Myゴルフダイジェスト

【3ツアーズ】女子チームが完全勝利で大会連覇! MVPは“せごどん”西郷真央

<日立3ツアーズ選手権/大栄CC(千葉)/12月12日>

国内男子(JGTO)、シニア(PGA)、国内女子(JLPGA)が7人ずつ出場する対抗戦「Hitachi 3Tours Championship」は、女子チームの連覇で幕を閉じた。

PHOTO/Tadashi Anezaki

セカンドステージでコンビを組んだ西郷に抱きつく稲見

2人1組がペアになって競い、午前のファーストステージ、午後のセカンドステージごとに配分されるポイントの合計で勝負を決める「3ツアーズ」。ファーストステージはフォアボールストロークプレーによるベストボール方式、午後は1つのボールを交互に打ち合うフォアサムストロークプレーのオルタネート方式で争われた。

セカンドステージでは、稲見萌寧と西郷真央がタッグ。9ホールで7つのバーディを奪う大活躍で、女子チームの優勝につなげた。西郷は今季、2位が6回ありながら優勝には手が届かなかったものの「ギャラリーとしてジュニアの頃に観戦して、いつかプレーしたいと思っていた」という夢の舞台で、優勝とMVPという勲章をゲットした。それでも「トレーニングと練習をして来シーズンは優勝したい」と早くも闘志メラメラ。2022年は“せごどん”の逆襲が始まりそうな気配。

2021年の最後に西郷がトロフィーを掲げた。来季は優勝トロフィーを期待

一方、稲見は自身がベースとする北谷津ゴルフガーデン所属の篠崎紀夫と同じ舞台に立ち「いつも良くしてもらっています」と感謝しつつ、もちろん勝負では容赦なしなのがモネ流。普段は“味方”の奥嶋(誠昭)コーチが、今回は男子の木下稜介のキャディについたため大会では“敵”に。「コーチと稜介さんがタッグを組んで私だけをつぶしにくるって事前に言われていた」というが「その期待に応えて勝ってあげます」と返し、見事有言実行。賞金女王で五輪銀メダリストの実力とメンタルを見せつけた。

師走の千葉に集合したトッププロ21人。勢いはやはり女子にあり⁉

優勝は女子チーム。前列左から勝みなみ、西郷、稲見、西村優菜、後列左から小祝さくら、小林浩美JLPGA会長、原英莉花、菊地絵理香

選手たちは着用コートにサインし合う。原は青木功に笑顔で「お願いします」。これは断れまい

男子では共に初出場の星野陸也・金谷拓実の「星&金」キラキラコンビが健闘

週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より

こちらもチェック!

  • ゴルフにまつわる様々なデータや記録をランキング化する本連載。第7回は、2020-21シーズンの国内女子ツアー未勝利者の獲得賞金をランキング! 未勝利ながら賞金ランク4位! 来季こそ初優勝が期待される(PHOTO/Hiroyuki Okazawa) https://my-golfdigest.jp/gear/p48752/ 前回のランキングはこちら 昨年6月から52試合によって争われてきた国内女子ツアーも先月末のリコーカップで全日程を終了。45試合に出場し、歴代最高となる2億5000万円超を稼いだ稲見萌寧が賞金女王に輝いた。最後まで女王争いを繰り広げた古江彩佳が2位で、稲見との差は約850万円。今年の前半戦をリードし、52試合すべてに出場した小祝さくらが3位で、3人が2億円の大台を突破した。そして、4勝を挙げた西村優菜を抑えて4位に入ったのは西郷真央。なんと未勝利ながら1億8000万円近くも稼いだ。西郷は50試合に出場しトップ10入り21回。2位に7回も入りながら、あと一歩のところで初勝利を逃してきた。日本オープン、日本女子プロ選手権のメジャーでも2位。さらに6月のサントリーレディスから最終戦リコーカップまで23試合連続でアンダーパーフィニッシュ。これは歴代1位の記録だ。その原動力となっているのがドライビングディスタンスとフェアウェイキープ率の順位を合算した「トータルドライビング」で1位というドライバーの精度の高さ。またパーオン率も3位でティーショットだけでなくグリーンを狙うショットに長けている。来年こそ初優勝に期待がかかる。 <国内女子ツアー2020-21シーズン未勝利者の獲得賞金トップ10> 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月21日号より こちらもチェック!
  • 今季トップ10が19回と、ツアー未勝利ながら賞金ランキング4位につける西郷真央。抜群の安定感を誇るアイアンショットはどのように生み出されているのか。 PHOTO/Tadashi Anezaki、Shinji Osawa 西郷真央さいごうまお。2001年生まれ。千葉県出身。パーオン率3位、ボールストライキング1位という女子ツアー屈指のショットメーカー。トップ10入り19回で、初優勝が待たれる(※11月11日現在) 解説/吉田直樹幼少期からアメリカで過ごし、最新スウィングに詳しい。谷原秀人、上井邦裕、石川明日香のコーチを務める シャットフェースで体を高速回転 西郷真央プロのスウィングは、手をまったく使わない回転系のスウィングです。バックスウィングで少し右サイドに体重をかけ、ややシャットフェースにクラブを上げています。トップも少し左手を掌屈させ、シャットフェースをキープ。その手首の角度を保ったまま、極めてシンプルに体の回転だけでスウィングしています。そのため、フェースローテーション量は少なめ。西郷プロの感覚では、手を使う意識はおそくゼロのはずです。 続きを読む ダウンスウィングから首が少し右に傾きはじめるのは、回転系のスウィングの選手に見られる動きです。腕と上体が脱力できているために起こる現象で、決して悪い動きではありません。シャットフェースで、体の回転をフルに使う西郷プロのスウィングは、いま、PGAで主流になっている最先端のスウィングと同じタイプといえます。 【特徴1】ややシャットフェースフェースの向きはややシャット。スウィング中のフェースローテーションは少ない 【特徴2】首が右に倒れる回転系のスウィングでは、ダウンスウィングで首が右に倒れる傾向がある 【特徴3】手をまったく使わない手は体の回転についていくだけ。これが、安定したショットにつながる 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月30日号より