Myゴルフダイジェスト

【なんでもランキング】Vol.8 渋野フィーバーで12万人増!「2019年女子ツアー ギャラリー数トップ10」

ゴルフにまつわる様々なデータや記録をランキング化する本連載。第8回は、「しぶこ」フィーバーに沸いた2019年の国内女子ツアーのギャラリー数をランキング!

2019年は渋野効果でギャラリー急増。渋野不在の2022年はどうなる?(写真は2019年日本女子オープン。PHOTO/Hiroyuki Okazawa)
前回のランキングはこちら

20-21シーズンの国内女子ツアーは52試合中38試合が無観客試合となり、残りも入場制限付き。来年は、より多くの人に試合会場に足を運んでほしい、ということでコロナ禍以前の2019年のギャラリー数を調べてみた。

2019年といえば、なんといっても“しぶこフィーバー”。シーズンの観客動員数は10年ぶりに60万人超えの68万2868人で前年比12万5534人増。最多ギャラリー数を記録したのは日本女子オープンで4万6165人で歴代3位。当然のように4日間トーナメントが上位にくるなかで、9月に行われた3日間のデサントレディース東海クラシックが5位にランクイン。これは8月に全英女子オープンを制した渋野が帰国後初優勝を飾ったことによるものだろう。

1日の平均入場者数でも、東海クラシックは日本女子オープン、日本女子プロのメジャーに続く3位。以下、4位に8月のNEC軽井沢(7281人)、5位に9月のミヤギテレビ杯(6969人)、6位に10月の三菱電機レディス(6362人)と“渋野効果”で後半戦のトーナメントが続く。その渋野は米女子ツアー予選会を突破し、来シーズンはアメリカが主戦場。来年の国内女子ツアーの人気はどうなる!?

<2019年 国内女子ツアー ギャラリー数トップ10>

週刊ゴルフダイジェスト2021年1月4日号より

こちらもチェック!

  • ゴルフにまつわるさまざまな問題に関し、読者や識者に率直な意見をぶつけてもらう連載「山を動かす」。今回のテーマは来季の女子ツアーについて。2021年も女子ツアーは大盛況。最後までドキドキハラハラの賞金女王争い、東京五輪での稲見萌寧の銀メダル、米女子ツアーでも畑岡が2勝、古江彩佳と渋野日向子がQTを突破するなど、話題に事欠かない。2022年、あなたの考える“見どころ”とは? ●JLPGAは約5年かけて勝ち取ったネット配信の放映権を地上波にも広げてほしい。幸い有力なスポンサーであるアース・モンダミン、ニトリが後押ししてくれているのはありがたいことでしょう。スポンサー企業はCM料をテレビ局に払い、テレビ局は放映権料をLPGAに払い、LPGAは大会を充実させ、サービスし、スポンサーに喜んでもらう。これこそ地上波を放映するための健全な姿。これを確立するための努力を期待します。あとは苦言。なぜプロテスト合格選手を20位までと限定したのでしょう。企業では人材を幅広く求めるのが常道です。プロスポーツで人材をリミットしてどうするの! 来年から古江としぶこが抜けるというのに、下から突き上げてくる層を薄くしたら将来が危うい。一方、米女子ツアーはまだ繁栄します。試合数もふくらみ、賞金増がすごい。5大メジャーの合計賞金額90億円ですよ。一時期、韓国籍の選手ばかりで人気が落ち込んだこともありましたが、現在はワールドツアーの様相。参戦する古江は現地では“宮里藍的な存在”と見られています。QTに出た全選手でセカンドオナー(一番飛ばない)なのに、グリーンでは一番最後に打つ(笑)。驚異の目で見られています。ですから、私は古江に注目、メジャーでは爆発力のあるしぶこに期待します。(タケ小山/テレビ解説者)●これから世界のゴルフツアーはジェンダー問題の解決に向かうのではないでしょうか。具体的にはミックスダブルスなどの試合を公式ツアーに組み入れることです。これまでも男女混合の試合はありましたが、やはり“お遊び”の感がありました。これを賞金ランクに加算するなど、公式の試合にする方向へ進んでいくと思います。これまでは男・女は実力、人気共に隔たりがあり、同じ土俵では戦えないというのが常識でしたが、差はだいぶ縮まっていると感じます。先日、米国のコンビによる対抗戦「QBEシュートアウト」でバッバ・ワトソンと女子のレキシー・トンプソンのコンビや日本の「3ツアーズ」での西郷真央、稲見萌寧コンビなどを見てそう思いました。女性に特化した用品用具の進歩、コーチング、筋トレなどの成果ではないでしょうか。私は、公式の男女混合試合を期待します。(佐渡充高/テレビ解説者) 「3ツアーズ」でも、男子・シニアを相手に圧巻の優勝を飾った女子ツアーチーム。多士済々の百花繚乱。海外組が抜けても人気は安泰!? ●リコーカップで女子ツアーが終わったとき「ああ、終わっちゃった」と寂しく思った。開幕戦が今から楽しみ。もうプロ野球でもこんなふうに思わなくなったのに、女子ツアーはすごい!(40代男性・神奈川県)●国内女子ツアーは大好きですが、配信のみになったら見るかどうかはわかりません。米女子も渋野や古江の活躍が楽しみですが、じゃあWOWWOWに加入するかといえば微妙です。いかんせん有料チャンネルになじみのない世代なので……。(60代男性・千葉県)●これまでは、女子の海外メジャーといえば韓国人選手が勝つのが当たり前でしたが、今は日本人選手が勝っても驚きません。これからの海外女子は、日・米・韓にタイと欧州という争いになってくるでしょう。日本選手だけではありませんが、女子プロはみんなスウィングがいい。パワーだけじゃなくて、男子よりスウィングがシンプルで効率的。パワーはクラブ選択で補えるようになるので、そういう意味で特別に飛ばなくても勝てる。実際、稲見も古江も飛ぶほうではないですよね。スター選手がたくさんいるなかで、1つ自信が持てるようになれば、海外でも活躍できるはず。渋野日向子はスウィングがどうのというより“ゴルフ力”が高い選手だと思います。笹生優花のスウィングは本当に別格という感じで、またメジャーで勝つ可能性は十分。英語ができるという強みもありますからね。これからも日本人選手の世界での快進撃は続くと思います。(江連忠/プロゴルファー)●日本の女子ツアーは高レベルなうえシードが賞金50位と厳しい世界。気が抜けないことで意識レベルも上がるという好循環が起きています。稲見は男子プロのようなフェードボールを打っていますが、これはシャフトの進化など用具の恩恵を受けているから。もちろんよく練習するからその恩恵が受けられるんですけどね。女子ツアーのセッティングは基本的にさほどシビアでないので、安定したボールを打てる者と、そうではない者との差がよりはっきり出ます。そういう選手のプレーを見ていれば、トレーニングも練習も頑張るから、またレベルが上がる。米ツアーでいうと、畑岡奈紗のスウィング、いいですね。男子と同じで、下半身がしっかりしている。下半身を抑えて、上体をうまく使うスウィングなので、クラブを100%で振らないですむというのがいい点。古江や渋野も日本のシビアな競技で結果を出してアメリカに挑むのですから、環境に慣れれば期待できます。男子の場合、周りに誰かいないとダメみたいなところがありますが、女性はすぐに慣れるんじゃないでしょうか。畑岡が引っ張ってくれれば古江も小さい体で頑張ってくれると思います(水巻善典/プロゴルファー)●五輪で銀メダルの稲見、全米オープン優勝の笹生、全英女子オープン優勝の渋野。みんな世界で戦える選手。そういうなかで勝負師として自覚を持っている選手が勝てると思います。若手を見ても変なスウィングをしている選手はほとんどいません。底が上がっているだけに、ちょっと調子が悪いだけで優勝争いから脱落してしまうシビアな状況ですから、日本から米ツアーに参戦する選手たちは技術レベルは十分。問題はゴルフ以外の部分、例えばオフの過ごし方などがどうなのかな、というのはあります。それがうまくいけば、日本と同じような成績が残せるでしょう。あとは芝です。アメリカは土地によって、コースによって芝の種類が違います。聞くところによれば、タイガーは会場の芝の種類によってウェッジを微妙に替えているそうです。最初の1年はそうした芝質に慣れるようにするといいのでは。(冨永浩/テレビ解説者) こちらもチェック!
  • 2022年の国内女子ツアー開催日程が発表された。 JLPGA(日本女子プロゴルフ協会)から、2022年のトーナメントスケジュールが発表された。開催される試合のラインナップは2021年とほぼ変わらないが、東京五輪と重なるため2021年は開催されなかった「北海道Meijiカップ」が2022年は復活。一方で、2021年同様7月に開催予定だった「GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ」が中止となり、実質的に1増1減。試合数は2021年と同じ38試合となる。過去最多となった2019年からは1試合減となったが、依然として高い水準。3月から11月までほぼ休みなく試合が開催される。奇しくも「GMO」が中止となったことで、7月の第3週が女子プロにとっての夏休みとなる格好になった。また5月の「ブリヂストンレディス」と7月の「楽天スーパーレディース」は3日間から4日間競技に変更。それに伴い、賞金総額がそれぞれ3000万円と2000万円増額。「リシャール・ミル ヨネックスレディス」(旧ヨネックスレディス)も2000万円の増額となった。 日本女子プロゴルフ協会2022日程発表資料より抜粋
  • 2020-2021シーズンが終わり、いざ今年を振り返ってみると例年に比べて女子プロゴルファーの結婚報告が多かったように感じる。そこで2021年の女子プロ結婚報告を振り返ってみた。 5月のパナソニックオープンレディースで2年ぶりに優勝した上田桃子。翌月に結婚を発表した(PHOTO/Shinji Osawa) 2021年の始まりとともに大西葵が結婚報告 人生において大きな転機のひとつでもある「結婚」。お互いに助け合い生涯を共に歩める人生の伴侶を得てさらなる飛躍も期待できる。今年はゴルフ業界、特に女子プロゴルファーに結婚報告が多かった。2021年新年のあいさつと共に最初に結婚報告をしたのは大西葵(27)。お相手は同い年で同じプロゴルファーの伊藤有志だ。大西はその後妊娠も報告し、9月には出産を発表。産後ラウンドは親友でもある藤田光里と済ませており、試合への復帰に向けて勘を取り戻している最中のようだ。 2月には渡邉彩香(28)が結婚を報告。お相手は埼玉栄高の同級生で柔道家の小林悠輔。マネジメント事務所を通じ「このたび、私事ではございますが2月26日に入籍いたしました。これまで苦しい時にも隣で支えてくれた彼と、お互いを思いやりながら、いつも笑顔が絶えない家庭を築いていきたいと思います。これからもプロゴルファーとして一層の努力を重ね、目標に向けて頑張ってまいりますので、応援よろしくお願いいたします!」とコメントしていた。6月15日の誕生日に結婚を報告したのは上田桃子(35)。お相手は友人関係から交際に発展した同い年の会社員だという。今季は5月のパナソニックオープンレディースで大里桃子とのプレーオフを制し通算16勝目を飾っている。また結婚した6月15日以降は予選落ちは一度もなく、トップ10入り8回と好調だ。8月には宮里美香(32)がレーシングドライバーの中山友貴と結婚したことを自身のSNSで発表した。インスタグラムにツーショット写真を投稿し、「私事ではありますが 本日8月18日に、レーシングドライバーの中山友貴さんと入籍いたしました。これからは夫婦として、お互いに支え合って、素敵な家庭を築いていきたいと思います。温かく見守ってくださると嬉しいです」と報告した。 12月にも立て続けに2人が結婚報告 12月に入ってからは2名の選手が結婚。19日には、永峰咲希(26)が宮崎日大高同級生の一般男性と交際10年記念日に婚姻届を提出。次の日の20日には有村智恵(34)が自身のYouTubeチャンネルで結婚したことを明らかにした。コロナ禍の今季を振り返ったあと、「もうひとつご報告がありまして、わたし結婚します……しました」と報告した。12月18日には亀田愛里(29)が結婚披露宴を行っているが、入籍は2020年2月。1年10カ月越しの結婚披露宴には多くの女子プロ仲間が出席し、新たな門出を祝福した。海の向こうでも米女子ツアー6勝、世界ランキング21位のジェシカ・コルダ(28)が元プロゴルファーのジョニー・デルプレテとの結婚を報告している。厚生労働省のデータによると令和2年の婚姻件数は52万5490組で前年より7万3517組減少している。しかし、少なくとも女子プロの間では今年に入り空前の結婚ラッシュ。人生を共にする伴侶を迎えさらにパワーアップした彼女たちのこれからに注目したい。 こちらもチェック!