのは、しっかりコースが仕上げられていたからにほかならない。さらにコロナ対策のためセルフプレーが認められたことで、林や動線といった『コース外』の整備にも、かなりの労力を費やしたという。「松林でセパレートされたコースなので、ボールがロストしないよう下草を刈ったり、松の木もできる限り取り除きました」(上野氏)昨年よりQTのステージが簡略化され、4日間の予選と2日間の本戦より構成されていたファイナルQTが本戦4日のみとなったことで、2コース・36ホールではなく1コース・18ホールのゴルフ場でも開催可能になったことが、今回トム・ワトソンGCで開催されることになった要因の1つ。加えてセルフプレーが取り入れられた点も、時代を象徴している。今回のケースを例に、今後はファイナルQTから殺伐とした雰囲気が無くなっていくかも? 選手たちは、乗り入れ可能な2人乗りカートを使用することができた(PHOTO/Tadashi Anezaki) 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より
  • <JLPGAファイナルQT/葛城GC宇刈C(静岡)/11月30日~12月3日> 静岡県の葛城ゴルフ倶楽部で行われた、国内女子ツアーのファイナルQT。今年のプロテスト合格組からは9人が30以内に入り、来季前半戦の出場権を手にした。 PHOTO/Hiroyuki Okazawa 例年だとQTランク35位前後までが、来季前半戦(第1回リランキング)までの出場権を得ていたが、今年は賞金ランク以外にメルセデス・ランキングでのシード権獲得者や、コロナ禍による「入国制限保障制度」の対象者がいるため、安全圏は30位前後になるとみられている。その30位以内に、今年6月と11月に行われたプロテストに合格した新人9人が入った。また、プラチナ世代屈指の実力者ながらケガにも苦しんだ安田祐香が20位に入り、来期前半戦はほぼすべての試合に出られる見込みだ。一方で、20-21年シーズンをシード選手として過ごし、QTに参戦した14人のうち、30位以内に入ったのは5人にとどまった。そんななか、38歳のベテラン下川めぐみがQTトップ通過を果たし、22年シーズンから日本復帰を決め永久シードを目標にしている横峯さくら(35)も21位に入っている。世代交代が進むなか、ベテラン勢の活躍にも期待したい。 プロテスト合格組から9人がQT突破! (左から)桑木志帆(QTランク13位)「1~2個上の先輩の活躍がすごいので、私も早く優勝争いに加われるように頑張りたい」佐藤心結(QTランク11位)「いい順位で終わることができ、自信になりました。オフはグリーン周りを磨いきたいです」永嶋花音(QTランク5位)「パッティングコーチをつけてから調子がよく、大好きな宮崎の最終戦に出たいです」小倉彩愛(QTランク12位)「前半の貯金で後半は気持ちよくプレーできました。オフに修正力を身につけたいです」佐久間朱莉(QTランク14位)「オフはジャンボ邸で練習する予定です。ツアーで初優勝をあげることが目標です」 後藤未有(QTランク17位) 「不安もあるなかでのQTでしたが、とにかく耐えまくった4日間でした」 阿部未悠(QTランク23位) 「来年の開幕戦でパワーアップした姿をお見せできるように頑張ります」 内田ことこ(QTランク26位) 本名は琴子だが、すでに同姓同名のプロがいるため登録名をひらがなに変更 上野菜々子(QTランク30位) 「気負うことなく挑めましたが、足りない部分がたくさんあることに気づけました」 シード復権&優勝を目指す実力者たち 下川めぐみ(QTランク1位) 「QTの結果は150点満点! 来年こそは1勝したいと思うので、それに向けてオフのトレーニングを頑張ります」 福田真未(QTランク8位) 「最終戦が良かったので、自分もまだまだ頑張れると思う。早く優勝争いをして、3勝目を挙げたいです」 新垣比菜(QTランク19位) 「ずっと緊張してて、今日はダメかなとも思ったのですが、なんとか残れてほっとしています。ダイキンで優勝争いがしたいですね」 横峯さくら(QTランク21位) 「タフな4日間が終わってひと安心です。息子にカッコいいママの姿をみせられるように頑張りたいです」 葭葉ルミ(QTランク25位) 台風並みの強風が吹き荒れた2日目にイーブンで回り、4日間でオーバーパーが1日と調子が上向きに 2020-21シーズン不振も、来季の再起を誓う 安田祐香(QTランク20位) 「今シーズンは怪我で10試合近く出れず、その結果シードを落としたと思うので、体作りをしっかりしたい」 成田美寿々、松田鈴英は上位を逃す 松田鈴英成田美寿々ツアー13勝の成田美寿々を筆頭に、松田鈴英、脇元華といった実績のあるプロや、11月のプロテストトップ合格の尾関彩美悠、岩井姉妹などの有力新人は涙を流した <JLPGAファイナルQT最終成績> ※白抜きの名前は2020年度・2021年度プロテスト合格者 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月21日号より
  • カシオワールドオープン終了時の賞金ランキングによって、国内男子ツアーの来季のシード権が確定。15人が初シードを獲得した。 PHOTO/Tadashi Anezaki 初の賞金シードを獲得したのは15人。プロ4戦目にしてツアー優勝を果たした片岡尚之、現役大学生プロの石坂友宏、伸び盛りの19歳、久常涼など、期待できる顔ぶれが出揃った。15人の顔ぶれを見ると、10代が久常涼の1人、20代が12人、30代が32歳の阿部裕樹と39歳の内藤寛太郎の2人で、平均年齢は26.1歳。男子も確実に新陳代謝が進んでいる。来シーズンの活躍が期待されるところだ。 賞金ランク19位 片岡尚之(23) 今季、初優勝で一気にブレーク北海道出身、東北福祉大卒。高校時代に日本ジュニアを制するなどジュニア時代から活躍。プロ4戦目のジャパンプレーヤーズチャンピオンシップで初優勝。ブリヂストンオープンでも2位に入るなど、トップ10入り6度。「今年はアベマTVツアーで頑張ろうと思っていたので、優勝は想定外だった。来年は2勝目と賞金王が目標」 賞金ランク18位 石坂友宏(22) 現役大学生プロのシード選手が誕生神奈川県出身、日本ウェルネススポーツ大在学中。19年QTでファイナルまで勝ち上がってプロ転向。20年ダンロップフェニックスではプレーオフで金谷拓実に敗れ惜しくも優勝を逃した。「夏に向けて調子が上がって『1勝できるかも』と思っていたけど、チャンスがつかめなかったので、来年は頑張ります 賞金ランク50位 久常涼(19) ピカピカの高卒ルーキー。下部ツアーで3勝岡山県出身、作陽高卒。21年高校卒業後アベマTVツアーに参戦し、早々に3勝を挙げレギュラーツアーに昇格。VISA太平洋で4位タイに入るなど存在感を見せた。「今年は上出来。いいペースで段階を踏んでいけていると思います。来年はレギュラーツアーで早く1勝して、複数年のシードを持って海外のQTなどにも挑戦したい」 賞金ランク21位 杉山知靖(28) 神奈川県出身、中央学院大卒。明徳義塾高で松山英樹の2学年後輩。15年にプロ転向。10月のブリヂストンオープンで初優勝 賞金ランク22位 大岩龍一(23) 千葉県出身、日大中退。パナソニックオープンでは最終日をトップで迎えるも3位。ほかにもツアー選手権などトップ10が7度 賞金ランク27位 阿久津未来也(26) 栃木県出身、日大卒。18年日本プロで優勝争いを演じた。21年ダイヤモンドカップで4位タイに入るなど活躍し初シード獲得 賞金ランク30位 古川雄大(24) 福岡県出身、東海大卒。19年QT59位。21年日本プロで9位タイ、ツアー選手権2位とメジャーで強さを見せ、初シード獲得 賞金ランク36位 小斉平優和(23) 大阪府出身、日本ウェルネス高卒。20年は米下部ツアーに参戦したが、コロナの影響で秋に帰国。日本ツアーに専念した 賞金ランク37位 植竹勇太(26) 北海道出身、東北福祉大卒。比嘉一貴は大学の同期。19年QT7位。ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップで優勝争いを演じ2位タイ 賞金ランク39位 幡地隆寛(28) 広島県出身、東北福祉大卒。日本人屈指の飛距離を武器に21年ツアー選手権5位、ダンロップフェニックス4位タイ 賞金ランク40位 内藤寛太郎(39) 福島県出身、東北福祉大卒。宮里優作や岩田寛の2学年後輩。20年日本オープンで3位タイ。06年のプロ転向後初となるシード獲得 賞金ランク47位 杉本エリック(28) 千葉県出身、南カリフォルニア大卒。16年に米3部ツアー参戦。21年ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ2位タイ 賞金ランク53位 清水大成(22) 福岡県出身、日大卒。大学在学時の20年日本オープンで13位タイ。20年QT55位。21年日本オープンなど3度トップ10に入る活躍を見せた 賞金ランク56位 池上憲士郎(29) 岡山県出身、東北福祉大卒。19年QTで4年ぶりにファイナル進出し27位。21年フジサンケイクラシック2位タイ。FWキープ率6位 賞金ランク62位 阿部裕樹(32) 栃木県出身、日大卒。20年QT66位。21年は16試合に出場。トップ10入りは1度のみだったが、コンスタントに予選通過しシード獲得 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月14日号より
  • 最終戦「リコーカップ」に出場できる選手は限られているため、シード当落線上の選手にとっては先週の「エリエールレディス」が事実上の今季最終戦となった。果たしてシード権争いのゆくえは? PHOTO/Hiroyuki Okazawa この試合までシード圏外だった柏原明日架が大逆転で滑り込み。そのほかにも、プラチナ世代の面々がシードを獲得する一方で、黄金世代や優勝経験のある実力者が続々シードを失った。女子ツアーは、ますます世代交代が進む形になった。 柏原明日架(賞金ランク46位)「とりあえず、ひと安心です」 「シードを取れたことはひと安心ですが、一年間結果に結びつかなかったので、この結果をしっかり受け止めてオフに取り組みたい。苦しい一年間を無駄にしないようにしたいです」 ルーキーイヤーに初シード獲得 賞金ランク4位西郷真央賞金ランク5位西村優菜賞金ランク12位山下美夢有賞金ランク21位吉田優利「この人初シード?」と思うかもしれないが、初勝利を挙げた西村優菜、吉田優利、山下美夢有、常に上位で戦っていた西郷真央もルーキーイヤーながら賞金ランク上位で初シードを決めた 念願の初シード! 賞金ランク25位金澤志奈 「賞金シードはひとつの目標にしていたので素直にうれしいです」 賞金ランク42位田辺ひかり賞金ランク47位菅沼奈々ほかにも田辺ひかりや菅沼奈々ら13人が初シードを獲得。黄金世代では、臼井麗香と植竹希望が新たにシード選手に。山路晶は賞金シードは逃したがメルセデス·ランキング47位で初シードを獲得した メルセデス·ランキング50位以内にもシード権今シーズンは賞金ランキングとは別に、各試合のポイントを合計した「メルセデス・ランキング」50位以内の選手にもシード権が与えられるようになった。両ランク51位~55位の選手には22年前半戦の出場権が与えられる 黄金世代はまさかのシード落ち続出 賞金ランク61位河本結 アメリカツアーに参戦していたため、出場試合数も少なかった河本。「昨年と今年は本当に辛かった。年をとったとき、『あのときの苦しみがあったから今がある』と言えるようにこれから頑張っていきたい」 賞金ランク52位淺井咲希 「今年一年はずっと調子がよくなくて……スコアを出すというよりは、ゴルフにならなかったので、試合をしているという感覚がなかったです。ただ、精一杯やったので悔いはないです」 賞金ランク64位新垣比菜 「昨年あまりうまくいかなくて、今年頑張ろうと思ったのですが……難しかったですね。QTは前向きに頑張りたい。日替わりのところがあるので、そこを修正したいですね」 賞金ランク62位吉本ひかる シーズンの最高順位が6位タイ、東海クラシックから7戦連続で予選落ちを喫するなどシーズンを通して調子が上がらなかった吉本。来年の巻き返しに期待したい 実力者も涙成田美寿々は9年守ったシードを失う 賞金ランク102位成田美寿々 「腰痛が思うようによくならなくて、練習もあまりできなかったのが痛かった。今はQTに向けてしっかり練習できています」 賞金ランク67位葭葉ルミ 「自分が怠けていたということは感じていないです。レベルアップしていたと思うんですが、周りの選手がそれ以上にうまかったです」 賞金ランク57位福田真未 「最後のボギーが痛かったですね。今年は調子が上がらず苦しかった。QTに向けて調子を整えて頑張っていきたいです」 賞金ランク70位永井花奈 「シーズンを通して調子が上がらなかった。QTで成績が出せるかと言うと、そこまでの自信はないけど、強い気持ちで頑張りたい」 初シードは13人2022年シード選手一覧 賞金ランキング、メルセデス・ランキングともに51~55位には22年前半戦出場権が与えられるが、賞金ランキング54位の宮里美香、55位の山路晶はメルセデス・ランキング50位以内(宮里美香50位、山路晶47位)でシード権を獲得。賞金ランキング52位の淺井咲希、メルセデス・ランキング53位の河本結はシード権を喪失したが、前半戦の出場権は確保。またシードに届かなかった賞金ランキング51位ささきしょうこ、メルセデスランキング52位林菜乃子、同55位の鶴岡果恋も前半戦出場を決めた 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月7日号より こちらもチェック!